ここから本文です

サウンドマート

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / DT770PRO 250Ω 密閉型モニターヘッドホン

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT770PRO 250Ω 密閉型モニターヘッドホン

  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT770PRO 250Ω 密閉型モニターヘッドホン画像1
  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT770PRO 250Ω 密閉型モニターヘッドホン画像2
  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT770PRO 250Ω 密閉型モニターヘッドホン画像3
  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT770PRO 250Ω 密閉型モニターヘッドホン画像4
  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT770PRO 250Ω 密閉型モニターヘッドホン画像5
  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT770PRO 250Ω 密閉型モニターヘッドホン画像6
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
DT770PRO 250Ωは、世界中のスタジオで使用され続けるbeyerdynamicスタジオモニターヘッドホンのベストセラー。信じられない程の優れた原音再生力と、高い解像度を発揮するDT770PROは、音楽プロデューサーやサウンドエンジニア、ミュージシャンにとって理想的なサウンドを提供します。
<特長>
■音のバランスや変化を正確に把握できる、極めてニュートラルなサウンドを実現。スタジオエンジニアや音楽プロデューサーをはじめとする、音にシビアなプロフェッショナル達に、理想的なサウンドを提供します。
■密閉型ハウジングを採用することで、周囲の音に影響されない高い遮音性能を実現します。また、ボーカル・レコーディング時などヘッドホンの音漏れが気になる場所にも最適です。
■レコーディングスタジオ等での使用を考慮して、使い勝手の良い片出しケーブルを採用。ケーブルは絡まりにくく、持ち運びや保管に便利な構造となっています。
■耳を覆う大口径のイヤーパッドは長時間の使用でも快適な装着感を約束。柔軟性に優れたヘッドバンドは、頭部の大きさに関係なく、確実にフィットします。
■DT990PROは、ドイツで熟練エンジニアにより、ひとつ一つ手作業で組み立てられています。使用される部品や材料は、すべて手作業で作られ、必要に応じて交換することが可能です。
■インピーダンスは32Ω、80Ω、250Ωの3パターンをラインナップし、使用環境に合わせて選択することが可能です。

<インピーダンスの違いについて>
■32Ω:ホームオーディオやスマートフォン、ラップトップ等のモバイルオーディオ機器向け
■80Ω:レコーディング・スタジオをはじめ、様々な機器、用途に対応
■250Ω:本格的な業務用オーディオ機器を設置したレコーディング・スタジオ向け

<仕様>
■スタジオモニターヘッドホン
■型式:ダイナミック、密閉型
■インピーダンス:250Ω
■感度:96dB
■周波数特性:5~35,000Hz
■重量:約270g(コード除く)
■ケーブル:最大3.0m、カールケーブル
■付属品:キャリングポーチ、6.3mmステレオ標準変換アダプター
リクライニングチェア

関連商品

スタッフレビュー

スタジオモニターヘッドホンDT770PRO は、Beyerdynamicの中でも1・2を競うロングセラーのヘッドホン。ドイツ発のブランドでもあり、特にヨーロッパにおいて定番モニターヘッドホンとして人気です。頑丈そうな無骨な作りと、黒基調のカラーリング、余計な装飾のないデザインは、いかにも業務用ヘッドホンといった印象です。密閉型タイプのDT770シリーズの特徴は、低音から高音まで歪みがなく、とてもクリアなサウンド。音のレンジも広く、低音から高音までバランス良く出力します。頭の周りで聴こえる適度な音の定位は、各楽器のバランスやニュアンスをしっかりと捉えることができ、スタジオエンジニアやミュージシャン、宅録にもおすすめです。

営業部 / 山崎 真営業部 / 山崎 真

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(4.8)
  • レビュー数Reviews9
この商品のレビューを書く

2021/05/09

11111250より32だったか?使用機材に合う物を使うと学ぶ。

投稿者名Reviewed byへやろく太郎 【岡山県】

Yamaha HPH-MT220から付け替えると体感で1/2の音量に感じた。
RME UCXで聞いているが、Ωってのを間違えたかなと思う。
インピーダンスってのが足りてないのかな?
各機種によって違うとは思うけど、単純に音量の違いはビックリした。
メーターで倍ぐらいの数値。
僕は素人なので、もっと調べようと思った。
聞こえてくる音は、好きな方向性です。
音が居る位置が聞き取れるし、低音が気にならならず、すごく出るとかの印象はなかった。
一曲、楽曲を通してのどこが一番大きい音量かは、自分には捉えにくいと感じた。
割と広く聞こえる気がする(MT-220と比べて)
ただ、装着感が好きです。メガネするのでMDRよりはしっくりで嬉しい事でした。

レビューIDReview ID:117771

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/03/03

11111What i needed

投稿者名Reviewed byMarcus 【群馬県】

Very good for mixing you can hear it all clearly
What ive needed for recording i moght be buying 1 more

レビューIDReview ID:115342

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/10/02

11111BeyerDynamic DT770 Pro

投稿者名Reviewed bygefujin 【京都府】

The delivery was on time and the product is fantastic. I will order again! These headphones deliver a crisp reproduction especially on drum and vocals. They feel very comfortable too.

レビューIDReview ID:109581

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/09/04

11111製品化されて視聴者が聴く再生音の平均点で音を確認する

投稿者名Reviewed byBEN 【大阪府】

自分の出す音に責任を持つということが目的であればDT250/250にとどめを刺す.それ以外に選択肢はないと言っても過言ではない.
では,DT770PRO/250を使う意味は何か.
それは,製品化されて視聴者が聴く再生音の平均点で音を確認するという用途である.
MDR-CD900STやYAMAHA NS-10Mなどをそのまま信じて作られた音をDT770PRO/250で聴くと低域が盛られ過ぎていて驚く.言い換えれば日本で標準的となって久しい簡易なモニタリング環境の再生音に比べてDT770PRO/250はフラットな再生をするということ.PCに内蔵されたスピーカーなどチープな再生環境だけを想定するのではなく,残す録音,歴史の風雪に耐え得る録音を目的とするならば,MDR-CD900STからDT770PRO/250に変える意味は多分にある.
繰り返すがDT770PRO/250は『製品化されて視聴者が聴く再生音の平均点で音を確認する』ためのものである.自分が出す音に対して責任を持つために使うのならDT250/250を選ぶべきである.

レビューIDReview ID:108458

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/03/22

11111音のそのものと空間表現の再現性に優れる

投稿者名Reviewed byfumi_tmt 【東京都】

beyerdynamicのヘッドホンの種類は多いが、いずれも意図や目的に応じて聞きたいタイプのサウンドの種類に応じたラインナップとなっている。詳しくはサウンドハウスの紹介のページがよくまとまっているので見ると良いです。レコーディング、ミキシング、マスタリング、の星の数は本当にそのまま当てはまります。
https://www.soundhouse.co.jp/material/beyerdynamic-headphone/
折角なのでとても簡単に私なりに表現してみます。
※紹介ページにないDT250も加えています。DT1770PRO、DT1990PROは除きます。
DT250 : 音そのものの質を見る。(空間表現抜きに)原音がどういったものなのかを聞く。
DT770 : 音のそのものと空間表現の再現性に優れる。
DT880 : 全体のフラットバランスの評価。
DT990 : 音の空間表現に特化。
以上です。
リスニング目的の視点でみた場合、聞く人の観点から一長一短に聞こえるでしょう。そこが好みの分かれ目になると思いますが、その違いは長所や短所ではなく、意図や目的を以て制作された製品群がゆえの違いだと理解した方が良いです。そこの奥深さがbeyerdynamicのヘッドホンの魅力であり、ファンに支持されている理由なのだと私は理解しています。ENJOY!

レビューIDReview ID:101902

参考になった人数:14人

14 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )
DT770PRO 250Ω 密閉型モニターヘッドホン

商品ID:19773

¥14,300

  • 値下げしました
  • 送料無料

1,430ポイント内訳

  • 143Pt

    通常ポイント

  • 1,287Pt

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 1,430Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram