ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

RME ( アールエムイー ) / Fireface UCX オーディオインターフェイス

RME ( アールエムイー )  / Fireface UCX オーディオインターフェイス

  • RME ( アールエムイー )  / Fireface UCX オーディオインターフェイス画像1
  • RME ( アールエムイー )  / Fireface UCX オーディオインターフェイス画像2
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
最先端のテクノロジーにより誕生したオーディオインターフェイス、RME/Fireface UCX。ハーフラック・サイズのボディに、スタジオやライブレコーディング等のプロフェッショナル・オーディオの現場で求められる性能を搭載。18イン/18アウトもの豊富なオーディオ・チャンネル、高性能デジタル制御プリアンプ、最新鋭のAD/DAコンバーター、すべてが192 kHzでの動作をサポートされたプロフェッショナルなモデルです。

■オーディオインターフェイス
Hammerfall X-Core(USB 2.0 & FireWire 400)を搭載
RME の最新鋭バス・テクノロジーの集大成となるHammerfall X-Core は、USB 2.0 &
FireWire 400 の両ポートを備え、Windows とMac OS X の両環境下でPCI インターフェイスと同等の低レイテンシーと安定性を提供します。RME はサードパーティ製のUSB およびFireWire テクノロジーに依存せず、自社開発のオーディオ伝送に最適化されたテクノロジーを採用することで傑出したパフォーマンスと妥協のないプロ・クオリティを実現しています。

TotalMix FX
無制限にミキシング、ルーティングが可能なTotalMix FXは、非常にフレキシブルなモニタリングとシステム構築を
可能としています。入出力チャンネルには、ラージ・サイズのデジタル・コンソールに匹敵する豪華な機能(3 BandのEQ、可変ローカット、オートレベル機能、コンプレッサー、エキスパンダーなど)が備わっており、さらにマイクと楽器入力チャンネルにはオーバー・ロードを自動で防ぐインテリジェントなAuto Set機能が搭載されています。世界中で高い評価を得たFirefaceUFX のユニークな機能の数々を受け継いでいます。

iPad でも使用可能 ─ クラス・コンプライアント・モードを搭載
プロフェッショナル・オーディオ・インターフェイスとしては初のクラス・コンプライアントに対応しました。これにより、Apple iPad/iPad2 と接続(Camera Connection Kit 経由)をすればFireface UCX のハイ・クオリティな入出力をiPad でも使用することができ、iPad にインストールしたApp や楽曲を高音質(iPad 使用時でもRME が誇るSteady Clockにより、アシンクロナス・モードで動作)で楽しめます。
他にも同クラス最高峰のデジタル制御・マイク・プリアンプの搭載、単体AD/DA コンバーターとして使用可能なスタンド・アローン・オペレーションの対応など、プロフェッショナルからの要求に応える製品として仕上がっています。

○ 高品位AD/DA コンバーター搭載:全入出力最大24 ビット /192kHz、低レイテンシーを実現
○ SteadyClock:驚異的なジッター抑制、抜群の安定度を誇るデジタル・クロックを搭載
○ TotalMix FX:内部処理46bit 648 チャンネルミキサー、パッチベイ/ ルーター
○ スタンド・アローン・オペレーション対応
○ クラス・コンプライアント・モード搭載

仕様
アナログ入出力
○ 8 入力:バランスTRS Phone×4、マイク/ インストゥルメント入力対応プリアンプ搭載XLR×2、ライン/ インストゥルメント入力x2
○ 8 出力:バランスTRS Phone×6、ヘッドフォン・インピーダンス対応TRS ステレオPhone×1 系(チャンネル7/8)
デジタル入出力
○ S/PDIF:コアキシャル入出力x1 系統(AES/EBU 対応)
○ ADAT:オプティカル入出力x1 系統(もしくはオプティカルS/PDIF へ切替可能)すべての出力はASIO ダイレクト・モニタリングが使用可能
その他入出力
○ MIDI:入出力x2 系統(BOHDSP9652MIDI ブレイク・アウト・ケーブルが必要)
○ ワード・クロック:入出力x1 系統

■動作環境
Windows
XP SP2以降/Vista/7/8/10、32/64 Bit
OHCI互換FireWire 400(1394a) 端子1基 or USB 2.0 端子1基
USB接続時:Intel Core 2 Duo シリーズ以上のCPUを搭載したコンピュータが必要
(発売時期に関係なくAtom, Celeron, Pentiumシリーズは動作対象外/AMD製CPUは全て動作対象外)

Mac
Mac OS X 10.5以降、Intel Mac
OHCI互換FireWire 400(1394a)端子 1基(800 > 400 変換しての使用可能)or USB 2.0端子 1基

※最新の動作環境につきましては メーカーサイトをご参照ください。(ページ下部)
RME オーディオインターフェイス特集

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.7)
  • レビュー数Reviews6
この商品のレビューを書く

2020/06/18 

11111数年前の機種ですが充分最前線にいますよ

投稿者名Reviewed byEB 【兵庫県】

HDSP9632からの乗り換えです。当初、「これをメイン、9632をADAT経由でサブに」と考えていたのですが、リソース競合で併用できず、残念。9632は引退しました。
注意点が一つだけ。
ブレイクアウトケーブル”MIDI”の取り付けですが、専用の端子の向きが分かりにくく、焦って突き刺して繊細なピンを曲げてしまいました。。。ここは9632のような昔ながらの端子にしてほしかったですが、スペースの関係上致し方ないのでしょうねえ。
ライン入出力のリファレンスレベルについて9632のマニュアルから追補しておけば、「+4dBu」が外部機器との標準的なレベル、としていいと思います。前面の4つの入力と1つのステレオ出力は背面とは別のリファレンスレベル設定ができます。
HDSP9632でもかなり綺麗な音だったんですけど、本機はさらオペアンプの性能が上がっているようで、中域の直進性がよく、解像度もアップしています。少しハイ上がりな傾向がありますが音量を変えてもダイナミクスのバランスが崩れないのが素晴らしいです。
TotalMix、他のソフトウェアミキサーでは真似できない機能満載です。9632の時からワン・アンド・オンリーでしたが、Fireface UCX搭載のものはさらに強力。何通りものサブミックスを簡単に作れ、独自プリセットのストア/リコールもワンクリックで簡単。この辺がTotalMixを使っていて一番便利に感じるところかと思います。
現状のインターフェイスに飽き足らない方には本当にお勧めです。
細かいことですけど、電源アダプターケーブルの機材側端子にはうす緑色のLEDが点灯します。これがなにげにかわいいです。でもってラック裏を照らしてくれて意外に便利だったりします。
9632のときにも感じたことですが、PCやOSの変化に対応してこまめにアップデートしてくれるドライバーのおかげで、本当に末永く使うことができるんです。それを考えるとこの値段でも充分おつりがくるインターフェイスです。

レビューIDReview ID:105432

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/05/29

11111質実剛健

投稿者名Reviewed by鳥ガラスープ 【三重県】

バランス型の機材で、少し古いものですがいまでもこの値段で取引されていることに納得のいく完成度だと感じます。
なぜかシャットダウンの際にUCXのドライバーがエラー吐くことがありますが、それ以外に大きな不満はないです。

レビューIDReview ID:104629

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/04/16

11111上を目指すDTM屋に

投稿者名Reviewed byTAKURO-9 【神奈川県】

一言で言うと「素晴らしい」
 
まず、出力。
非常にくっきり明瞭。最初は硬いかな、チャラいかなとも思ったがスタジオ向け機器ならばこれくらいでなければダメなのかと納得。
Focusrite Scarlett 2i4と比べてみたら周波数特性は驚くほど一致。これは色を着けていないフラットな特性と言えるかもしれない。
本機の方が2i4より分離感がよりしっかりしている。モノラルがど真ん中で聴こえるのにちょっと感動した。
 
マイクプリは単体のものを使うことが多いのであまり試してはいないが、直でもクリアだった。
 
そして、本シリーズの目玉でもある内蔵ミキサーとコントロールアプリTotalMix Fx。
実によくできている。各チャンネルにチャンネルストリップ。ルーティングが自由自在。
ただ、全てのユーザーに有難いかといえばそうでもないかもしれない。DTM屋向けか。ミキサー卓を使っている人には無用かもしれなし、ミキサーの仕組みが分かっていない人には難しいかもしれない。
 
ファンタムのオンオフは本体でできた方がいいかな。
 
 
余談。
機能面ではBabyfaceで充分だったが、デザインと設置形態(手前に置いて操作するか奥に置いて積み重ねるか)と操作性(Babyfaceの方が良いんだけどTotalMix Fxを使うなら中途半端)で本機を選んだ。

レビューIDReview ID:102726

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/10/17

11111素晴らしい安定感

投稿者名Reviewed byPlan 【神奈川県】

「接続してしっかり音がでる。」
当たり前のことであって一番大事なことです。安定性が抜群でトラブルは一切起きない。
いままではSteinbergのUR22mkIIを使用していましたが、たまに音が飛んでしまうことがあり、音楽制作の邪魔になっていました。
Input / Output ともに音に対して味付けや痩せはなく、解像度も非常に高いクリアな音質です。
Phone出力はとてもパワーがあるのでインピーダンス値(Ω)が高いヘッドホンを使ったほうがいいですね。
TotalMix FXの使い方が難しいというレビューがちらほらありますが、全くそんなことはないです。
ミキサーの仕組みを把握していればすぐ使えますし、使いやすいです。
注意点としてはDSPが搭載されているので本体は発熱します。
それだけですね。あとは何も問題ないです。
WindowsユーザーでしたらぜひRME製品を使ってみてください。
素晴らしい!!!さすがRME!!!

レビューIDReview ID:96811

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2017/12/20

11111上には上が

投稿者名Reviewed byゆらゆら 【愛知県】

導入以前はRolandのOcta captureを使用していたのですが、UCXは録音される音も再生される音も格段に良くなります。
DTMにおける、良いオーディオインターフェースを導入するプライオリティの高さをあらためて実感いたしました。

レビューIDReview ID:78373

参考になった人数:12人

12 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

RME ( アールエムイー )
Fireface UCX オーディオインターフェイス

商品ID:171546

¥145,000(税抜)

(¥159,500 税込)

  • 送料無料

1,595ポイント内訳

  • 1,595Pt

    通常ポイント

  • 1,595Pt

    合計

閉じる

7/10頃予定7/10頃予定

数量

お気に入りに追加

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top