ここから本文です

サウンドマート

HOME

ZOOM ( ズーム ) / MS-50G+ マルチストンプ マルチエフェクター

ZOOM ( ズーム )  / MS-50G+ マルチストンプ マルチエフェクター

  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G+ マルチストンプ マルチエフェクター画像1
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G+ マルチストンプ マルチエフェクター画像2
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G+ マルチストンプ マルチエフェクター画像3
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G+ マルチストンプ マルチエフェクター画像4
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G+ マルチストンプ マルチエフェクター画像5
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G+ マルチストンプ マルチエフェクター画像6
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
マルチエフェクターのパワーをコンパクトなストンプボックス1台に凝縮した“マルチなストンプボックス”という製品コンセプトはそのままに、機能もサウンドもよりパワフルに進化しました。
◎マルチレイヤーIR搭載、ギターアンプ接続用に最適化された22種類のプリアンプモデル
◎有名ブティックペダルのモデリングを含む80種類のギターエフェクト
◎iOS用アプリ「Handy Guitar Lab」から、追加エフェクト/プリセットパッチの入手、パッチメモリーの編集が可能
◎自由な接続順で、最大6エフェクトを同時使用可能
◎選択中のエフェクトに応じて色が変わるLCDバックライト
◎100種類のエフェクトパッチをメモリー可能(85種類のプリセットを内蔵)
◎ギターを演奏しながら、パッチメモリーやエフェクト選択が足元の操作で行えるカーソル型フットスイッチ
◎空間系エフェクトのステレオ効果を活かせるステレオ出力端子
◎ギターケースのポケットに収まる、軽量コンパクトデザイン
◎エフェクト設定を自動保存するオートセーブ機能と、編集内容をパッチ呼び出し時または工場出荷時の状態に戻すリバート機能
◎オープンチューニングやドロップチューニングにも対応するチューナー機能
◎単3アルカリ電池×2本で、7時間の連続駆動が可能
◎Handy Guitar Labとの接続およびファームウェア・アップデート用USB Type-Cポート
◎電源は単3乾電池の他に、ACアダプタ(別売AD-16)、USBモバイルバッテリーでも駆動可能
◎外形寸法/質量:133 (D) x 79 (W) x 61 (H) mm / 353 g(電池を除く)

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.1)
  • レビュー数Reviews11
この商品のレビューを書く

2024/01/19

11111かっこいい

投稿者名Reviewed byケン 【千葉県】

ギター初めてまだ半年も経たない初心者ですが色々な動画を見てマルチを1台買うことに決めました。
元々このエフェクターを買う前にBOSSのDS-1だけ持っていたのですが色々な機能のものが欲しかったのでとてもマッチして良かったです。
まだ詳しく使っていないのですがパッと使った感じ楽しかったです。

レビューIDReview ID:146396

参考になった3

2024/01/16

11111もうこれ一台で良くないですか?

投稿者名Reviewed byオレグレ 【埼玉県】

ZOOMマルチ初購入です。
正直ここまでクオリティが高いのにこの値段って事に驚かされました。
・内蔵エフェクター
どのエフェクトもクオリティが高いですが特に気に入ったのがsweet drive(マッ◯プロフェッサー?)とピッチフォーク(エレ◯モ?)
もう文句無いです。
・操作性
マルチエフェクターというと他社製品はとにかく操作性が難しいですが、これはもう本当に直感的、わからなくなってもヘルプという項目にQRコードがあり、簡単にクイックガイドが開けます。
同時使用エフェクターは6個、パッチ保存も楽です。
・不満な部分
この値段でこのクオリティなので正直しょうがないのですがセンドリターン端子とエクスプレッション端子があればなおさら良かったかもしれません。
もしも追加された物が発売されたら大半のマルチがこれ基準になるでしょう。
とても良い製品です。

レビューIDReview ID:146332

参考になった0

2024/01/07

11111進化してます

投稿者名Reviewed byAOR 【兵庫県】

これ一台で完結するMS50シリーズですが、今回色んな機能を盛り込んでいます 内容的にはG2fourで音質的にも大差はないと思います 私の感想ですが、このサイズにそこまでの機能は必要ないと思います 旧タイプですでに充分な機能です あわてて買わなくても大丈夫だと思います

レビューIDReview ID:146095

参考になった5

2023/12/27

11111これでいい!期待しすぎは禁物!

