ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

ZOOM ( ズーム ) / LiveTrak L-20 デジタルミキサー

ZOOM ( ズーム )  / LiveTrak L-20 デジタルミキサー

  • ZOOM ( ズーム )  / LiveTrak L-20 デジタルミキサー画像1
  • ZOOM ( ズーム )  / LiveTrak L-20 デジタルミキサー画像2
  • ZOOM ( ズーム )  / LiveTrak L-20 デジタルミキサー画像3
  • ZOOM ( ズーム )  / LiveTrak L-20 デジタルミキサー画像4
  • ZOOM ( ズーム )  / LiveTrak L-20 デジタルミキサー画像5
5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
ZOOM LiveTrak L-20は、中規模のライブPAにも対応する20chのデジタルミキサーです。個別のモニターミックスを作成して、ヘッドフォン/スピーカーに出力できる6系統のモニターアウト、各トラックを個別に録音できるレコーダー機能を装備。さらに22in/4outのUSBオーディオ・インターフェースを搭載。アナログからの乗り換えにもおすすめな直感的な操作。ミックス、モニター、レコーディングを1台で完結することができます。
■主な特徴
◇デジタルオーディオミキサー
・モノラル16チャンネル、ステレオ2チャンネルの合計20chの入力
・EIN -128 dBuの超低ノイズフロア、最大入力ゲイン+60 dBの高品位なマイクプリアンプ
・48Vファンタム電源を供給可能(1?4ch、5?8ch、9?12ch、13?16chごと)
・ギター/ベースなどの楽器入力に対応するHi-Zスイッチ(1?2ch)
・接続した機器の入力信号を26 dB減衰させるPADスイッチ(3?16ch)
・演奏者一人ひとりに異なるミックスを送れる6系統のモニターアウト
・マスターおよび6 系統のモニターを切り替えられる、オペレーター用ヘッドフォン出力
・3バンドEQ(MIDは中心周波数可変のセミパラメトリック方式)
・カットオフ周波数を調整できるローカットフィルタ
・2系統、全20種類のセンドリターン・エフェクト
・各モノチャンネルに、独立した1ノブタイプのコンプレッサーを搭載
・最大9種類のミキサー設定を保存できるシーンメモリ機能
・60mmストロークのチャンネルフェーダー
・視認性の良い12セグメントLEDレベルメーター
・無償アプリ『L-20 Control』で、iPad からリモートコントロール
(別売Bluetoothアダプタ「BTA-1」が別途必要)
◇マルチトラックレコーダー機能
・最大22トラックの同時録音、20トラックの同時再生
・最高24ビット/96kHzのハイレゾ音質で、SDカードにレコーディング
・ミックスダウン、オーバーダビング、パンチイン/アウト録音
・外部USBメモリに録音データの書き出し/読み込みが可能
・メモ録音およびトークバックが可能な内蔵スレートマイク
・プリカウントおよびタップテンポ設定可能なメトロノーム機能
・入力音をトリガーにして録音を開始するオートレコード機能
・2秒前にさかのぼって録音できるプリレコード機能
・任意の位置へロケートできるマーカーを最大99個まで登録可能
・別売フットスイッチ(FS01)で、レコーダーの再生/停止、パンチイン/アウト、内蔵エフェクトのミュート操作が可能
◇USBオーディオ・インターフェース機能
・最大22チャンネルの入力、最大4チャンネルの出力
・最高24ビット/48kHzのオーディオ品質
・マルチトラックレコーダー機能との同時使用が可能
・USB2.0ポートを搭載するMac、Windowsに対応
・クラスコンプライアントモードでiOSデバイスにも対応(Apple Lightning - USBカメラアダプタが別途必要)
・コンピュータのジッタに影響されないアシンクロナス(非同期)転送システムを採用

■同梱品
ACアダプタ(AD-19)、USB2.0ケーブル、クイックガイド

■サイズ(WxHxD):445 x 82.6 x 388.4 mm
■重量: 3.71kg

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11100(3.0)
  • レビュー数Reviews5
この商品のレビューを書く

2019/09/06

11111バンド1発録りに最適。レコーディングが楽しい。

投稿者名Reviewed bybackbeat 【神奈川県】

スタジオに持ち込んでバンド1発録りしました。ドラム以外の楽器はラインで、ボーカルだけ後で録れば完璧。6人分のモニター送りを機材の追加なしでできるのも素晴らしい。iPadでメンバーに操作させると面白がってテンションも上がるし、良い雰囲気でレコーディングできました。
ライブでの使用においては全AUXがPreFader固定なので詰みと言う意見がありますが、BGMなどのソースからL-20の間にボリュームを挟めば済むことです。とは言えアップデートで改善するに越したことはないので、ZOOMさんよろしくお願いします。

レビューIDReview ID:95585

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/12/22

1111サイズが許容できるなら機能的にL-20

投稿者名Reviewed by人柱 【大阪府】

自宅外での多Ch同時録音のため、当初RシリーズやL-12が候補でしたが、
・R系だと容量の小さなSDカードしか使えない
・L-12と比べるとモニター出力用の系統が増えておりステレオorミックス出力選択可
というあたりでこちらにしました。
デジタルミキサーながらフェーダー手動ですがLEDインジケーターでの状態表示があるので何も問題なし。
液晶画面は樹脂窓なので(slateマイク穴の関係でガラスは窓は無理なんでしょう)、汚れた時に紙ウエスなどで軽く拭いた程度でも傷つきそうですが、安価なGoPro用等のガラスフィルムを貼っておくと気楽に汚れを拭き取れます。

レビューIDReview ID:88103

参考になった人数:8人

8 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/07/01

111ライブでの使用には注意が必要

投稿者名Reviewed bykanebon 【石川県】

値段で選ぶと、その分苦労が増えます。
10万前後のフィジカルフェーダー付のデジタルミキサー欲しいということで、この機種を選びました。
モーターフェーダーではないので、iPadで事足りるかなと思いながらライブ使用に臨みました。
・ある程度は覚悟してましたが、CHごとのAUXバスのセンド量をフェーダーで行うので、マスターとAUXを行ったり来たりすると、フェーダーの位置が若干ずれますが、CHごとにフェーダー横にLEDの位置表示がされるのですが、一度その位置までフェーダーを動かして掴みに行かないと反応しないので、直感的には操作はできず、デリケートな操作は難しいです。やはりライブミキサーを順当に考えるなら、モーターフェーダーですかね。
*AUX系はフェーダーのみではなくCHごとのエンコーダーでも、できる方が良いですね。
・iPad操作感(iPadminiでは難しいのでより大きな画面で!)
iPadminiでライブに臨んだのですが、ソフト改善要望に近いですが、フェーダーをつまむと若干ずれてしまい、デリケートな音量操作はなかなか難しかった。つまんだときにdB表示をもっと大きく吹き出して欲しい感じ。画面(1度に8CH分が表示される)の端のCHを操作してると、次のエリアに移ってしまうことがあった。TAP TEMPOがうまく反応せず、画面の右下なので、iPadドックが出てくることがあった。
・ライブミキサー使用時は24/48Hzが限界でしょう。ただ出音は、僕の好みでしたので、繊細な音が必要なライブ以外は特に問題ないと思いました。このクラスにしては十分いいと思います。
結論としてiPadの画面の大きもので、自分の順応性を磨くしかないと悟りました。
ライブのミキサー卓として(直感的な操作が必要なシチュエーション)はオススメはしませんが(あと10万弱ためて。。。)、ただこの値段でこの音が出れば、レコーディング等(それぞれのAUXバスアウトをマスターとの切り替えができるのと、ヘッドフォーン(ステレオ)とラインアウト(モノのバランスアウト)切り替えができる)いろいろ使いではあるので面白いと思います。

レビューIDReview ID:93666

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/06/22

1124bit96KHzの場合、制限が多すぎる。

投稿者名Reviewed by移動するストレス 【兵庫県】

24bit96KHzの場合
以下のことができません。ご注意ください。
ライブでは、運用上、実際困ります。
マニュアルを読み込まないとわからないです。
「サンプルレートを変更する」より
SEND EFX1/2 無効
EQ 無効
OVERDUB 無効
オーディオインターフェース 無効

ミキサーとして使用する場合は,24bit48Khまでと考えた方がよいと思います。
24bit96Khzの場合、1発どり専用機として考えて、DAWでの編集を前提の運用と割り切るとよいと思います。

レビューIDReview ID:93357

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/05/02

1ゴミクズです

投稿者名Reviewed byDDP 【大阪府】

もっとも致命的なことに全AUXがPreFader固定です。例えどちらかに固定でもまだPostFader固定の方がINPUTをパラってFBチャンネル作れば済む話ですが、Pre固定だと詰みます。
フェードインアウトが必要な再生ソースがあるとFOHはフェードアウトしたのにステージモニターはガンガン鳴りっぱなしになります。
iPadアプリはツマミもフェーダーも、タッチセンスが悪くてカーブも悪くて操作感悪い。モニター0.5dB上げようとかの微調整はできないと思った方が良いです。PEQを大幅に触ったわりにiPadのGUI的にほとんど見分けがつきません。
こんなものに10万円の値付けする人の気が知れません。DSP付きAudio I/Fとパソコンの組み合わせの方が100倍マシだと思います。

レビューIDReview ID:91936

参考になった人数:19人

19 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

ZOOM ( ズーム )
LiveTrak L-20 デジタルミキサー

商品ID:253523

¥90,050(税抜)

(¥99,055 税込)

  • 送料無料

4,950ポイント内訳

  • 990Pt

    通常ポイント

  • 3,960Pt

    全商品ポイント5倍キャンペーン

  • 4,950Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top