ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

AMT ELECTRONICS ( エーエムティーエレクトロニクス ) / P-1

AMT ELECTRONICS ( エーエムティーエレクトロニクス )  / P-1

  • AMT ELECTRONICS ( エーエムティーエレクトロニクス )  / P-1画像1
  • AMT ELECTRONICS ( エーエムティーエレクトロニクス )  / P-1画像2
  • AMT ELECTRONICS ( エーエムティーエレクトロニクス )  / P-1画像3
  • AMT ELECTRONICS ( エーエムティーエレクトロニクス )  / P-1画像4
  • AMT ELECTRONICS ( エーエムティーエレクトロニクス )  / P-1画像5
5
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
Peavey 5150のプリアンプのサウンドを再現した、アンプシミュレーター/プリアンプ・ペダル。ギターアンプのFX RETURNに接続することで、アンプのキャラクターに左右されない音作りが可能。どのようなアンプでも自分の音を出したいという方にお勧めのモデルです。

[直輸入品][Direct Import]

■ギターアンプ・シミュレーター/プリアンプ
著名ギターアンプのプリアンプのサウンドをコンパクトなアナログ回路で完全再現したペダルタイプ・プリアンプ・シリーズ。キャビネット・エミュレーターも内蔵し、サイレントレコーディングにも対応します。

■Peavey 5150タイプ
P-1は、1990年代~2000年代のハードロックを象徴する、Peavey 5150のサウンドを再現。クリーン~クランチ~フルディストーションと、全てのドライブ・レベルにおいてリッチでキレのある音色が得られます。

■接続
・IN:
ギターを接続します。

・OUT:
プリアンプからの出力を得られます。ギターアンプのFX RETURNやパワーアンプに接続します。

・CAB.SIM.:
プリアンプからの出力にキャビネット・エミュレーションを加えたサウンドを出力します。ミキサーやインターフェースなどに直接接続することができます。
この端子が未接続の時は自動的に使用電力を6mAから4mAに下げるなど、省電力にも優れています。

■仕様
・TRUE BYPASS
・電源:ACアダプタ/DC9V-12V センターマイナス (別売) またはバッテリー
・最大+ 10dBゲイン
・省エネモード:「CAB.SIM.」端子未接続時、消費電流:6mA→4mA
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.8)
  • レビュー数Reviews4
この商品のレビューを書く

2014/04/27

11111若干トレブリー

投稿者名Reviewed bynanashin. 【埼玉県】

他のレビューで「5150っぽくない」と思って心配しましたが思ったよりもそっくりです。
ハイがかなりきついのでハイだけ0からどれだけ上げるかという感じで調整するといいかもです。
内蔵キャビシミュは正直使い物になりませんでした…
自宅レコならPOD FarmやキャビネットIRを使うとかなりいい音が録れます。
ちなみに「お取り寄せ」になってると一ヶ月近く待ちます^^;

レビューIDReview ID:48774

参考になった人数:5人

5 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2012/05/14

111115150っぽくはない

投稿者名Reviewed byhjmekirts 【新潟県】

5150のシミュレーターと謳っていますが、あまりそれらしくはありません。
ですが、単純にディストーションペダルとしてはかなり質のいいエフェクターです。
歪みの粒が細かく、真空管アンプはもちろんJC-120に繋いでも十分使えます。
ハイゲイン専用と言ってもよく、ゲインを下げると音が貧弱になる印象です。

レビューIDReview ID:32409

参考になった人数:11人

11 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2010/06/25

11111ロシアのクオリティ

投稿者名Reviewed byRingo 【静岡県】

別のお店で買い本日届きました。
BOSSより小さく軽いですが、音はすごくいいです。オリジナルは弾いたことありませんが、この歪みを気に入ったので大満足。
クリーンはよっぽど出力低いピックアップじゃないと簡単にはできません。弦との間隔を広げた状態のシングルコイルでボリュームを絞ってようやくクリーンがでるくらい。
ギターのピッキングニュアンスに非常に反応がいいのでコントロールできます。ボリュームノブだけでもすごく変わります。
シリーズ史上最強の歪みを誇るので物凄い歪みまくります。ゲインとボリュームはマックスにすると結構ノイズが乗りますがそこまで上げる必要がないのでOK
EQの効きもいいです。キャビネットシミュレーターで自然な鳴りを作り上げてくれます。ただキャビシミュアウトはステレオ仕様の方がいいんじゃないかなぁーだなんて思ったり。
ただ一つ難点。電池交換は裏版ネジ留めなので非常に面倒!でも一生もののエフェクター/プリアンプに出会えました。ロシアもやってくれますね。今後AMT Electronicsの動きに期待できます。
ちなみにブースターとしての使用は無理かと。ゲインが0だと音出ない上、少し上げるとかなり歪みます。(歪みの微調整はギターボリュームがオススメ)
それとまだ生産が間に合ってないみたいで在庫があったら早めに購入することをおすすめします。取り寄せると1ヶ月以上かかりますのでw

レビューIDReview ID:17116

参考になった人数:25人

25 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2011/03/27

1111ハイゲイン、トレブリー、素性よし

投稿者名Reviewed byそれいけウィークエンド 【北海道】

tubeさんがお書きになっているとおり、超ハイゲインです。GAINツマミは9時以上はほとんど同じで歪み切り。エフェクトオフの音量と釣り合わせるためには、LEVELツマミも9時よりは上げられません。この程度のLEVELだとノイズは極めて少なく、後段にノイズリダクションを追加する必要はないくらいで、素性の良さを感じます。音質はブライト。倍音たっぷりの、ビカビカサウンドです。僕の印象としては、3つのトーンノブのうち効いてる感じがするのはMIDのみで、そのMIDをフルアップにしても基本的なトーンキャラクターは変わりません。PEAVEY Wolfgangのハイパワーなハムバッカーでも、1弦12フレットより上では意外に音が細いかな~?アンプその他で更にサウンドメイクする必要があるかも。

レビューIDReview ID:22793

参考になった人数:19人

19 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

AMT ELECTRONICS ( エーエムティーエレクトロニクス )
P-1

商品ID:153151

¥11,800(税抜)

(¥12,980 税込)

  • 送料無料

648ポイント内訳

  • 129Pt

    通常ポイント

  • 519Pt

    対象在庫商品ポイント5倍キャンペーン

  • 648Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

セール

カテゴリーから選ぶ

お得なクーポン
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top