ここから本文です

サウンドマート

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / ISA One 定番マイクプリアンプ/DI

FOCUSRITE ( フォーカスライト )  / ISA One 定番マイクプリアンプ/DI

  • FOCUSRITE ( フォーカスライト )  / ISA One 定番マイクプリアンプ/DI 画像1
  • FOCUSRITE ( フォーカスライト )  / ISA One 定番マイクプリアンプ/DI 画像2
  • FOCUSRITE ( フォーカスライト )  / ISA One 定番マイクプリアンプ/DI 画像3
  • FOCUSRITE ( フォーカスライト )  / ISA One 定番マイクプリアンプ/DI 画像4
10
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
ISAシリーズ伝統の Lundahl L1538トランスを使用したマイクプリアンプ。クオリティはそのままに、コンパクトなサイズと低価格を実現した定番モデルです。 メーカーオリジナルTシャツが付属する特別パッケージを販売中です!

こちらの
商品も
オススメ!

メーカーオリジナルTシャツが付属する特別パッケージを販売中です!詳しくは下記URLをご覧ください!

Lサイズパッケージ
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/283485/
Mサイズパッケージ
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/283484/
Sサイズパッケージ
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/283483/

ISA One 独立したDI入力と伝統のトランスを搭載したマイクプリアンプ / DI

頑丈でポータブルなオールメタル・エンクロージャーを採用するISA Oneは、Focusrite伝統のマイクプリアンプに加え、あらゆる用途に対応する独立したDIチャンネルを搭載。また、オプションで192kHz A-Dコンバーターも接続することが可能な多機能マイクプリアンプです。心臓部にはLundahl入力トランスを採用。オリジナルISA 110をベースにしており、過去30年一貫して使用してきた回路を継承しています。そのトランスは特殊なサウンド特性を持ち、他の方法によりエミュレートすることが困難とされています。また、最新の可変入力インピーダンス技術により、あらゆる用途に柔軟性に対応します。

アーティスト、エンジニア、プロデューサー、全ての人がISA Oneの幅広い用途を賞賛するはずです。ISA Oneは、80dBゲイン、ソース別の入力端子、ハイパスフィルター、VUメーターなどを備え、PAシステムやDAWフロントエンドなど、高品質インターフェースに接続するための理想的な入力手段となるべく開発されたのです。

  • Lundahl LL1538トランスを使用した可変入力インピーダンス制御

    Focusriteの伝統的なデザインである可変入力インピーダンスを使用したこのマイクプリアンプはインピーダンスを4段階から選択でき、どのようなマイクでも最高の性能を引き出すことができます。また、優れたサウンド特性とワイドな周波数レンジを実現するLundahl LL1538トランスを使用しています。

  • 楽器入力端子をフロントパネルに配置

    フロントパネルにはDI入力端子とLo/Highインピーダンス切り替えスイッチ、アンプ出力端子があり、オプションのA-Dコンバーターに送られるとともに、外部リアパネルにある端子(XLR)からMIC/LINEとは別の独立した信号を出力することができます。これにより、DI信号とMIC/LINE信号のレコーディングを別々にしかも同時に行うことができます。

  • インサート端子

    リアパネルには、外部のEQやコンプレッサーなどのアウトボード用インサート端子(TRSフォン)が用意されており、フロントパネルにあるボタンで切り替えることができます。

  • 80dBクリーン・ローノイズゲイン

    30年以上に渡り、ISAはクリーンでローノイズ、なおかつハイゲインという特性を持つマイクプリアンプとして知られてきました。ステップ式ゲインスイッチにより0~60dBのゲイン設定が可能で、さらにトリムつまみを回してMIC/LINE信号にゲインを+20dB追加できます。これらの十分なゲイン設定により、リボンマイクのような低出力マイクにも使用可能です。

  • ヘッドホン出力端子とボリュームコントロール

    入力信号のモニター用にヘッドホン出力端子とボリュームつまみが用意されています。CUE MIXボタンを押すと、リアパネルにある2つのTRSフォン端子に接続された外部ステレオ信号がミックスされ、レコーディングエンジニアがモニターに使用することができます。

バリエーション

  • ISA Two

    伝統のデュアルモノトランスをベースとしたマイクプリアンプ

  • ISA 428 MkII

    オプションのA-Dコンバーターも使用可能な、4チャンネル仕様のISAマイクプリアンプ

  • ISA 828

    オプションの8チャンネル A-Dコンバーターが使用可能なISAマイクプリアンプ

1980年代、ジョージ・マーティンはカリブ海沿いにあるマーチンのAir Montserratスタジオに設置されたNeveレコーディング・コンソールの可能性を追求するため、全く妥協のないマイクプリアンプとEQの設計をRupert Neve氏に依頼しました。その後、Rupert Neve氏はFocusrite社を設立。最初の製品としてISA110が生まれました。

