ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / DT990PRO 開放型モニターヘッドホン

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT990PRO 開放型モニターヘッドホン

  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT990PRO 開放型モニターヘッドホン 画像1
  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT990PRO 開放型モニターヘッドホン 画像2
  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT990PRO 開放型モニターヘッドホン 画像3
  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT990PRO 開放型モニターヘッドホン 画像4
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
DT990PROは、世界で活躍するプロエンジニア、ミュージシャンから信頼を得ているミキシング、マスタリングに最適な開放型スタジオモニターヘッドホンのベストセラー。音のひとつ一つを正確に表現する優れた解像度と、低域から高域までバランス良く出力する高い原音再生力を誇ります。低域は開放型とは思えないほど力強く、レンジの広い再生周波数帯を実現しています。
<特長>
■DT990PROの持つ拡がりある音場と、音の遠近感を正確に再現する立体的なサウンドは、プロエンジニアやプロミュージシャン、すべてのオーディオ愛好家にとって、手放す事のできないサウンドです。
■深みのある低域から透明感のある高域まで、すべての音を余すことなく正確に再現し、音のわずかな変化や定位を正確に把握することが可能です。
■開放型ハウジングを採用することで、抜群の拡がりある音場、深みのあるサウンドを実現します。
■レコーディングスタジオ等での使用を考慮して、使い勝手の良い片出しケーブルを採用。ケーブルは絡まりにくく、持ち運びや保管に便利な構造となっています。
■耳を覆う大口径のイヤーパッドは長時間の使用でも快適な装着感を約束。柔軟性に優れたヘッドバンドは、頭部の大きさに関係なく、確実にフィットします。
■DT990PROは、ドイツで熟練エンジニアにより、ひとつ一つ手作業で組み立てられています。使用される部品や材料は、すべて手作業で作られ、必要に応じて交換することが可能です。

<仕様>
■形式:オープン型
■周波数特性:5~35,000Hz
■感度:96dB
■インピーダンス:250Ω
■コード:カールケーブル、3m(引き伸ばし時)
■プラグ:3.5mm(ミニ)、6.3mm(標準)アダプター付属
■質量:250g(ケーブル、コネクターを含まず)
■付属:キャリングポーチ、6.3mmステレオ標準変換アダプター

関連商品

関連パーツ

スタッフレビュー

beyerdynamic DT990PROは、1980年代に販売を開始した歴史のあるヘッドホンです。モニターからリスニングまで様々な用途に使えますが、個人的には電子ピアノやキーボード用のヘッドホンとして、これ以上なくマッチすると感じています。高域の金属的な鳴りが非常にリアルな点と、開放型ヘッドホンとは思えない空気感を感じる重低音が特徴です。このキャラクターから、ピアノやオルガンの音色に使用するとワンランク上の本格的な音として聴こえます。楽器自体の振動や共鳴が聴こえるかのようです。ピアノだけでなく、DTMで使用するソフト音源等の音色も聴いていて非常に心地よい音になります。他を探しても中々このような音色のヘッドホンはありません。多くのヘッドホンが登場する中、現在でも根強く生き残っている理由がわかります。頭頂部と両耳部ともにクッション性に優れ、装着感の良さもお薦めのポイントです。

サウンドハウススタッフサウンドハウススタッフ

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.8)
  • レビュー数Reviews19
この商品のレビューを書く

2020/03/22 

11111音の空間表現に特化

投稿者名Reviewed byfumi 【東京都】

beyerdynamicのヘッドホンの種類は多いが、いずれも意図や目的に応じて聞きたいタイプのサウンドの種類に応じたラインナップとなっている。詳しくはサウンドハウスの紹介のページがよくまとまっているので見ると良いです。レコーディング、ミキシング、マスタリング、の星の数は本当にそのまま当てはまります。
https://www.soundhouse.co.jp/material/beyerdynamic-headphone/
折角なのでとても簡単に私なりに表現してみます。
※紹介ページにないDT250も加えています。DT1770PRO、DT1990PROは除きます。
DT250 : 音そのものの質を見る。(空間表現抜きに)原音がどういったものなのかを聞く。
DT770 : 音のそのものと空間表現の再現性に優れる。
DT880 : 全体のフラットバランスの評価。
DT990 : 音の空間表現に特化。
以上です。
リスニング目的の視点でみた場合、聞く人の観点から一長一短に聞こえるでしょう。そこが好みの分かれ目になると思いますが、その違いは長所や短所ではなく、意図や目的を以て制作された製品群がゆえの違いだと理解した方が良いです。そこの奥深さがbeyerdynamicのヘッドホンの魅力であり、ファンに支持されている理由なのだと私は理解しています。ENJOY!

レビューIDReview ID:101901

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/03/20 

11111厳密さが必要なら、ヘッドホン端子のインピーダンスの確認を

投稿者名Reviewed byナムアミダ 【長崎県】

この値段でこの音はコスパ最強です。でも使い方にはちょっと注意が必要です。
最近のヘッドホンアンプの出力インピーダンスは0Ωのものがほとんどですが、歴史的理由から100Ωのものも残存します。
100Ωのヘッドホンアンプに接続した時にフラットになるように調整されているヘッドホンの場合、0Ωのアンプに接続すると、(通常使用で問題になる程度ではないかもですが)周波数特性がフラットでなくなります。サウンドハウスが販売しているbeyerdynamicのヘッドホンアンプの出力インピーダンスをみるとA20が100Ω。A2が100Ω/0Ω切り替えですから、bayerdynamic社は、自社のヘッドホンを100Ωのヘッドホン端子に接続した際にフラットになるように調整していると想像されます。なので、ポータブル機器用とされてる32Ωタイプ以外のヘッドホン(特に250Ωのヘッドホン)を、日本製機材の出力インピーダンス0Ωのヘッドホン端子に接続するのはお勧めできません。
0Ωのヘッドホン端子を100Ωにするのは出力に直列に100Ωの抵抗をはさむだけで可能ですから対応は簡単です。機材を買い替える必要はありません。
A2ユーザーの方や購入を検討されてる方は、bayerdynamicに ヘッドホンの型番とインピーダンス切り替えスイッチの位置の関係を質問されてると正確な回答が得られるはずです。
(2020.3.20追記)
MOTU M2の ヘッドホン出力から、精密級金属皮膜抵抗 MCY100R00T をはさんで接続したところ。 抵抗が無い場合よりフラットな印象でした。
ゼンハイザーの旧型番のHD600にも効果がありました。ドイツではけっこう最近まで100Ω入り端子が普通でした。当然ですが、内部インピーダンス75ΩのK701 ではバランスが変になりました。 もちろん音響向きでない抵抗を使用たら即アウトです。
(HD600補足)私の聴感では、効果がありましたが、ゼンハイザーのヘッドホンアンプカタログでは、最低16Ωとなってるので。100Ωいれちゃうのは想定外かもしれません。

レビューIDReview ID:99444

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/11/01

11111...、これは良いものだ(^q^)

投稿者名Reviewed byRain 【茨城県】

接続は、エントリークラスのコンポに直差しです。まず、装着感は自分にピッタリな感じで着けてて不快感は余りないです。しかし、装着してからの調節(スライダー)がしづらいと感じました。また、コードがカールタイプで少し左側が重く感じますね...。
では、肝心な音については、流石開放型というサウンドです。窮屈感が全くといっていいほどありません。また、モニターヘッドホンというだけのことはあるな、と思わせるほどの適度な分離感と帯域バランスです。これは、流石海外メーカーだと称賛を贈りたいと思うほどですね...(^w^)
最後に、このヘッドホンが海外メーカーの開放型の、初めてとなりましたが、購入して良かった、と本心で思っています。

レビューIDReview ID:97246

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/07/25

11111初めての開放型です

投稿者名Reviewed by村上 【千葉県】

音質は聞きやすく開放型のわりには低彧も伸びているし コスパは高いと思う 個人的にはmdr-z600と比較すると少し色づけが有るような気がしますが dt990proの方が聞き疲れが少ないと思う 他はパッドの側圧が強いけど慣れの問題かな あくまでも購入して視聴約10時間程度での感想です。

レビューIDReview ID:94323

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/01/12

11111この音が17000で手にはいるとは

投稿者名Reviewed byレビュー 【東京都】

HD600と迷って、低音の締まりが好みだったのでこっちにした。中音域の表現や音の解像度(?)はあちらが上だったけど、2万円近い価格差と音質の差が比例していないと感じた。完成度はHD600が上だけど、充分に戦える音質

レビューIDReview ID:79045

参考になった人数:9人

9 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )
DT990PRO 開放型モニターヘッドホン

商品ID:19779

¥11,800(税抜)

(¥12,980 税込)

  • 送料無料

1,290ポイント内訳

  • 129Pt

    通常ポイント

  • 1,161Pt

    全商品ポイント10倍キャンペーン

  • 1,290Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top