ここから本文です

サウンドマート

AMT ELECTRONICS / P-2

AMT ELECTRONICS / P-2

  • AMT ELECTRONICS / P-2 画像1
  • AMT ELECTRONICS / P-2 画像2
  • AMT ELECTRONICS / P-2 画像3
  • AMT ELECTRONICS / P-2 画像4
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
Peavey 5150のプリアンプのサウンドを再現した2ch・アンプシミュレーター/プリアンプ・ペダル。ギターアンプのFX RETURNに接続することで、アンプのキャラクターに左右されない音作りができます。また、「OUT DRIVE」端子を新たに装備し、一般的なディストーションペダルのようにアンプのインプットに接続して使用することも可能です

[直輸入品][Direct Import]

■2chギターアンプ・シミュレーター / プリアンプ / ディストーションペダル
著名ギターアンプのプリアンプのサウンドをコンパクトなアナログ回路で完全再現したペダルタイプ・プリアンプ・シリーズの第二弾。「OUT DRIVE」端子を新たに搭載することで、プリアンプとしてだけでなく、ディストーション・エフェクトとして、ギターアンプのインプットに接続することが可能になりました。また、全モデル共通のクリーンチャンネルを新たに実装。さらに幅広いサウンドバリエーションと柔軟性を発揮します。

■Peavey 5150タイプ
P-2は、1990年代以降のEVHに象徴される、Peavey 5150のサウンドをエミュレートしています。6段のゲイン回路を持ち、パワフルでアグレッシブかつヌケがよく、リッチでハーモニクス豊かなディストーションが特徴です。

■"自分の音をポケットに入れて持ち歩こう"
AMT ELECTRONICSのLEGEND AMPシリーズは、どんなアンプでも自分の好きな音を出したいという思いに答えるプリアンプ・シリーズです。FX RETURN端子のあるギターアンプであればどのようなアンプにでも接続でき、ギターアンプ側のプリアンプ・セクションをバイパスすることができるため、ギターアンプのサウンド・カラーに左右されない音作りが可能になります。

■2ch仕様
「OUT PREAMP」及び「OUT CAB.SIM.」端子からの出力は、クリーンとリードの2chプリアンプとして動作します。エフェクトOFF時にはEQがバイパスされ、1ボリュームのクリーンチャンネルに切り替わります。クリーンチャンネルのサウンドキャラクターは全機種共通で、FENDERアンプ・スタイルのサウンドです。また、"CL.BOOST"スイッチによりクリーンチャンネルのトーンバランスを切り替え可能です。「OUT DRIVE」端子からの出力では、クリーンチャンネルは無効になり、バイパスとなります。

■接続
用途に合わせて3種類の出力端子を同時使用可能です。

・OUT DRIVE:
ギターアンプのプリアンプ・セクションと本機を直列に接続する際、この端子からギターアンプのインプットに接続します。この出力では、本機のクリーン・チャンネルは無効となり、バイパスとなります。

・OUT PREAMP:
プリアンプからの出力を得られます。ギターアンプのFX RETURNやパワーアンプに接続します。

・OUT CAB.SIM.:
プリアンプからの出力にキャビネット・エミュレーションを加えたサウンドを出力します。ミキサーやインターフェースなどに直接接続することができます。
この端子が未接続の時は自動的に使用電力を6mAから4mAに下げるなど、省電力にも優れています。

・IN:
ギターを接続します。

■仕様
・同時使用可能な3出力(CAB SIM OUT、PREAMP OUT、DRIVE OUT1)
・クリーンレベルおよびクリーンブーストコントロール(CAB SIM OUTおよびPREAMP OUTのみ)
・ACアダプター:9~12v DC センターマイナスまたはバッテリー
・低消費電力
・サイズ:110 x 62 x 58 mm

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews3
5
3件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2018/02/28

11111こいつはすごいですよ。

投稿者名Reviewed byTai-show 【大阪府】

使用して5年になります。
Peaveyが大好きです。
Peavey6505+
Peavey 6505MH
Pod hd 500x Panama(Peavey5150モデル)
P2
をTwo notes liveに突っ込んで
プリアンプを6L6に設定しそれぞれ鳴らしましたがダントツに音が良いのがP2でした(笑)

ミックスしたらほぼ同じ音なので、アンプの再現性はかなりあります!

むしろ実機より荒さがスッキリしていてドロップチューニングのタイトなリフがかなり良いです。

スタジオで6505+とP2(6505+のリターンに)に突っ込みまして比べるとやはり実機にはパワーで劣りますが…普通に使える音です。

宅録にはキャビシミュさえあればP2でいいかと思います。

いろんなマルチでてますが、
「いや、歪みはPeaveyだけあればええし」みたいな人はP2一個あれば十分かと思います。

もう少し細かく音作りしたい方は前段にEQ置けばさらにリアルな音に近づけるかなと思います。

買いですね。
そのうちに2個目買います。

それか出るならP3とかでてほしいです。

レビューIDReview ID:80291

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2015/08/12

11111すばらしい!!

投稿者名Reviewed byEDY5150 【愛知県】

普段は5150Ⅲで弾いていますが、どうしてもトランジスタのアンプでPANAMAやAin’t talkin’ Bout Loveを弾く必要が生じ、購入してみました。確かに5150の音がします。というかⅢよりもそれっぽい音になります。まだ40WのPeaveyのトランジスタ・アンプでDRIVEモードでしか試していませんが、結構な音圧もあります。
ちょっとHIGHがきついので抑え目にしてあげて、GAINは12時から13時くらいまでで使うといい感じです。
PRE-AMPモードのほうがさらに評判が良さそうなので、今度スタジオで試してみます。
いい買い物をしました。

レビューIDReview ID:57940

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2012/08/22

11111とても優秀

投稿者名Reviewed by通りすがり 【東京都】

 素晴らしいです。独特の色が付いているプリアンプが多い中、アンプのサウンド・実機にとても近いので5150のリターンに挿せば判別できないレベルになります。EL34管のマーシャルでも爽やかでエッジの効いた音にしてくれます。ただ、スイッチングでクリーン回路と歪回路が切り替わる仕様ですが、クリーン回路にはボリュームコントロールとブーストスイッチしかないので音色を作り込めません。汎用性の高いサウンド設定であるのが救いですが、音抜けが若干悪いのでクリーンアンプモデルを用意した方が確実でしょう。 また、cab simアウトではキャビネットの特性である5khz以上のリミット作用およびパワー管で得られる深みのある倍音が再現できていないので後段にキャビシミュは必要です。EQを置けば一応解決しますし、DAW等で加工できるならば充分な機能かと思います。
 センド・リターン無しのアンプ対策でしょうか、キャラクターそのままに歪エフェクターとして使えるDriveアウトも新設されています。こちらは普通のエフェクターに比べれば圧倒的に低音・音圧があり、出力・プレゼンスも抑えられており扱い易いです。
 良いエミュレーターです。

レビューIDReview ID:34505

参考になった人数:28人

28 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

AMT ELECTRONICS (エーエムティーエレクトロニクス)
P-2

Item ID:174448

16,800 yen(excl. tax)

(18,480 yen incl. tax)

  • Free Shipping

184PtDetail

  • 184Pts

    通常ポイント

  • 184Pts

    Total

close

約1ヶ月Approx. 1 month

Qty

Popular Alternatives

Add to Wishlist

Rating11111

Reviews:3

同等品のオススメはこちら!

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE

Page Top