ここから本文です

HOME

■スピーカーに組み合わせるパワーアンプを決める際のポイント

「スピーカーの許容入力(PGM:プログラム) > パワーアンプの定格出力(RMS:実効値)」

  1. スピーカーのインピーダンスと許容入力を確認
    例)CLASSIC PRO CSP10 インピーダンス:8Ω、許容入力:500W(PGM)
  2. パワーアンプの定格出力を確認
    例)CLASSIC PRO CP1000 8Ω時 340W+340W(RMS)

スピーカーの許容入力より大きい信号を入力すること、またスピーカーの許容入力値に近い出力の大きい信号を長時間入力することは、スピーカーの破損の原因になります。

パワーアンプは最大出力を超える場合、出力信号はクリップします。クリップにより矩形波のように波形が変化した信号は、ドライバーを大きく振幅させる、焼損の原因となる高調波を発生させるなどスピーカー破損の原因になります。よって小さいアンプで大きなスピーカーを鳴らすことはクリップさせやすくし、スピーカー破損の危険性を高める原因になりますので、適切なパワーアンプを選ぶことが重要です。

■スピーカー同士を接続するパラレル接続の場合

「接続したスピーカーの許容入力の合計 > 低くなったインピーダンス時のパワーアンプの定格出力」

【パラレル接続とは】

スピーカー同士を接続することで複数台のスピーカーを鳴らすことができる接続方法です。
一般的には8Ωのスピーカー同士を接続して使用されることが多いです。例えば8Ω同士のスピーカーを2台接続した場合、4Ωのシステムとして使用する形となります。

【注意点】

  1. 低くなったインピーダンスにパワーアンプが対応しているか?
    CLASSIC PRO/CP1400の場合
    8Ω 560W+560W→4Ω 900W+900W
  2. 目安として2つのスピーカーの許容入力を合計した値が、アンプ出力値を上回っているか?
    CLASSIC PRO/CSP12 2本
    許容入力:600W+600W=1200W
    CP1400の4Ω時の出力:900W > 接続したスピーカーの許容入力の合計:1200W

【パワーアンプとスピーカーの選び方~ハイインピーダンス編~】

1台のパワーアンプで複数のスピーカーを駆動可能な「ハイインピーダンス接続」。
ハイインピーダンスのパワーアンプとスピーカーの組み合わせ方をご紹介します。

■スピーカーに組み合わせるパワーアンプを決める際のポイント

「パワーアンプの定格出力≧スピーカーの合計W数(※×1.2)」

CLASSIC PRO / CMP120

例)CLASSIC PRO / CMP120の場合
定格出力は120Wとなりますので、10Wのスピーカーなら10台、1Wのスピーカーなら100台接続することが可能です。
※将来のトランスタップ変更、スピーカーの追加を加味して20%程余裕を持たせた組み合わせをお薦めします。

■ハイインピーダンス接続のメリット

1つのアンプに異なる定格入力(W)のスピーカーを混在して接続が可能です。
例えば、二つの部屋で音量を変えたい場合、10Wのスピーカーの部屋と1Wのスピーカーの部屋という設置が可能です。
例)10W+10W+1W+1W=22W


カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! 音魂ぐらんぷり 100位まで大公開! 一般投票開始!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top