ここから本文です

AMT ELECTRONICS ( エーエムティーエレクトロニクス ) / P-2

AMT ELECTRONICS ( エーエムティーエレクトロニクス )  / P-2

  • AMT ELECTRONICS ( エーエムティーエレクトロニクス )  / P-2 画像1
  • AMT ELECTRONICS ( エーエムティーエレクトロニクス )  / P-2 画像2
  • AMT ELECTRONICS ( エーエムティーエレクトロニクス )  / P-2 画像3
  • AMT ELECTRONICS ( エーエムティーエレクトロニクス )  / P-2 画像4
  • メーカーサイト
■ギターアンプシミュレーター
■5150タイプ
■P-2は、1990年代以降のEVHに象徴される、Peavey 5150& 6505のサウンドをエミュレートしています。6段のゲイン回路を持ち、パワフルでアグレッシブかつヌケがよく、リッチでハーモニクス豊かなディストーションが特徴です。
■■"自分の音をポケットに入れて持ち歩こう"がコンセプトのレジェンドアンプシリーズが、一段と多機能に進化しました!  AMT レジェンドアンプ2(以下LA2)は、伝説的な真空管ギターアンプのサウンドを、ペダルサイズに詰め込んだプリアンプ/オーバードライブ。何れのモデルもコンパクトながら、チューブアンプのエミュレーションにでは楽器業界随一の技術と経験を誇るAMTならではの、リアルなサウンドを出力します。
■LA2は単なるペダルプリアンプではありません。特筆すべき機能の第一は、 "Drive"/"Preamp" "Cab.Sim."という3系統の独立アウトプットを装備していること。"Drive"は、ギターアンプのクリーンチャンネルへ。"Preamp"は、ギター用パワーアンプへ。"Cab.Sim."はキャビネットエミュレーターを装備し、ミキサーやオーディオインターフェースへ、それぞれ出力するための端子です。各々のアウトプットは相互に干渉せず、チャンネルスプリッター的に同時使用が可能です。
■また、"Preamp"及び"Cab.Sim." アウトを使用した際には、LA2はクリーンとオーバードライブ、2つのチャンネルを持ったプリアンプとして機能します。エフェクトOFF時には、EQとドライブチャンネルがバイパスされ、1ボリュームのクリーンチャンネルを持ったプリアンプとして機能。クリーンチャンネルのサウンドキャラクターは、全機種共通です。また、"CL.Boost"スイッチによりミッド~ハイとローのトーンバランスを切り替え可能です。そしてエフェクトON時には、機種ごとにエミュレートしたアンプキャラクターを持ったドライブチャンネルとEQが作動。また、"Drive"アウトは通常のストンプボックスと同様に、OFF時には全てのコントロールがバイパスされ、ON時にはアクティブになります。
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:3
5
3件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2018/02/28

11111こいつはすごいですよ。

投稿者名:Tai-show 【大阪府】

使用して5年になります。
Peaveyが大好きです。
Peavey6505+
Peavey 6505MH
Pod hd 500x Panama(Peavey5150モデル)
P2
をTwo notes liveに突っ込んで
プリアンプを6L6に設定しそれぞれ鳴らしましたがダントツに音が良いのがP2でした(笑)

ミックスしたらほぼ同じ音なので、アンプの再現性はかなりあります!

むしろ実機より荒さがスッキリしていてドロップチューニングのタイトなリフがかなり良いです。

スタジオで6505+とP2(6505+のリターンに)に突っ込みまして比べるとやはり実機にはパワーで劣りますが…普通に使える音です。

宅録にはキャビシミュさえあればP2でいいかと思います。

いろんなマルチでてますが、
「いや、歪みはPeaveyだけあればええし」みたいな人はP2一個あれば十分かと思います。

もう少し細かく音作りしたい方は前段にEQ置けばさらにリアルな音に近づけるかなと思います。

買いですね。
そのうちに2個目買います。

それか出るならP3とかでてほしいです。

レビューID:80291

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/08/12

11111すばらしい!!

投稿者名:EDY5150 【愛知県】

普段は5150Ⅲで弾いていますが、どうしてもトランジスタのアンプでPANAMAやAin’t talkin’ Bout Loveを弾く必要が生じ、購入してみました。確かに5150の音がします。というかⅢよりもそれっぽい音になります。まだ40WのPeaveyのトランジスタ・アンプでDRIVEモードでしか試していませんが、結構な音圧もあります。
ちょっとHIGHがきついので抑え目にしてあげて、GAINは12時から13時くらいまでで使うといい感じです。
PRE-AMPモードのほうがさらに評判が良さそうなので、今度スタジオで試してみます。
いい買い物をしました。

レビューID:57940

参考になった人数:4人

参考になりましたか?
Yes
NO

2012/08/22

11111とても優秀

投稿者名:通りすがり 【東京都】

 素晴らしいです。独特の色が付いているプリアンプが多い中、アンプのサウンド・実機にとても近いので5150のリターンに挿せば判別できないレベルになります。EL34管のマーシャルでも爽やかでエッジの効いた音にしてくれます。ただ、スイッチングでクリーン回路と歪回路が切り替わる仕様ですが、クリーン回路にはボリュームコントロールとブーストスイッチしかないので音色を作り込めません。汎用性の高いサウンド設定であるのが救いですが、音抜けが若干悪いのでクリーンアンプモデルを用意した方が確実でしょう。 また、cab simアウトではキャビネットの特性である5khz以上のリミット作用およびパワー管で得られる深みのある倍音が再現できていないので後段にキャビシミュは必要です。EQを置けば一応解決しますし、DAW等で加工できるならば充分な機能かと思います。
 センド・リターン無しのアンプ対策でしょうか、キャラクターそのままに歪エフェクターとして使えるDriveアウトも新設されています。こちらは普通のエフェクターに比べれば圧倒的に低音・音圧があり、出力・プレゼンスも抑えられており扱い易いです。
 良いエミュレーターです。

レビューID:34505

参考になった人数:27人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

AMT ELECTRONICS (エーエムティーエレクトロニクス)
P-2

商品ID:174448

¥19,800(税抜)

(¥21,384 税込)

  • 送料無料

213ポイント内訳

  • 213Pt

    通常ポイント

  • 213Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top