ここから本文です

DTMセール情報まとめ

ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ ) / Orion Studio Synergy Core

ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio Synergy Core

  • ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio Synergy Core画像1
  • ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio Synergy Core画像2
  • ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio Synergy Core画像3
  • ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio Synergy Core画像4
5
  • メーカーサイトManufacturer Site
USB2.0、Thunderbolt3に対応するオーディオインターフェイス。
■オーディオインターフェイス
■USB
■Thunderbolt3

新しい Orion Studio は、開拓されたばかりの Synergy Core FX 処理プラットフォームを進化させ、次のステージにもたらします。2つの独自した Field Programmable Gate Aray (FPGA) チップと、なんと6つの ARM ベースの DSP プロセッサを搭載。このインターフェイスに含まれる膨大な計算能力は驚くべきものです。

6つの DSP + 2つの FPGA チップにより、Orion Studio Synergy Core は、最大 32ch の FX チャンネルストリップに 8 つの FX スロットを備え、最大 256 の FX インスタンスで、任意のサンプルレートおよび、AFX2DAW で処理できます。

Оrion Studio Synergy Core には、投資価値をさらに高めるために、ハードウェアのオリジナルを忠実にモデル化した 50 のリアルタイムスタジオエフェクトのライブラリが含まれています。FPGA の大規模な並列計算機能、DSP処理、および高速 Thunderbolt? 接続のおかげで、オーディオインターフェース内で可能な限り最小のレイテンシーですべてが生成されます。ライブラリを拡張したい場合、Web ストアから任意のエフェクトを追加で購入することができます。



■仕様
Analog Inputs
8 x Mic / Line Inputs / Direct In
4 x Mic / Line / Hi-Z Inputs / Direct In
2 x Analog Inserts on TRS 1/4 Jacks

Analog Outputs
2 x Monitor Out (Pair) on TRS 1/4 Jacks: Can work both in parallel or in A/B mode
2 x ReAmp Out on TRS 1/4 Jacks
2 x Line Out (16 channels) on DB25, +20 dBu max, impedance balanced
2 x Stereo Headphone Outputs

Mic Preamp
EIN: -128 dBu
Dynamic Range: -121 dB
THD: -106 dB
Max input: +20 dBu
Max Gain: 75 dB

D/A Monitor Converter
Dynamic Range: 130 dB
THD + N: -115 dB

A/D Converter
Dynamic Range: 124 dB
THD + N: -112 dB

D/A Converter
Dynamic Range: 128dB
TTHD + N: -115dB

Digital Inputs
2 x ADAT (up to 16 channels)
1 x S/PDIF (up to 2 channels)

Digital Outputs
2 x ADAT (up to 16 channels)
1 x S/PDIF (up to 2 channels)

USB 2.0 I/O
USB 2.0 Type B connector
(up to 24 channels)

Thunderbolt
Thunderbolt 3 connector
(up to 32 channels)

CLOCKING
Word Clock Input
1 × Input @ 75 Ohms 3Vpp
on BNC 32 - 192kHz

Word Clock Outputs
1 × Outputs @ 75 Ohms 3Vpp
on BNC 32 - 192kHz

Clocking System
4th Generation Acoustically
Focused Clocking
64-bit DDS

Sample Rates (kHz)
44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192

重量3.1 kg

外寸
横: 483 mm
高: 44 mm
奥行: 220 mm

■動作環境
WINDOWS
Thunderbolt3および/またはUSBポートを備えたコンピューター

OS
Windows 10 x64、最新のアップデート
RAM4GB以上(8GB以上を推奨)
CPUIntel Core i3またはAMD FX以上

Mac
ModelApple Mac 2012以降のThunderbolt3および/またはUSBポート
macOS 10.12(Sierra)以降-推奨macOS 10.14(Mojave)
メモリー(RAM)最小4GB(8GB以上を推奨)
※Apple Mac 2020 モデル製品のパフォーマンスに関連する報告問題、MacやOSとの適合につきましては下記メーカーサイトの案内をご確認ください。
メーカーサイト案内ページ

■MACOS 対応状況と最適化について
下記メーカーサイトページの下部「Apple Mac 2020 モデル製品のパフォーマンスに関連する報告問題」にて、2020 年モデルの Apple 製品との使用におけるノイズの情報が記載されています。
動作環境を含めてご確認ください。
メーカーサイト
https://jp.antelopeaudio.com/support/macos/

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.4)
  • レビュー数Reviews8
この商品のレビューを書く

2022/02/09

11111長く付き合っていきたい1台!

投稿者名Reviewed byしの 【千葉県】

既に2年使い続けてきましたので、今更ながらレビューを。
まず、AD/DAともに音の解像度の高さが尋常じゃないです。DAのサウンドはかなり空間が広く感じられ、各帯域がしっかり層になって聴き取れます。
マイクプリはマイクの能力をしっかり引き出してくれ、後々の加工がしやすい印象です。
コントロールパネルについては非常にわかりやすく、特にルーティングのしやすさと自由度の高さは素晴らしいです。
AFXについてはこれまたとても質が高く、かけ録りが楽しくなります。例えばコンプだと、1176等の定番どころからSTA-Level等のハイエンドな真空管コンプまで様々。
唯一不満点があるとすれば、同社モデリングマイクのEdgeシリーズを使うにはリアパネルの5~12chに挿さないといけないことくらいでしょうか。ラックの後ろに回り込んで抜き差しするのはちょっと面倒かも。
この製品ではありませんが、ここ数年で数回メーカーが炎上してしまっており、不信感を抱かれがちではありますが、現在ではその時の反省からか、体制を立て直しつつあります。ソフトウェア周りもここ1年くらいは安定感を増してきていますし。
私はこの音と使いやすさに感動しましたし、これからも愛用していきたいと考えておりますので、メーカーを応援したいという気持ちから、レビューを書かせていただきました。
とにかく長く付き合っていきたい、プロ仕様な1台です!

レビューIDReview ID:126886

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2022/01/30

11111最強のオーディオインターフェース

投稿者名Reviewed byしゅう 【和歌山県】

まず、音が良すぎる。ルーティング操作画面が使いやすすぎる。本体のビジュアルが格好良すぎる。本体の丸いコントロールノブをタップすればモニターやヘッドホンのオン、オフが瞬時にできるのが便利。
ちなみに、最初のドライバーインストールするもThunderbolt接続が全く出来ず、日本のサポートセンターの窓口が閉鎖されており、本国(ブルガリア)のサポートセンターにダメ元で日本語で問い合わせしたところ、ブルガリア人が普通に日本語でメール対応して頂き無事使えるようになりました。なので設定に自信のない方や途中不具合が出ても現地の詳しいスタッフが対応してくれるので安心して購入出来ます!オススメです!

レビューIDReview ID:126472

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2022/01/05

11111安定してた

投稿者名Reviewed byまさ 【東京都】

自分の環境だとむしろRMEのインターよりドライバーが安定してます。アウトボードでマスタリングしたときの音の劣化が感じられないので、音質アップしました。

レビューIDReview ID:125604

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/08/18

11111Apogee から乗り換えました!

投稿者名Reviewed bymacky164 【東京都】

Apogee Ensemble FirewireからOrionに乗り換えました。Mac Pro 2019(Catalina 10.15.7)で使っています。
モニターコントローラーが必要かと思っていましたが、Orionのディスプレイは見やすいし数値でも表示されるので、スピーカーやヘッドフォン直でも大丈夫です。音量設定ノブも丈夫そうで安心感があります。
付属のケーブルはUSBのみなので、USB接続だとafx2dawが使えないので、DAW上でのエフェクトは試せていませんが、コントロールパネル上にいくつかエフェクトを立ち上げて遊んでみました。Mac内部エフェクトよりも、やはり外部DSPエフェクトの方が実機をいじっているような感覚がありますね。サウンドハウスさん経由で海外へ注文しているThunderbolt3ケーブルが届いたら、速攻でafx2dawをLogicで試してみます。
じつのところ、Apogee Ensemble FirewireはCatalina 10.15.7に対応しておらず、Firewireを Thunderblot2に変換し更にThunderblot3に変換してMac Pro 2019に繋いでいるので、Skype起動すると音が聞こえなくなったり色々不具合があったのですが、Orionにしたら日常的な不具合が皆無になりました。かなり安定して動作している(頭良さそうな)印象です。
また、ディストリビューターの電源を入れた後にApogee Ensemble Firewireは毎回、手動で電源ボタンを押す必要がありますが、Orionは電源ボタンを押す必要がありません。ちょっとしたことですが、1動作減るのは嬉しいです。
Macメモリーを96GB積んでいるのですが、その限界ギリギリまでプラグインを立ち上げた楽曲でも、出音が非常に安定しており、とても心強く満足しています。

レビューIDReview ID:121208

参考になった人数:6人

6 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/07/10

11111安定感あり

投稿者名Reviewed byくな 【秋田県】

アマチュアです
ルーティングは大変ですが慣れると使い勝手がいいです
音の分離感がよいです

レビューIDReview ID:119918

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )
Orion Studio Synergy Core

商品ID:267431

¥412,000(税込)

  • 送料無料

20,600ポイント(5%)内訳

  • 4,120Pt

    通常ポイント

  • 16,480Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 20,600Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram