ここから本文です

サウンドマート

HOME

ZOOM ( ズーム ) / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター

ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター

  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター画像1
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター画像2
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター画像3
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター画像4
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター画像5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
小さなストンプボックスサイズに、100種のエフェクトを搭載した全く新しいストンプボックスZOOM「MS-50G」。100種のエフェクトから最大6種類まで自由に組み合わせて同時使用が可能。音作りはもちろん、保存やエフェクトの組み替えなども簡単に行うことができる多彩なペダルエフェクターです。
■ギター用エフェクター
■マルチ・ストンプ
■ストンプボックスに、92種類のエフェクトと8種類のアンプモデリングを合計で55種類搭載。単体のストンプボックスとして、また自由に組み合わせ、最大で6エフェクトが同時使用できます。
■ライブで活きる直感操作パネル:G3・G5で好評のストンプタイプのシンプル操作をさらに発展。分かりやすいアイコンで直感的に使えるLCDウインドウやスクロール操作など、誰にでも簡単に思い通りのサウンド・メイキングができます。
■ストンプエフェクト:標準的なストンプエフェクトはこの1台にほぼ網羅。MS-50GならではのSFXサウンドや、今では入手不可能なエフェクト、高価で手が出ないエフェクトなども満載です。
■マルチをエフェクトボードに:エフェクトボードで、マルチエフェクターを使いたいが、大きさと重さであきらめた経験はありませんか?MS-50Gはこの問題を即座に解決します。
■シグモイドカーブ・クリッパを採用し、倍音までリアルな高音質設計
■32ビット浮動小数点演算を可能とする先進DSP「ZFX-IV」
■ギターチューナーを搭載
■フットスイッチでタップテンポ入力
■呼び出し順をプログラムできるパッチメモリ
■ライン・レコーディングにも対応
■連続7時間のバッテリー動作
■USB端子を使って・ファームウェアアップデート
■電源:単三電池×2またはDC9Vアダプタ(別売)
■連続駆動時間:アルカリ電池で約7時間
■寸法、重量:130.3D×77.5W×58.5Hmm、350g
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

スタッフレビュー

ZOOMのマルチストンプは、ベーシックモデルのMS-50G、空間/モジュレーション系に特化したMS-70CDR、ベース用のMS-60Bの3機種が現在、ラインナップされています。内蔵のエフェクターは、歪み系、空間系、アンプシミュレーター、EQ、コンプ等のダイナミクス系まで、幅広く揃っており隙はありません。同じ「コーラス」でも複数搭載されている点がポイント高いです。これだけ詰め込まれているにも関わらず、音も良し!ときているので実際にライブで使っているミュージシャンを多く目にします。また、教材として、エフェクターや音作りの学びに使うにも良いと思います。何でも入っていてパラメーターをいじくり倒せる楽しさは、まるで携帯ゲーム機で遊んでいるかのよう…液晶表示やサイズ感からもそんな感覚にとらわれます。それでも、サウンドクオリティはとても高い本格派。エフェクトボードに1台入れておけば、本当にマルチに使えます。ただのマルチではない、今までにないマルチエフェクターMultiStompです!

サウンドハウススタッフサウンドハウススタッフ

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.6)
  • レビュー数Reviews102
この商品のレビューを書く

2023/12/12

11111エフェクターとして使えば最強の一角に

投稿者名Reviewed byzero 【岡山県】

アンシミュはこんなもんと割り切りましょう。
エンジンは10年以上前のZFX4から代わってないはずなのでG5nやG3nのエンジンとは違う。
あの当時はそれでも凄かったわけですが、今となっては…というレベルです。
逆に空間系や歪などの単体をみると今でも特に見劣りすることもなく、実機と比べても大きな違和感を感じずに調整、設定で対応できるはず。
なので揃えるのが大変なコンパクトエフェクターがいっぱい揃った万能選手として使うならある意味最強。
これだけの機材を現物揃えると何十万じゃすまないだろうし、音もバンドや楽曲の中で本物との細かい違いに気付く人が何人いるだろうとも思う。
ましてや奏者以外の聞き手さんはもっと気付かないでしょうし、この価格にして十分なレベルですよ。
ただ、皆さん大絶賛し過ぎの感はありますけど(笑)。
最近のzoomさんで残念なのは頭が小さくて、重いアンシミュとエフェクトを選択するとすぐエラーになること。G2fourとかあれだけの音を持ち合わせているのに、そのせいで全く使えない。即売りました。
そういった完成度がどうしてもBossに及ばないのがファンとしては残念なところですね。
例えばアンシミュはG2four(もしくはMS50G+)に任せ、他のエフェクトはMS50Gに任せるといった2台つなぎで対応すれば良いのかもしれない。
そしてその使い方ならMS50G+と組み合せる方がコンパクトにまとめれると思うので、供給が安定するのを待って揃える事にします。
本体に取り込めるエフェクトの数もこっちの方が全然多いしね。
メーカー納期未定、フリマサイトに至っては倍以上の値段で転売されてる今の状況で買う気は無いので。

レビューIDReview ID:145370

参考になった5

2023/04/02

11111レビュー100件目なるか?

投稿者名Reviewed byへろす 【東京都】

こいつのおかげでエフェクターを数台売却しました。ボードが小さくなり、小銭が手に入りました。何台ものコンパクトエフェクターを並べても、使いこなせなければ意味ないと改めて感じました。こいつの中のエフェクトを基準にして、明確な不満点が見えたら個別に買い足す、というやり方もありかなーと思います。良い時代です。

レビューIDReview ID:138833

参考になった10

2023/02/10

11111革命的だね

投稿者名Reviewed byAOR 【兵庫県】

使い方次第でこれ一台でこなせて、この値段とサイズ 一人ひとり購入し生涯持ち続けるアイテムだと思います 多分進化していくと思いますが、購入し続けます

レビューIDReview ID:137441

参考になった6

2022/12/11

11111神機材

投稿者名Reviewed byみくる 【京都府】

 フィルターとモジュレーションと空間系を主な用途としてボードに組み込んでいます。MS-70CDRでも良かったんですが流通量が少ないのかやや高価だし、ステレオ入力も不要、ベースをやらなければ使えるエフェクトも大差ないのでこっちにしました。結果的に家でドライブペダルのモデリングで遊べてるのでこっちにしてよかったです。
 追加エフェクトは本体容量の関係上、すべてを入れることはできません。私はアンシミュとコンプとzoomオリジナルのドライブペダルとステレオエフェクトは全部消してます。これでほぼ満タンです。ひょっとしたらコンプは消さなくてもいいかも。私の場合は用途が限られているので問題ありませんが全部はいらないのが気になる人はいると思います。
 フィルターとモジュレーションと空間系に限った話ですが各エフェクトのレベルが最初からユニティゲインになってるのがすごく助かります。BOSSのマルチも使ってましたがいちいちレベルを調整するのが面倒でした。
 何もエフェクトがかかっていないと音痩せと無駄なAD/DAコンバートが気になるのでループに入れてトゥルーバイパスできるようにしています。
 パッチモードは最大でA-Zの26個で回せるので音作りを全部これだけで済ませたとしてもフットスイッチだけで5曲くらいのセトリだったら流せるかなと思います。
 他にもより高音質でより多機能なマルチエフェクターが多くある今日で、この古きマルチストンプが選ばれ続けるのは、ちょっと欲しいだけのエフェクトをこのサイズですべて担えるからだと思います。完成されすぎている。これからも使い続けます。

レビューIDReview ID:135399

参考になった14

2022/07/18

11111弾き語りに

投稿者名Reviewed byにっしー 【東京都】

主にエレアコでは無くエレキギターで弾き語りをライブハウスで使用してました。
使ってたのが、少し歪ませたり空間系とチューナーなのでこれ一個で足り更に電池も使える。

レビューIDReview ID:131533

参考になった4

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

ZOOM ( ズーム )
MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター

商品ID:175780

¥10,300(税込)

  • 送料無料

309ポイント(3%)内訳

  • 103Pt

    通常ポイント

  • 206Pt

    ポイント3倍キャンペーン

  • 309Pt

    合計

閉じる

販売終了しました

人気の代替商品

同等品のオススメはこちら!

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram