ここから本文です

サウンドマート

HOME

SONY ( ソニー ) / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン

SONY ( ソニー )  / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン

  • SONY ( ソニー )  / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン画像1
  • SONY ( ソニー )  / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン画像2
  • SONY ( ソニー )  / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン画像3
  • SONY ( ソニー )  / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン画像4
  • SONY ( ソニー )  / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン画像5
  • SONY ( ソニー )  / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン画像6
  • SONY ( ソニー )  / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン画像7
  • SONY ( ソニー )  / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン画像8
  • SONY ( ソニー )  / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン画像9
  • SONY ( ソニー )  / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン画像10
5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
SONY MDR-M1STは、ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同開発したハイレゾ音源にも対応するプロフェッショナル・スタジオモニターヘッドホン。

こちらの
商品も
オススメ!

<特長>
■演奏空間を忠実に再現する音像
・独自開発のドライバーユニットを採用し、可聴帯域を超えるハイレゾの音域をダイレクトかつ、正確に再現。楽器のポジジョンは音の響く空気感、残響音といった演奏空間全体を正確にモニタリングすることができ、原音の持つ表情をそのまま伝えます。

■プロユースに耐えうる機能性と耐久性
・ジョイント部分にシリコンリングを採用し、体を動かした際に発生しやすいノイズを徹底的に低減。人間工学に基づいた立体裁断のイヤーパッドは、長時間の着用でも快適な装着感を維持します。
・ケーブルの交換が可能な着脱式ケーブルを採用。ハウジング部は、収納性の高いスイーベル機構となっています。

■熟練のエンジニアによるハンドメイド製造
・プロフェッショナル用音響製品を生産しているソニー・太陽株式会社にて製造。プロ用製品で培われた品質管理のもと、熟練のエンジニア達により1つひとつ手作業で丁寧に作られ、厳しい検査を得て出荷されています。

<仕様>
■プロフェッショナル・スタジオモニターヘッドホン
■型式:ダイナミック、密閉型
■ドライバーユニット:40mm、ドーム型(CCAWボイスコイル)
■音圧感度:103dB/mW
■マグネット:ネオジム
■周波数特性:5~80,000Hz(JEITA)
■インピーダンス:24Ω
■最大入力:1,500mW(※)
(※)IEC(国際電気標準会議)規格による測定値です
■ヘッドホンケーブル:約2.5m、ステレオ標準プラグ
■重量:約215g(ケーブル含まず)


※本機は業務使用を目的とした、プロフェッショナル仕様のヘッドホンの為、初期不良対応のみとなります。無償修理期間は設定せず、すべて有償での修理となります。
商品名
MDR-M1ST
画像
タイプ 密閉型 密閉型 密閉型 密閉型
スタイル オーバーイヤー オーバーイヤー オーバーイヤー オーバーイヤー
ドライバー ダイナミック
40mmドーム型
ダイナミック
40mmドーム型
ダイナミック
40mmドーム型
ダイナミック
40mmドーム型
周波数特性 5~30,000Hz 5~80,000Hz 10~20,000Hz 5~30,000Hz
インピーダンス 63Ω 24Ω 63Ω 63Ω
感度 106dB/mW 103dB/mW 106dB/mW 106dB/mW
最大入力 1,000mW 1,500mW 1,000mW -
ケーブル長 2.5m 2.5m 1.2m(最大約3.0m) 1.2m(最大約3.0m)
ケーブルタイプ ストレート ストレート カール カール
プラグ ステレオ標準プラグ ステレオ標準プラグ ステレオミニプラグ ステレオミニプラグ
プラグ形状 ストレート ストレート ストレート ストレート
重量 約200g 215g 230g -
付属品 なし なし キャリングポーチ
変換アダプター
キャリングポーチ
変換アダプター

関連商品

関連パーツ

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.4)
  • レビュー数Reviews22
この商品のレビューを書く

2022/07/04

11111以外と低域寄り?

投稿者名Reviewed byうなジュース 【大阪府】

サウンド業務で飯食ってるものです。
前まで会社では900STを愛用して使っていたんですが、M1STの音も気になるということで購入させていただきました。
使ってみた感想はやっぱり安定でモニターヘッドホンはSONYが良いなと改めて思いました。
音像、音量、距離感、音質、解像度、帯域バランス、すべてにおいて完璧だとおもました。
少し気になったのが低域部分です。
帯域バランスがうまい具合に出ているのが900STだと感じ、
M1STは結構低域に寄った音のように感じました。
同じ環境で聞き比べましたが自分はこう聞こえてきました。
M1STもバランスよく聞こえてはきますが、人によっちゃいままで900STを使っていた勢からするとこう聞こえてくると思います。
やっぱり自分がどんな用途で使用したいかによると思います。
曲のミキシングや作曲などをされる方向けかと感じました。
結局最後はモニタースピーカー頼りですが。

レビューIDReview ID:131144

参考になった人数:6人

6 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2022/06/22

11111モニターヘッドホンでは最高峰では?

投稿者名Reviewed byめいど 【大阪府】

MDR-7506からの追加購入しました。
最初購入した時の印象はボアボアした印象で、このヘッドホン大丈夫か?って思いましたが、エージングが進むにつれクリアな音質になっていき、ちゃんとエージングしないとダメなのを思い知らされました。
MDR-7506みたいにミッドハイあたりの不自然な音の出方もなく、CD-900STみたいに耳に音が刺さる感じがなく、すごく音がモニターしやすくて気に入ってます。
MDR-7506が低域用、CD-900STは高域用、M1STは全体を見渡す用途で使い分けるのがいいのかって思いました。
解像度が高いせいか、ほかのヘッドホンよりも聞き疲れしやすい印象は変わらなかったです。
ソニーのモニターヘッドホンは相変わらず疲れやすくてリスニングみたいな普段用途には相変わらず向かないなって思いました。

レビューIDReview ID:130844

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/11/02

11111ケーブルを簡単にバランス化してみました!

投稿者名Reviewed byダブルクロス 【鹿児島県】

MDR-M1STの音がすべてにおいてモヤモヤしており、ボーカル、低域も癖があり、MDR-CD900STの方がはっきりいい音。ハイレゾ対応のいいのが欲しいのでHPH-MT8を買いましたがある程度完成されており、面白くなくM1STのケーブルをMDR-1AM2の5極バランスケーブル(MUC-S12NB1)に4.4mm 5極バランスプラグ(メス)/6.35mmステレオ標準プラグ(オス)の完成品を買いました。16BitのCDの高域がかなりはっきりと定位よくノイズ感少なく出て、中音、低音の定位がはっきりとしてきました。ソースをそのまま出します。当方まだ機器がハイレゾ化しておらず、相変わらずアナログでの評価ですが、FM、Youtubeや、MP3などの音源もましにはなると思います。メーカーさんがM1STのバランスケーブルを出してくれたらいいのですが。やはりハイレゾ対応ヘッドフォンはハイレゾ音源を聞かないと威力を発揮しなく、逆に今までのソースは変な音になったり。きちんとすればハイレゾ対応ヘッドフォンはいい音出ます。
テスト機器は、A社C-260、P-360、DP-70各バランス接続、T-105、Y社NS-1000Mを使いました。

レビューIDReview ID:123735

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/11/15

11111CD900STと同系譜

投稿者名Reviewed byししまる 【埼玉県】

様々な媒体や、ここでのレビューの評判が良いので、買いました。
CD900STが、生録は勿論、普段使いにも一番使うことが多く、特にスピーカーのマルチアンプ化にあたり、チェックにも使います。自分にとってのフラットはこれですから。
さて本機M1STですが、まずCD900STで言われる耳を刺す感じ(これはエージング不足と思われ)が最初から無く、低域は前機譲りの、締まった感じ、高域は前機より伸びているように感じます。全音域にわたり柔らかさが支配的(前機比較)で、音楽鑑賞に向いているという評価も頷けますが、前機との比較でも音に違和感はなく、併用は全く問題ないと思います。特にハイレゾ録音のため開発という意味がわかります。
定位は、前機は、フォーカスがきちっと嵌っている、に対して、これは、その歌手や楽器の存在全体をしっかりと出す感じです。レンズで言うなら、前者がニコンなら、これはまさにツァイスです。
とても軽量で、これら二つともよく似ていますが、ある歌手さんのMVで、早速付けて録音しているのを見ました。
三万円ちょいの価格は、決して高く無いと思います。
あと、民生機のMDRー1AM2に付属する、バランス接続のケーブルが流用できます。キンバーケーブルを推奨してますが、26,500円と高価なのに対して、これは2,200円ですので、自己責任ながら試してみてもいいと思います。バランス接続端子のあるWALKMANにはいいと思います。ただ端子が4.4mmなので、2.5mmのアステル&ケルンは使えません。(最近の機種は4.4mmですが)。

レビューIDReview ID:111112

参考になった人数:43人

43 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/11/14

11111すごいわ

投稿者名Reviewed byBA 【千葉県】

1、俺の諸元
・耳の性能:比較的バカ
・耳の大きさ:小さい耳
・顔の大きさ:小さめ(脳みそも?)
・好きな音楽:EDMとパンクロック
2、よかったところ:
・今まで聴こえなかった様々な音が聴こえまくる
・イヤーマフみたいな密閉性(逆に今までの密閉型ヘッドホンは何だったの)
・ケーブルが交換できる
・重量と質感に高級感がある
3、俺に合わなかったところ:
・3時間使うと耳が痛い
・激しいヘドバンには非対応(耳に押し付ける力は強いけど、重量のせいだと思う)
4、ミニプラグで使うときは、ゼンハイザーの561035に差して使っています(サウンドハウスで買えます)
総評:俺、耳がよくなったかも、と勘違いできました。生きてきた甲斐がありました。幸せです。業務用を考慮すると、何も不満を感じません。長時間の使用で耳が痛くなるのは俺の耳のせいに決まっています。お高いけど、人生は一度きりなのでオススメです。

レビューIDReview ID:111101

参考になった人数:98人

98 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

SONY ( ソニー )
MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン

商品ID:265664

¥29,500(税込)

  • 送料無料

1,475ポイント(5%)内訳

  • 295Pt

    通常ポイント

  • 1,180Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 1,475Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

この商品に関連するセレクションRelated Articles

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram