ここから本文です

HOME

YAMAHA MT SERIES

YAMAHA MT SERIES

「すべての音を、見るために」

どこまでも原音に忠実であること、音色や音像定位の微細な変化を厳密に再現できること。 業務用ニアフィールドモニタースピーカーの世界的なデファクトスタンダードとなったNS-10MシリーズからMSPシリーズ、HSシリーズに至るまでヤマハが一貫して譲らないスタジオモニターの設計理念をヘッドホンに凝縮しました。
スタジオモニターヘッドホンMTシリーズは、高品位で確かなモニタリングを可能とする精確な再生能力、長時間の作業でも疲労の少ない快適な装着感と作業に集中できる高い遮音性、そして過酷な現場にも耐えうる高い耐久性を実現。
プロフェッショナルな音楽制作やレコーディング、ライブSRの要求に高い次元で応えます。

フラッグシップ・モデル「HPH-MT8」

HPH-MT8

MTシリーズはこれまでにプロオーディオ、ハイエンドオーディオ分野で培ってきたノウハウを活かし、音響部品の一つひとつを念入りにデザイン。フラットかつ定位感に優れた高分解能モニターサウンドが、いかなる音量においても原音のニュアンスを余すところなく再現します。
「HPH-MT8」は精確性を追求した中~高域とローエンドまで輪郭を保つ締まりのある低域を特長とし、全帯域に渡りシリーズ最高峰の分解能を実現。シビアなジャッジを求められるスタジオレコーディング・ミキシング現場まで対応します。

ドライバー / その他音響部品

要となるドライバーにはCCAWボイスコイルと強磁力ネオジムマグネットを採用したΦ45mmカスタムドライバーを採用、15Hz~28kHz のワイドレンジな再生帯域を実現。加えてドライバー角度、バッフルや吸音材等の細部にまで渡って入念なメカ・音響設計を施すことで、音源のもつ情報量を余すことなく再現し、プロフェッショナルの要求に応えるフラットかつ定位感に優れたサウンドを実現しています。

イヤーカップやアーム等の音質に影響を与える音響部品は、不要な共振を排除しサウンドの精度を高めるよう設計しています。

ヤマハ HPH MT ドライバー
ヤマハ HPH MT イヤーカップ

デザイン / イヤーパッド / イヤーカップ / アーム / スライダー

耳をすっぽりと包み込むオーバーイヤー・密閉型デザインを採用し、快適なフィット感と高い遮音性能を実現しました。

「HPH-MT8」はフィット感の高い大型のイヤーパッドを採用。肌触りの良いプロテインスキンレザーと余計な振動を吸収するクッションが、ストレスを感じさせない装着性と高い遮音性を両立しています。

ヘッドホンからの音漏れが倦厭されるスタジオレコーディング、ライブミックスモニタリングを特に意識した優れた遮音性を実現しています。

3次元のアームピボット構造と長さ調節が可能なスライダーにより、イヤーパッドが頭の形状に合わせてしっかりフィットするよう綿密にアングル調整され、長時間の作業でも疲れにくい装着感を実現しました。また、可動イヤーカップにより片耳モニターも可能です。

ヤマハ HPH MT イヤーカップ
ヤマハ HPH MT イヤークッション
ヤマハ HPH MT アーム

ハウジング / アーム / ヘッドバンド / ケーブル

「HPH-MT8」は高堅牢性を誇る肉厚ABSハウジングとアルミダイキャスト製アーム、汗に強い素材を用いたヘッドバンドを採用し、精悍なデザインと高耐久性を両立しました。また折り畳み機構を採用しているため可搬性にも優れています。

様々な用途に柔軟に対応するため、「HPH-MT8」のケーブルは脱着式を採用しました。付属のストレートケーブル(3.0m)はヘッドホン装着時にコードの重量を感じさせない軽快な装着感が得られるうえ、コンソールやCUEシステムから離れた位置でのレコーディングモニタリング用途などにも対応。
同じく付属のコイルケーブル(カールコード、1.2m)はミキサーの周辺で取り回しよく使用できます。また腐食に強い金メッキのステレオミニプラグを採用、6.3mmステレオ標準プラグ変換アダプターを付属しています。

ヤマハ HPH MT ハウジング
ヤマハ HPH MT ケーブル

インタビュー「エンジニア / アーティスト」

関連商品

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram