ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

CROWN(AMCRON) / XTi 4002

CROWN(AMCRON) / XTi 4002※画像はXTi 1002となります。

10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
The CROWN (AMCRON) / XTi4002 is a power amplifier equipped with a high-performance DSP that can drive large speakers with high output performance. Various settings such as crossover, equalizer, delay, and limiter can be set on the LCD display. Using the dedicated software Band Manager 2, more advanced settings are possible on a PC.

同等品の
オススメは
こちら!

The "XTi 4002" is equipped with a high-performance DSP, and can execute various audio processing with one unit without preparing a separate processor. The crossover slope can be freely selected from Butterworth (6,12,18,24,48dB / oct) or Linkwitz Riley (24,48dB / oct), and the frequency can be set to any value in 1Hz steps. Each channel also has a parametric EQ with 8 input points + 6 output points and a delay of up to 50mS. In addition, a sub-harmonic synthesizer that synthesizes ultra-low frequencies based on the input signal and outputs powerful heavy bass is also installed.

Up to 49 DSP settings can be saved as presets in the main unit and recalled instantly, making setup quick and easy. Equipped with a convenient pink noise transmitter for checking the system. Detailed DSP settings and presets can be saved from HiQnet System Architect software on a USB-connected PC. HiTinet Band Manager software dedicated to XTi is also available. Up to 49 DSP settings can be saved as presets in the main unit and recalled instantly, making setup quick and easy. Equipped with a convenient pink noise transmitter for checking the system. Detailed DSP settings and presets can be saved from HiQnet System Architect software on a USB-connected PC. HiTinet Band Manager software dedicated to XTi is also available.

The "XTi4002" has an output performance that exceeds the class in a lightweight and compact body. Equipped with a high-efficiency switching power supply that generates less heat, 1,600W + 1,600W in a 2Ω stereo, and 3,200W output in a 4Ω bridge mono. Drive large speakers with a margin. In addition, the Peak X Plus limiter, which allows detailed settings for threshold, attack, and release, maximizes output performance. It is also lightweight and easy to carry, making it ideal for temporary PAs.

“XTi 4002” input signals can be routed inside the unit. A link terminal for splitting the input signal is also provided. The output prepared two terminals, a binding post and a speed controller. In addition, the front panel has a large backlit LCD display for recalling presets and DSP settings. A lock function that prohibits operation of the display is also provided. Additionally, the handle is integrated with the cast aluminum front panel for easy portability.

■ Specification
Stereo output (1kHz, THD0.5%): 2Ω 1,600W + 1,600W, 4Ω 1,200W + 1,200W, 8Ω 650W + 650W
Bridge mono output (1kHz, THD0.5%): 4Ω 3,200W, 8Ω 2,400W
Frequency characteristics (20Hz-20kHz, 1W, 4Ω): + 0 / -1dB
SN ratio (1kHz or less, 8Ω, A weight): 100dB
Dumping factor (10Hz-1kHz): 500 or more
Input impedance: 20kΩ (balanced), 10kΩ (unbalanced)
Input sensitivity: 1.4V
Input connector: XLR
Output connector: Neutic 4P Speakon (NL4MP), binding post
Network connector: USB
Indicators: Signal, -10, -20, Ready, Clip, Thermal, Power
Power supply: AC100V, 50 / 60Hz
Power consumption (IEC60065): 1,250W
Dimensions (W x H x D): 483 x 89 x 311mm (from mounting surface)
Weight: 8.4kg

このパワーアンプにオススメのスピーカーはこちら!

Band Manager2

XTiシリーズは、PCとUSB接続することにより、PC画面上からもコントロールすることができます。

  • 拡大する

    1.アンプを接続した状態で起動をすると、下記のように画面左下にアンプの画像が表示されます。

  • 拡大する

    2.アンプをクリックするとオレンジ色に変わり、基本設定画面が表示されます。ここからそれぞれのアイコンをクリックして設定します。

  • 拡大する

    3.Input Settings画面

    入力モードをステレオ、CH1+CH2、INPUT Yから選択します。ピンクノイズの出力もここで調整することができます。

  • 拡大する

    4.Output Mode Settings画面

    出力モードをステレオ、ブリッジモノから選択します。XTiシリーズはステレオ2Ω駆動も可能(1002を除く)1chあたり4Ωスピーカー2台のパラレル接続にも対応します。

  • 拡大する

    5.SubHarmonic Synth画面

    サブハーモニック・シンセサイザーは、サブウーファーを駆動する際に使用する機能です。原音の1オクターブ下の信号を合成することにより、低域を上げるだけでは得られない重低音を得ることができます。

  • 拡大する

    6.Input EQ Settings画面

    入力EQは、クロスオーバー前の調整を行う6バンドのパラメトリック・イコライザーを設定することができ、ブースト/カット、中心周波数、バンド幅(Q値)を設定することができます。

  • 拡大する

    7.Crossover Settings画面

    CROSSOVERタブではシンプルにクロスオーバー周波数のみを、INDEPNDENTタブではより詳細な設定ができ、ハイパスフィルター、ローパスフィルターのフィルタータイプ、クロスオーバー周波数、ゲインを設定できます。設定できるフィルターは下記です。

    ・Butterworth 6dB/Oct ・Butterworth 48dB/Oct
    ・Butterworth 12dB/Oct ・Linkwitz-Riley 24dB/Oct
    ・Butterworth 18dB/Oct ・Linkwitz-Riley 48dB/Oct
    ・Butterworth 24dB/Oct  
  • 拡大する

    8.Output EQ Settings画面

    出力EQでは、クロスオーバー後の調整を行います。スピーカー調整用のイコライザーで、入力EQと同じようにブースト/カット、中心周波数、バンド幅(Q値)を設定することができます。

  • 拡大する

    9.Delay Settings画面

    スピーカー同士の距離が離れていて、音が耳に到達するまでの時間に差がある場合に使う機能です。「秒」「フィート」「メートル」で調整できます。

  • 拡大する

    10.Limiter Setings画面

    チャンネルごとにリミッターのスレッショルド、アタックタイム、リリースタイムを設定できます。ソフトウェアからだとスレッショルドを0.1dB単位で調整することができます。

  • 拡大する

    11.Store Preset画面

    設定した内容を保存、呼び出しする画面です。複数の会場で使用するときには、あらかじめ保存したプリセットを呼び出すだけで瞬時にセッティングを終えることができます。

  • 拡大する

    12.左上の「Open JBL Speaker File」を選択した画面がこちらです。アンプモデルごとに各JBLスピーカーのプリセットが用意されており、ここから選ぶだけで簡単に最適な設定をすることができます。

関連商品

スタッフレビュー

パワーアンプの定番ブランドAMCRONのDSP搭載モデルXTiシリーズ。一番のおすすめポイントは、イコライザー、クロスオーバー、ディレイなどがこの1台に集約されることです。ラックケースに収納していた数々の機材が、このパワーアンプ1台でカバーできます。サブハーモニック・シンセサイザーやリミッターまで組み込まれ、重さ約10kgとコンパクトにまとめた文句なしのモデルですね。さたに、PCパネル上で各パラメーターをコントロールできる専用ソフトウェアが用意され、より快適に、より簡単にセッティングが可能。もちろん設定した内容は保存/呼び出しでき、イベント会場ごとに保存すると瞬時にセットアップされる点も見逃せない。サウンドの特徴では、クリアでよく抜ける高域は聴きやすく、押し出しのある中域、低域もタイトでしっかり響き、さすがAMCRON!!シンプルですが「クリアでパワフル」。ワンランク上のPAシステムを考えるなら、XTiシリーズのパワーアンプをおすすめします。

営業部 / 河西 政佳営業部 / 河西 政佳

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews1
5
1件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2013/02/23

11111低域にも満足しました。

投稿者名Reviewed by趣味のPA屋 【秋田県】

 素人なのであまりアテにならないかも知れませんが、XTiのレビューが全くないので、少しでも参考になればと思い、投稿します。
SX300&SB122を1対向ドライブするために購入しました。トランス電源アンプは重くて運搬が大変なためスイッチング電源の本機にしましたが、軽くて楽です。奥行きが少ないので、360mmラックに収まるのも助かりました。
当初、SX+SBを鳴らすなら4ohms:800WのXTi2002でいいかなと思っていましたが、奮発してXTi4002を選んで正解でした。Clipインジケーターが点滅するくらい突っ込んでもSXは受け止めてくれています。
音質については、手持ちのアンプがAmericanAudioとかベリしかないため比較対象にならないかも知れませんが、高域はクリアで、低域もけっこう力強く、何よりも全帯域の音の立ち上がりが早い感じがします。スイッチング電源なので低域が弱いのでは、と心配していましたが、杞憂でした。(この他のアンプとの比較はしていないので、あくまでも主観)
DSPは不要だと思っていたのですが、特にリミッターは役立っています。あらかじめスピーカーの許容範囲内のレベルでリミッターを設定しておけば、不用意な過大入力があってもドライバーを飛ばす心配がありませんので、思いっきり突っ込めます。ただし、リミッタ作動を示すインジケーターは無いようで、すこし分かりづらいですが。
PCソフトは、マニュアルには「HiQnet System Architect」が掲載されていますが、「HiQnet Band Manager」を使っています。
冷却ファンは、家の中で鳴らす程度であれば回転しません。(冬で寒いせいかも?)電源ケーブルは太さが2sq、長さは1mで、アンプ本体にコードクリップが付いているため、ケーブルが抜ける心配がありません。
素人としては非常に高価な買い物でしたが、おおむね満足しています。不満な点は、SP端子にDCが漏れていて、スピーカーを接続・取り外すときに『ポッ』と鳴ることです。問い合わせたところ「故障・異常ではなく製品の仕様の動作で、約50mV程度の電圧が発生するが、スピーカーにダメージを与えるもではない」とのことでした。

レビューIDReview ID:38932

参考になった人数:59人

59 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

CROWN(AMCRON) (クラウン(アムクロン))
XTi 4002

Item ID:172594

Regular Price:¥108,000(excl. tax)

¥99,800(excl. tax)

(¥109,780 incl. tax)

  • Free Shipping

10,977PtDetail

  • 1,097Pts

    通常ポイント

  • 9,880Pts

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 10,977Pts

    Total

close

限定特価

在庫ありIn Stock

Qty

Popular Alternatives

Add to Wishlist

Rating11111

Reviews:1

この商品に関連するセレクションRelated Articles

XTI 2シリーズ

  • 1200Wx2(XTi6002、8Ω)の大出力を誇り、大型スピーカーのパフォーマンスを最大限に引き出すことができる上位モデルです。高性能なDSPを搭載し、イコライザー、クロスオーバー、リミッター、ディレイ、サブハーモニックシンセサイザーを使用することができます。専用ソフトウェアBand Managerの併用により、PCから高度な設定も可能です。

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE

Page Top