ここから本文です

さうんどはうしゅ

YAMAHA / THR30II Wireless

YAMAHA / THR30II Wireless

  • YAMAHA / THR30II Wireless画像1
  • YAMAHA / THR30II Wireless画像2
  • YAMAHA / THR30II Wireless画像3
  • YAMAHA / THR30II Wireless画像4
  • YAMAHA / THR30II Wireless画像5
  • YAMAHA / THR30II Wireless画像6
2
  • メーカーサイトManufacturer Site
The THR30II is the second generation of the popular THR guitar amplifier from YAMAHA. Realistic modeling of well-established amps, with expanded variations. Comes with Bluetooth. Whether you are a professional or an amateur, you can use it as a desktop guitar amp at home, or for rehearsals in the dressing room.

recommended item

  • Laney / LX20R

    Laney/LX20R

    ¥21,800(incl. tax)

    The LX20R is a home practice amp with two channels, clean and drive, that allows you to enjoy everything from simple clean tones to hard sounds. It also has reverb, which creates a comfortable spread. The drive channel gives you the traditional LANEY powerful drive sound. The clean channel is a recommended model for home practice, where you can fully experience the original sound quality of the guitar.

【2】recommended item

  • Laney / LX35R

    Laney/LX35R

    限定特価 ¥25,800(incl. tax)

    The LX35R is a full-fledged model with two channels, clean and drive. It is a 35W guitar amp that can be enjoyed from simple clean tones to hard sounds. It also has reverb, which creates a comfortable spread. The drive channel gives you the powerful drive sound that is traditional to LANEY. The clean channel allows you to fully experience the original sound quality of the guitar, making it a recommended model for use from home practice to studio use.


■ Guitar / Bass Amp
■ Combo Type
■ Output: 30W (15W + 15W) / 15W (7.5W + 7.5W) at battery drive
■ Speaker: 9cm full range x 2
■ Installed amplifier types
・ 15 types of Guitar Amp models
・ 3 types of Acoustic model
・ 3 types of Bass Models
・ 3 types of Flat voicing
■ Amplifier simulation: CLEAN, CRUNCH, LEAD, HI GAIN, SPECIAL, BASS, ACO, FLAT
■ Effects: CHORUS, FLANGER, PHASER, TREMOLO, ECHO, ECHO / REV, SPRING REVERB, HALL REVERB, *COMPRESSOR, *NOISE GATE
 (Effects marked with * are available only on THR Remote)
■ Guitar wireless function installed: Line6 Relay G10T transmitter required (sold separately)
■ Bluetooth compatible
■ Connection terminals
・ INPUT (standard phone mono jack)
・ PHONES (stereo mini jack)
・ AUX IN (stereo mini jack)
・ USB
・ DC IN
・ LINE OUT (L / R standard phone jack)
■ Power supply: AC adapter
Rechargeable battery (Depends on use conditions)
■ Size: 420x195x155mm
■ Weight: 4.3kg

関連商品

スタッフレビュー

YAMAHA「THR30Ⅱ」は、ギタリストの自宅練習用アンプの最適解だと思います。購入以来、自宅の練習から外での活動に至るまで、幅広く活躍をしてくれています。クリーンから歪みまで、名機を彷彿させるリアルなアンプサウンドは小型ながらも満足がいくものになっています。アンプの種類もMODERN、BOUTIQUE、CLASSICのチャンネルを切り替えるだけでカラーが変わるので飽きがきません。基本的なエフェクト類も備わっているため、私はクリーントーンに軽くリバーブを常にかけた状態で自宅練習をしています。ワイヤレスのトランスミッターも内蔵し、シールドの煩わしさから解消されるのは、自宅練習においてはさらにGood pointですね。
以前、小学校で音楽教師をしていた時に電源が取れなくとも内蔵バッテリーで動作するため重宝しました。Bluetoothを利用してスマホから音楽を流したりすることもでき、野外での活用にもバッチリ。ポータブルキーボードに繋げて電源が取れない環境でも音取りができました。出力が30Wもあるため、ある程度の人数までであれば、管楽器の音にも負けない音量を出すことができます。
ギターアンプとしてだけでなく、さまざまな場面で役に立ってくれる一台です。電源をつけた時のオレンジの光は部屋を彩るインテリアとしてもお洒落でいいですね。

営業部 / 瀬貫 慎之介営業部 / 瀬貫 慎之介

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.1)
  • レビュー数Reviews11
この商品のレビューを書く
悲しみのプリズナー

2024/01/05

11111大変使いやすい!

