ここから本文です

サウンドマート

HOME

MIDAS ( マイダス ) / MR18 リモートコントロール・デジタルミキサー

MIDAS ( マイダス )  / MR18 リモートコントロール・デジタルミキサー

  • MIDAS ( マイダス )  / MR18 リモートコントロール・デジタルミキサー画像1
  • MIDAS ( マイダス )  / MR18 リモートコントロール・デジタルミキサー画像2
  • MIDAS ( マイダス )  / MR18 リモートコントロール・デジタルミキサー画像3
  • MIDAS ( マイダス )  / MR18 リモートコントロール・デジタルミキサー画像4
  • MIDAS ( マイダス )  / MR18 リモートコントロール・デジタルミキサー画像5
  • MIDAS ( マイダス )  / MR18 リモートコントロール・デジタルミキサー画像6
  • MIDAS ( マイダス )  / MR18 リモートコントロール・デジタルミキサー画像7
  • MIDAS ( マイダス )  / MR18 リモートコントロール・デジタルミキサー画像8
10
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
18ch入力、マイクプリアンプを16基、さらにWIFIモジュールを搭載した、iPad/Androidタブレットで操作するMIDASのコンパクト・デジタルミキサー

こちらの
商品も
オススメ!

こちらの
商品も
オススメ!


・ スタジオやライブ・アプリケーションに最適な18 入力デジタルミキサー。iPad*/Android* タブレットによるコントロールを標準としています。
最大8台のデバイスで接続可能。
・ 16 個のMIDAS マイクプリアンプを搭載(XLR 入力)。2 つのTRS Line 入力を搭載。
・ 外部ルーターを必要としない、内蔵Tri-Mode WiFi ルーター
・ Dugan*-style Auto- オートマチックミキサー機能による、マイクゲインのシェアリングが可能
・ USB コネクターよる非圧縮ステレオWAV レコーディング/プレイバックが可能。
・ 4 つのデジタル・シグナルプロセッシングを持ったエフェクト・エンジン
・ ラックマウントやステージ上での使用を考慮したラックアングルとプロテクト・バンパーを搭載。
・ 6 つのXLR AUX 出力と2 つのXLR メイン出力、ヘッドフォンコネクターを搭載。
・ 40 bit floating point デジタル・シグナルプロセッシング
・ Ethernet LAN またはWiFi を経由してiOS、Android、PC/Mac*/Linux*アプリを使ってリモート操作可能。
・ MIDI In/Out は、MIDI 機器によってミキサーを制御することを可能にします。
・ 新しいファームウェア・アップデート(新しいFX「プラグイン」を含む)は、無料でダウンロード可能。
・ オートレンジ、ユニバーサル・スイッチングモード・パワーサプライ

MR18

MIDAS M32はデジタルミキサーでできることを完全に再定義し、何千人ものユーザーがその性能を楽しんでいます。そのテクノロジーが小型ながら強力なラックマウント型ミキサーMR18に組み込まれ、録音方法とライブ音楽の再生方法が変わります。

時代が来たミキサー

ここ数年、レコーディングとパフォーマンスオーディオの世界は大きなパラダイムシフトを経験しており、ミュージシャンもパフォーマーも同様に、柔軟性と使いやすさを提供する新しいテクノロジーを活用することが求められています。MR18は、iPadやAndroidタブレットで使用するための頑丈なステージボックス設計に収納された12入力のポータブルミキサーです。4つの受賞歴のあるMidas PROマイクプリアンプ、ワイヤレス制御用の統合WiFiモジュール、MIDI I/O、およびファイルの保存や非圧縮ステレオWAVファイルの録音と再生用のUSBコネクタ-により、ライブとスタジオの両方のアプリケーションに最適です。無料のiOS、Android、PCアプリを使用すると、会場やトラッキングルームを移動してミックスのすべてのパラメーターを操作でき、パフォーマーは共有モニターミックスに自由にダイヤルインできます。高度なエンジニアリングと細心の注意を払った設計により、プロフェッショナルグレードのパフォーマンスを提供します。

16 MIDAS PROマイクプリアンプ

MIDAS PROマイクアンプはPROシリーズミキシングコンソール用に開発され、M32にも搭載されており、有名なMIDASサウンドの真髄として一流のライブサウンドおよびレコーディングエンジニアに認められています。MR18では、40年以上にわたる卓越したデザインがプレミアムグレードのコンポーネントと融合し、比類のない温かさと奥行き、微妙な雰囲気、完璧な空間定位を提供し、競合モデルよりも正確なイメージングを実現します。受賞歴のあるMIDASマイクプリアンプは、何世代ものライブサウンドエンジニアに最高の仕事をするようインスピレーションを与え、世界中の聴衆を魅了する音の風景を作り出してきました。MR18には16個のMIDAS PROプリアンプが装備されており、そのすべてが文字通りロックラッチ付きのNeutrikコンボコネクターを介して入力できる状態になっています。

内蔵トライモードWiFiルーター

究極のモビリティを実現するように設計されたMR18には、外部ルーターのセットアップや設定を必要とせずに、ミキサーの機能を直接制御できる統合WiFiモジュールが付属しています。MR18を使用すると、自由にミックスに集中できると同時に、会場内を動き回って聴衆のあらゆる部分が聞いている音を体験することができます。さらに、アーティストの視点からライブモニターウェッジを調整できます。さらに良いことに、アーティストが自分のタブレットを介して自分のIEMとフロアモニターをミックスできるようにすることもできます。

  1. アクセスポイントは、最大4つのクライアント(つまり、iPad、Androidスマートフォン/タブレット、またはラップトップ)を直接かつ同時に接続する最も簡単な方法です。
  2. WiFiクライアントを使用すると、制御アプリとデバイスが接続されている既存のワイヤレスネットワークにミキサーを追加できます。
  3. 有線接続は、PCやローカルエリアネットワーク(LAN)に直接接続することも、専用WiFiルーターに接続する場合(拡張範囲や5GHzアプリケーションなど)に行うこともできます。

簡単な録音

信じられないほど高速で包括的な 18 x 18 チャンネル、双方向 USB インターフェイスにより、MR18 は iPad または PC に直接録音するための驚くほど強力なデジタルミキシングソリューションになります。エフェクトとゼロレイテンシーを備えた完璧なモニタリングミックスを調整しながら、最大16個のソース信号とキーボードプレーヤーのMIDIノートをDAWに送信して録音と編集を行います。

スタジオでロックの歴史を作っている場合でも、親密なライブパフォーマンスをキャプチャーしたい場合でも、並外れた明瞭さで素晴らしいトラックを録音することがかつてないほど簡単になりました。

革新的なオートミキシング

ステージ上でのパネルディスカッション、記者会見、法廷での手続きなど、アプリケーションで複数のマイクのセットアップが必要な場合、非常に多くのオープンマイクを維持し、モデレーターの最大のゲインと優先順位を維持することが困難になる可能性があります。

コンパクトなオーディオミキサーとしては初の革新的なM AIRゲインシェアリングテクノロジーにより、最大16個のライブマイクを使用した完全自動ミックスを簡単に管理できます。伝説的なDan Duganオートミックスシステムに基づいたMR18のゲインシェアリングパラダイムは、ゲートアーティファクトやノイズ変調を発生させることなく、選択したすべてのマイクのレベルをリアルタイムで自動的に制御します。

この機能は、2つ以上のマイクが互いに近接している場合に発生する可能性のある一般的なフィードバック、スタジオノイズ、コムフィルターの問題を大幅に軽減します。M AIRゲインシェアリングテクノロジーは、複数の話者が同時に話している場合でも、一貫したシステムゲイン構造を提供します。

4つのオンボードM32エフェクトエンジン

今や伝説となったM32デジタルミキシングコンソールとまったく同じFXエンジンを搭載したオンボード仮想FXラックは、4つのステレオ(8モノラル)、ディレイ、コーラス、ダイナミクスを含むマルチエフェクトプロセッサーへのアクセスを提供します。高品質の真のステレオリバーブと、メインおよびAUXバス上の31バンドEQを同時に使用でき、追加のハードウェアは必要ありません。

Lexicon480LやPCM70、EMT250やQuantec QRSリバーブなどの伝説的なスタジオエフェクトのハイエンドシミュレーションを任意に組み合わせて選択できます。オンボード処理により、MR18にはFXのスタジオ全体がボンネットの下に組み込まれているため、DAWプラグインを使用したミキシングセッション中にコンピューターが重労働を行う必要がなくなりました。

カスタム設計され、最も象徴的で人気のプロセッサーを物理的にモデル化したすべてのエフェクトは、M32ミックスエンジンの低レイテンシー環境内で実行され、完璧なパフォーマンス、柔軟なルーティング、およびケーブル障害の終端を保証します。

ハイエンドFXラックをすぐに利用可能

TeletronixのLA-2Aレベリングアンプの純度の高い真空管シグナルパスは、過去数十年にわたる無数のアルバムにその卓越した明瞭さ、豊かで温かみのあるコンプレッションを残しています。

超滑らかな光アッテネーターは、LEISURE COMPRESSORで厳密にモデル化されています。さわやかで自然、そして楽に音楽的なコンプレッションを実現します。(Teletronix LA-2Aからインスピレーションを受けています)

Ureiが1176LNリミッティングアンプを60年代後半にリリースしたとき、それは新境地を開拓しました。採用されている電界効果トランジスタは発明されたばかりで、1176はこの新しいテクノロジーの恩恵を受けた最初のオーディオプロセッサーの1つです。

MIDASのデジタルで生まれ変わったULTIMO COMPRESSORは、初期のRev.Eモデルをベースにしており、オリジナルのClass-A出力段のスムーズな特性とFETの伝説的な高速アタックを忠実に再現しています。(Urei 1176LNからインスピレーションを受けました*)

Fairchild 670チューブコンプレッサーは、ハイエンドのビンテージ機器オークションで記録的な落札を獲得しただけでなく、コンプレッサー史上最も素晴らしい色合いも実現しています。2つの小さなトリムVRがコントロールのサイドチェーンアクションをプリセットし、6段階のスイッチがタイミングを決定し、2つの大きなInputノブとThresholdノブがレベルを調整します。

MIDASのFAIR COMPRESSORモデルは、元の信号経路に忠実であり、デュアル、ステレオリンク、またはM/S動作のモデルを便利に提供します。(フェアチャイルド670*からインスピレーションを得ています)

COMBINATORは、有名なブロードキャストおよびマスタリングコンプレッサーをエミュレートする素晴らしい5バンドコンプレッサーです。非常に複雑なプロセッサーであるCOMBINATORは、自動パラメーター制御を利用して、驚くべき「聞こえない」結果を生み出します。各周波数帯域のメイクアップゲインは、スペクトルバランスコントロール(SBC)機能によって自動的に調整され、バランスのとれたオーディオスペクトルを維持します。

XTEC EQ1は、これまでに製造された疑いの余地のない最高のパッシブスタジオイコライザーの1つをエミュレートします。事実上、言葉では言い表せないほど、レコーディングエンジニアはPultec EQP-1aがサウンド強化の「秘密のソース」であると主張しています。私たちはこのクラシックを徹底的に分析し、多面的なサウンドを細部まで再現する正確な物理モデルを作成しました。トランスや真空管出力段も忠実にモデリング!(Pultec EQP-1aからインスピレーションを受けました)

このオリジナルのクラシックのあらゆる側面をデジタルで「再構築」することで、中音域に焦点を当てたパラメトリックイコライザーXTEC EQ5の本質を捉えました。私たちのデジタル再生は、そのかなりユニークなコンポーネントの滑らかな特徴を忠実にエミュレートします。(Pultec MEQ5からインスピレーションを得ています)

新しいSUB OCTAVERは、入力信号の1オクターブまたは2オクターブ下で、驚愕のサブハーモニクスを生成する2チャンネルを提供します。元々はベーシスト向けに設計されたエフェクトですが、高域、中域、低域のトラッキングを調整して幅広い用途に適用できます。これはビートボックスの秘密兵器です。

EDISON EX1は、MIDAS独自のアナログクラシックの1つを生まれ変わらせたものです。この非常に効果的なツールを使用すると、ステレオフィールドを操作できます。選択可能なモノラルまたはステレオI/Oモードにより、モノラル/ステレオで録音された音源の処理または作成が可能になります。(BEHRINGER EDISONからインスピレーションを得ています)

SOUND MAXERは、位相と振幅の整合性を調整して、一部のエフェクトやイコライザーを使用すると隠れてしまうサウンドの自然な質感をより明らかにすることで、あらゆるオーディオ信号に自然な輝きと明瞭さを復元します。(Sonic Maximizer 482iからインスピレーションを得ています)

DIMENSIONAL CHORUSは、「史上最高のアナログコーラスユニット」と言われているものの完璧なエミュレーションです。4つのシンプルなモードプリセットボタンは、「空間」と「次元」と最もよく表現される素晴らしいエフェクトを有効にします。オリジナルに完全に忠実で、複数のプリセットボタンを同時に押すことができます。(Roland Dimension D Chorusからインスピレーションを得ています)

MODULATION DELAYは、最もよく使用される3つのタイムモジュレーションエフェクトを1つの操作しやすいユニットに組み合わせたものです。アンビエンス、クラブ、ホールの3つの非常にユニークなリバーブモデルから選択した、豊かで広々としたコーラスを備えた真のステレオディレイをお楽しみください。

ENHANCERSを使用すると、選択可能な周波数で低音、中音域、高音の出力を強調できるため、全体の音量を上げることなく、最大のパンチ、明瞭さ、ディテールを生成できます。(SPL Vitalizerからインスピレーションを得ています)

EXCITERは、ライブサウンドアプリケーションでの臨場感と明瞭度を高め、スタジオで明瞭さ、空気感、倍音を加えるのに不可欠です。(Aphex AuralExciterからインスピレーションを得ています)

一般的なグラフィックEQとは異なり、MIDASのSTEREO TruEQは、隣接するフェーダー設定を考慮して、新しいフェーダー設定に対して正確な周波数応答を提供します。これは、サージカルフィルターや応答性の高いフィルター処理、または一般的なルームイコライゼーション(BEHRINGER UltraCurve DEQ2496をモデルにしています)に使用されます。MR18は、最大16個のモノラルグラフィックEQ(6つのAuxバスとメインLRに1つずつ)に加えて、チャンネルに挿入できる8つの追加のモノラルGEQエフェクト(4ステレオ)を提供できます。

VINTAGE ROOMは、空気中の音の伝播と部屋の共鳴をモデル化するという点で、他の競合する残響戦略よりも際立っています。80年代初頭に発明されたこのロールモデルは、畳み込みベースの処理が利用可能になるずっと前に、アルゴリズムリバーブから本物のルームキャラクターを提供しました。複雑な信号に空間を加えるため、ミックスやサブグループに理想的なリバーブであり、クラシック音楽や放送環境で高く評価されています。(Quantec QRS*からインスピレーションを得ています)

PLATE REVERBは、ダンピングパッド、モジュレーションの深さと速度、クロスオーバーを制御するプレートリバーブチャンバーの特性をエミュレートします。このクラシックなエフェクトは、1950年代後半以来、数え切れないほどのヒットレコードで聞かれたサウンドをトラックに与えます。(Lexicon PCM70からインスピレーションを得ています)

M32の3–TAP DELAYは入力信号を記録し、ユーザーが定義可能な時間と繰り返し回数の後にそれをエコーバックします。ステレオとトリプルディレイを便利かつ優れたものにしているのは、タップのタイミングとエコーパターンの音楽的な選択がリンクしていることです。3-TAP DELAYを使用すると、ボーカルや楽器を太くしたり、パフォーマンスに空間要素を強化したりできます。

HALL REVERBエフェクトは、小さな部屋から大きな部屋、さらには洞窟のような空間まで、幅広い残響の可能性を提供します。ホールリバーブをオリジナルの信号とソフトにミックスすると、より温かみのある、より自然なサウンドを作り出すことができます。(Lexicon 480Lからインスピレーションを得ています)

Lexicon 480L*は、デジタルリバーブのゴールドスタンダードとして認められています。HallReverbプログラムに加えて、Ambience、RichPlate、Room、RichChamberという4つの最高級のリバーブモデルがさらに含まれています。これらのモデルは、MIDASの「真の物理モデリング」に基づいてすべてのニュアンスを正確に捉えており、MIDASのアルゴリズムにはユニットのAD/DAゲインステッピングコンバーターも組み込まれており、アナログおよびデジタル回路パス全体を最後の細部に至るまで釘付けにしています。(Lexicon 480Lからインスピレーションを得ています)

この便利でダイナミックなFLANGER & DELAYデュオは、急上昇するジェット機の「シューッ」という音とクラシックなDelayをブレンドしており、マイルドからワイルドまで調整できます。この組み合わせエフェクトは1つのFXスロットのみを使用します。(Lexicon PCM70からインスピレーションを得ています)

WAVE DESIGNERは、信号のトランジェントやアタックやサステインなどのダイナミクスを調整するための強力なツールです。これを使用すると、ミックス内でスネアドラムを実際に「ひび割れ」させたり、スラップベーストラックの音量の不一致を平準化したりできます。(SPL TransientDesignerからインスピレーションを得ています)

STEREO PRECISION LIMITERは、 正確な音量制限を設定するのに最適で、歪みのない最適な信号の完全性を保証します。ステレオ精度リミッターを使用して静かな信号をブーストしたり、「ホット」信号のレベルを下げてクリッピングを防ぎます。(Sony Oxford Dynamicsからインスピレーションを得ています)

DE-ESSERは、パフォーマンスの自然な声の音色を適切に維持しながら、ボーカルマイクの歯擦音の量を軽減するための「必須」ツールです。ボーカルやドラムのオーバーヘッド、ストリングスなどの中高域から高域の滑らかさを強化するために使用します(SPL 1219からインスピレーションを得ています)

伝説的なEMT250をベースにしたVINTAGE REVERBは、ライブ/録音トラックをかき消したり圧倒したりすることのない、きらめく明るいリバーブを提供します。VINTAGE REVERBを使用すると、明瞭さを損なうことなくボーカルやスネアドラムに甘さを加えることができます。(EMT250 Plate Reverbからインスピレーションを得ています)

FXスロットを1つだけ使用するCHORUS&CHAMBERエフェクトは、スタジオグレードのコーラスのきらめきと倍増特性と、伝統的なチェンバーリバーブの甘いサウンドを組み合わせています。(Lexicon PCM70からインスピレーションを得ています)

すべてのチャンネル/バスEQに対応する100バンドRTA

MR18には、フルバーおよびスペクトログラフビューを備えた高解像度100バンドリアルタイムアナライザー(RTA)が含まれています。この高解像度RTAは、時間の経過に伴う100の周波数帯域の音声エネルギー分布を表示し、10秒全体のソノグラムウィンドウをキャプチャします。

利用可能な信号を全画面解像度で表示するラージRTAビュー、または各チャンネルとバスEQカーブの上に表示される複合RTAビューを切り替えて、フィルター選択の結果を確認します。さらに、RTAはメインLRバスまたはAuxバスの31バンドグラフィックEQの上に表示できます。周波数の監視と制御がかつてないほど簡単になりました。

16チャンネルのパーソナルモニタリング

サウンドを送信する簡単な方法であるベリンガー独自の ULTRANET 接続により、軽量で導入が簡単なCat 5eケーブルを介して16個のデジタルソースをP16-DデジタルULTRANETディストリビューターに送信したり、P16-Mパーソナルモニターミキサーに直接送信したりできます。この強力で高度なテクノロジーにより、個々のパフォーマーが独自の「モアミー」ミックスを簡単に作成できるようになり、最高のショーを自由に披露できるようになります。ULTRANETは、16チャンネルのデジタルバスに直接接続できる新しい TURBOSOUND iQ シリーズラウドスピーカーにミックスを送信するための完璧な経路も提供します。

妥協のないチャネル処理

MR18では、すべての入力チャンネルとバスEQに組み込まれた100バンドのリアルタイムアナライザーのおかげで、受賞歴のあるM32と同じ驚異的なレベルのEQフィネスを達成できます。コントロールアプリに組み込まれた視覚的なフィードバックにより、ブーストまたはカットが必要な周波数を確認し、外科的に迅速に調整することができます。これなしでどうやってEQをかけたのか不思議に思うでしょう。

すべての入力チャンネルには、ローカット、4バンドのフルパラメトリックEQ、M32と同じゲートおよびコンプレッサーダイナミクススイートも備えていますが、1つ非常に特別な追加が加えられています。エキスパート機能またはシンプル機能のいずれかを選択できます。エキスパートモードでは、ダイナミクスのあらゆるニュアンスをドリルダウンして完全に制御できます。または、「プラグアンドプレイ」タイプの場合は、シンプルモードを使用して、慎重に最適化された4つのプリセットから1つを選択するか、独自のチャンネルテンプレートを読み込むことができます。この40ビット浮動小数点DSPを追加すると、内部オーバーロードがなく、全体的な遅延がほぼゼロになる、事実上「無制限」のダイナミックレンジを体験できます。

フロント・オブ・ハウスのメインL/Rバスに加えて、完璧なモニターミックスを調整したり、インサート、ダイナミクス、6バンドのいずれかを備えたUSBステレオ録音用の専用ミックスを作成したりするために、6つのAuxバスが提供されています。パラメトリックEQまたは31バンドグラフィックEQ。また、EQをさらに正確にコントロールしたい場合は、これらすべてのバスで100バンドRTAも利用できます。

ライブパフォーマンスコントローラー用のMIDI入出力

MR18ミキサーの物理MIDI I/Oポートは、X-TOUCHやB-CONTROL製品などの外部MIDIコントローラーを接続して、パフォーマンス中にチャンネルレベル、ミュート、パノラマ調整を動的に制御するために使用することもできます。インストールされたファームウェアはMackie Controlプロトコルもサポートしているため、互換性のあるMIDIデバイスを介して包括的なリモート編集やパラメーター調整を簡単に適用できます。

専用のアプリとソフトウェア すべてのプラットフォームをカバー

MR18に最高のリモートアプリの恩恵をもたらしたいと考えたので、iOS*、Android*、およびPC/Linux/Mac*ベースのリモートコントロールアプリケーションの専用開発チームと契約しました。M AIRアプリをダウンロードすると、私たちが意図した完全に最適化されたエクスペリエンスが得られます。今後のファームウェアのアップデートは無料で利用可能となり、さらにプロ仕様の機能、FX「プラグイン」、および機能が追加される予定です。

M AIR編集(PC/Mac/Linux)

Midas M AIRミキサーリモートコントロールソフトウェアをコンピューターで起動し、Cat5eケーブル(最長100m)を使用して内蔵イーサネット(LAN)コネクタ経由でミキサーに接続するだけで、すべてのM AIRミキサー機能が即座にコンピューターにミラーリングされます。PCの画面は電話機の画面よりも大きいため、M AIR EDITを使用すると、ルーティングやFX編集など、より多くのアプリウィンドウを開いて拡大縮小することができ、必要な情報量を一目で判断できます。すべてのタッチスクリーンがサポートされています。また、マウスを使用して物理ミキサーの設定を調整することもできます。1台のコンピューターから複数のミキサーをリモートで制御したり、戦略的に配置された複数のコンピューターステーションを作成して同じミキサーを制御したりすることもできます。M AIR EDITを使用すると、ライブでもスタジオでも、PC、Linux、またはMacコンピューターが仮想ミキサーになります。

M AIR MIX for iPad

iPad用の新しいM AIR MIXアプリのおかげで、Front of HouseはあなたとiPadのどこにいても利用できます。無料アプリをiPadにダウンロードし、Midas M AIRミキサーをアクセスポイントモードに設定し、表示されるMR18ネットワークにiPadを接続するだけです。M AIR MIXアプリを起動した後、ミキサー画像を選択すると、M AIRミキサーのすべての設定をiPadから直接調整できるようになります。お気に入りのシーンを保存したり、以前に保存したシーンやプリセットをiPadにロードしたり、iPadからロードしたり、チャンネルレイアウトをカスタマイズしたりできます。すべて革新的なドラッグアンドドロップ機能をサポートしています。

M AIR MIX for Android

このアプリは、タブレットやスマートフォンを含むすべてのAndroidモバイルデバイス(2.2以降)向けに特別に設計されており、次の2つのモードのいずれかで使用できます。または、Midas M AIRミキサーでパーソナルモニターミックスをリモートで作成するために特定のAUXバスにバインドされます。この無料で簡単に学習できるアプリを使用すると、各演奏者は自分のAndroidデバイスを使用して、オーディオエンジニアに相談することなく、完璧なパーソナルIEMまたはウェッジモニターミックスをダイヤルインできます。Android用M AIR MIXアプリを使用すると、ライブでもスタジオでも、パーソナルモニターミキシングがさらにパーソナルになりました。しかし、M AIR MIXはさらに多くのものを提供します。フルアクセスミキシングモードでは、アプリは、12インチタブレットまたは5インチスマートフォンを使用しているかどうかに関係なく、RTAオーバーレイ、エフェクト編集、シーンやプリセットの保存/ロードなどを含むすべてのチャンネル処理を制御できます。

素晴らしい価値

機能満載のMR18は、伝説的なコンソールメーカーであるMIDASのエンジニアリング、製造、アプリケーションの専門知識、KLARK TEKNIKの象徴的な信号処理の天才、そして優れた価値提案を提供するMUSIC Tribeの成果です。MR18の音質は、理論上でも性能でも、競合モデルの音質をはるかに上回っています。18入力、16個のMidas Proマイクプリアンプ、6本のAUXバス、内蔵WiFi ルーター、MIDI I/O、マルチチャンネル双方向USBオーディオインターフェイス、iOS、Android、PC 用の無料ダウンロード アプリ、および多数のM AIR MR18 には、その他のハイエンドのプロフェッショナル機能が備わっており、最も要求の厳しいオーディオアプリケーションを処理できます。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.4)
  • レビュー数Reviews5
この商品のレビューを書く

2019/03/21

11111良い機材

投稿者名Reviewed bymm 【埼玉県】

超低ノイズ、鮮明で太い音です。そしてゲイン幅が広い。
詳しい音質については割愛しますが、マイクプリはどちらかというとドイツ系?の印象。生々しい音です。
今まで中堅のA&Hやサンクラのアナログ卓でしたが、音像が鮮明すぎて怖いくらいです。
リバーブは設定やEQを駆使すれば、なんとか追い込める感じ・・・切にもう少し楽に使えるプラグイン追加を望みます。
重量も軽く、すべてのアウトにGEQ付、FXも4系統入って4kg。
数日エイジングするとフルデジタル特有のピーキー感やポコポコ感が顕著に取れます。
1年ほど現場で使っていますが、暴走は一度もありません。
2.4GHzのワイヤレスマイク・照明と混線するので、その時は5GHzルータで各種衛星に当たらない周波数での使用をお勧めします。
-----------------------
使ってみて特に便利だと思った4点、大まかに書きたいと思います。(恐らくXR18と共通)
 
1)MIDI端子からCCを受けられる。
フェーダーやスイッチ類の操作を、外部コントローラーから行えます。
例えば、FXのかかり具合をエクスプレッションペダルに、ミュート等は足元スイッチに設定しておくと、足元で瞬時に操作できます。
コントローラーは、CC指定ができMIDI接続の物であれば使用可。私は軽さ重視で、「エクスパンションペダル端子付きの3ボタンフットスイッチ」と「USBホストMIDI din端子変換」の米ガレージメーカー物をモバイルバッテリー駆動させています。
エクスプレッションペダルはSPXで使用していたFC7は相性合わず。M-AUDIOやkorgの定番物が相性が良いようです。
 
2)ルーティンが自由
触るのを躊躇するくらい自由です。
 
3)各チャンネル毎ファンタム電源のon/offが可能
 
4)オーディオインターフェースとして使用できる
PCとUSB接続して44Khz/48Khzのインターフェースになります。
DAWで各ch同時録音ができ、プレイバックも簡単にできます。
例えば、リハ時に各ch録音しておき、あとで細かく設定を見直すことができる。
 
また、PCでのカラオケやぽん出し等もデジタルで無劣化にて再生できます。
余談ですが、それさえも無線化すると、どこでもPA操作できるようになります。

レビューIDReview ID:90664

参考になった14

2019/03/01

11111Beringer XR18とは違う?

投稿者名Reviewed byペグ 【兵庫県】

基本性能は同様なのでXR18のほうがコストパフォーマンスは高い。
しかし似て異なるものであることは明白でした。
1.Inputがロック式のタイプ
2.残留ノイズが決定的に違う
3.内部電源回路が全く違う
以上の3点が異なっていると認められました。
音質等はさほど違いはありませんが、この3点の部分が値段の差として容認できるかどうかはユーザーの判断でしょう。
因みに、アプリはXR用でもMR用でもどちらでも使用可能です。

レビューIDReview ID:90165

参考になった14

2021/04/12

1111音も良いし機能十分が説明書が欲しい

投稿者名Reviewed byH 【栃木県】

機能・性能・音質は十分。
インターネット配信に必要なループバックも設定からできる。
エフェクトも良いものが搭載されている。
マニュアルが全く手に入らないので、使い方が分かるまでにだいぶ時間をロスした。
特にルーティングの部分で、こうするとこれができて、これができないなど。
マニュアルが欲しい。
その点で-1

レビューIDReview ID:116746

参考になった1

2019/09/20

1111いいですね。

投稿者名Reviewed byおんぷぐま 【山形県】

皆様がレビューしてますように、しっかりとした作りでレンジも広くいいですね。
初期使用で、内臓WiFiルーターで意外と簡単に設定完了で音も出ました。Macのソフトウェアが探せず、サウンドハウス担当者様に御教授いただき、それもクリアーできました・・・。
以外と使えたのが、オートマチックミキサー機能です。忍者ショーでヘッドセット4波で試すと、そこそこコントロールされていたので 「お!!」 という感じでした。日本語取説及びWiFi関連の説明書が有れば、☆5つです。

レビューIDReview ID:95967

参考になった1

2019/08/12

1111MR16が欲しい

投稿者名Reviewed byにがけん 【千葉県】

DL1608からの乗り換えです。
ベリンガーモデルを現場で聞いた事があり、
好印象だったので、プラス信頼性を考えて、
こちらにしました。

音は流石ですね、マイクが多くてもノイズは少ない。
フィジカルコントローラーを外部接続して使っています。

wi-fiはおまけ程度、業務なら別途用意した方が良いです。
マイク16本使う装備だと車両になるので、
普通のデジ卓で良いかな。
8chマイクモデルでコンパクトにして欲しい。

レビューIDReview ID:94768

参考になった4

    • この商品のレビューを書くWrite a Review

MIDAS ( マイダス )
MR18 リモートコントロール・デジタルミキサー

商品ID:237373

¥121,000(税込)

  • 送料無料

12,100ポイント(10%)内訳

  • 1,210Pt

    通常ポイント

  • 10,890Pt

    ポイント10倍キャンペーン

  • 12,100Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

同等品のオススメはこちら!

この商品に関連するセレクションRelated Articles

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram TikTok