ここから本文です

ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) / Bass Big Muff -Distortion/Sustainer-

ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス )  / Bass Big Muff -Distortion/Sustainer-

  • ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス )  / Bass Big Muff -Distortion/Sustainer-画像1
  • ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス )  / Bass Big Muff -Distortion/Sustainer-画像2
  • ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス )  / Bass Big Muff -Distortion/Sustainer-画像3
  • ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス )  / Bass Big Muff -Distortion/Sustainer-画像4
  • ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス )  / Bass Big Muff -Distortion/Sustainer-画像5
  • メーカーサイト
ELECTRO-HARMONIX / Bass Big Muffは、ベースに最適化したビッグマフ。アーミー・グリーンとも呼ばれるロシアのSovtek社製ビッグ・マフを元に、エフェクトとドライ、2系統の出力端子を追加。圧巻の低音域を有した迫力ある歪みのエフェクト成分とドライ音の芯の太さを活かした音作りができます。ベースのみならず、低域をブーストした極太サウンドを求めるギターリストへもおすすめです。

[直輸入品]

■ベース用エフェクター
■ディストーション
■コントロール:ボリューム、トーン、サスティン、ブーストスイッチ
■ドライ/エフェクト 2系統のアウトプット装備
■トゥルーバイパス仕様
■電源:9V電池またはDC9Vアダプタ(別売)
■寸法、重量:91W×118D×50Hmm、360g
~メーカーサイトの解説より~
■ファズ/ディストーションの代名詞Big Muffは、1968年の登場以来40年に渡り、無数のギタリストとベーシストを魅了してきました。そのBig Muffをベースに最適化し、更なる進化を遂げたのがBass Big Muffです。
■ベーシストに人気の高いアーミーグリーンのロシア版Big Muffを基に、Bass Boost / Norm / Dryスイッチを追加しました。Dryのポジションでは、ドライ音を加えられます。歪みのエフェクト成分とドライ音の芯の太さが両立し、完璧なベース用ドライブサウンドを実現する理想的なベース用ディストーションです。

関連商品

スタッフレビュー

ベース用歪みエフェクターの定番BIG MUFF。ツマミはVOLUME、TONE、SUSTAINの3つだけというシンプルなレイアウトながら、3種類のモードセレクトと組み合わせることで幅広い音作りが出来る優れモノです。低音の効いた存在感のある歪みを演出するならばBASSBOOSTモード。バンドサウンドとよく馴染む歪みが欲しいならNORMモード。DRYモードではドライ音とエフェクト音の両方が並列に出力されるため、例えば3ピースバンドでベースを弾く場合などに、しっかりと芯のあるボトムラインを残したまま音の広がりを加えたい、といった時に使えます。Big Muffの名が語る通り、図太く歪んだサウンドとなっています。飛び道具としても抜群の効果を発揮する1台、ロックベーシストにオススメです!

サウンドハウスサウンドハウス

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.7)
  • レビュー数:18
この商品のレビューを書く

2018/12/01

11111これは

投稿者名:masa6 【福島県】

すき

レビューID:87482

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/02/25

11111探し求めていたロシアンマフ。

投稿者名:よし坊 【宮城県】

ギターで使用しています。
自分はロシアンマフが大好きで、これまでトールフォント、ブラックのバブルフォント、ブラックロシアンのネジが6つのものと4つのもの(最後期)、復刻ロシアンを使ったことがあります。
中でもお気に入りだったのは、ブラックのバブルフォントとブラックロシアンのネジが6つのものでした。この2つはトールフォントよりもゲインが抑えめで、ローからハイが暴れすぎず良い塩梅でありながらジリジリとした荒い質感のサウンドでした。トーンとサスティーンを上げきった時、絞りきった時の音も使える範囲になっているように感じました。トールフォントと復刻ロシアンはどちらかというと極端な効きでした。
バブルフォント〜ブラックロシアンの音を探し求め、これまで様々なロシアンマフクローンを試してきましたが、これは完全に遠回りでした。ベースビッグマフが最も求めていたものに近く、しかもより使いやすかったのです。
ベースブーストモードとドライモードがあるのもポイントです。ドライモードはブースターとして使用した際に芯がよく出ます。ベースブーストモードはローに余裕が出るため、トーンを上げてやるとサウンドに迫力が出ます。ローに余裕が欲しい方はベースビッグマフ、ハイに余裕が欲しい方はトーンウィッカーがおすすめです。
現行モデルでロシアンマフのサウンドをお探しの方はぜひ復刻ロシアンとベースビッグマフを弾き比べてみてください。ロシアンマフ特有の個体差を感じることができると思います。

レビューID:80216

参考になった人数:5人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/01/22

11111低音に真のある歪み

投稿者名:ひでゆき 【北海道】

ベース用の歪みといっても、たくさんありますよね。高級品なら歪み方にも節度があるかもしれませんが、貧乏人が使う歪み系エフェクターだと、低音に芯がないまま、ジャリジャリ、ギンギン、するだけ、というものも少なくありません。私はもともと、サンズアンプ系の歪みが好きで、粒の細かい音色の歪みが好きでした。ところが、サンズアンプ系のエフェクターを使うと、音がまとまる代わりに、音が暗くなる(抜けにくくなる)ということがあって、思い切って、違う歪みはないかと、YOUTUBEを見まくって、見つけたのが、BIG MUFFでした。歪みは派手、音色も個性的、でも、コイツは低音に芯がある。音色の粒は細かくないけど、とてもステキだなと思いました。使い方の入門としては、トーンとサスティンの、12時から3時くらいまでが美味しいので、好みを見つけて、「ベースブースト」と「ノーマル」と「ドライ」の切り替えで幅を出します。
トーンとサスティンの組み合わせを奇想天外にして、自分のオリジナルを探すのもいいです。私的には、つまみが少なくて、音色の変化が大きいのはとてもいいと思います。

レビューID:53930

参考になった人数:10人

参考になりましたか?
Yes
NO

2013/08/02

11111気持ちは良い

投稿者名:ベーシスト 【東京都】

グランジ・オルタナ系での使用です。
サビが暴れる曲などでこいつのかったいスイッチを踏んづけると素晴らしい音が出ます。
ツマミ等は少々安っぽく、ノイズも結構あります。
(このぽんこつ感がエレハモのウリでもありますが…)
外観はマンガの表紙みたいでいいですね。
ただし、自分が弾いていて気持ち良くても、お客さんやメンバーの返しにいい音が行ってるとは限りませんので…
やりすぎに注意です。
自分がベーシストであることを忘れないように。

レビューID:42779

参考になった人数:14人

参考になりましたか?
Yes
NO

2013/01/19

11111歪み系の音は自由自在

投稿者名:ロートルドラマー 【大阪府】

今までマルチエフェクターのデストーションを利用してサウンドメイクしてましたが、出音が細くてただ歪んでいるだけのサウンドでしたが、音の太さ、細さを自由に調整でき、尚且つ芯のある音が出ます。ただ電源の供給方法の違いにより、ノイズが若干気になる時がありますが、最高のサウンドが楽しめますよ^O^

レビューID:37968

参考になった人数:8人

参考になりましたか?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見る
    • この商品のレビューを書く

ELECTRO-HARMONIX (エレクトロハーモニックス)
Bass Big Muff -Distortion/Sustainer-

商品ID:130113

¥7,280(税抜)

(¥7,862 税込)

  • 送料無料

78ポイント内訳

  • 78Pt

    通常ポイント

  • 78Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top