投稿者名Reviewed by悲しみのプリズナー

機能が全て織り込まれており使い勝手が最高です。またエフェクターを使わなくても音のバリエーションが作りやすいのも特徴と思いました。音質もキレイでバランスも最高です。

レビューIDReview ID:146032

参考になった1

2021/05/26

11111普通に進化

投稿者名Reviewed by通りすがり 【大阪府】

無印が良かったので購入。
容量たっぶりのバッテリーとラインアウトが着いたのが最高です。
無印はジャンルによって緑とか黒のモデルを使い分けたり、
ライブユースはヘッド型が必要になったり、煩雑なところがクリアされた感じ。
ただ、フットスイッチが無線しか無理だったり、
あくまでもホームユースというところはしっかり主張してる気がしますね。

レビューIDReview ID:118426

参考になった3

2021/01/09

11111ピエゾ付エレキ使用者の救世主

投稿者名Reviewed byけろぞう 【山口県】

内臓のスピーカーはメーカーに問い合わせたところ、無印はエレキ寄りながら汎用できるスピーカーに、THR 30ⅱAはエレアコの音とマイクを綺麗に両立させることに特化したスピーカーにチューニングしてあるとのことでした。
THR5Aから乗り換えた自分からしたら、完璧な正統進化です。
アコギの音はコンデンサー、真空管、ダイナミックそれぞれでバランスを取ってやれば、ピエゾ臭さがまるでなく、エレアコを本当に鳴らしているような音にできます。エレアコは生ギターの音も耳で聴くときに混ざるので、生ライブでカフェなどで聴くときはその違いがわかる人にはわかりますが、ライブハウスや野外、ホールなどでやるような大音量でPA卓経由でスピーカーから出る音だけ聴くと本当にわからないレベルです。
自分はピエゾ付きのRelishを使っていますが、コンデンサー、真空管、ダイナミックマイクで調整してみると、
それぞれでblend(Gainツマミ)、Bass、Middle、Trebleの一番美味しい場所が全て違ったので、一つ一つのモデリングにYAMAHAが本気で取り組んでいることが伺えました。blendはかけすぎるとアコギの板鳴りが強調されすぎて不自然にギターの板が響きすぎるミドルクラスのアコギのような音になるので注意。(それでも価格からしたら全然良いです)きちんと調整すれば、アコースティック感を追求した生々しい木の音に、ピエゾの締まりのある音が加わった素晴らしい音になります。
エレキ方面では、各プリアンプの音質がめちゃくちゃ良いうえにキャビシミュの低域カバーレンジが恐ろしいほど広く最高なのですが、6L6モデリングのクリーンチャンネルは、Gainが低いレベルのところだとモデリング感がやや強く注意が必要です。12時以降にして初めて良い塩梅の音色に明確に変わっていきます。
※THRシリーズで内蔵スピーカーで音づくりを満足にできない方に…釈迦に説法かもですが自分なりの解決法を書いておきます。
内蔵スピーカーは使い勝手が良く、ついついそれで音作りしがちですが、これは口径が小さいので低音が潰れやすく、THRの本領の全てにはあたりません。Lineoutで大口径のスピーカ〜に繋いで、一度卓を通してしっかり爆音で音作りをしてから小音量に落とし込む音作りをおすすめします。本当に素晴らしい音になります。

レビューIDReview ID:113244

参考になった20

2021/02/14

11111練習で構築した音がそのままイベントへ

投稿者名Reviewed byなすやん 【兵庫県】

エレキもアコギもやります。
ヤマハのデジタルシュミレートの音は昔から好きでDG-1000
DG stomp、AG stomp、magic stompと使って来ました。
しかし、現在においては音の密度が荒い感じが拭えませんでした。
いつしかヤマハのこれらの機器は使わなくなり
fenderの真空管アンプを改造してメインとして使っていました。
しかし家では音圧を稼ごうと気持ちが良いところまで音量を上げると近所迷惑です。
旧THRは様々なバリエーションがありエレキとアコギを別々に買わないといけないし選択外でした。
ところが
新しいTHRⅡの詳細をみるとこれ一つでエレキ、アコギがいけるじゃないですか。
大好きで使い慣れたAG stompのマイクシュミレートと原音のmixも出来ます。
アゴギのピエゾのみのピックアップでも耳障りなチャカチャカ音を消せます。
また30Wあればちょっとしたイベントならいけるなと思い購入する事にしました。
結果
エレキもアコギも弾いてて楽しいです。
音の密度も十分満足出来るレベルです。
昔から所有していた使い慣れたヤマハデジタルシュミレーション機器がほぼ全て入っています。
また、他の方も書かれていますがoutputジャックが何気に業務用標準のバランス出力です。
ここに接続した音は卓に送れる本格的なレベルです。
ディスクトップアンプとはピッタリのネーミングで
小さな音でも音圧が感じられうるさくありません。
コンピュータと繋げばYoutubeと共演も可能です。
これでイベント、家の練習、エレキ、アコギ全ていけそうです。
以前構築していたデカいシステムがこの小さくておしゃれなラジカセ程のパッケージに全て入っています。
気軽に練習で構築した音がそのままイベントに持ち出せるのはかなりのアドバンテージです。
ヤマハさんやりますね。
追記です。
G10Tも購入しワイヤレスもしました。
アコギは残念ながら説明書にも記載されている様にピエゾタイプのLRbaggs製のELEMENTとANTHEMではエンドピンジャックに差込むとノイズが発生しました。
しかし正式な使い方ではないかもしれませんが20cm程のオスメス中継ケーブルを間に挟むと殆どノイズが消えて弾き語りでは充分なレベルになりました。

レビューIDReview ID:110712

参考になった13

2020/10/11

11111パワーアンプからキャビへの接続もオススメ

投稿者名Reviewed byアッテンボロー 【神奈川県】

PRSのピエゾ付を入手したので、マグネットP.Uはシールドで手持ちのアンプへ、ピエゾにはシールドを使うと煩わしいからと良さげなワイヤレスをと考えていた所、コレが条件にピッタリかなと思い購入。実はAcoチャンネルはAcoシミュではなくて(マグネットでも幾分アコギっぽい音は出る)、コンデンサー及びダイナミックマイクのシミュだと言うのが面白そうだったのも決め手。
だがいざ音を出してみるとAco以外もイイじゃないの!クリーンから歪みまで全chとも抜群に音が良いから弾いていて楽しい。前作から格段に向上している。
音イジリにはエフェクトやキャビにもアクセス出来るiPad等が断然オススメだ。コンパクト感覚で浅くもなく深くもないから調整し易い。
試しにLINEOUT(ヘッドホンアウトでも可)からパワーアンプ経由でヒューケトのキャビから音を出したら満足度は更に増した(その際はキャビシミュのバイパス必須)。以来このやり方で使っている。
結局コレ一台でエレキからピエゾまで充分満足。前作は勿論、ヒューケトからバイアスにケンパーと弾いて来たけど、音だけで見ても率直にとても良いアンプだと思う。もはやデジタル系アンプはアナログと比べる時代から、操作性や音の好みで選ぶ時代になっているとつくづく感じた。
ワイヤレス接続でも全く不満なくイケルのも驚愕だ。

レビューIDReview ID:109933

参考になった8

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

YAMAHA (ヤマハ)
THR30II Wireless

Item ID:268518

64,900 yen(incl. tax)

  • Free Shipping

1,605Pt(2%)Detail

  • 649Pts

    通常ポイント

  • 956Pts

    ボーナスポイント

  • 1,605Pts

    Total

close

在庫ありIn Stock

Qty

Add to Wishlist(Login)

Rating11110

Reviews:11

この商品に関連するセレクションRelated Articles

Categories

Search by Brand

Brand List
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram TikTok