ここから本文です

さうんどはうしゅ

NEUMANN ( ノイマン ) / TLM 102 コンデンサーマイク

NEUMANN ( ノイマン )  / TLM 102 コンデンサーマイク

  • NEUMANN ( ノイマン )  / TLM 102 コンデンサーマイク画像1
  • NEUMANN ( ノイマン )  / TLM 102 コンデンサーマイク画像2
  • NEUMANN ( ノイマン )  / TLM 102 コンデンサーマイク画像3
  • NEUMANN ( ノイマン )  / TLM 102 コンデンサーマイク画像4
  • NEUMANN ( ノイマン )  / TLM 102 コンデンサーマイク画像5
  • NEUMANN ( ノイマン )  / TLM 102 コンデンサーマイク画像6
5
  • メーカーサイトManufacturer Site
トランスレスデザインのスッキリしたサウンドは、ボーカル、スピーチはもちろん、SPL144dBを生かしてドラムなどの大きな音の楽器にも使えます。個人用途の他、複数用意して贅沢に使うのも良いでしょう。

TLM 102はNeumannで最も手に入れやすい価格のラージダイヤフラムコンデンサーマイク。ボーカル録音はもちろんナレーションにも最適。大きな音でも歪まない設計なので楽器にも安心して使えます。歌い手からVTuberまで、初心者でも使える自宅に最適なNeumannマイクです。

TLM 102のパッケージ内容

録音したままでクリアな音質

収録できる音の範囲を示す周波数特性は20Hzから20kHzというワイドレンジで、対象を選ばずに使うことができます。さらに調整をしなくてもクリアな音に聞こえるよう、高域に特徴的なピークを持つよう調整されています。この特徴から、ボーカル録音等の音楽だけでなく、音をそのまま使うことが多いナレーション用途にも最適です。

TLM 102の周波数特性と指向性

また、どの程度大きな音に耐えられるかを示す最大耐音圧は144dB SPLという高い数値を実現。これはNeumannコンデンサーマイクの中でもトップクラスの数値であり、大音量の対象でも気軽に使用できることを示しています。

ドラムの音量でも安心して使用できる

不要な音が録音されないノイズレス設計

マイク内にトランスを持たないトランスレス構造を採用し、高感度を実現。ノイズが少ないマイクとなっており、ノイズの少なさを示す等価ノイズは12dB-Aを実現しています。これは世界的定番マイクU 87 Aiと同等の数値です。

低ノイズを実現した内部回路

また、Neumannのサイドアドレス型マイクでは唯一、本体内にポップシールドを内蔵しています。ポップシールドでは軽度のポップノイズを防ぐことができるので、ナレーション用途であれば、ポップガードを設置しなくてもポップノイズを防ぐことができます。

ポップシールドを内蔵

コンパクトかつ高級感のあるボディ

手に持ってみると密度感と重さを感じるTLM 102ですが、太さ52mm、長さ116mm、重さは210gと、Neumannコンデンサーマイクの中で最もコンパクトな筐体です。狭い録音環境でも自由な設置を行うことができます。

コンパクトなので設置自由度が高い

TLM 102にはスイベルマウント(マイクホルダー)が付属していますが、別売りのEA 4サスペンション(振動吸収できるマイクホルダー)を用いることで、マイクスタンド経由の低音ノイズをさらに抑えることができます。EA 4はTLM 102のコンパクトなボディにあわせてサスペンション前面が開放されているため、マイクに近づくことができ、さらにノイズレスかつクリアなサウンドが得られます。
※なお、サスペンション用のネジピッチは他機種と同様であるため、EA 1サスペンションも使用できます。

レコーディング用途には別売EA 1の併用がお勧め

特徴

  • ノイマンラージダイヤフラムカプセルを搭載したコンパクトマイク
  • 均一なカーディオイドパターン
  • 歪みが少なく高いSPLを実現するトランスレス回路
  • 非常に低い自己雑音
  • 穏やかなトレブル・リフトでシルキーな高音域を実現
  • 一体型ポップスクリーン
  • スイベルマウントSG 2付属
  • ニッケルとブラックカラーの2種類

精悍なブラックカラーのTLM 102 BK

TLM 102 BK

EA 1サスペンションがセットになったTLM 102 Studio Setも販売されています。

仕様

TLM 102 TLM 103
(比較対象)
U 87 Ai
(比較対象)
指向性 単一指向性 単一指向性 単一指向性、双指向性、無指向性
周波数特性 20Hz - 20kHz 20Hz - 20kHz 20Hz - 20kHz
感度
(1 kHz into 1 kohm)
11mV/Pa 23mV/Pa 28mV/Pa
(単一指向性)
インピーダンス 50Ω 50Ω 200Ω
負荷インピーダンス 1kΩ 1kΩ 1kΩ
等価ノイズ
(A-weighted)
12dB-A 7dB-A 12dB-A
最大耐入力 144dB SPL 138dB SPL 117dB
(127dB, PAD on)
S/N比
(A-weighted, 94dB SPL)
82dB 87dB 82dB
最大出力電圧 13dBu 13dBu -6dBu
重量 210g 450g 500g
太さ 52mm 60mm 56mm
長さ 116mm 132mm 200mm
■コンデンサーマイク
■指向性:単一指向性
■周波数特性:20Hz~20kHz
■最大入力音圧レベル:144dB(歪率0.5%以下)
■SN比:82dB
■感度:11mV/Pa (1kHz into 1kΩ)
■出力インピーダンス:50Ω
■電源:ファンタム48V±4V
■本体寸法・重量:116×52mm、260g
■付属品:マイクホルダー
■カラー:ニッケル

デザイン、価格、新世代を定義したマイクロフォン。スタンドマウントが付属します。

・ボーカルスピーチに最適
声の存在感を際立たせるため6kHz以上をわずかにブーストしています。
ブロードキャスティング、ホームレコーディング、スタジオレコーディングに理想的なマイクです。

・最大音圧レベル144dB
新開発のラージダイヤフラムカプセル(カーディオイド)はパーカッション、ドラム、アンプといった大きなサウンドソースのレコーディングが可能。

・ノイズ対策
カプセルは弾力性を持たせてマウント。構造物ノイズを抑制します。
グリル内にポップスクリーンを内蔵。レコーディング時の破裂音を抑制します。

・コンパクトでパワフル
無駄を削ぎ落とし調和の取れたシンプルなデザイン。キラリと光るグリルリングも注目を集めます。
TLM102は構造物ノイズ、ウィンドノイズに敏感です。以下の関連商品に掲載されている「Neumann EA1(サスペンションホルダー)」やウィンドスクリーンの併用をおすすめします。

関連商品

スタッフレビュー

TLM102と最初に対面したときの第一印象は「小さい、可愛い!!」でした。とにかく見た目が愛らしいんです。しかし、このマイクのすごいところは最大入力音圧レベルが144dB!キュートな見た目ながら、ドラムなど大きな音の楽器にもしっかりと対応します!外観からは想像できないスペックに脱帽しました。また、6kHz以上がわずかにブーストされ、ボーカルなどを録音した際にも音がしっかり前に出てくる印象。聴いていても心地良いです。ドラムからボーカルまでカバーできる守備範囲の広いコンデンサーマイク。1本は持っておきたい、オススメのマイクです。

サウンドハウススタッフサウンドハウススタッフ

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.2)
  • レビュー数Reviews11
この商品のレビューを書く

2021/12/23

11111これで充分!声の存在感が増します。

投稿者名Reviewed bysho 【三重県】

RODE NT1-Aからの乗り換え。
3万円台のマイクに多い「高域を強調した特性」が自身の音楽に合わなくなったのでTLM102を手に入れました!
柔らかな中域が前に出てくるサウンドなので、オケに声が埋もれずに存在感のあるボーカル録音ができます!
結局のところオケに混ぜると、高域や低域は不要になりますからね。
美味しい中域が録音出来て非常に満足です!
以下の記事でもNT1と音を比較しながら解説。
参考にしてみてください!

https://singerlabo.com/neumantlm102

レビューIDReview ID:125252

参考になった6

2021/06/24

11111声に説得力が増す

投稿者名Reviewed by3.1 【山口県】

繊細さを要求されるVoでは上位機種に軍配があがることに異論はありませんが、
10万円以下のもので比較すると声の説得力についてはTLM102が圧倒的でした。
私の用途(朗読)の場合、EQはまったく触る必要がないレベルで仕上がります。
録音には静寂な環境が必要になるマイクですので、その環境で録音できる
朗読用途の方にはおすすめです。

