ここから本文です

DTMセール情報まとめ

ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ ) / Orion Studio Synergy Core

ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio Synergy Core

  • ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio Synergy Core画像1
  • ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio Synergy Core画像2
  • ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio Synergy Core画像3
  • ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio Synergy Core画像4
4
  • メーカーサイトManufacturer Site
USB2.0、Thunderbolt3に対応するオーディオインターフェイス。
ANTELOPE AUDIOオーディオインターフェイス DAW & FX & マイクのトリプル・プレゼントキャンペーン

■オーディオインターフェイス
■USB
■Thunderbolt3

新しい Orion Studio は、開拓されたばかりの Synergy Core FX 処理プラットフォームを進化させ、次のステージにもたらします。2つの独自した Field Programmable Gate Aray (FPGA) チップと、なんと6つの ARM ベースの DSP プロセッサを搭載。このインターフェイスに含まれる膨大な計算能力は驚くべきものです。

6つの DSP + 2つの FPGA チップにより、Orion Studio Synergy Core は、最大 32ch の FX チャンネルストリップに 8 つの FX スロットを備え、最大 256 の FX インスタンスで、任意のサンプルレートおよび、AFX2DAW で処理できます。

Оrion Studio Synergy Core には、投資価値をさらに高めるために、ハードウェアのオリジナルを忠実にモデル化した 50 のリアルタイムスタジオエフェクトのライブラリが含まれています。FPGA の大規模な並列計算機能、DSP処理、および高速 Thunderbolt? 接続のおかげで、オーディオインターフェース内で可能な限り最小のレイテンシーですべてが生成されます。ライブラリを拡張したい場合、Web ストアから任意のエフェクトを追加で購入することができます。



■仕様
Analog Inputs
8 x Mic / Line Inputs / Direct In
4 x Mic / Line / Hi-Z Inputs / Direct In
2 x Analog Inserts on TRS 1/4 Jacks

Analog Outputs
2 x Monitor Out (Pair) on TRS 1/4 Jacks: Can work both in parallel or in A/B mode
2 x ReAmp Out on TRS 1/4 Jacks
2 x Line Out (16 channels) on DB25, +20 dBu max, impedance balanced
2 x Stereo Headphone Outputs

Mic Preamp
EIN: -128 dBu
Dynamic Range: -121 dB
THD: -106 dB
Max input: +20 dBu
Max Gain: 75 dB

D/A Monitor Converter
Dynamic Range: 130 dB
THD + N: -115 dB

A/D Converter
Dynamic Range: 124 dB
THD + N: -112 dB

D/A Converter
Dynamic Range: 128dB
TTHD + N: -115dB

Digital Inputs
2 x ADAT (up to 16 channels)
1 x S/PDIF (up to 2 channels)

Digital Outputs
2 x ADAT (up to 16 channels)
1 x S/PDIF (up to 2 channels)

USB 2.0 I/O
USB 2.0 Type B connector
(up to 24 channels)

Thunderbolt
Thunderbolt 3 connector
(up to 32 channels)

CLOCKING
Word Clock Input
1 × Input @ 75 Ohms 3Vpp
on BNC 32 - 192kHz

Word Clock Outputs
1 × Outputs @ 75 Ohms 3Vpp
on BNC 32 - 192kHz

Clocking System
4th Generation Acoustically
Focused Clocking
64-bit DDS

Sample Rates (kHz)
44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192

重量3.1 kg

外寸
横: 483 mm
高: 44 mm
奥行: 220 mm

■動作環境
WINDOWS
Thunderbolt3および/またはUSBポートを備えたコンピューター

OS
Windows 10 x64、最新のアップデート
RAM4GB以上(8GB以上を推奨)
CPUIntel Core i3またはAMD FX以上

Mac
ModelApple Mac 2012以降のThunderbolt3および/またはUSBポート
macOS 10.12(Sierra)以降-推奨macOS 10.14(Mojave)
メモリー(RAM)最小4GB(8GB以上を推奨)
※Apple Mac 2020 モデル製品のパフォーマンスに関連する報告問題、MacやOSとの適合につきましては下記メーカーサイトの案内をご確認ください。
メーカーサイト案内ページ

■MACOS 対応状況と最適化について
下記メーカーサイトページの下部「Apple Mac 2020 モデル製品のパフォーマンスに関連する報告問題」にて、2020 年モデルの Apple 製品との使用におけるノイズの情報が記載されています。
動作環境を含めてご確認ください。
メーカーサイト
https://jp.antelopeaudio.com/support/macos/

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.6)
  • レビュー数Reviews5
この商品のレビューを書く

2022/01/05 

11111安定してた

投稿者名Reviewed byまさ 【東京都】

自分の環境だとむしろRMEのインターよりドライバーが安定してます。アウトボードでマスタリングしたときの音の劣化が感じられないので、音質アップしました。

レビューIDReview ID:125604

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/08/18

11111Apogee から乗り換えました!

