ここから本文です

お得なクーポン配布中!

HOME

ZOOM ( ズーム ) / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター

ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター

  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター画像1
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター画像2
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター画像3
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター画像4
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター画像5
5
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
小さなストンプボックスサイズに、100種のエフェクトを搭載した全く新しいストンプボックスZOOM「MS-50G」。100種のエフェクトから最大6種類まで自由に組み合わせて同時使用が可能。音作りはもちろん、保存やエフェクトの組み替えなども簡単に行うことができる多彩なペダルエフェクターです。
■ギター用エフェクター
■マルチ・ストンプ
■ストンプボックスに、92種類のエフェクトと8種類のアンプモデリングを合計で55種類搭載。単体のストンプボックスとして、また自由に組み合わせ、最大で6エフェクトが同時使用できます。
■ライブで活きる直感操作パネル:G3・G5で好評のストンプタイプのシンプル操作をさらに発展。分かりやすいアイコンで直感的に使えるLCDウインドウやスクロール操作など、誰にでも簡単に思い通りのサウンド・メイキングができます。
■ストンプエフェクト:標準的なストンプエフェクトはこの1台にほぼ網羅。MS-50GならではのSFXサウンドや、今では入手不可能なエフェクト、高価で手が出ないエフェクトなども満載です。
■マルチをエフェクトボードに:エフェクトボードで、マルチエフェクターを使いたいが、大きさと重さであきらめた経験はありませんか?MS-50Gはこの問題を即座に解決します。
■シグモイドカーブ・クリッパを採用し、倍音までリアルな高音質設計
■32ビット浮動小数点演算を可能とする先進DSP「ZFX-IV」
■ギターチューナーを搭載
■フットスイッチでタップテンポ入力
■呼び出し順をプログラムできるパッチメモリ
■ライン・レコーディングにも対応
■連続7時間のバッテリー動作
■USB端子を使って・ファームウェアアップデート
■電源:単三電池×2またはDC9Vアダプタ(別売)
■連続駆動時間:アルカリ電池で約7時間
■寸法、重量:130.3D×77.5W×58.5Hmm、350g
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

スタッフレビュー

ZOOMのマルチストンプは、ベーシックモデルのMS-50G、空間/モジュレーション系に特化したMS-70CDR、ベース用のMS-60Bの3機種が現在、ラインナップされています。内蔵のエフェクターは、歪み系、空間系、アンプシミュレーター、EQ、コンプ等のダイナミクス系まで、幅広く揃っており隙はありません。同じ「コーラス」でも複数搭載されている点がポイント高いです。これだけ詰め込まれているにも関わらず、音も良し!ときているので実際にライブで使っているミュージシャンを多く目にします。また、教材として、エフェクターや音作りの学びに使うにも良いと思います。何でも入っていてパラメーターをいじくり倒せる楽しさは、まるで携帯ゲーム機で遊んでいるかのよう…液晶表示やサイズ感からもそんな感覚にとらわれます。それでも、サウンドクオリティはとても高い本格派。エフェクトボードに1台入れておけば、本当にマルチに使えます。ただのマルチではない、今までにないマルチエフェクターMultiStompです!

サウンドハウスサウンドハウス

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.5)
  • レビュー数:77
この商品のレビューを書く

2019/10/22

11111お父さんたちの強い味方

投稿者名:普通の人 【福岡県】

趣味で月に1回くらいしかスタジオに入らないような私には十分な価値があります。
まず、その軽さは公共交通機関でスタジオに行く場合に圧倒的に便利です。
今までは単体のエフェクターを5個くらい繋げていました。しかし、これ1台でアマチュアがスタジオ練習を行うくらいに緩い状況なら、充分に活用できます。スタジオではJCに繋げています。この場合にアンプシュミレーターが活躍してくれます。JCの「のっぺり」した音が、アンプらしくなりますよ。
お小遣いの少ないお父さんたちの強い味方です。

レビューID:96963

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/09/30

11111ディレイリバーブモジュレーションはこれで良いのでは…?

投稿者名:nykttocggv 【茨城県】

タイトルの通り。本当に不自由なく使えてる!
そりゃあ他のハイエンドブランドの空間系エフェクターの方がクオリティは高いんだろうけど、これで満足してしまったからには仕方ないんです。
できることが多すぎる!

レビューID:96302

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/09/29

11111用途を割り切れば安価で便利

投稿者名:forest 【大阪府】

とりあえずエフェクターを持っていないというひとには最初の一台として廉価な良い選択肢になるでしょう。
ひととおりの種類のエフェクトがあるのでこれで基本を勉強するのもありだと思います。
ちょっとした練習にも使えると思います。
本格的に録るとかライブで使うとなると本機だけでは特に歪み系がやや不足感があります。
個性は立っているのですが、もう少し自然で品質の良い歪みが欲しいところではあります。
空間系などはギターアンプで出すには十分な品質ではあると思います。
エフェクトの種類と数によってはDSPの処理性能をオーバーして使えないこともありますが
(特にアンプシミュが重いようです)
あまり処理能力を超えるような使い方もしないのではないでしょうか。
操作は少々慣れも必要ですが使っているうちに覚えていくと思います。
バイパスでも若干ですが音痩せします。まったく使わないなら外したほうが良いです。
価格も少し下がったのでそこも考慮すると気軽にエフェクトを使いたいときに重宝する一台です。

レビューID:96274

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/09/18

11111名機決定!

投稿者名:wah house 【】

最強マルチストンプです。音は、歪み系の弱さとデジタルっぽいハイの成分がチョイ気になりますがコスパを考えれば全く問題なし!むしろ、優秀です。ライブでのエフェクトのスクロールも『足ストくん!』で解決!コレだけギターケースに忍ばせ持っていけば自分はOkです。名機決定です。

レビューID:95908

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/06/29

11111独自性が活かしきれていない

投稿者名:おいけん 【大阪府】

自分としては100点満点。一台持ってるだけで、いろんなエフェクターの代用として使えます。
ただ「ペダルボードのなかに入れておけば即戦力に!」という触れ込みで売り出したにしては、ちょっと惜しいトコがいくつか。
 
【歪み系の音はいまいち】
ヘッドフォンで聴くといい音ですが、アンプを通すと意外に使いづらいものが多い。
自分が「これ一台で音作り」という使い方をしていない最大の理由が、これです。
あとOD/DS、Ampに入ってるエフェクトを使っているとき、入力過大が起きた時にブチブチとノイズが鳴っている気がします。特にパワーの強いレスポールでアコシミュを使ったときに感じました。
 
【プリセットの音に使えるものがない】
他のマルチ同様、「単体で音作りが成立している」パッチが大量に並んでいるのですが、そのほとんどに歪みエフェクトが組み込まれているため、自分のエフェクトシステムに組み込んでは使えない。個人的にこれはZOOMの戦略ミスと思ってます。
自分はプリセットパッチを全て消して、各パッチが1~2個だけ繋がっている…という状態のもの50パッチに書き直しました。
2~3時間はかかりましたが…
せっかくHPでも「トランプのジョーカーのような」とか「ペダルボードのストンプボックスたちと並べておけば」とか書いてるなら、そちらに特化したプリセットを沢山作っておけば文字通りの即戦力ペダルになり他製品との差別化も出来たと思います。
 
【スイッチとボタン・ノブが近すぎる】
スイッチを踏んだときに、足がノブやボタンに触れてしまい意図しないエフェクトに変わってしまう時があります。
真上から踏むと大丈夫ですが、慌てて蹴るような踏み方をすると誤爆必至です。
 
 
マルチエフェクターではなく「マルチストンプ」と銘打ったZoomの企画力は流石。たしかにこういうコンセプトのマルチって、ありそうでなかったです。ただビギナーに売りたい気持ちのせいか、少し軸のブレた商品になってしまってる気がします。
とはいえエフェクトの多彩さ・コンパクト一台より軽量という持ち回りの良さ・リーズナブルな価格…と、欠点を補って余りある長所があるのも事実。
うまく頭を使えば様々な使い方ができる、とても便利なエフェクターと思います。

レビューID:93592

参考になった人数:4人

参考になりましたか?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見る
    • この商品のレビューを書く

ZOOM (ズーム)
MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター

商品ID:175780

¥7,980(税抜)

(¥8,778 税込)

  • 送料無料

435ポイント内訳

  • 87Pt

    通常ポイント

  • 348Pt

    ポイント5倍

  • 435Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top