新しく設計に使われた技術は、後にロンドンのMaster Rock Studioや、ニューヨークのElectric Lady Studioに設置されたFocusrite Forte Consoleのベースとなりました。今日では、伝統のFocusrite Studio Consoleがその設計を踏襲していて、ISA130ダイナミックモジュールに加えてISA110が使用されています。ISAシリーズは4つの異なるユニットから成り、それぞれが高く支持されているLundahl LL1538トランスをベースとした構造と特別仕様のZobelネットワークを使用しており、独特のスーパークリーンサウンドを求める世界中のサウンドエンジニアがFocusriteに期待を寄せています。シェアゲイン・アーキテクチャー(トランスで20dB、追加の回路により60dBまでゲインを上げることができる技術)により、ISAシリーズは非常に低いノイズフロアを保ちながら、周波数特性を拡張し、80dBまでのゲインアップが可能です。

全てのISAユニットが持つ特徴として、下記の5点が挙げられます。

  • Lundahl LL1538マイク入力トランスと特別仕様のZobelネットワーク使用
  • 可変入力インピーダンス:オリジナルのISA110を含む4種類の設定
  • 80dBゲイン
  • バランス入力対応
  • マイク/ライン、楽器入力を装備

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.1)
  • レビュー数Reviews13
この商品のレビューを書く

2021/09/03

11111素晴らしいの一言

投稿者名Reviewed byHAYATA 【北海道】

本当に買って良かったです。
以下に特徴を並べていきます。
・マイクの音が1段階レベルアップします。安いマイクはそれなりの音に、高いマイクは良いマイクの音に近づきます。なんというか、解像度があがるというか、密度が増すというか。またオーディオインターフェース直刺しみたいな冷たい音ではなくなり、ノイズも軽減します。コンデンサーマイクだと顕著に感じられます。
・楽器の音はわりと素直です。ギター、ベース両方のDIとして使用していますが、劇的な変化は見込めません。それこそアヴァロンとかニーヴみたいな。しかし注意点があり、DIはデフォルトで+10dbでアウトプットされます。ですので、DIインプットをそのまま出したい場合はメインアウトの入力をINSTに選択する必要があります。
・意外とVUメーターが嬉しいです。マイク入力が適切な設定かどうかを確かめるのに使えます。
・インピーダンス切り替えが楽しいです。ほんのりマイクの音が変わるので、アコギはこれ、歌はこれ、みたいに選べます。
長々と書きましたが、歌も楽器もやる人には一番かと思います。
しかし楽器だけをやるなら、個人的にはRNDIが欲しいです。

レビューIDReview ID:121716

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/05/22

11111ピーキーなところがなく

投稿者名Reviewed bynuspirit 【東京都】

ベース、ギター、ボーカルに10年くらい使用しています。
1)ISA ONEをDIで使った時のベースの音が大好きです。
中音〜低音が張り付くように下に安定してくれて心地いいです(特にSadowskyのアクティブ出力)。
浮ついた感じになりにくいです。
オケにもなじみ、かつ、カッチリとして曖昧さはないです。
プラグインでウォームにすると、中域から少し下の方のバズる音域が気持ちいいです。
ジャズフュージョン系の海外アーティストっぽい中域密度濃い感じが出ます笑。
他の73系プリは低域がゴムっぽくまるっと弾む感じが好きではなくて……(パッシブのビンテージ系ベースで、そんな感じを出す時にはいいかもしれません)。
楽曲次第ではありますが。
2)ギターでは、やはりクランチ未満のクリーンが相性いいです。
それ以上に歪ませた時も、個人的には上品さが残って好きです。
不良っぽさ、パンチ、パワー感、主役感を求める場合は、73系や他のディスクリートがいいと思います。
でも、あまり差はないかもです。
3)ボーカルでも、やはり透明感が欲しいときにおすすめです。
わたしはLEWITTでコーラスを録る時に使っています。
安価な真空管マイクで少し歪ませるときも(プラグインでですが)、録り音に破綻がないので安心して作業できます。
通りの悪いボソボソ声にも適度なツヤが乗ります(入力インピーダンスはISA110がおすすめ)。
4)GoldenAgeの73、WAの73、その他のICやディスクリート、真空管プリ多数と比較しても、ISA ONEは使いやすいです。
「クセがある」という声も聞きますが、わたしはそうは思いません。
ピーキーなところがなく、まとまり良く、高機能で、欠点がない。
そして良心的な価格。
人気があるのは当然の製品です。
5)欲をいえば、ボーカルマイクプリとしては奥行き感がもう少しあれば(いわゆる3D的出音)と思います。
デジタル部分の拡張性はいらないので、この方向性のままクオリティアップをしていただくと……。
(そうするとISA110になってしまうのでしょうか笑)
6)蛇足ですが、自宅DTMのみで持ち運びしないわたしは、天板の裏からアプローチしてビスをはずし、取っ手を除去しています。
他の機材を乗せれるので、とても快適です。

レビューIDReview ID:118224

参考になった人数:5人

5 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/02/11

11111こんなに違うとは

投稿者名Reviewed byTAKURO-9 【神奈川県】

今まで US-366、Scarlett 2i4 G2 クラスのオーディオI/F内蔵のマイクプリでなんとかなっていた。そういうレベルの人間によるレビューです。
 
 
マイクプリって増幅するだけなのにそんなに大事なのかと思っていた。けれどもマイクのレビューで「このマイクはいいマイクプリでないと能力を発揮できない」などという話を頻繁に聞くようになって、そんなものかと思って本機を購入した。
 
どひゃ〜ってくらい感動した。NT1-A、R144、SM58、BETA57A、OM5 etc. どんなマイクをつないでも、I/F内蔵と比べるとメリハリがあって尚且つ豊か。
 
同じFocusriteでもこんなに違うのかと思った。よくよく考えれば当然なんだけどね。2万円のインターフェースに5万円の性能のマイクプリが内蔵されている訳がない。
 
この製品固有の評価になっていないので少し書こう。
 
入力インピーダンスの切り替えは使ってみてその必要性に納得した。そのマイクにとっていちばん合った音になるように選択すればいい。逆にいうと選択できなければ良さを引き出せない。
 
ヘッドホン出力の音質はちょっと高域盛ってる感じがする。すばらしい音で聞こえるのに先のI/Fにヘッドホン挿したり、DAWで録音した音はなんか違う音がする。
 
デザインはかなりダサいけれど、これだけ性能がいいのなら赦してあげたい。

レビューIDReview ID:89573

参考になった人数:11人

11 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2016/03/22

11111コスパよし

投稿者名Reviewed by石の上にも早三十年 【東京都】

Neveサウンド云々はどうでもいいです^ ^

歌は、無駄な息の成分がツルっとして、ナチュラルで音楽的な音になります。木綿豆腐が絹ごしになった感じ。

フレットレスベースにも使ってみましたが、いい感じに輪郭が加わって立体感が出るのと、お腹にドンと来ます。

この価格ですから、コスパはやはり良いですよ。

レビューIDReview ID:62646

参考になった人数:8人

8 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2015/04/04

11111購入者だけの秘密にしたいくらい

投稿者名Reviewed bya-Hz 【広島県】

真空管の艶、倍音、よくウォームな音といわれ、
「コモるんだろ」 「パリバリするんだろ」
と色々言われてしまいますが、

ISA One通したら艶が出た!とかじゃなく、
本来の音を引き出してくれる、と思います。

ギターをISAに繋ぎMOTU U Mk3 H、CUBASE8。
今度はISA無しで同じく録音。
シールドはプロヴィデンス、USBはオヤイデクラスS。

明らかに音が違う。ISAは音位の上下が広い。
和音が鮮明、高音が残る。中、低域も痩せない。

次にiZotope RX4で周波数を見てみました。
ISAボロ勝ち。倍音がくっきり。
通してない方も頑張ってるが、倍音が不明瞭、
比較すると明らかに6000Hz以上の差が激しい。

なので、正解だとは言い切れませんが、
原音にプラスではなく、正確に表現してくれる。
という、実験結果から、僕はそう思いました。

まじで買ってよかった。

レビューIDReview ID:55403

参考になった人数:32人

32 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

FOCUSRITE ( フォーカスライト )
ISA One 定番マイクプリアンプ/DI

商品ID:127102

通常価格:¥69,800(税込)

¥49,980(税込)

  • 送料無料

4,997ポイント(10%)内訳

  • 499Pt

    通常ポイント

  • 4,498Pt

    ポイント10倍キャンペーン

  • 4,997Pt

    合計

閉じる

限定特価

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram