ここから本文です

AKG ( アーカーゲー ) / C414-XLII コンデンサーマイク

AKG ( アーカーゲー )  / C414-XLII コンデンサーマイク

  • AKG ( アーカーゲー )  / C414-XLII コンデンサーマイク 画像1
  • AKG ( アーカーゲー )  / C414-XLII コンデンサーマイク 画像2
  • AKG ( アーカーゲー )  / C414-XLII コンデンサーマイク 画像3
5
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
往年の名機C414シリーズの最新モデル。9段階の指向性切替と4段階のPAD、ローカットフィルターを装備し、柔軟なセッティングを可能にしました。輪郭のはっきりした抜けの良いサウンドは、抜群の存在感があり、ボーカルやリード楽器などのメインパートにベストマッチ。専用ケース、ショックマウント、ポップガード、ウインドスクリーンなど付属のアクセサリーも充実しています。
■コンデンサーマイク

・C 414 XLIIはC 414 B-TL IIの後継として、AKGの往年の名機C12のサウンドを再現しています。

■指向特性:9段階(無指向性/ ワイドカーディオイド/ カーディオイド/ ハイパーカーディオイド/ 双指向性と各々の間)
■周波数特性:20Hz ~ 20kHz
■開回路感度:-34dB( ± 0.5dB) re 1V/Pa
■最大音圧レベル:140dB SPL (パッドOFF、THD 0.5%)
■等価雑音レベル:6dB SPL(Aウェイト)
■パッド:0/-6/-12/-18dB 切り替えスイッチ
■ローカットフィルター:Flat/40Hz(12dB/oct)/ 80Hz(12dB/oct)/160Hz(6dB/oct)
■インピーダンス:200Ω以下
■電源:ファンタム DC48V/ 約4.5mA
■コネクター:XLR 3 ピン
■寸法・質量:幅50 ×高160 ×奥行38mm、300g
■付属品:サスペンション付ホルダー(H85、3/8-5/8インチ)、ポップ・スクリーン(PF 80)、ウインドスクリーン(W 414 X)、特性データシート、布製ポーチ、キャリングハードケース

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.7)
  • レビュー数:9
この商品のレビューを書く

2019/03/26

11111すごく気に入ってます

投稿者名:ガラピコ 【兵庫県】

以前に店舗で試させてもらってかなりいい商品とわかった上で購入しました。
細かい音も拾ってくれるので気に入ってます。
箱も頑丈でさすがに初めて開封する時緊張しました。
海外製品なので、説明書が全て英語なので日本語に和訳した説明書があれば良いなと思いました。

レビューID:90858

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/01/10

11111綺麗な高音

投稿者名:グレイ 【神奈川県】

煌びやかな高音域
オケと合わせても埋もれないのが良いです。
パワーのある声に良く合います。
ファルセットを多用するタイプだと合わないかもしれないな~って思った
プリアンプをウォームな感じのにすれば合いそうだな・・・

レビューID:88616

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/11/05

11111AKG C414 歴代シリーズの検証

投稿者名:Jizi 【東京都】

私は約 25 年前に AKG C414B-TLⅡ を購入しましたが、その素晴らしい音色の為に私のマイク・コレクションの
Neumann KM184 ステレオ仕様と並んで自慢の一本ですが、主に楽器収録のみで使っている為、これらのマイクで十分です。
通常では HA に Focusrite ISA110 か Amek 9098EQ を使ってレコーダーには Korg MR-1000 を使っています。
実は、この AKG C414 シリーズの歴代マイクを計 9 本使って音色の違いを検証しているサイトが 2006 年からあります。

AKG C414 比較テスト/おんがく講座 と云うサイトです。
( 因みに音源は生ギターでのアルペジオとストロークで検証しています )

私も以前に働いていた某録音スタジオ会社でも使われていた AKG C414EB を基準としてあらゆる C414 と検証してます。
基本的には同じ様な音ですが、良く聞くと其々の違いが分かります。

C414EB   基準機
C12A    この機種は C414 の原型型
C414B-XLS
C414B-XLⅡ
C414B-ULS
C414B-TL
C414B-TLⅡ
C414EB-P48 ここから下 2 機種は C414EB の電源の違いです。
C414EB-48V
などを使って検証していますので、是非、御自分でも聞いて比較してみて下さい。
( 尚、詳細サイトなどは上記から検索して下さい )

レビューID:64470

参考になった人数:18人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/02/26

11111セッティングしだい

投稿者名:かずかず 【群馬県】

ラージフラムコンデンサーマイクのスタンダード。
周波数特性、志向性共に、ラージフラムとは、これだ!と納得させられます。

ラージらしく、距離感もしっかりと出る。

後は、セッティングしだい。

使いこなしてから、他の有名コンデンサーを考えよう。



レビューID:54668

参考になった人数:17人

参考になりましたか?
Yes
NO

2012/10/21

11111さすが「定番」

投稿者名:hisamasa 【埼玉県】

STEREO SETを使用し、おもに吹奏楽等の収録に使用していますが、さすがは「定番」。イメージ通りの音を収録してくれます。
オールマイティーですが、管楽器の方が得意なようです。(プロの収録現場でもそのような使い方をしているようです。)
F特を見るとしゃくれていますが、聴感上はフラットです。癖がありません。
小生のようなワンポイント録音の場合、ホールによってオムニと単一使い分ける必要がありますが、指向性が簡単に切り替えられるのでとても重宝します。
持っていて絶対損はありません。おすすめです。

レビューID:35817

参考になった人数:11人

参考になりましたか?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見る
    • この商品のレビューを書く

AKG (アーカーゲー)
C414-XLII コンデンサーマイク

商品ID:156034

¥79,800(税抜)

(¥86,184 税込)

  • 送料無料

4,305ポイント内訳

  • 861Pt

    通常ポイント

  • 3,444Pt

    ポイント5倍

  • 4,305Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクション

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top