投稿者名Reviewed byおいけん 【大阪府】

旧型機のMS-50Gが発売されたのは2012年7月。BOSSがGT-100をリリースしたのと同年になります。
ロングセラーと言われてますが発売当時アンプモデリング等もそこまで評価はされておらず、中古市場では一時期6000円近くまで値崩れしていた時期もあります。
そういう立ち位置を踏まえてMS-50G+を評価するなら、10年分の進化をしっかり詰め込んできたなぁという印象です。
G6やG2Fourとの比較まではしてませんが、良くも悪くもZoomらしい「もうこれでいいじゃん」と言わせてくれる音を出してくれます。
汎用性が高いというのは突出した個性の無さの裏返しでもあるので、期待しすぎると地味に聞こえる音なのかもしれません(この値段やぞ!と言いたいですが)
今後「新製品!」としてインフルエンサー達が持て囃すことになる商品ではあると思いますが、あくまでも期待しすぎは禁物。
ですが「トランプのジョーカーのように」エフェクターボードに忍ばせておくと、間違いなく戦力になる一台やと思います!

レビューIDReview ID:145809

参考になった10

2023/12/29

11111MS50G完全上位互換ではないと思う

投稿者名Reviewed byzero 【岡山県】

タイトルに書きましたが、YouTube等で従来機の上位互換と言われている方もいますが、ライン環境においてで言うと違うと思います。確かに、エフェクト単体で見ていけばそうとも言えるかもしれませんが、アンシミュに関して言うとギターアンプに繋いだ時に最良となるようセッティングされたプリアンプと表現(だったはず)されています。ということは、そもそもがラインでの使用を考えているものではないということで、対して初代機のアンシミュは今となってはそこまでの音質ではないもののライン接続での使用も考えられており、キャビシミュを選びインターフェースに繋いでライン録りもできました。
プラスはアンプ通過を前提にしている為コイツの後ろにアンシミュを通すことでまともな音になります。例えばこの機のアンシミュのクランパスを使う際、MS50G+のアウトプットからGT-001やGT-1等に接続しナチュラルクリーン等のアンシミュを選び、擬似的にGT-1のアンプを通過させる状況にしてやれば音がガラリと良い方へ変わります。
このつなぎ方しないとライン環境では本領発揮できないと思われます。買ってみて、これ単体のアンシミュ鳴らした時に「あれ?音、大したことない?」ってなるんじゃないかなあ。少なくとも私はなりました。
これ一個でライン録音が簡易的に完結できると思って買ったものの、それは無理っぽいですね。
ライン環境でのコンパクト機材を比較すると、同価格帯ではエフェクト接続数は少ないですがG1fourか、G2fourの方が良いかもしれません。
これから試してみますが、コイツの後ろに従来のMS50Gをつなぎアンシミュをカマしてみたり、他のキャビシミュのみを追加させたらどうなるかもやってみます。
YouTuberさん達はやたらべた褒めしてますが、こういった事には一切触れてないですね。
あと、ツマミがめちゃくちゃ使いにくいですね。小さすぎるのと角度的な問題で。
その部分以外は、とても良くできており、音も前機より良いと思います。
初期販売で欠品が続いておりフリマサイトでは17,000〜20,000円で転売されていますが、そこまで出すレベルの商品ではないです。色んな店で定期的に入荷もされているようですし、転売額ならG2fourも買え、程度の良いGT-1の中古も買えますのでやめたほうがいいですね。

レビューIDReview ID:145716

参考になった28

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

ZOOM ( ズーム )
MS-50G+ マルチストンプ マルチエフェクター

商品ID:339110

¥12,150(税込)

  • 送料無料

121ポイント(1%)内訳

  • 121Pt

    通常ポイント

  • 121Pt

    合計

閉じる

約3ヶ月約3ヶ月

販売停止中

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram