ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

FOCUSRITE / ISA One Analogue

FOCUSRITE / ISA One Analogue

  • FOCUSRITE / ISA One Analogue 画像1
  • FOCUSRITE / ISA One Analogue 画像2
  • FOCUSRITE / ISA One Analogue 画像3
  • FOCUSRITE / ISA One Analogue 画像4
5
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
A microphone preamplifier using the traditional Lundahl L1538 transformer from the ISA series. Standard model that achieves compact size and low price while keeping the same quality.

こちらの
商品も
オススメ!

Microphone preamplifier with traditional transformer / DI
The ISA One is a single-channel mic preamplifier that combines the traditional sound of the ISA 110 module from the Focusrite Forte console into a compact, portable chassis.

DI channel equipment
The ISA ONE is equipped with a D.I channel that can be used for instrument input, allowing independent gain adjustment and impedance switching (470 kΩ or 2.4 MΩ) according to the input source. In addition, an Amp output (TRS terminal) that sends the sound to the guitar amplifier in parallel is equipped on the front. It can also be used to mix the sound that has passed through D.I ​​with the sound of a guitar amp recorded with a microphone.

AD converter option compatible
An optional AD converter enables to add two channels of digital output to ISA One. Digital output channel 1 outputs MAIN O / P, and channel 2 outputs DI or EXT input signal on the rear panel.

Switchable impedance
By the impedance switching function of the variable input transformer, four different impedances (600Ω, 1400Ω, 2400Ω, 6800Ω) can be switched according to the microphone to be connected.

Headphone output and independent volume control
ISA One can monitor the two inputs of mic / line and D.I with headphones, and also can monitor the stereo signal from audio I / O to the Cue Mix input on the rear panel.

Insert terminal
Outboards such as equalizers and compressors can be used between the preamplifier input or DI input and the main output or optional AD converter output.

Lundahl LL1538 input transformer
The microphone transformer, also used in the original Red module, provides the distinctive sound and performance of this groundbreaking design.

Backlight VU meter with variable calibration function
ISA One features a moving coil VU meter with variable calibration and two LED indicators for optimal compatibility with both analog and digital recording media and monitors both pre and post insert inputs.
  
■ Size (excluding protrusions): 104mm (H) x220mm (W) x254 (D)
■ Weight: 3.9kg

ISA One 独立したDI入力と伝統のトランスを搭載したマイクプリアンプ / DI

頑丈でポータブルなオールメタル・エンクロージャーを採用するISA Oneは、Focusrite伝統のマイクプリアンプに加え、あらゆる用途に対応する独立したDIチャンネルを搭載。また、オプションで192kHz A-Dコンバーターも接続することが可能な多機能マイクプリアンプです。心臓部にはLundahl入力トランスを採用。オリジナルISA 110をベースにしており、過去30年一貫して使用してきた回路を継承しています。そのトランスは特殊なサウンド特性を持ち、他の方法によりエミュレートすることが困難とされています。また、最新の可変入力インピーダンス技術により、あらゆる用途に柔軟性に対応します。

アーティスト、エンジニア、プロデューサー、全ての人がISA Oneの幅広い用途を賞賛するはずです。ISA Oneは、80dBゲイン、ソース別の入力端子、ハイパスフィルター、VUメーターなどを備え、PAシステムやDAWフロントエンドなど、高品質インターフェースに接続するための理想的な入力手段となるべく開発されたのです。

  • Lundahl LL1538トランスを使用した可変入力インピーダンス制御

    Focusriteの伝統的なデザインである可変入力インピーダンスを使用したこのマイクプリアンプはインピーダンスを4段階から選択でき、どのようなマイクでも最高の性能を引き出すことができます。また、優れたサウンド特性とワイドな周波数レンジを実現するLundahl LL1538トランスを使用しています。

  • 楽器入力端子をフロントパネルに配置

    フロントパネルにはDI入力端子とLo/Highインピーダンス切り替えスイッチ、アンプ出力端子があり、オプションのA-Dコンバーターに送られるとともに、外部リアパネルにある端子(XLR)からMIC/LINEとは別の独立した信号を出力することができます。これにより、DI信号とMIC/LINE信号のレコーディングを別々にしかも同時に行うことができます。

  • インサート端子

    リアパネルには、外部のEQやコンプレッサーなどのアウトボード用インサート端子(TRSフォン)が用意されており、フロントパネルにあるボタンで切り替えることができます。

  • 80dBクリーン・ローノイズゲイン

    30年以上に渡り、ISAはクリーンでローノイズ、なおかつハイゲインという特性を持つマイクプリアンプとして知られてきました。ステップ式ゲインスイッチにより0~60dBのゲイン設定が可能で、さらにトリムつまみを回してMIC/LINE信号にゲインを+20dB追加できます。これらの十分なゲイン設定により、リボンマイクのような低出力マイクにも使用可能です。

  • ヘッドホン出力端子とボリュームコントロール

    入力信号のモニター用にヘッドホン出力端子とボリュームつまみが用意されています。CUE MIXボタンを押すと、リアパネルにある2つのTRSフォン端子に接続された外部ステレオ信号がミックスされ、レコーディングエンジニアがモニターに使用することができます。

バリエーション

  • ISA Two

    伝統のデュアルモノトランスをベースとしたマイクプリアンプ

  • ISA 428 MkII

    オプションのA-Dコンバーターも使用可能な、4チャンネル仕様のISAマイクプリアンプ

  • ISA 828

    オプションの8チャンネル A-Dコンバーターが使用可能なISAマイクプリアンプ

1980年代、ジョージ・マーティンはカリブ海沿いにあるマーチンのAir Montserratスタジオに設置されたNeveレコーディング・コンソールの可能性を追求するため、全く妥協のないマイクプリアンプとEQの設計をRupert Neve氏に依頼しました。その後、Rupert Neve氏はFocusrite社を設立。最初の製品としてISA110が生まれました。

新しく設計に使われた技術は、後にロンドンのMaster Rock Studioや、ニューヨークのElectric Lady Studioに設置されたFocusrite Forte Consoleのベースとなりました。今日では、伝統のFocusrite Studio Consoleがその設計を踏襲していて、ISA130ダイナミックモジュールに加えてISA110が使用されています。ISAシリーズは4つの異なるユニットから成り、それぞれが高く支持されているLundahl LL1538トランスをベースとした構造と特別仕様のZobelネットワークを使用しており、独特のスーパークリーンサウンドを求める世界中のサウンドエンジニアがFocusriteに期待を寄せています。シェアゲイン・アーキテクチャー(トランスで20dB、追加の回路により60dBまでゲインを上げることができる技術)により、ISAシリーズは非常に低いノイズフロアを保ちながら、周波数特性を拡張し、80dBまでのゲインアップが可能です。

全てのISAユニットが持つ特徴として、下記の5点が挙げられます。

  • Lundahl LL1538マイク入力トランスと特別仕様のZobelネットワーク使用
  • 可変入力インピーダンス:オリジナルのISA110を含む4種類の設定
  • 80dBゲイン
  • バランス入力対応
  • マイク/ライン、楽器入力を装備

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating1110.50(3.9)
  • レビュー数Reviews11
この商品のレビューを書く

2019/02/11

11111こんなに違うとは

投稿者名Reviewed byTAKURO-9 【神奈川県】

今まで US-366、Scarlett 2i4 G2 クラスのオーディオI/F内蔵のマイクプリでなんとかなっていた。そういうレベルの人間によるレビューです。
 
 
マイクプリって増幅するだけなのにそんなに大事なのかと思っていた。けれどもマイクのレビューで「このマイクはいいマイクプリでないと能力を発揮できない」などという話を頻繁に聞くようになって、そんなものかと思って本機を購入した。
 
どひゃ〜ってくらい感動した。NT1-A、R144、SM58、BETA57A、OM5 etc. どんなマイクをつないでも、I/F内蔵と比べるとメリハリがあって尚且つ豊か。
 
同じFocusriteでもこんなに違うのかと思った。よくよく考えれば当然なんだけどね。2万円のインターフェースに5万円の性能のマイクプリが内蔵されている訳がない。
 
この製品固有の評価になっていないので少し書こう。
 
入力インピーダンスの切り替えは使ってみてその必要性に納得した。そのマイクにとっていちばん合った音になるように選択すればいい。逆にいうと選択できなければ良さを引き出せない。
 
ヘッドホン出力の音質はちょっと高域盛ってる感じがする。すばらしい音で聞こえるのに先のI/Fにヘッドホン挿したり、DAWで録音した音はなんか違う音がする。
 
デザインはかなりダサいけれど、これだけ性能がいいのなら赦してあげたい。

レビューIDReview ID:89573

参考になった人数:10人

10 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2016/03/22

11111コスパよし

投稿者名Reviewed by石の上にも早三十年 【東京都】

Neveサウンド云々はどうでもいいです^ ^

歌は、無駄な息の成分がツルっとして、ナチュラルで音楽的な音になります。木綿豆腐が絹ごしになった感じ。

フレットレスベースにも使ってみましたが、いい感じに輪郭が加わって立体感が出るのと、お腹にドンと来ます。

この価格ですから、コスパはやはり良いですよ。

レビューIDReview ID:62646

参考になった人数:8人

8 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2015/04/04

11111購入者だけの秘密にしたいくらい

投稿者名Reviewed bya-Hz 【広島県】

真空管の艶、倍音、よくウォームな音といわれ、
「コモるんだろ」 「パリバリするんだろ」
と色々言われてしまいますが、

ISA One通したら艶が出た!とかじゃなく、
本来の音を引き出してくれる、と思います。

ギターをISAに繋ぎMOTU U Mk3 H、CUBASE8。
今度はISA無しで同じく録音。
シールドはプロヴィデンス、USBはオヤイデクラスS。

明らかに音が違う。ISAは音位の上下が広い。
和音が鮮明、高音が残る。中、低域も痩せない。

次にiZotope RX4で周波数を見てみました。
ISAボロ勝ち。倍音がくっきり。
通してない方も頑張ってるが、倍音が不明瞭、
比較すると明らかに6000Hz以上の差が激しい。

なので、正解だとは言い切れませんが、
原音にプラスではなく、正確に表現してくれる。
という、実験結果から、僕はそう思いました。

まじで買ってよかった。

レビューIDReview ID:55403

参考になった人数:29人

29 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2016/07/09

11111Focusrite ISA 110 との比較

投稿者名Reviewed bycybele 【東京都】

私の友人が所有する Focusrite ISA One を借りて、私の ISA 110 と音色の比較をして見ました。使用する MIC は Neumann KM-184 を使い、音源にはインド民族楽器の Sitar を使っています。 私は Sitar 演奏家でもある為、楽器を MIC 収録した場合、この楽器の音色の違いが最も分かり易い為です。 さて肝心の音質ですが、価格差から見て酷とは思いつつ上位機種 ISA 110 との比較ですが、中低域のふくよかな豊かさと高域の伸びのある艶には若干劣りますが、音の質感やキャラクターは見事に伝承されています。又、中域から中高域の間に若干の癖があるもののクリアーで全体的に見ればその差は非常に微量でこの ISA One の基本性能の高さを実感しました。しかもコストパフォーマンスは抜群で非常に優れた素晴らしい製品だと思います。総論から云うとヴィンテージ感みたいな音色の違いだけですね、しかも使い勝手の良さは ISA 110 には無い素晴らしい機能が満載されていますので、この ISA One は絶対に買いですね、かく言う私も一台欲しくなって来ました。
因みに NEVE 系のプリ・アンプで格安な物が欲しいときは Golden AGE Project の Pre-73mk2 がありますが、安くても NEVE 1073 の音を継承しているのにもかかわらず、この低価格で、こちらも ISA One との良き対抗馬でしょうが、ただここ最近のこの ISA One 価格改定では完全に底値に達している様で、これ以外のヘッド・アンブを選ばない理由は全くありませんからもう、ISA One 以外の選択肢は無くなりましたので NEVE Sound を欲しい皆さんはこの ISA One にするしかありません、値段も最安値になった様なので、このクゥオリティと機能性を考えれは゛3拍子揃った ISA One は中堅エンジニアの救世主になると思われます。


レビューIDReview ID:43721

参考になった人数:25人

25 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2012/07/29

11111シャキッっとHi-Fi

投稿者名Reviewed by塩太郎 【宮崎県】

本当は昔からREDに憧れてたけど値段的に無理なんで、rupert NEVEの影響がかろうじて残っているとすればISAかなという思いから、一番安いISAということでこれを買ってみました。比較の対象はmackies1202VLZ3。ソースはアコギ。果たして4万円で違いはあるのか?結論は、大アリです。(mackieも決して悪くないけどね)。クリア、HI-FI、シャキッとした高音という感じでしょうか。マイクの性能を余すところなく発揮してくれます。インピーダンスの切り替えでは、私のマイクはLOWが最適のはずですが、音としてはISA110を選んだときが一番良い様に感じました。ガットギターのまろやかななかにも高音に凛としたきらめきが得られる印象で、これがこのモデル本来の音という気がしました。本来はマイクのインピーダンスに合わせてセットすべきものだと思いますが、イコライザ的に音の違いを使い分けても面白いと思います。NEVEの影響は感じられたか?本物NEVEの音を知らないから分からず終いですが、太いというよりHI-FIなのでこれはやはりfocusriteの音なのでしょう。インスト入力に関しては、私のBASSはローインピーダンスタイプなので、今までは卓に直接入力してウッドベース的な音で使ってましたが、これを通すとベースギター的な太い音になります。これで私のベースでもJacoサウンドも出せそうです。(ベースに関しては素人につき・・・)

レビューIDReview ID:34031

参考になった人数:12人

12 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

FOCUSRITE (フォーカスライト)
ISA One Analogue

Item ID:127102

Regular Price:¥52,500(excl. tax)

¥51,500(excl. tax)

(¥56,650 incl. tax)

  • Free Shipping

2,832PtDetail

  • 566Pts

    通常ポイント

  • 2,266Pts

    対象在庫商品ポイント5倍キャンペーン

  • 2,832Pts

    Total

close

限定特価

在庫僅少Low Stock

Qty

Add to Wishlist

Rating1110.50

Reviews:11

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE

Page Top