ここから本文です

AKG

YAMAHA ( ヤマハ ) / HPH-MT8 スタジオモニターヘッドホン

YAMAHA ( ヤマハ )  / HPH-MT8 スタジオモニターヘッドホン

  • YAMAHA ( ヤマハ )  / HPH-MT8 スタジオモニターヘッドホン 画像1
  • YAMAHA ( ヤマハ )  / HPH-MT8 スタジオモニターヘッドホン 画像2
  • YAMAHA ( ヤマハ )  / HPH-MT8 スタジオモニターヘッドホン 画像3
  • YAMAHA ( ヤマハ )  / HPH-MT8 スタジオモニターヘッドホン 画像4
  • メーカーサイト
YAMAHAスタジオモニターヘッドホンのリファレンスモデルHPH-MT8は、プロ用モニタースピーカー等で培ってきた技術を注ぎ込んだヘッドホン。「すべての音を、見るために」をテーマに、低音から高音まですべての帯域をバランス良くフラットに再生し、忠実な原音再生を徹底的に追求。プロエンジニア、ミュージシャンが求める高品位なモニターサウンドを実現します。
<特長>
■ドライバーユニットには、CCAWボイスコイルと強磁力ネオジムマグネットを採用した45mmカスタムドライバーを採用。15~28,000Hzの広い再生周波数帯を実現し、全ての音域を余すことなく正確に再生します。
■ドライバーの角度やバッフル、吸音材等の細部まで拘りの高品位パーツを採用。念入りな音響設計を施すことで、音源のもつ情報量を余すことなく再現し、プロフェッショナルの要求に応えるフラットかつ定位感に優れたサウンドを実現します。
■イヤーカップやヘッドバンド、アーム等の音質に影響を与える部品は、不要な共振を排除しサウンドの精度を高めるよう高度な設計がされています。
■耳をすっぽりと覆う大口径のイヤーパッドと適度な側圧は快適な装着性と高い遮音性を両立。クリティカル・リスニングやスタジオ・レコーディング等を行うエンジニアにとって、長時間の作業でも疲労の少ない装着感と、作業に集中できる高い遮音性能を提供します。
■厚みのあるフィット感に優れた大型イヤーパッドを採用。肌触りの良いプロテインレザーと、余計な振動を吸収する厚みのあるクッションは、快適な装着性と高い遮音性を両立します。ヘッドホンからの音漏れを防ぎ、スタジオレコーディング、ライブミックスモニタリングを特に意識した優れた遮音性を実現しています。
■3次元のアームピボット構造と長さ調節が可能なスライダーは、頭部のかたちに合わせて、ぴったりとフィット。誰にでも最適な角度にアングル調整され、長時間の作業でも疲れにくい装着感を実現します。可動イヤーカップにより片耳モニターも可能です。
■高い耐久性の肉厚ABSハウジングとアルミダイキャスト製アーム、汗に強い素材のヘッドバンドを採用。
■スタジオモニターらしい堅剛なデザインとYAMAHAの上品なロゴが特長。折り畳み機構を採用しているため可搬性にも優れています。

<仕様>
■形式:密閉型、オーバーイヤー
■再生周波数特性:15~28,000Hz
■インピーダンス(1kHz):37Ω
■最大入力:1,600mW
■出力音圧レベル(1kHz):102dB SPL/mW
■ドライバー:φ45mm、ダイナミック、CCAWボイスコイル
■ケーブル:3.0m ストレート(脱着式)、1.2mコイル(脱着式)
■端子:3.5mmステレオミニプラグ(6.3mm ステレオ標準変換プラグ)
■寸法(W×H×D、ケーブル、プラグを含まず):161 × 214 × 89 mm
■質量:350g (ケーブル、プラグを含まず)
■付属品:6.3mm ステレオ標準プラグ変換アダプター、3.0m ストレートケーブル(脱着式)、1.2mコイルケーブル(脱着式)、キャリングバッグ(合皮)
商品名
HPH-MT8
画像
カラー ブラック、ホワイト ブラック、ホワイト ブラック
タイプ 密閉型 密閉型 密閉型
スタイル オーバーイヤー オーバーイヤー オーバーイヤー
イヤーパッド 合皮レザー
振動抑制イヤークッション
合皮レザー
振動抑制イヤークッション
プロテキンスキンレザー
振動抑制イヤークッション
ドライバー ダイナミック、40mm
CCAWボイスコイル
ダイナミック、40mm、CCAWボイスコイル(アルミコーティング加工) ダイナミック、45mm、CCAWボイスコイル
周波数特性 20~20,000Hz 15~25,000Hz 15~28,000Hz
インピーダンス 51Ω 49Ω 37Ω
感度 100dB/mW 99dB/mW 102dB/mW
最大入力 1,600mW 1,600mW 1,600mW
ケーブル長 3.0m 3.0m 3.0m(ストレート)
1.2m(コイル)
ケーブルタイプ ストレートケーブル(脱着式) ストレートケーブル 3.0m ストレートケーブル(脱着式)、1.2mコイルケーブル(脱着式)
プラグ 3.5mmステレオミニ 3.5mmステレオミニ 3.5mmステレオミニ
重量 約245g 360g 350g
付属品

・3.0mストレートケーブル

・変換アダプター

・キャリングバッグ(ナイロン)

・変換アダプター

・キャリングポーチ(合皮)

・3.0mストレートケーブル

・1.2mコイルケーブル

・変換アダプター

・キャリングポーチ(合皮)

関連商品

関連パーツ

スタッフレビュー

YAMAHAスタジオモニターヘッドホンのトップモデルHPH-MT8。その秘密は「バランスの良さ」にあります。低音から高音までクセがなく、高解像度でカッチリと聴かせてくれる素晴らしい鳴りっぷりが特徴です。特に低音域の解像度が高く、ぼわつかずピシッと再現してくれるのはさすがの一言。分離も良く明瞭感もありフラット。非常に素晴らしい出来のヘッドホンと言えます。

定位の良さと高音のキレの良さも相まって、レスポンスの良いスピード感ある音質が楽しめますので、モニター用としてだけではなく、リスニング用としても使える懐の深さも人気の秘密です。

一言で言うと「気持ちの良い音」。これがHPH-MT8が持つポテンシャルを表す的確な表現と言えますね。

サウンドハウスサウンドハウス

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.6)
  • レビュー数:13
この商品のレビューを書く

2019/04/16

11111これはすごい

投稿者名:猫まみれ 【東京都】

サウンドハウスではないところで買いましたが、とても良かったので評価させて頂きます。
制作やMIXに使っています。
Sony CD900はキンキン、ShureSRH840はローがタイトで良いがフラットとは言い難い?VictorHA-MX100-Zはフラットでタイト、と感じる耳の持ち主です。
あくまで個人的な感想ですが、同一音源のAdeleで聴き比べると、Victorのフラットさに加えて…ダイナミクスレンジと密度と深みがさらに感じられて感動しました。
MIX用途やブレス、ノイズなどのアラ探しなどにはもしかしたらVictorの方が向いているかもしれません…が、慣れてしまい、最近はすべてこちらで作業しています。
これはいい買い物をしました。

レビューID:91474

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/02/20

11111評判どおり

投稿者名:ホネ 【東京都】

生音の表現力が凄まじいです
シンバルの刺すようなチック音などは目の前で叩いているかのようです
高域に特徴があるというよりは、とにかく原音を忠実に再現した結果、という印象です
アコースティックな楽器が主体の音源を再生した時の瑞々しさは筆舌に尽くしがたいものがあります
  
MDR-CD900STと比べると音場が狭いように感じましたが、むしろ丁度良いです
というよりスピーカーでモニタリングしている時と感覚が似ているので、そういう設計思想なのだと思います
音も遠めですし
  
外出時にリスニング用として使うには低域が物足りないかな、とも思ったのですが、どれだけ低域をエンハンスしても破綻せずに再生してくれるのでもうこれしか使ってません
LRで低域のバランスが異なるようなクラシック系の音源などで低域を上げすぎると違和感がありますが、そういったジャンルで低域を盛るのは無粋ですし
  
全体のバランスや分解能については経験不足故に判断しかねますが、「楽器の音が生音のまま聴こえる」という点は保証します
少なくとも生音を知っている楽器に関しては、”生音がそのまま鳴っている”と感じました

レビューID:89854

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/08/23

11111M50xをYAMAHA流に味付けした感じ

投稿者名:ニチガク 【北海道】

まず、「YAMAHAのモニターヘッドホンシリーズはオーテクのOEMだ」というソースの無い「噂」があります。勿論、真偽は不明ですが、実機を比べると確かに似ているように感じる部分はあります(私は、完全なOEMではなく、基本設計はYAMAHAで、パーツにオーテクのものを使っているのではないかと思っています)。
そして、このヘッドホンでググると「MT8はM70xの後継機?」「MT8はM70xより音質面で圧倒的に優れている」と自信満々に書いているブログがかなり上位でヒットしますが、一体どういう環境で比較したのかな?とビックリします(このレビュー欄にもいらっしゃいますね)。
もし、前述のOEMの噂が本当だとすれば、どちらかと言うと「M50xをYAMAHA流に味付けした感じ」の出音ですね。環境にもよりますが、概ね基本フラット傾向でM50xの特徴でもあるタイトで力強いローはスッキリ傾向になり、中高域中心で高域にポイントがあります。
そして公称スペックや形状は、M70xよりM50xに近いです。
MT8とM50xとM70xは、それぞれに味付けの違いがあり、得意分野がありますが、すべて素晴らしいモニターヘッドホンです。
ブログの方は、このMT8を非常に気に入ったのでしょうけど、他の製品を明確で客観的な根拠なく過剰に貶めてまで優劣を語るのは、こと音楽機材に関してはナンセンスですね。人の好みは千差万別なのですから。特に絶賛している音像定位に関しても、ロボットじゃないんですから人によって感じ方が違います。
因みに私のM70xは、ヘッドバンドは装着感良好ですし変な軋み音も出ません(頭の形は普通サイズです 笑)
MT8とM50xも快調ですよ。

レビューID:84772

参考になった人数:19人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/08/15

11111そんなに色付けなくミックス時のモニターにも最適

投稿者名:Kato 【大阪府】

いろいろ使ってきて、結局軽いのもあってSony CD900Stを頻繁に使っていましたが、某名マスタリングエンジニアの方にすすめられて購入。明らかに世界が違います。ただ演奏時やアレンジ時はやはり軽いSonyです。本当にバランス、エフェクトなどよく聞こえます。AKGのQシリーズも持っていますが、音源を選ばず使えるのはこちらだと思います。

レビューID:84562

参考になった人数:6人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/04/13

11111さすが「YAMAHA PRO向け…」

投稿者名:Milkman 【熊本県】

過去の、多くのSONY…DENON,、テクニカハイレゾを使いましたが、これは、さすが『友人PROスタジオの推薦』だけあります。
普通のヘッドホン出力単位は100mWですから、小さい音かもしれませんが、この商品は1600w許容のPRO MIXER MAN御用達です。
それなりのハイレゾ・ヘッドホンアンプか15w程度の100kHzハイレゾアンプで成らしてやる必要があります。
★特筆すべきは、全体の音のFLAT感(他人評価)と、「パンチのある押しです。」その割に…ハウジングが、SONY 900STの様に「ちゃち」ではないので、PADを合わせると、ほとんど音は漏れ出しません。
MXLのマイクに近づけて、かなりなTALK BACKを返しても同位相でハウリングすらしません。

明日から、今後100時間までフルにPINKノイズを掛けて「1600wでエージング」を行います。
この上の許容はSONY MB1000/3wでしたが、もう世から消えました、あれは5分と掛けて要られないくらい蒸れるし、派手に漏れる。

これと、「YAMAHA 5インチ ハイレゾPOWERD ペア」 を今後のレファレンスで考えます。
リビングでは40w/60wも要らないのでMG20XUの両側に『0.5m幅、0.5mレンジ』で聞きます。

リケーブルするには、カールかストレートのHEAD側で切断して『カナレ電気4S6G/バイ・ツイスト』にする必要があり、当面銃声として、先延ばしします。
3.5mmより細い3Pが入手できれば切らないですみますが…。

レビューID:81472

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見る
    • この商品のレビューを書く

YAMAHA (ヤマハ)
HPH-MT8 スタジオモニターヘッドホン

商品ID:228431

¥22,550(税抜)

(¥24,354 税込)

  • 送料無料

243ポイント内訳

  • 243Pt

    通常ポイント

  • 243Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクション

MT シリーズ

  • スタジオモニターヘッドホンMTシリーズは、高品位で確かなモニタリングを可能とする精確な再生能力、長時間の作業でも疲労の少ない快適な装着感と作業に集中できる高い遮音性、そして過酷な現場にも耐えうる高い耐久性を実現。プロフェッショナルな音楽制作やレコーディング、ライブSRの要求に高い次元で応えます。

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
2020年 新卒採用
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
ロックなクイズにチャレンジ SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top