ここから本文です

tc electronic

ZOOM ( ズーム ) / MS-50G

ZOOM ( ズーム )  / MS-50G

  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G画像1
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G画像2
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G画像3
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G画像4
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G画像5
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
小さなストンプボックスサイズに、100種のエフェクトを搭載。最大6種まで自由に組み合わせて同時使用可能。どんなカードにもなるトランプのジョーカーのような「マルチ・ストンプ」です。
■ギター用エフェクター
■マルチ・ストンプ
■ストンプボックスに、92種類のエフェクトと8種類のアンプモデリングを合計で55種類搭載。単体のストンプボックスとして、また自由に組み合わせ、最大で6エフェクトが同時使用できます。
■ライブで活きる直感操作パネル:G3・G5で好評のストンプタイプのシンプル操作をさらに発展。分かりやすいアイコンで直感的に使えるLCDウインドウやスクロール操作など、誰にでも簡単に思い通りのサウンド・メイキングができます。
■ストンプエフェクト:標準的なストンプエフェクトはこの1台にほぼ網羅。MS-50GならではのSFXサウンドや、今では入手不可能なエフェクト、高価で手が出ないエフェクトなども満載です。
■マルチをエフェクトボードに:エフェクトボードで、マルチエフェクターを使いたいが、大きさと重さであきらめた経験はありませんか?MS-50Gはこの問題を即座に解決します。
■シグモイドカーブ・クリッパを採用し、倍音までリアルな高音質設計
■32ビット浮動小数点演算を可能とする先進DSP「ZFX-IV」
■ギターチューナーを搭載
■フットスイッチでタップテンポ入力
■呼び出し順をプログラムできるパッチメモリ
■ライン・レコーディングにも対応
■連続7時間のバッテリー動作
■USB端子を使って・ファームウェアアップデート
■電源:単三電池×2またはDC9Vアダプタ(別売)
■連続駆動時間:アルカリ電池で約7時間
■寸法、重量:130.3D×77.5W×58.5Hmm、350g
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

スタッフレビュー

ZOOMのマルチストンプは、ベーシックモデルのMS-50G、空間/モジュレーション系に特化したMS-70CDR、ベース用のMS-60Bの3機種が現在、ラインナップされています。内蔵のエフェクターは、歪み系、空間系、アンプシミュレーター、EQ、コンプ等のダイナミクス系まで、幅広く揃っており隙はありません。同じ「コーラス」でも複数搭載されている点がポイント高いです。これだけ詰め込まれているにも関わらず、音も良し!ときているので実際にライブで使っているミュージシャンを多く目にします。また、教材として、エフェクターや音作りの学びに使うにも良いと思います。何でも入っていてパラメーターをいじくり倒せる楽しさは、まるで携帯ゲーム機で遊んでいるかのよう…液晶表示やサイズ感からもそんな感覚にとらわれます。それでも、サウンドクオリティはとても高い本格派。エフェクトボードに1台入れておけば、本当にマルチに使えます。ただのマルチではない、今までにないマルチエフェクターMultiStompです!

サウンドハウスサウンドハウス

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.6)
  • レビュー数:53

2018/02/20 

11111十分でしょ

投稿者名:ちきちー 【新潟県】

自分は家のリビングや遠出してもギターを弾きたい時にこいつを使ってます。
ギターとシールドとヘッドホン。
そしてMS-50で弾いてます。
ヘッドホン出力は無いのでYケーブルで変換ですね。
ステレオ2穴にHOSAのYケーブルを差してヘッドホン出力にすればOK。
Yケーブルは500円くらいです。
アンプが無くても家で静かに練習も出来ます。
とてもコンパクトになりますよ。
電源は充電池を使用しているので融通も利きます。
verが上がってアンプモデリングも含めて140くらいは入っててお得。
単体ではイマイチの物もありますが、しっかり音を作れば問題ないでしょう。
だいたいの音は作れますし。
コストパフォーマンスはとても良いですね。
今でも十分に使えてます。

レビューID:80077

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/02/15 

11111マルチエフェクター

投稿者名:Rich.Black More 【愛知県】

良いと思います。

レビューID:79961

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/01/09

11111V er.3

投稿者名:まさぱん 【愛知県】

G3を持っているので 全く買うつもりは
ありませんでしたが V e r.3で 新しい
エフェクターが追加になり 試して
みたくなり購入しました。
YAMAHA THR10のクリーンに繋いで
試してみると 非常に良い音します。
追加のエフェクターは まだ全て試してませんが
一日中遊べます。
ちなみに自分は モデリングアンプは無しで
TSやRATの歪みを主に使用しました。

レビューID:78933

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/01/05

11111裏技が使える

投稿者名:ニコ 【愛知県】

4本のリード線をつけて新たにつけるフォンジャックに付ければbossのFS-6でコントロール可能なだけでなくKENTONのUSB MIDI mkiiでMIDIスイッチャーにつなぐことでパッチを変えたりチューナー切り替えがMIDIスイッチャーで出来るようになります

レビューID:78790

参考になった人数:5人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/12/25

11111絶対に買って損はしない。

投稿者名:往年のストラトヒーローに憧れ始めたオッサン 【千葉県】

7000円でこんなに楽しむことが出来て、何かひとつでも欲しい機能があれば、買って損はしないと思います。

良くも悪くもある点
・本物のエフェクターより、コンプ感が強くピッキングニュアンスが出しづらい→音にまとまりが粒が揃いやすい。(特にハイゲインなエフェクト)
・本物のエフェクターより、荒さが少なくワイルドさに欠ける(特にファズ系)→荒さが少なく優等生的サウンドで使いやすい。

気づいた点
・ver3で出荷されるが、エフェクターの総容量の関係?でver2(100種類搭載)の状態で手元に届いた。ver3の新エフェクトを使用するには、PCに接続して、エフェクトマネージャーアプリで入れ直す必要あり。
・筆者は172エフェクト中、145エフェクトを搭載出来た。

良い点
・チューナー、ディレイ、タップテンポディレイ等がついている。
・KLON、TC、Mad Professor、Strymon、Eventide、Line6など高級エフェクトを疑似体験出来る。

考える点
・演奏時においての操作の難易度は、楽曲のエフェクト切り替えの多さ、曲中のギターを弾かない部分の多さによって変わると思います。
・Vo&Gの方は演奏時のパッチの切り替えについて、常に歌やギター演奏がある方や、しゃがみこむ動作がカッコ悪いという方は難しいと思います。

多彩な機能をどう使いこなすか、演奏をやりきるか等考えることも大変楽しめる機材です。

レビューID:78516

参考になった人数:5人

参考になりましたか?
Yes
NO

ZOOM (ズーム)
MS-50G
マルチエフェクター

商品ID:175780

¥8,241(税抜)

(¥8,900 税込)

  • 送料無料

89 Pt

在庫僅少在庫僅少

数量

お気に入りに追加

ASK

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO / マンガン乾電池 9V角形(006P)CP9V Mn
ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! 第2弾 あなたのエフェクターボード見せてください
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top