ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

HOME

CELESTION ( セレッション ) / G10 Greenback 8Ω ギターアンプ用スピーカー

CELESTION ( セレッション )  / G10 Greenback 8Ω ギターアンプ用スピーカー

  • CELESTION ( セレッション )  / G10 Greenback 8Ω ギターアンプ用スピーカー 画像1
  • CELESTION ( セレッション )  / G10 Greenback 8Ω ギターアンプ用スピーカー 画像2
  • CELESTION ( セレッション )  / G10 Greenback 8Ω ギターアンプ用スピーカー 画像3
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site

バリエーションを選ぶ

▼ もっと見る

G10 Greenbackは、思わず12インチと感じてしまう10インチ・スピーカー。1970年代の伝統的なセレッション10インチ・サウンドを再現するべく開発されたモデルです。驚くべき肉厚なトーンの10インチ・スピーカーは、低出力でありながら、12インチ並みのバランスを持つ低域、繊細でクリーミーな中域、スムーズで、ビンテージ感のある高域を生み出します。
■口径:10"
■インピーダンス:8Ω
■許容入力:30W(RMS)
■周波数レンジ:95-5500Hz
■感度:95dB
■マグネット:セラミック
■ユニット重量:1.6kg
■その他:
■シャーシ:Pressed steel
■ボイスコイル径 :1.75"
■ボイスコイル:Round copper
■マグネット重量:397g
■バッフル径:229mm
■ねじ穴直径:6.5mm x 11mm
■ねじ穴数:8
■取付ねじ穴間の直径:245mm  Mounting slot PCD
■寸法:254mm x 254mm x 102mm

G10 Greenbackは、思わず12インチと感じてしまう10インチ・スピーカー。1970年代の伝統的なセレッション10インチ・サウンドを再現するべく開発されたモデルです。驚くべき肉厚なトーンの10インチ・スピーカーは、低出力でありながら、12インチ並みのバランスを持つ低域、繊細でクリーミーな中域、スムーズで、ビンテージ感のある高域を生み出します。これは小型のコンボアンプでは上品さを与え、4x10インチのキャビネットでは歪んだコクのあるトーンにリッチな低域を加えます。

■Classic Series
セラミック、またはネオジウム製のマグネットを搭載したクラシカルなサウンドのスピーカー。そのサウンドは、ミュージックシーンにおける「Rock」の登場以来、数々の名盤に刻まれてきたギターサウンドの要となる存在です。最先端の生産技術と、長年の経験を積み重ねてきた膨大なノウハウに基づき、世界中の著名なアンプデザイナーやプレイヤーを満足させるモデルです。

■CELESTION
ギターアンプ用スピーカーの製造に特化したブランドとして1924年に設立。ジミーヘンドリックス、スラッシュ等のギタリストの名演を支えつつ、 不動の地位を築き上げました。VINTAGE30、CELESTION BLUEなど定番のスピーカーはMARSHALL、VOX、BOGNERなど、著名メーカーのギターアンプに搭載。各種ドライバーやPA用ウーハーの製造も手掛け、世界各地のコンサートで採用されています。

■使用アーティスト
・Eric Clapton
・Doug Pettibone
"Celestion is the only speaker that allows me to get the bone tone."

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews8
5
8件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2020/09/01

11111中域寄り

投稿者名Reviewed byTKBN 【神奈川県】

すぐ下の人と同じくH&K TM110のTEN30からの換装です。使用アンプは同じくTubeMeister5。
TEN30は高域が出てるには出てるんですけど物凄くチープな高域。パチパチしたアタックが耳障り、というか過大入力に対して良い歪みとしてスピーカーが反応してくれない、いかにも安スピーカーの音で、良質のアルニコスピーカーの様な甘くきらびやか高域はありません。反面、G10GBは中域寄りのスピーカーなので耳障りなアタックなどはないものの、同様にきらびやかな高域もありません。なので、G10GBはFender系のアンプやサウンドには不向き、要はFender系の醍醐味である甘くきらびやかな高域をある程度阻害します。
ただ、中域の上から下までに特徴があるMarshall系や昨今のモダンなサウンドにはもってこいです。高域が弱いとは言えアタック音はいかにも現代的なコンプ感のあるサウンドで非常に弾き易いです。どう転んでも巷のGBの評価と同じです。やはりGBはGB。それ以上でも以下でもありません。
Fender系のサウンドが好きなのでアルニコスピーカーも考えましたが、前述の様に今回は自宅練習用のTM5用なのでG10GBにしました。下手に高いGOLDとか買わなくて良かったです。高けりゃいいってモンでもないですし適材適所ですね。

レビューIDReview ID:108339

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/05/25

11111お値段以上

投稿者名Reviewed byクラギスト 【愛知県】

H&K TM110 オリジナルはTen 30からの換装です。
このキャビネットはリアバスレフで口径以上にローが出ますが、このスピーカーに換えて地を這うローになりました。主観ですよ、我が家の床が弱いのかもしれません。かつ、締まっているので、ミッドもスッキリ。ストラトのフロントのオーバードライブがやや濁っていたのが、EQで調整したかのようにクリアになりました。
他の方のレビューにあるように、Ten 30も良いスピーカーで、生産国の違いを差し引いても価格差の価値があるかなあと疑心暗鬼でしたが、換えてよかった。この換装の組み合わせはテッパン(死語?)ですね。

レビューIDReview ID:104460

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/11/14

11111MESAも変わる

投稿者名Reviewed byさと 【神奈川県】

G10vintageからの換装です。このスピーカーに交換し、歪みメインで使用しているのですが最高です。雑味が無くなり、低域、高域スッキリ出ます。低域は劇的に変わりました。中低域をカットし、箱鳴りする音がでます。アンプとの相性もあると思うのですが、スピーカー を変えて良かったです。交換したアンプはコンボのブギーです。

レビューIDReview ID:97689

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/02/04

11111Made in UK

投稿者名Reviewed byおっちゃん 【東京都】

タイミングと住んでる場所が、とはいえ、夜中に注文、翌日受け取りというスピード感に毎回感動してます。
‘68 Custom Princeton Reverbに換装です。純正のTen30も悪くありませんが、低域は歪みにくくなって量感が増し、中高域はよりスムーズに。「まるで12インチ」という触れ込みも大げさではないと思います。
68CPRが、「あの頃の銀パネ」により近づいて嬉しいです。しかも表題の通りMade in UK でございます。

レビューIDReview ID:79677

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2017/02/16

11111グリーンバック

投稿者名Reviewed byMID 【東京都】

スピーカー交換の目安にするポイントで悩みましたがグリーンバックの8Ωに。

1)口径と何発にするか
2)許容入力の抵抗値とW数

上記を決める際にシリーズにするかパラレルにするか。
W数は合計合致、余裕をもって。

「音の違い」
単発8Ωは、
抵抗値が少ない分、パワーが充分回り、低音が得られる。

単発16Ωは、
抵抗値が多い分、音量の割にハイ気味に聞こえる。
歪み具合いによってはスカスカに聞こえる。

2発
シリーズ接続(直列)
抵抗値は倍になるので8Ωが2発だと抵抗値が16Ω、単発と同じ理由で低音が若干ものたりない。

パラレル接続(並列)
パワーアンプからのリード線はプラスとマイナスが各スピーカーに直接行くので、8Ωパラレル2発は分散され4Ωになる。16Ω並列2発で8Ωになるので、ローからハイまでバランスが良い。

多段スピーカーは抵抗値を4、8、16と変換させパワーアンプ出力と合わせる。


ハンダ付けでなくファストン端子(抜き差しできる金属端子)を採用する意味はそういった意味であり、セレッションはファストン端子がプラスとマイナス側に各2本出ている。パラレル、シリーズ、メンテナンス作業考慮。

音が大きく聞こえる原因は、ハイ気味のスピーカー
アルニコやマグネット増量タイプがそれにあたる。
メタルやハイゲイン早弾き、テレキャスのクリーントーンなどで好みに合わない。

グリーンバックは、中低音ぎみなので、70年代ACDCやツェッペリンなど、私はシングルコイル倍音とアンプ重低音が同時に欲しいのでグリーンバックを選び、可搬性の良さで10インチにサイズダウン。ロックからjazzまで幅広く使えてます。

レビューIDReview ID:70327

参考になった人数:14人

14 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

CELESTION ( セレッション )
G10 Greenback 8Ω ギターアンプ用スピーカー

商品ID:134379

¥12,800(税抜)

(¥14,080 税込)

  • 送料無料

1,407ポイント内訳

  • 140Pt

    通常ポイント

  • 1,267Pt

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 1,407Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

新春セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top