ここから本文です

サウンドマート

QSC / GXD8

QSC / GXD8

  • QSC / GXD8 画像1
  • QSC / GXD8 画像2
  • QSC / GXD8 画像3
  • QSC / GXD8 画像4
5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
The GXD series uses the same DSP and large LCD display as QSC's flagship PLD series. It is the latest power amplifier developed to provide the best sound quality of the PLD series at a reasonable price.

こちらの
商品も
オススメ!

■ Type: Power amplifier
■ Stereo output (2ohms):-
■ Stereo output (4ohms): 1200W + 1200W
■ Stereo output (8ohms): 800W + 800W
■ Bridge output (4ohms): ×
■ Bridge output (8ohms): ×
■ Frequency characteristics: 20-20,000Hz
■ Damping factor: 100
■ Input terminal: XLR / TRS phone
■ Output terminal: NL4
■ Power consumption: 620W 4Ω, 1 / 8POWER
■ Dimensions: 483 × 89 × 259 (mm) mm2U
■ Weight: 6.0kg

The Right Power

GXDアンプは、お使いのスピーカーシステムにとって理想的なパワーを持っています。ベストプラクティスは、ラウドスピーカーの定格許容入力の 約2倍を供給できるアンプを使用することです。アンプが小さすぎると、スピーカーの能力をすべて発揮できず、アンプがクリッピングを起こすリスクが高まります。

QSCはミュージシャン、DJ、プロダクションのプロフェッショナルがSR用に最も広く使用しているスピーカーを調査したところ、150~250Wほどの低出力タイプと、250~400Wほどの中高出力タイプでした。これらのシングル・ウーファー・ラウドスピーカー・システムのインピーダンスは、通常8Ωです。もちろん、デュアル・ウーファー・ラウドスピーカーは、シングル・ウーファー・モデルの2倍の定格許容入力を持ち、インピーダンスはシングル・ウーファー・モデルの半分になります。

Digital Signal Processing

GXDアンプは、このカテゴリーの他のアンプとは異なり、何十年もの間、リアパネルやDIPスイッチでコントロールされてきたのと同じ機能を、フロントパネルのスクリーンでコントロールできるにすぎません。GXDアンプは、ラウドスピーカー・システムの性能を最大限に引き出すために必要なすべてのプロセッシング機能を新たな価格帯で提供します。DSPセクションには、ハイパスフィルターとローパスフィルター(24dB LR)、4バンド・パラメトリック・イコライザー、シグナル・アライメント・ディレイ、RMS/ピーク・スピーカー・プロテクション・リミッターが搭載されています。一般的な "スタートポイント "として、代表的なシステム用のプリセットが20種類用意されています。

Digital Limiting

ラウドスピーカーが故障する最も一般的な原因は、アンプのクリッピングです。GXDアンプに採用されているデジタル・リミッターは、アンプがクリッピングに追い込まれるのを防ぎつつ、使用可能な最大出力を発揮するように設定されています。アンプのリミッティングに加え、ラウドスピーカーの連続許容入力とインピーダンス(4Ωと8Ω)を設定し、マイルド、ミディアム、アグレッシブのいずれかを選択するだけで、スマートなスピーカー保護も実現します。

E Series Entertainment System

GXDアンプはEシリーズ・エンターテイメント・システムの一部であり、Eシリーズ・ラウドスピーカーのパフォーマンスを最大化するためのラウドスピーカー・チューニングが含まれています。プロセッシング機能には、クロスオーバーとEQ設定、リミッター設定が含まれ、システムの音響性能を確保します。

このパワーアンプにオススメのスピーカーはこちら!

QSC パワーアンプ シリーズセレクター
QSC パワーアンプ モデルセレクター

関連商品

スタッフレビュー

QSCのフラッグシップモデル「PLD」シリーズの音質を引き継ぐ、2CHパワーアンプ「GXD」シリーズ。4CHのPLDシリーズより軽くて持ち運びがし易く、使用する環境によりPLDシリーズとの使い分けができます。内蔵DSPにより、別途クロスオーバーを用意せず、低域・高域を分けることも可能。このクラスのアンプとしては消費電力も低く、野外ライブのような電力に制限のあるシチュエーションでも重宝します。操作ツマミも少なく、複雑な操作なしで直感的に設定できるのも嬉しい点です。
操作性と音質の良さから、サウンドハウスのライブルームでも大活躍しています。特に低域を再生したときの音圧、立ち上がりの早さは初めて聴いた時から心をつかまれました。音のクリアさやダイナミクスの良さが印象的です。設定を保存すれば電源を入れてすぐ使えるというのも魅力的です。
ディレイやリミッターなど便利な機能が詰め込まれており、一度使えば手放せなくなる次世代アンプです。

サウンドハウススタッフサウンドハウススタッフ

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews1
5
1件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2019/12/14

11111最高のアンプ(レビュー更新)

投稿者名Reviewed byスチィック 【広島県】

業者が閉店の為、機材を何点か引き取った中でQSCアンプGXD8が有り未使用の商品でした 各メーカーのアンプを使用する中でGXDアンプが、操作性が簡単な上 立ち上がりの速さ、PCを接続すれば更に機能がグレイドアップ出来ます 更にスピーカーに対し マルチルーティングが20種類装備 音質性がクリアー及び低音圧は最高、更にタイプ マイルド、ミディアム、アグレッシブも選べる オウム、ワットが設定出来る(他メ―カーでは見かけない)安心して突っ込めるスピーカーへの安全面も万全 消費電力が620Wで、8Ω 800W, 4Ω 1200W、冷却機能は静かモニター用のアンプを追加しても壁こんでOKです 400人規模のホールで同クラスのヤマハPX10アンプを導入して比較した決課ヤマハは消費電力が低いが(310W)その分EQで補正しないと メリハリ、パワー感が物足りない感じ 
GXD8アンプはEQ無しでもそのままでいけるクリアーな音質とパワー感、低域の音圧は最高です、デジタル臭さもない SPを EV TX1152をスタック&サブで使用、最高のパワー感です 機能を満載 使い手に最高のサービスを提供するアンプです 一度使うと他のアンプは使用する気になれない デジタルアンプも進化してます(QSC) 移動の多いいステージ音響職としては、重くて消費電力が大きいアナログアンプは使用しなくなる いろんな現場で各メーカーのアンプと比較しても全ての面で優る最強のアンプです 他社のアンプも徐々にQSCに切り替えて行く方向に  GXD4も2台使用 (PAの現場サイドの感想)

レビューIDReview ID:97769

参考になった41

    • この商品のレビューを書くWrite a Review

QSC (キューエスシー)
GXD8

Item ID:200837

Regular Price:¥168,000(incl. tax)

¥148,000(incl. tax)

  • Free Shipping

7,400Pt(5%)Detail

  • 1,480Pts

    通常ポイント

  • 5,920Pts

    ポイント5倍キャンペーン

  • 7,400Pts

    Total

close

限定特価

在庫ありIn Stock

Qty

Popular Alternatives

Add to Wishlist(Login)

Rating11111

Reviews:1

この商品に関連するセレクションRelated Articles

Categories

Search by Brand

Brand List
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram TikTok