投稿者名Reviewed bymacky164 【東京都】

Apogee Ensemble FirewireからOrionに乗り換えました。Mac Pro 2019(Catalina 10.15.7)で使っています。
モニターコントローラーが必要かと思っていましたが、Orionのディスプレイは見やすいし数値でも表示されるので、スピーカーやヘッドフォン直でも大丈夫です。音量設定ノブも丈夫そうで安心感があります。
付属のケーブルはUSBのみなので、USB接続だとafx2dawが使えないので、DAW上でのエフェクトは試せていませんが、コントロールパネル上にいくつかエフェクトを立ち上げて遊んでみました。Mac内部エフェクトよりも、やはり外部DSPエフェクトの方が実機をいじっているような感覚がありますね。サウンドハウスさん経由で海外へ注文しているThunderbolt3ケーブルが届いたら、速攻でafx2dawをLogicで試してみます。
じつのところ、Apogee Ensemble FirewireはCatalina 10.15.7に対応しておらず、Firewireを Thunderblot2に変換し更にThunderblot3に変換してMac Pro 2019に繋いでいるので、Skype起動すると音が聞こえなくなったり色々不具合があったのですが、Orionにしたら日常的な不具合が皆無になりました。かなり安定して動作している(頭良さそうな)印象です。
また、ディストリビューターの電源を入れた後にApogee Ensemble Firewireは毎回、手動で電源ボタンを押す必要がありますが、Orionは電源ボタンを押す必要がありません。ちょっとしたことですが、1動作減るのは嬉しいです。
Macメモリーを96GB積んでいるのですが、その限界ギリギリまでプラグインを立ち上げた楽曲でも、出音が非常に安定しており、とても心強く満足しています。

レビューIDReview ID:121208

参考になった人数:6人

6 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/07/10

11111安定感あり

投稿者名Reviewed byくな 【秋田県】

アマチュアです
ルーティングは大変ですが慣れると使い勝手がいいです
音の分離感がよいです

レビューIDReview ID:119918

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2022/01/16 

1111具体的に不安定な部分

投稿者名Reviewed byリョウ 【東京都】

ギタリスト、Win11環境、Babyface Pro FSからの買い替え(買い足し)です。
不安定との評価が多いですが、1度つながってしまえば、特に不安定ではないし、レイテンシーもBabyfaceより詰められます。(48kHz、64サンプルで往復5msec以下)ポイントは、ソフトウエアの詰めが甘いため、つながるまでに一苦労はありました。
【良い点】
・DAの音質
Babyfaceより、低・中音の解像度は圧倒的に高いです。高音のキラキラ感はBabyfaceの方がある。この辺りは、好みの問題と思いますが、ギターを演奏して楽しいのは本機です。
・マイクプリ、ADの音質
十分に満足な音質です。さらにプラグインでビンテージマイクプリを刺すと、良い音になりました。
【悪い点】
・年末年始にantelopeサーバとの通信ができなくなり、一切の操作ができなくなりました。本機は、PCにダウンロードされたファイルと、本機内のファームウエアで動作しているようですが、不具合時の手順に従い、PC内ファイルの削除、本機のファクトリーリセットを行ったところ、何もできなくなりました。ハードではなく、ソフトに時折問題が発生しているようです。
・thunder boltで接続できません。PCからはOrionの認識はされているので、本機側の問題と思われます。かけ撮りする分には問題ないので、今後のアップデートに期待です。
・ハイゲイン系のモデリングは、いまいちな印象です。Fender、Vox系は素晴らしいですが。私は、ネイティブプラグインを使い続けます。
私の重視する音質(AD/DA)は素晴らしいので、時折ソフトウエアに問題が発生しますが、多少のPCの知識と英語力があるのであれば、お勧めできる製品だと思います。

レビューIDReview ID:125789

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/10/28

1111位相反転

投稿者名Reviewed byパシャ丸 【東京都】

素人遊びとしてDAWでDTM始めてみようかなと思い購入しました。
Surface pro5での利用なので、CPUを酷使するプラグインは極力避けたいと思っていました。
とは言え、用途の殆どはAndroidTV上のYoutubeとAmazonPrimeVideoの視聴時のスピーカー出力用途になります。
(ヘッドホンは、TV→AVアンプ→LDAC接続で、音質重視やDTM時にOrionに接続)
このAndroidTVのアプリ両者の音声出力レベルが結構異なるのと、Youtube側は製作者・コンテンツ毎に様々な音声レベルで作られていたりして音デカ過ぎたり小さすぎで聞こえなかったりするので毎回ボリューム調整するのが面倒で、ハードウェアコンプを使って平準化したりしいます。
また、時には低音効かせ過ぎBGMで煩い時や、人によっては肺や部屋に響く低音の声が鬱陶しかったり、足音がドカドカ入っていたりするコンテンツも多く、不快だし夜間など近所迷惑にもなるしで、ハードウェアEQでバッサリ低音カットしたりする時も多々あります。
また、音質比較コンテンツが好きだったりもしますので、時にはコンプ・EQなしで視聴したい時もあります。
スピーカーはエレクトロボイスのPA用やオーディオ用、モニター向けアクティブSPなど複数セットのスピーカーがありコンテンツや時間帯によって使い分けたりしています。
そんなこんなで、ハードウェアが増えてラックが手狭になり裏側のケーブルもぐちゃぐちゃしてきていました。
そこで当製品を導入してみる事にしました。
パッチベイ機能を内臓しているようなものだし、4つものミキサーをも内臓していて、コンプやEQは勿論、様々なエフェクターやMICPRE・GTアンプやキャビネット、マイクなどのシミュレータも内臓されており色々組み合わせて遊べるし、一度設定してしまえばPCレスでも使えるしで、とても重宝しています。
追記:
ファームv2.2.58→位相反転問題、当機でも発生していたが、後日リリースされた最新アプリで解決!
他に仕様なのか、タップ側でOffして翌日使おうとするとルーティングがリセットされている。せめて3日は保持して欲しいのと、セッションの保存と呼び出しの動きが怪しい、セッション名が本体に反映されるようにして欲しい。

レビューIDReview ID:122461

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )
Orion Studio Synergy Core

商品ID:267431

¥413,600(税込)

  • 送料無料

18,877ポイント(4%)内訳

  • 4,136Pt

    通常ポイント

  • 14,741Pt

    ボーナスポイント

  • 18,877Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram