ここから本文です

サウンドマート

One Control ( ワンコントロール ) / MS PB Junction Box w BJF Buffer

One Control ( ワンコントロール )  / MS PB Junction Box w BJF Buffer

  • One Control ( ワンコントロール )  / MS PB Junction Box w BJF Buffer画像1
  • One Control ( ワンコントロール )  / MS PB Junction Box w BJF Buffer画像2
  • One Control ( ワンコントロール )  / MS PB Junction Box w BJF Buffer画像3
  • One Control ( ワンコントロール )  / MS PB Junction Box w BJF Buffer画像4
3
  • メーカーサイトManufacturer Site
One Control Minimal Series Pedal Board Junction Box with BJF Bufferは、ステージやスタジオなど、様々なシチュエーションで時間を無駄にしないためのツールです。 2つのインプットと2つのアウトプットを持つこの小さなボックスの機能はとても単純ですが、絶大な効果を作り出します。
One Control Minimal Series Pedal Board Junction Box with BJF Bufferは、ステージやスタジオなど、様々なシチュエーションで時間を無駄にしないためのツールです。
2つのインプットと2つのアウトプットを持つこの小さなボックスの機能はとても単純ですが、絶大な効果を作り出します。

・もしも、ペダルボードにInputとOutputがあれば
ペダルボードそれ自体をが1つのエフェクトペダルのように、ギターからのケーブルとアンプへのケーブルをつなぐだけでセッティング完了。
もちろんステージをハケるときにも、余計な時間はかかりません。

・さらにバッファがあれば
ペダルボードのインプット部にバッファがあれば、その後の端子接点やパッチケーブルを含めたケーブル長によるシグナルの変化も抑えることができます。
インプットではなく、あえてアウトプットバッファとして使うこともできます。

・BJF Buffer
多くの“バッファー”に抱かれるイメージを覆す、圧倒的にナチュラルなBJF Buffer。
・ゲインを正確に1にすること。
・インプットインピーダンスでは、音を変えないようにすること。
・アウトプットは強くなりすぎないようにすること。
・ノイズは極限まで少なくすること。
・オーバーロードしたときに、音が悪くならないようにすること。

BJFのこだわるバッファーの条件を満たし完成したBJF Bufferは、世界中多くのプロフェッショナルの足元で、ギターシグナルの手助けをしています。
多くのエフェクトが後に接続したものほど効果が強くなるのに対し、バッファは先に接続したものの効果がより多く出ます。インプット部にBJF Bufferを組み込む意味はここにあります。BJF BufferをONにすることにより、全体の音色を暖かでナチュラルなトーンへと安定させることができます。もちろん、ペダルボードに設置するエフェクトの特性に合わせ、アウトプットバッファとして使うことも可能です。

・POLARITY/REVERSE
楽器の音は、空気中を伝わる波です。その振動数が音程となり、振動幅が音の大きさとなります。楽器の音は複数の波が混ざり合うことで特定の音を作ります。
位相とは、簡単に言えば波の始まる位置です。同じ波形であっても、始まる位置を変えることで、その瞬間の空気の動きは大きく変わります。
その音が1つだけであれば、位相は音色に大きな影響を及ぼすことはありません。しかし、複数の音、つまりギターやベースなど複数の楽器を合わせたとき、位相の違いが音に影響します。
仮に、全く同じ波形で位相が反転した音を、音源から同じ距離で聞くと、波形どうしが打ち消しあって音が全く聞こえなくなります。逆に、同じ波形、同じ位相の音を音源から同じ距離で聞くと、波形が重なり合い、大きな音量となって聞こえます。
この波の打ち消し、重なりにより、バンドアンサンブル全体で「抜ける音」「抜けない音」の違いが大きく変わります。
POLARITY/REVERSEスイッチは、機材の特性により反転することのある位相を元に戻したり、他のパートの位相と合わせるために使います。理屈はややこしいかもしれませんが、難しいことを考える必要はありません。リハなどでアンサンブルで音を出し、より良く聞こえる方に設定する。ただそれだけで、バンド全体の「音の抜け」「音の迫力」が変わります。

・ペダルボードを有効に使うために
一部の高価なモデルを除き、多くのペダルボードはボードの縁に高さがあるため、ボードの端にエフェクターを設置すると、ケーブルのプラグが縁にひっかかってしまい、ペダルが浮いてしまうことがあります。そんな状態でフットスイッチを踏めば、ケーブルやペダルの故障にもつながりかねません。そのため、多くのペダルボードは本来のサイズよりも狭い範囲しか使うことができません。
Pedal Board Junction Box with BJF Bufferは、インプットとアウトプットを筐体上面に配置しているため、ペダルボードの角にぴったり合わせて置いてもケーブルを傷めたりすることなく、ペダルボードのスペースを無駄にせずに使うことができます。
もちろん、非常にコンパクトな設計ですので、Pedal Board Junction Box with BJF Bufferがペダルボードの場所を占有してしまうこともありません。

・余計なトラブル防止策に
ライブの現場は、非常に慌ただしいものです。いつもなら当たり前のようにできることが、慌てたり焦ってしまうとできなくなってしまうこともあります。
そのためには、予めできる限りのセッティングをした上でライブに臨みたいところです。Pedal Board Junction Box with BJF Bufferを使うことで、ペダルボード内の配置をなにも変えること無く、ステージの構成に合わせてインプット/アウトプットの場所を移動できるので、余計なトラブルを防止することができます。
・ケーブルの絡まりを予防
ライブではステージ上に所狭しと機材が置かれています。アンプのインプットがギタリストやベーシストの右後ろにあることは何も珍しいことではありません。通常のペダルボードは右にインプット、左にアウトプットがあるため、ライブ中に動いているうちにケーブルが絡まってしまうこともよくあります。
Pedal Board Junction Box with BJF Bufferは、ペダルボードのインプットとアウトプットを同じ位置にできるため、這わせるケーブルの配置を容易に決められます。それは結果的に、ステージ上でケーブルの絡まりを予防することにもつながります。

・小さなボードでも威力を発揮!
Pedal Board Junction Box with BJF Bufferは非常に小さなサイズです。そのため、大きなシステムを組んだボードだけでなく、小さなボードにも大変有効です!

・使い方
BUFFER/PASSIVEスイッチ:バッファのON/OFFを切り替えます。PASSIVEモードではバッファがOFFとなります。電源を接続しない場合はPASSIVEモードで使用します。
POLARITY/REVERSEスイッチ:BUFFER IN/BUFFER OUT端子間で位相を反転します。このスイッチはBUFFER/PASSIVEスイッチがBUFFER側のときにのみ動作します。
9V IN:電源アダプターを接続します。スタンダードなセンターマイナスDC9V端子を使用します。バッファを使用する場合は必ず電源を接続してください。電源が正常に接続されていると、中央のLEDが点灯します。
※Buffer OFF時はAとBどちらの端子も好きな方向から接続することができます。
Buffer ON時、A側の端子は必ずBUFFER INから入り、BUFFER OUTからシグナルが出るように接続します。

94D×38W×32H mm(突起含まず)
94D×46W×40H mm(突起含む)
インプットインピーダンス:500kΩ (Buffer ON)
アウトプットインピーダンス:60Ω (Buffer ON)
重量:220g
消費電流:3mA
電源:センターマイナスDC9Vアダプター
※電池はお使いになれません。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating1110.50(3.6)
  • レビュー数Reviews5
この商品のレビューを書く

2024/05/09 

11111場所を取りません

投稿者名Reviewed by60の手習い 【兵庫県】

エフェクターボードを新たに組むのに、先頭にこれを咬ませました。とにかく小さいので、邪魔になりません。
バッファーの効果はあんまり良く分かりませんが、特に不自然になることもなく。多分効いてるのではないでしょうか。

レビューIDReview ID:149408

参考になった0

2023/04/09

11111合理的

投稿者名Reviewed byPo Dune 【神奈川県】

ジャンクションBOXの購入を検討していた時にBJFバッファ搭載モデルが発売されたと知って即買い。
バッファは一番先頭に置くのでチューナーに搭載されているのが合理的だと思ってましたが、ジャンクションBOXへの搭載とは良く考えたものです。絶対に一番先頭に置くものですからね。
トゥルーバイパスのペダルをたくさん直結した状態でバッファの効果を確認しましたが、減衰がほとんどなくなり効果絶大です。しかもスイッチで簡単にOn/Offできるので簡単に比較できますし、BJFバッファ非搭載のモデルと1,000円しか変わらないので絶対にこちらが買いだと思います。他のバッファを使うことになってもOffにすればいいだけなので。
一つ残念だったのはDC OUTが付いていないことですね。このジャンクションBOXのために給電しなくてはいけないので、これだけのためにパワーサプライ の一端子を消費してしまうのがもったいない。
見た目も高級感あるので超オススメです。

レビューIDReview ID:139031

参考になった2

2023/03/15

1111このタイプのジャンクションボックスでバッファードは珍しい

投稿者名Reviewed by北4順 【愛知県】

ハンドメイドな「上面が入口出口なこのタイプのジャンクション」を複数所持、使用しており、その便利さ、機能美からマルチエフェクターしか入ってないボードにまで使ってしまうのだが、意外なほどこのタイプのバッファー付きは見かけない。
たまたま見かけちゃったから「ローインピーダンス変換ジャンクション」という意味合いでこちらを購入。
質感もよく、アクティブでもパッシブでも音質変化は感じられず、まぁ自分の思惑通りではあるのだが、わざわざ電源を増やしてまでこれは・・・というほどのバイパス機材であり、すでにインピーダンスを考慮したエフェクター配列をしている人には無用の長物であろう。位相反転スイッチは確かに何か変化する・・・けど、そもそも裏返ったところでなにか?という部分なのでね、フェイザーなんかの周期物で試すと違いが出るのかもしれないが。
とはいえ頻繁にON/OFFするトゥルーバイパス機材を先頭に使う人がボードを組む、とかLなボリュームペダルの位置を先頭にも使いたいとか・・・インピがどうこういちいち考えるの疲れちゃう・・・そんな場合にはこの入口出口は有効だ。精神が安定する。

レビューIDReview ID:138348

参考になった3

2024/04/23 

111BJFバッファを使うと

投稿者名Reviewed byうし 【東京都】

自分の環境では電源ハムっぽいひどいノイズが乗ってしまいダメでした。パッシブで使用する分には何の問題もありません。上向きについてるジャックは使い勝手が良いですね。
バッファそのものより位相反転機能に期待していたので大変残念ですがパッシブで使い続けるつもりです。

レビューIDReview ID:148955

参考になった0

2024/05/08 

1変化なし

投稿者名Reviewed byken 【大阪府】

直列で五個のエフェクターを使用、音痩せ対策に別のバッファーを使用していましたがボードのスペース確保のため今回新たに導入しました。感想としましては音痩せの改善は全くなく音圧、音量とも変わりませんスイッチを切り替えた際はプチプチ音がしますが何かが変化した感じはありません別のバッファーから乗り換えを考えているなら試奏してからの購入をおすすめしてます。

レビューIDReview ID:149347

参考になった0

    • この商品のレビューを書くWrite a Review

One Control ( ワンコントロール )
MS PB Junction Box w BJF Buffer

商品ID:314129

¥5,060(税込)

  • 送料無料

151ポイント(3%)内訳

  • 50Pt

    通常ポイント

  • 101Pt

    ポイント3倍キャンペーン

  • 151Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram