ここから本文です

AKG

audio technica ( オーディオテクニカ ) / ATH-M70x

audio technica ( オーディオテクニカ )  / ATH-M70x

  • audio technica ( オーディオテクニカ )  / ATH-M70x 画像1
  • audio technica ( オーディオテクニカ )  / ATH-M70x 画像2
  • audio technica ( オーディオテクニカ )  / ATH-M70x 画像3
  • audio technica ( オーディオテクニカ )  / ATH-M70x 画像4
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
「ATH-M70x」は、プロミュージシャン、エンジニアのために開発された"Mシリーズ"のフラッグシップモデル。音源に忠実で超高解像度な再生を実現した、レコーディングやミキシングに最適なプロフェッショナルモニターヘッドホンです。

「ATH-M70x」は、AUDIO TECHINICAのプロ用モニターヘッドホン「Mシリーズ」最上位モデル。音源に忠実で、情報量の多い高解像度なサウンドを再生するスタジオレコーディングやミキシングに最適な密閉型ヘッドホンです。


<特徴>
■ドライバーは、大口径の強磁力45mm径のCCAWボイスコイルドライバーユニットを搭載し、音の情報量の多い、定位感に優れた超高解像度再生を実現します。
■モニターヘッドホンならではの広帯域でフラットな特性で解像度の高いモニタリングを実現し、スタジオレコーディングやミキシングに最適です。
■遮音性の優れた耳を覆う大きな楕円形状のイヤーカップを採用し、耳への負担が少なく、長時間の使用でも快適なモニタリングが可能です。
■装着感に大きく影響するイヤーパッドとヘッドパッドには、新開発した摩耗に強い、高耐久性の素材が採用されています。
■ハウジング、アーム、スライダー部は、不要な振動を抑制する堅牢なアルミニウムを採用。
■ケーブルは着脱式(バヨネット式ロック機構)なので、持ち運びやメンテナンスも簡単です。また、ケーブルには1.2mカールケーブル、3.0mストレートケーブル、1.2mストレートケーブルの合計3種類が付属。利用シーンに合わせて使い分けができます。
■ヘッドホンとケーブルの収納、持ち運びに便利な専用ハードケースとポーチが付属。

<仕様>
■モニターヘッドホン
■型式:ダイナミック密閉型
■ドライバー: 45mm径CCAWボイスコイル
■出力音圧レベル:97dB/mW
■再生周波数帯域:5~40,000Hz
■最大入力:2,000mW
■インピーダンス:35Ω
■質量(コード除く) :280g
■プラグ: 6.3mm標準/ 3.5mmミニ 金メッキステレオ2ウェイ
■ケーブル:OFCリッツ線1.2mカールケーブル(伸長時最大3.0m)、OFCリッツ線3.0mストレートケーブル、OFCリッツ線1.2mストレートケーブル
■付属品:専用ハードケース、キャリングポーチ、ケーブル各種

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.0)
  • レビュー数:3

2017/08/28

1111110万円以下のヘッドフォンでは、トップ。

投稿者名:プラシム和尚 【東京都】

ProToolsを使うようになって約20年、ヘッドホンは、オーディオテクニカの最上位モニターヘッドフォンをずっと愛用しています。

ATH-M70xに出会う前までは、ATH-M9Xから離れられずにいました。

ATH-M70xは、装着するとちょっとオーバーですが、まるでノイズキャンセラーが入っているかのような遮音性。フィット感抜群に耳を完全に覆ってくれます。
頭に当たる部分のソフトでありがたい。特に私はスキンヘッドなのでこれは重要です。(^^)
何時間もかけていても全く苦痛になりません。

音質ですが、メチャメチャ高い分解能と定位の良さ、各楽器がハッキリ聞き分けられます。さらにクリアーで味付けが殆どありません。音域も非常に広いと思います。レコードを聴くとさらにその凄さを実感できます。

ただし、音楽鑑賞用には、向かないですね、味がなさすだと思います。
しかし、モニター用には現時点では、最高ヘッドフォンだと思います。
ケーブルが3種類付いているのも評価できますね。ライブのミキサーをしている時は、カールコードは欠かせません。

あくまで、個人的な意見ですが、InterBEEに行くたび各社のヘッドフォンを聞いて回っていて、ATH-M70xを超えるヘッドフォンはAKGの10万円を越すモノしかありませんでした。

ATH-M70xを買ってから、音楽仲間に聴き比べをしてもらうと、5人が即購入しました。

レビューID:75230

参考になった人数:4人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/08/24

1111ATH-M50を見直す結果に

投稿者名:1960年代の洋楽ファン 【和歌山県】

オリジナル曲のミキシングに利用しようと思い購入しました、今までATH-M50を利用していましたがM-70Xを初めて聴いたとき暗く沈んだ音に感じました、これが原音を忠実に再現していることなのか、シュアーのSRH940は明るい感じで再現してくれます、ヤマハと迷ったのですが、今使っているM50のほうを見直す結果になりました、私は沢山のヘッドフォンを聞き比べたことがないので、音の専門家が聞けばこの感覚を絶賛されるかもしれません。

レビューID:75170

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/08/31

111高音質ではあるけれど

投稿者名:yosh 【岐阜県】

音質については満点です。リバーブとか空間系エフェクトの見え具合も解像度の高さも値段以上の性能を発揮してくれます。ミキシング作業にはもってこいです。

ただし、コスパが悪い。下位モデルのM50xが2万円をきっていることを考慮するとM70xの適正価格は2万円プラスマイナス1,000縁でしょう。M50xのように折りたたみできませんし、ケーブル着脱機構はM50xと同じです。付属品もM50xと同じケーブル3種類が付属しますから、他人にオススメするならM50xですね。

それから、装着感が最悪です。私の頭はそんなに大きくないはずなのに頭頂部がすぐに痛くなります。装着感についてはM50xの圧勝です。

追記 2017-08-31

ふと気になってM70xの商品レビューを確認してみると、突然レビューが増えていました。これは怪しい(笑)

装着感について補足しておきます。M70xの他にCD900STを所有していますが、そちらは頭頂部が痛くなることはありません。ひょっとすると、私の頭は細長いのかもしれません。CD900STのヘッドバンドの長さは中間よりもやや伸ばした状態です。M70xは最大からマイナス4メモリ縮めています。

イヤーパッドの肌触りや蒸れない感じは素晴らしいと思います。が、しかし、可能であれば一度は試着することをお勧めします。特に頭頂部は念入りに。

レビューID:74704

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

ASK

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO / マンガン乾電池 9V角形(006P)CP9V Mn
ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! 第2弾 あなたのエフェクターボード見せてください
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top