レビューIDReview ID:119355

参考になった8

2018/04/22

11111恐れず購入

投稿者名Reviewed byMakanai 【東京都】

ボーカル、チェロ、ギター、管楽器と録音やライブで使ってます。
色んな現場、色んな使い方できちんと拾ってくれます。音のきめ細やかな感じはやっぱりノイマンだなぁ〜って感じです。
価格が驚きな以上にこの小ささが素晴らしく、ライブ現場でもブンブン取り回せます。楽器の音をワンランクアップさせるのには間違いなく良い働きをしてくれると思います。

レビューIDReview ID:81694

参考になった7

2012/08/05

11111初心者こそ、ここから入って、耳を磨こう。

投稿者名Reviewed byGAMERAⅢ 【東京都】

正直、価格から、それほど期待はしていなかった。
でも、さすがはNEUMANNである。
① 低雑音 同社の他の製品同様、スペック以上の低雑音。ホワイトノイズが付物のナレーションンに於いても群を抜いて静が。
② 歪が少ない 同社他製品に増して高いSPL。殆どクリップ感がない。
大音量の楽器収録までこれでカバーできる。
③ 歪が少ないだけではなく、オンマイク時において特に忠実性を発揮し、イメージ通りの音を思った通りに収録してくれる。
オフマイクにおいては、並。
④ 仕上げが丁寧。これは重要だ、内部の保護、耐震、対音圧構造等にも波及するから。
と、非常に高い実力を示すが、一方、繊細さの面においてはU87などには及ばない。
しかし、これは、U87などが感じさせる線の細さ(繊細さ)と、どちらが良いか、という問題である。
一口に言えば、張った音は張ったように、甘い声は意図した通りの甘さで、自然に明るく演者の実力通りに録る。といったイメージ。
うーん、どんな声、どんな楽器にでも非常に良く適合できるので、ナレーションや、音楽でもピアノからフルート物まで、超向いているが、ショパンの「遺作」などの非常に繊細な表現には、やはり47がいいかな、といった感じである。
初心者の場合でも、このくらいのマイクから入んなきゃいつまでたっても解んない。
よく、初心者向きには良い~、などという記事を見るが、殆ど的外れだもの。
なんだかなあ、どこまで行ってもマイクはNEUMANNとAKG(オーストリア工場製の)、それに、ブラウナーまでだな、と改めて感じてしまう。
このマイクと、AKG414さえあれば、あとは、無用かな。ハンドマイクもAKG3700があるので、SHUREなんかは無用だし、と感じる今日この頃だが、安いマイクにも実力者はいる。マーシャルのV900の穏やかさ、テキニカルプロCMC500(69ドルだぜ)の繊細で楚々たる音も最高で、すてがたいしなあ。でも、そこまでだ。
と言いつつ、新しいNEUMANNのダイナミックは買うのである。
ほかの方の記事にあるとおり、やっぱりノイマンはいいな~と思うから。

レビューIDReview ID:34146

参考になった53

2012/07/01

11111Neumannと言えば・・・

投稿者名Reviewed byTelemann 【茨城県】

 Neumannと言えばDTMをやっている人なら、一度は手にしてみたいと思う高級マイクメーカーですね。私、個人はNT1-A(RODE社)から乗り換えて思い切って、本機を購入しました。
 なんといっても、最大の魅力はその価格設定でしょう。10万円以下で手に入る。しかも、自分が勝った時よりも5000円も安くなっている。購入を検討している方、即決です。買わない理由がありません。
 あと、大事なことは、マイクの性能ですよね。
私は、購入するにあたって、三種のマイクを比較視聴することができました。その中で、Blue のBaby bottleとTLM 102を比べてみるとはっきり違いが判りました。TLM-102はシャリシャリ感がないんです。だから、自分が録りたい理想な音を収録できる。表現すると、癖がない。EQは必要最低限で済む。明瞭、透明。そんな感じです。
 宅録環境をグレードアップしたい方は、まずは、マイクをTLM102に変えてみませんか。

レビューIDReview ID:33467

参考になった34

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

NEUMANN ( ノイマン )
TLM 102 コンデンサーマイク

商品ID:149798

¥75,790(税込)

  • 送料無料

3,701ポイント(5%)内訳

  • 757Pt

    通常ポイント

  • 2,944Pt

    ボーナスポイント

  • 3,701Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加(ログイン)

この商品に関連するセレクションRelated Articles

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram TikTok