ここから本文です

サウンドマート

AKG / C414 XLII

AKG / C414 XLII

  • AKG / C414 XLII  画像1
  • AKG / C414 XLII  画像2
  • AKG / C414 XLII  画像3
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
The latest model of the classic C414 series. Equipped with 9-step directivity switching, 4-step PAD, and low-cut filter, enabling flexible setting. The clear sound with an outstanding presence is suitable for vocal and lead instruments. It comes with the cases, shock mount, pop guard, and wind screen.
■ Directivity characteristics: 9 levels (omnidirectional / wide cardioid / cardioid / hypercardioid / bidirectional and between each)
■ Frequency characteristics: 20Hz to 20kHz
■ Open circuit sensitivity: -34dB (± 0.5dB) re 1V / Pa
■ Maximum sound pressure level: 140dB SPL (pad OFF, THD 0.5%)
■ Equivalent noise level: 6dB SPL (A weight)
■ Pad: 0 / -6 / -12 / -18dB ■ Changeover switch
■ Low cut filter: Flat / 40Hz (12dB / oct) / 80Hz (12dB / oct) / 160Hz (6dB / oct)
■ Impedance: 200Ω or less
■ Power supply: phantom ■ DC48V / about 4.5mA
■ Connector: XLR 3-pin
■ Dimensions and mass: width 50 x height 160 x depth 38mm, 300g
Accessories: Holder with suspension (H85, 3 / 8-5 / 8 inch), Pop screen (PF 80), Wind screen (W 414 X), Characteristics data sheet, Cloth pouch, Carrying hard case

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.7)
  • レビュー数Reviews11
この商品のレビューを書く

2021/03/25

11111良きマイク

投稿者名Reviewed by梅干し専門店赤垣 【神奈川県】

予算10万円以下でいいマイクを導入したいと思いC414XLⅡに辿り着きました。
上から下までキレイに出てくれます。
高域の美味しい帯域に少しピークがあってそれが何とも言えない気持ち良さを生んでいます。個人的には1番お気に入りのマイクです。

アコギを録音しましたが、生き生きとしたハイクオリティな音で申し分ないです。
ストロークもアンサンブルに埋もれず、単音弾きでもギターの美味しい帯域を際立たせてくれているので、ニュアンスが付け易いです。
指向性がかなり細かく設定できるので、使いこなすには慣れが必要かもしれません。
ローカットスイッチもついており様々なシチュエーションに対応出来ます。
 
頑丈なアルミケースが付属します。結構大きさがあるので、持ち運びには使っていません。もう少しコンパクトなケースでも良かったかな。
 
余談ですが自宅で使う時はオーディオテクニカのAT8407Aというクリップ式のマイクホルダーがピッタリハマるので併せて愛用してます。

レビューIDReview ID:115743

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/12/09

11111新しい414、この機種にも満足

投稿者名Reviewed byGAMERAⅢ 【東京都】

様々な414を長年使っているが、どれもキレがあって、隙がない。
C12(円筒形の初代)の明るい押し出しから、程よくギラつきを抑え、全ての音域にわたって、より使い勝手がよくなっていると思う。
この機種になっても感触は変わらない、トランスレスのほうが現代的な音だとも思う。
おとなしさの目立つXLSよりは、こちらのXLⅡが好みだ、全体に明るいまとまりがある。

代表的なプロ機としては、Neumann U87と、このAKG C414だろう。

U87が「アアこの音だ」って手ごたえを残しつつ出音するタイプなら、この414はマイクそのものを感じさせず、スパッと録ってくれる、そのあとで、アッ凄いな、と思わせる出音を聴かせるのだ。
C214なんか買うなら最初から414を選ぶべきだ、まったくレベルが違う。

NeumannのU87i・AIは、暖かみがあり包容力を感じる出音だが、こちらはピタリと決まる感じの出音。
ま、演者の好き嫌いにもよるだろうが、この414のほうがプロ仕様だと直感させてくれる機種ではある。

音色に関しては使ってみないと体感できないだろうから詳細は述べないが、凄いコスパなのは間違いない。

◇このマイクは保管に慎重さが必要だ

1)正面に多くのスイッチが配列されているので、卓の近くに置いておくときは脇腹を下にしておくようにクセをつけたい。
 これで、スイッチ類の無用なトラブルが激減する。

2)2代ほど前から、ダイアフラムは真鍮リングからナイロンリングへと変更になっている、その一部にスポンジが使われているので、加水分解に注意したい、ただでさえ湿気に弱いコンデンサーマイクである。
 ましてボイス系への使用では息から湿気を多く拾ってしまう。
 それを軽減する意味で、ポップフィルターを使いたい、音響的には無意味なものだが、湿気防止、ツバ飛び防止には有効である。

 デシケーターでの保管がいいのではあるが、ケースで保管する場合には多めのシリカゲルを入れて、ビニール袋で 密閉したいものだ。

このクラスのマイクになるとコンディションを保持するのも必要な技量といえると思う。

レビューIDReview ID:112024

参考になった人数:16人

16 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/03/26

11111すごく気に入ってます

投稿者名Reviewed byガラピコ 【兵庫県】

以前に店舗で試させてもらってかなりいい商品とわかった上で購入しました。
細かい音も拾ってくれるので気に入ってます。
箱も頑丈でさすがに初めて開封する時緊張しました。
海外製品なので、説明書が全て英語なので日本語に和訳した説明書があれば良いなと思いました。

レビューIDReview ID:90858

参考になった人数:8人

8 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/01/10

11111綺麗な高音

投稿者名Reviewed byグレイ 【神奈川県】

煌びやかな高音域
オケと合わせても埋もれないのが良いです。
パワーのある声に良く合います。
ファルセットを多用するタイプだと合わないかもしれないな~って思った
プリアンプをウォームな感じのにすれば合いそうだな・・・

レビューIDReview ID:88616

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2016/11/05

11111AKG C414 歴代シリーズの検証

投稿者名Reviewed byJizi 【東京都】

私は約 25 年前に AKG C414B-TLⅡ を購入しましたが、その素晴らしい音色の為に私のマイク・コレクションの
Neumann KM184 ステレオ仕様と並んで自慢の一本ですが、主に楽器収録のみで使っている為、これらのマイクで十分です。
通常では HA に Focusrite ISA110 か Amek 9098EQ を使ってレコーダーには Korg MR-1000 を使っています。
実は、この AKG C414 シリーズの歴代マイクを計 9 本使って音色の違いを検証しているサイトが 2006 年からあります。

AKG C414 比較テスト/おんがく講座 と云うサイトです。
( 因みに音源は生ギターでのアルペジオとストロークで検証しています )

私も以前に働いていた某録音スタジオ会社でも使われていた AKG C414EB を基準としてあらゆる C414 と検証してます。
基本的には同じ様な音ですが、良く聞くと其々の違いが分かります。

C414EB   基準機
C12A    この機種は C414 の原型型
C414B-XLS
C414B-XLⅡ
C414B-ULS
C414B-TL
C414B-TLⅡ
C414EB-P48 ここから下 2 機種は C414EB の電源の違いです。
C414EB-48V
などを使って検証していますので、是非、御自分でも聞いて比較してみて下さい。
( 尚、詳細サイトなどは上記から検索して下さい )

レビューIDReview ID:64470

参考になった人数:27人

27 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

AKG (アーカーゲー)
C414 XLII

Item ID:156034

87,780 yen

  • Free Shipping

8,777PtDetail

  • 877Pts

    通常ポイント

  • 7,900Pts

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 8,777Pts

    Total

close

在庫ありIn Stock

Qty

New Model

Add to Wishlist

Rating11110.5

Reviews:11

この商品に関連するセレクションRelated Articles

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE

Page Top