ここから本文です

さうんどはうしゅ

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / DT1990PRO 開放型プロ用モニターヘッドホン

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT1990PRO 開放型プロ用モニターヘッドホン

  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT1990PRO 開放型プロ用モニターヘッドホン 画像1
  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT1990PRO 開放型プロ用モニターヘッドホン 画像2
  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT1990PRO 開放型プロ用モニターヘッドホン 画像3
  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT1990PRO 開放型プロ用モニターヘッドホン 画像4
3
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
高音質ヘッドホンのロングセラーDT990PROの後継モデルDT1990PROは、beyerdynamicの高精度テスラ2.0ドライバーを搭載した開放型スタジオモニターヘッドホン。テスラ2.0ドライバーを搭載する事で、豊かな低域と圧倒的な解像度を実現。生演奏を聴いているようなリアル感溢れるサウンドは、奥行きがあり、立体的な音場を実現します。beyerサウンドを存分に味わえるおすすめのリファレンスヘッドホンです。

[直輸入品][Direct Import]

こちらの
商品も
オススメ!

■タイプ:ダイナミック、開放型
■用途:モニター
■ドライバーユニット:45mm(テスラ2.0ドライバー)
■インピーダンス:250Ω
■最大入力:200mW
■再生周波数帯域:5~40,000Hz
■感度:102dB(1mW/500Hz)
■歪み率:0.05%以下(1mW/500Hz)
■プラグ形状:3.5mmステレオミニプラグ(6.3mmステレオ標準プラグアダプター付属)
■ケーブル長さ:・約3m(ストレート)
・約5m(カールコード)
■付属品:・カールコード(約5m)
・ストレートケーブル(約3m)
・ベロア製交換イヤーパッド2種類(バランスド[色:ダークグレー]は本体に装着済み)
・キャリングケース
■生産国:ドイツ
■特徴:DT990PRO後継機

関連商品

関連パーツ

スタッフレビュー

名機beyerdynamic/DT990PROの後継機として登場した開放型モニターヘッドホン。付属する2つのイヤーパッドは、装着するパッドにより音の傾向を変えることが可能です。音楽、映画を高音質で楽しみたいのであればBalanced、レコーディング、DTM、音楽制作で使用するならAnalyticalが最適です。Balancedは低音表現に優れているので、フラットな特性で迫力を感じにくいモニターヘッドホンを避けていた方にもおすすめです。また開放型としては側圧が若干強いため「開放型の疲れにくさは好きだけど、もう少し強く固定したい」という方にとっても、まさに探しているヘッドホンの1つでしょう。

サウンドハウススタッフサウンドハウススタッフ

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.6)
  • レビュー数Reviews13
この商品のレビューを書く

2024/02/20

11111なるほど。

投稿者名Reviewed byPTNT 【神奈川県】

当方、完全にリスニング用途です。定番モデルなので名前は知っていましたが、ヤマハのスタジオモニターHPのMT8を購入した時に同じモニターHPとして比較対象にするレビューを多く見かけ、俄に気になって仕方なくなり、そういえばHPマニアなのにバイエルはカスタム1PRO以降長くご無沙汰だったし、と自分に言い訳して購入。立派なケースがついていたり、重厚なつくりでドイツ製、シリアル№入りというところは流石ですが、それより厳しい品質検査を通ってきただろうという信頼感のほうが嬉しいです。注意指摘されている側圧に関しては、頭が小さい方ですが、しっかりめではあるものの長時間の苦痛になるようなものでは無いと感じます。弦のソロは白眉。オケも高音が話題になりますが、低い方もしっかり両立して迫ってくるのは流石です。そしてEDM等のエレクトリックはまるで脳内で直接再生されているみたい。意外に映画なども良いのでは?しかし女性ヴォーカルは少しアキュレートな冷たさを感じ、ゼンハのHD6番の方がブレス成分がよりたっぷり演出され自分は官能的に感じます。しかしながら多くの方がリファレンスと言っている理由は少し判った気がします。音はしっかり漏れるほう。

レビューIDReview ID:147252

参考になった3

2023/09/13

11111最高のヘッドホンです

投稿者名Reviewed byポテソー 【栃木県】

モニター用を謳ってはいますが、音源に忠実というより
キレイに鳴らしてくれるという印象の音に感じました。
高音域のきめ細やかな表現はもちろんなのですが、
意外と中低音域もキッチリ鳴らしてくれるのが驚きでした。

定位感も良く、かといって解像度も開放型とは感じられない細かさで
それぞれが高レベルで両立している音を鳴らしてくれます。
開放型に分類されていますが、ドライバーが完全に露出している
ハウジング形状ではないからか、半開放型のような
解像度と定位感の音質バランスに感じます。

ただ、ハウジングが金属製で重いのと、側圧がやや高く感じられて
1時間以上付けていると こめかみに疲れを感じます。

因みにケーブルはミニXLR端子で本体から脱着可能なので
リケーブルして遊べます。結構変化するので、
いろんなケーブルを使ってみる楽しみもあります。

レビューIDReview ID:143154

参考になった3

2022/11/11

11111開放型ならではの抜けの良い高音と開放型とは思えぬ低音

投稿者名Reviewed byALC-T 【岩手県】

 使用してみてまず驚いたのは低音。
 開放型といえばスカスカなイメージを持っていましたが、まるで密閉型とも思えるキレの良い低音でベースやドラムをつかむ事が出来ました。他社製品を使っていたときには仮EQで低音ブーストしていましたが、それも不要となりました。
 そして開放型らしいヌケのよい高音。ストリングスやシンバル類、ピコピコ跳ねるシンセの音色がダマにならず空気感を含めて再生されます。やや鋭い高音域なので、ヘッドホンカバーmimimamoを取り付けてマイルド気味に調整しています。
 かといってドンシャリホンではありません。低域・中域・高域と絶妙なバランスがとれていると思われます。
 次に驚くべきは解像度。YouTubeのVTuberさんの録音背後に部屋の外で飼っていると思われるネコの鳴き声と扉?をひっかく音が聞こえたときにはゾクっとするものがありました。その他にも外でバイクが走り去る音が聞こえたりと細かいところまで拾い上げます。インピーダンス250Ω、音圧感度102dBと決して鳴らしやすいヘッドホンではないのですが、アンプのパワーに余裕があると録音の背景まで再現される面白いヘッドホンです。
 その他気になった点と言えば、少し側圧が強い点でしょうか。耳を圧迫しないよう1.5~2時間に一回小休憩を取っています。
 エージング効果か耳慣れなのかはわかりませんが、箱出し一発目にはアンプのボリュームが時計の11時方向を指すまであげてようやく音量がとれる感じでしたが、今では9時方向に落ち着いています。
 開放型と密閉型の美味しいところ取りをしたような製品だと思います。私のヘッドホンスパイラルは一度この製品で落ち着くかなと感じています。

レビューIDReview ID:134677

参考になった7

2022/03/11

11111作曲、音楽鑑賞はもちろん映画鑑賞にも

投稿者名Reviewed byやまだ 【東京都】

趣味のDTMのために初期に購入した機材のアップグレード第一弾として本機を購入しました。
私は作曲にヘッドホンを使用し、スピーカーで確認をする制作スタイルをとっているのですが
面白いことにヘッドホンを本機に変えてからマスタリングのリテイク数が大幅に減りました。
これまで使用してきた密閉型から開放型に変えた影響もあるかもしれませんが、イメージした曲へ近づけやすくなった印象です。
作曲以外の用途として本機を映画鑑賞にも使用しております。
音の迫力(モニター機にしては低音が強い)やクリアさはもちろんのこと、音の指向性や距離感の表現力に驚きました。
非常に臨場感がありスクリーンの世界に没入できます。
開放型といっても部屋の外まで音が漏れるほどではないため、夜間でも大音量での映画鑑賞が可能です。
本機には二種類のベロア製イヤーパッドが付属(アナリティカル、バランスド)しております。
バランスドに比べるとアナリティカルは、よりモニター的に淡々と鳴る印象です。
はじめは用途に応じて付け替えていたのですが、購入時に装着されているバランスドの方がややウォームで好みだったため、現在はバランスド固定で使用しております。
音質以外の使用感について
長時間机に向かったまま使用していると重量が気になってきますね。
最近発売されたDT900 PRO Xは本機と比較すると多少軽量のようですので、重さが気になる場合はこちらを選択するのも良さそうです。
PRO Xシリーズといえば、M90 PRO Xがコンデンサマイクとしてはほどほどに手頃な価格で販売されておりますので、こちらの製品も機材アップグレード第二弾として検討中です。
さて、色々書きましたが私は何よりも本機の見た目が気に入っております。
マットなハウジングから覗くメッシュはずっと眺めていても飽きません。
机に向かい重厚な本体を持ち上げ、スライサーをカチカチスライドさせると、規則正しく鳴るその感触に制作のモチベーションも上がります。
(高品質なラチェットドライバーを握ったときのような、”いい道具”を手にした時の感覚です。伝わるでしょうか。)
検討時、多数のヘッドホンの試聴を繰り返しましたが、最終的に本機を未試聴で購入しました。
音質、質感ともに非常に満足のいくものでした。大事に使い倒します。

レビューIDReview ID:127895

参考になった10

2022/02/01

11111ストライク‼

投稿者名Reviewed byseki.hi 【茨城県】

最初ついてたバランストのパッドで色々と2.3時間聴いて、若干低域が多いと思い、穴のすくないパッドに替えてみました。高域がどうの低域がどうのという問題ではありませんでした。ど真ん中ストライク。使っている機材はD1se-HA501です。他のヘッドホンは軽さが魅力,でも高域が足りないR70X,綺麗な音のHD800、全ての音に色気のあるT90等です。

レビューIDReview ID:126554

参考になった5

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )
DT1990PRO 開放型プロ用モニターヘッドホン

商品ID:226961

¥75,800(税込)

  • 送料無料

2,274ポイント(3%)内訳

  • 758Pt

    通常ポイント

  • 1,516Pt

    ポイント3倍キャンペーン

  • 2,274Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram TikTok