ここから本文です

DTMセール情報まとめ

HOME

APOGEE / Symphony Desktop オーディオインターフェイス

APOGEE / Symphony Desktop オーディオインターフェイス

  • APOGEE / Symphony Desktop オーディオインターフェイス 画像1
  • APOGEE / Symphony Desktop オーディオインターフェイス 画像2
  • APOGEE / Symphony Desktop オーディオインターフェイス 画像3
  • APOGEE / Symphony Desktop オーディオインターフェイス 画像4
10
  • メーカーサイトManufacturer Site
最高のサウンドをデスクトップサイズで実現するオーディオインターフェイス。

同等品の
オススメは
こちら!

■オーディオインターフェイス
■USB
フラッグシップ・サウンドクオリティ、ビンテージ・マイクプリ・エミュレーション、Apogee ハードウェアDSPプレミアム・プラグイン、タッチスクリーン・インターフェイス、全てをデスクトップサイズに。

ハードウェアDSP /ネイティブ対応チャンネルストリップ・プラグイン、マイクプリアンプエミュレーション付属

Symphonyの最高品質のサウンドをデスクトップで


Symphony Desktop for Mac and Windowsは、ラックマウントタイプのApogee Symphony I/O Mk IIと同一の、伝説的サウンドクオリティを備えたオーディオインターフェイスです。インスピレーションをサポートする10in/14outの豊富な入出力にも関わらず、手軽にデスクに設置し 、バッグに収めることも可能なサイズを実現しました。業界で長きに渡り信頼されるAD/DAコンバーターとマイクプリアンプを搭載するSymphony Desktopは、レコーディング、オーバーダビング、ミキシングを問わず、ミュージシャン、プロデューサーと、音楽制作シーンを強力に支えます。

Alloy Mic Preampによるマイクプリアンプ・エミュレーション、Symphony ECS Channel Strip プラグイン、ハードウェアDSPとネイティブでの動作に対応するApogee FXプラグイン、超低レイテンシー・レコーディングなどの新機能。これらの優れたパフォーマンスの組み合わせにより、Symphony Desktopがスタジオや外出先、あらゆる場所で創造性を広げ、Apogeeサウン ドクオリティによるアドバンテージを与えてくれるでしょう。

■主な機能
・最も手軽に導入できる初のSymphonyインターフェイス
・先進のコンポーネントと回路設計により、精密かつ高品位なフラッグシップ・サウンドクオリティを実現
・2つのAdvanced Stepped Gainマイク・プリアンプを搭載。最大75dBゲイン、可変インピーダンス
・FETインストゥルメント入力に真空管ギター・アンプのキャラクターを適用可能
・Apogee独自のAlloy Mic Preampが、アナログ・プロセッシング+DSPモデリングによるBritish Solid State & 50s American Tube二つのキャラクターを再現
・内蔵ハードウェアDSPでプロセッシング可能なApogee FX Rackが付属
・名匠ボブ・クリアマウンテンがチューニングを施したハードウェアDSP/ネイティブ両対応の新しいSymphony ECS Channel Strip (EQ/Compression/Saturation)が付属
・Symphony Reverbネイティブ・プラグインが付属
・柔軟なゼロレイテンシー・プラグイン・ワークフローを実現:Print, Monitor, DualPath Linkワークフローから選択
・タッチスクリーン・ディスプレイにより、ほとんどのハードウェア・コントロールを直接操作可能
・2つのアサイメント可能なヘッドフォン出力: 1 x 1/4″, 1 x 1/8"
・10 IN x 14 OUTの同時オーディオ入出力が可能
・USB MIDI対応
・デジタル入出力: 2 x Optical Toslink (ADAT, S/PDIF)
・対応動作環境: macOS, Windows, iPad Pro (USB-C)

■動作環境
macOS: 10.13以降
iOS/iPad pro: iOS 13
PC: Windows 10 Anniversary update以降

■収録Apogee FX Plugins
Symphony ECS Channel Strip - NativeおよびハードウェアDSPバージョン
Symphony Reverb

■収録マイクプリアンプ・エミュレーション
British Solid State
50s American Tube

好奇心と探究心が選び抜いた、最先端のアナログ/デジタル・コンポーネント
従来のSymphonyシリーズ製品にならい、Symphony Desktopには、専門家の確かな耳が最新の注意を払い選び抜いた最先端のアナログ兼デジタルコンポーネントが使われています。最高品質のオーディオインターフェイスを設計する、というApogeeコアミッションを最大限に追求した製品です。コスト削減のため従来設計に依存する製品もある中で、Apogeeは革新的なコンポーネントと回路の最適化を目指し、一貫した製品パフォーマンスの向上を図っています。

A/Dコンバージョン - すべてのニュアンスを忠実にキャプチャ
Symphony I/O MkIIと同様に、Symphony Desktopのアナログ-デジタル・コンバーターステージはには、超低歪み、高スルーレート、完全差動のアナログオペアンプに加え、パフォーマンス向上させるデュアルサム構成の最先端A/Dコンバーターが搭載されています。これらすべてが、アナログ入力の持つあらゆるニュアンスを、デジタル領域で忠実に再現するために投入されています。

D/Aコンバージョン - ミックスに高解像の"ワイドスクリーン"
Symphony Desktopのデジタル-アナログ・ステージは、ポータブル製品でも妥協のないSymphony DACパフォーマンスを実現するため、安定した超低歪みと高電流出力ドライバーをはじめとする、最新のテクノロジーを採用しています。接続先のデバイスに関わらず、Symphony Desktopはミックスのサウンドスケープに、限りなく透明なワイドスクリーン・ウィンドウを提供します。

マイクプリアンプ - その優れたパフォーマンス
Symphony Desktopのマイク入力ステージにおける中核をなすのが、最大75dBのゲインを実現するマイクプリアンプです。ここではApogee独自設計によるAdvanced Stepped Gain Architectureが採用されており、胸に響くようなキックドラムからアコースティックギターの繊細なフィンガーピッキングまで、あらゆるソースで超低ノイズ・低歪みを実現します。Symphony Desktopは可変インピーダンスに対応しており、マイク、インストゥルメントいずれに対しても入力ステージを特定のデバイスに合わせて自動で最適化、沈みこむような低域から鮮やかな高域までを実現します。またマイクプリアンプ・エミュレーションも選択することができ、レコーディングにキャラクターやアティテュード、ざらつきを加えることも可能です。

ヘッドフォン出力
Symphony Desktopには、二つの独立した超低インピーダンス仕様のヘッドフォン出力が搭載されています。デュアル・サムESS DACを搭載し、完全に個別のルーティングが可能です。かく出力のレンジは、それぞれ想定されるヘッドフォンにより調整されています。フロント・パネルの出力はおよそあらゆるヘッドフォンをドライブすることができ、対してリア・パネルの出力は、特に高効率タイプのヘッドフォン向けに調整されています。

---------------
<今後のアップデートにより追加される機能>

■Release 1.19(2021.6公開)
Apogee Control 2ソフトウェアのMac(M1 Apple Siliconを含む)およびWindows 10 PCへの互換性
Symphony ECS Channel Stripプラグインを (Symphony Desktopのタッチスクリーン・ディスプレイ/Apogee Control 2ソフトウェア内/DAWから)コントロール可能に
ACFXプラグイン・ラッパー内の3つのワークフロー(Print, Monitor, DualPath Link)が完全に機能します。

■Release 1.2
Apogee Channel FX plugin
Desktop Control アプリケーション for macOS
Desktop Control アプリケーション for Windows 10
Print FX ワークフロー
Monitor FX ワークフロー
DualPath ワークフロー

■Release 1.3
タッチスクリーンコントロールによるプラグインパラメータ・コントロール
MIDI over USB機能
*開発状況により、内容が異なる場合がございます。

また更新情報は下記ページに記載いたします。
▽Symphony Desktopご利用手順(サポート)
https://support.minet.jp/portal/ja/kb/articles/symphony-desktop-installation
---------------

類似品比較表

メーカー
ANTELOPE AUDIO
RME
MOTU
PRESONUS
ARTURIA
モデル名
商品画像
Discrete 4 Synergy Core
Fireface UCX
828es
Quantum
AUDIOFUSE STUDIO
サンプリング周波数/量子化ビット数 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 192kHz / 24bit 96kHz / 24bit
アナログ入力数/出力数 4ch / 4ch 8ch / 8ch 8ch / 8ch 8ch / 8ch 8ch / 6ch
接続方式 Thunderbolt
USB2.0
USB2.0
FireWire
Thunderbolt
USB2.0 / AVB
Thunderbolt
USB2.0
USB2.0
(Type-C)

関連商品

スタッフレビュー

トップレベルのレコーディングスタジオでも採用されることの多いApogee / Symphony I/O MKIIのデスクトップ版。コンパクトサイズへそのままのサウンドクオリティが凝縮されています。これだけでも本当に価値のある製品と思いますが、その上、マイクプリアンプのエミュレーションや、掛け録りなどで使えるハードウェアDSP、また、それらをタッチスクリーン上でフレキシブルに操作することができるなど、非常に見どころの多いスペックとなっています。出力のサウンドは、最初に驚いたのは弾力があってクリアな低音!高音域の広がりや表現などに目が行きがちなのですが、澄み渡ったベースやキックが心地よく広がり、その音楽の深い部分まで完全に再現していると感じます。中高音域も非常に明確で、音との距離感を正確に測れるため、ミックスなどでも迷いなく作業を進められそうです。余分な味付けは全くないですが、しっかり音楽を鳴らし切ることでリスニング体験としてもとても気持ちいいものになっています!マイクプリは、非常にクリアかつ存在感のあるサウンド。派手なオケの中でも埋もれないコシのある音質です。
純粋に超高音質のオーディオインターフェイスとして非の打ち所がないクオリティですが、その上、多彩な機能を備えた「進化するオーディオインターフェイス」としても、ものすごいポテンシャルを秘めています。レコーディングのワークフローを変える可能性すら持っていて、今後のアップデートも非常に楽しみです。

営業部 / 有田 易弘

レビューを投稿するWrite a Review

  • この商品のレビューを書くWrite a Review

APOGEE (アポジー)
Symphony Desktop オーディオインターフェイス

Item ID:277073

Regular Price:¥164,690(incl. tax)

¥155,000(incl. tax)

  • Free Shipping

15,500Pt(10%)Detail

  • 1,550Pts

    通常ポイント

  • 13,950Pts

    ポイント10倍キャンペーン

  • 15,500Pts

    Total

close

限定特価

在庫ありIn Stock

Qty

Add to Wishlist

Categories

Search by Brand

Brand List
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram