ここから本文です

サウンドマート

HOME

AUDINATE / Dante Virtual Soundcard DVS バーチャルサウンドカード

AUDINATE / Dante Virtual Soundcard DVS バーチャルサウンドカード※使用イメージ

5
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
■PC/Mac: Meet Dante
Dante Virtual Soundcard working with a DAWDante Virtual Soundcard は、PCおよびMac をネットワーク上の Danteオーディオデバイスとシームレスに接続し、コンピューターをDanteに対応したワークステーションに変えます。オーディオアプリケーションとDanteデバイスを合わせて使用することにより、瞬時に接続し、録音やミックス、また音源の再生をすることができます。

■バーチャルダイレクト I/O
Dante Virtual Soundcardは既存のイーサネットポートを使用します。コンバーター、スネークなど、特殊なケーブルやコネクター*、外付けデバイスなどは必要ありません。
・Dante ネットワーク上の高音質なオーディオシグナルをダイレクトに ProTools、Logic、Cubaseなどのお気に入りのDAWへ。 最大 64 チャンネル の録音が可能
・iTunesなど、あらゆるアプリケーションから BGM、劇場での効果音等の[1]音源の再生

■プレゼンテーションや会議にもDanteを
既存のネットワークとDanteに対応した機器を併用することで、明瞭で高音質な音声をお届けします。
・オンラインカンファレンスなどで用いられるSkypeなど、VoIP コールの参加者全員での共有を可能にします。
・あらゆるアプリケーションからのサウンド再生を可能にすることで、デモンストレーションや動画をよりいっそう引き立てます
・PowerPointやKeynoteなどのスライドから、音声を劣化させることなく、Danteに対応したサウンドシステムにダイレクトに送ることが可能です。

■マルチチャンネルパワーハウス
Dante Virtual Soundcardは、必要なチャンネル数に応じて柔軟に構成をすることができます。iTunesからのBGMの再生といった、2チャンネルで十分な用途から 最大64チャンネルを録音しながら、同時にステレオにミックスダウンしたものをストリーミングするような大規模なライブレコーディングまで、大小問わずご使用いただけます。
・あらゆるチャンネルを、あらゆるデバイスへ チャンネル数にとらわれることなく、オーディオシグナルをネットワーク上のすべてのデバイスへルーティング。スプリット(分岐)にも対応。
・最大64IN / 64OUTの双方向非圧縮オーディオ 音質に妥協することなく多チャンネルのマルチトラックレコーディングを実現
・バーチャルサウンドチェック 最大 64 チャンネルを再生可能

■妥協のないパフォーマンス - それがDante
比類のない高音質を実現したDante Virtual Soundcardにより、数あるネットワークオーディオの中でも、Dante は世界中のエンジニアやメーカーに真っ先に選ばれる存在となりました。
・Windows:ASIOドライバおよび WDMドライバ
・Mac OS X:Core Audio
・16, 24, 32-bit, 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4**, 192** kHzのサンプリング周波数に対応
・4ms, 6ms, 10ms の各レイテンシー(固定)に設定可能
・1 μSec単位の超精密なタイムアライメント
・最大64IN / 64OUTのオーディオチャンネル

■お求めやすい価格
1台のコンピューターで使用できる無期限ライセンスをリーズナブルな価格でご提供しています。

* MacBook ProやUltrabook PC等、薄型のノートパソコンでは有線でのイーサネット接続にUSBやThunderboltアダプターを使用します。
** WDMでは対応していません。176.4kHzおよび192kHのサンプリング周波数において性能を最大限に発揮するには、最新のオーディオ処理に特化した専用のコンピューターを必要とします。

※ シリアル送付商品になります。アプリケーションはメーカーサイトよりダウンロードをお願いいたします。

■アクティベーション手順
1)Audinateのサイトにアクセス
2)ユーザーのアカウントにログイン(アカウントがなければ作成)
3)「my product」タブ「REDEEM TOKEN」にTOKEN番号を入力
4)アカウントにアクティベーションキーが表示されます
5)DVSをアクティベーションする

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating110.500(2.5)
  • レビュー数Reviews2
この商品のレビューを書く

2021/03/13

1111安定環境を維持すれば便利

投稿者名Reviewed byDDP 【大阪府】

Dante機器(QL/CL以降のヤマハの卓など)とPC間がLANケーブル1本で64chデジタルマルチとして繋がります。

PC再生を卓にマルチトラック入力したり、dante構築のシステムでライブ演奏をPCにマルチトラック録音をしたりするのに、スイッチングハブを介して或いはデイジーチェーンの末端でLANケーブルをPCのRJ45に刺すだけで64chリンクとはすごいもんです。

RIO3224 x3台と、CL5 x2台、に32ch録音PC(win/mac混) 3台をタイムコード同期で回しました。バンド自体は40 in / 12 out 程度。聞き直すとたまに小さくプチっと言う物が不定期にありました。ディスクライトかも?。danteコントローラでモニターしてると、結構負荷が見えます。Bonjourがベースなのでリンクローカルでも繋がりますが、ローカルIPを持たせた方がなんとなくエラー率が低くなりました。

たっぷりレーテンシーがかかっても良いような生配信ミックスなんかは、RIOからDVSで受けてDAWでミックスするとプラグインがふんだんに使えて良いです。
1経路ならばもっとレーテンシーを増やして安心重視にしたい気もします。(4ミリ、6ミリ、10ミリ秒の切り替え)。

そもそもRJ45の無いMACでは、純正品以外のイーサネットアダプタはうまく動かないものも一部あり、また、アダプタのファームウェアによって安定の違いなどあったので、注意が必要です。突如、デバイスマウントが外れたり再起動がかかったりということもありましたので、ある程度枯れたOSを使い、しっかり事前に運用確認をとったマシン環境で使うことが大事だと思います。リダンダントを組むのはまた大変です。
 
 
MacOSX 10.13以降でSIPをdisableしないと起動できない未解決問題もあります。

またDVSはクロックマスターになれないのでDVS同士では動作できません。マスターになるダンテのハードか、あるいは姉妹ソフトのdante viaなどと繋がった状態でしか使えません。
チャンネル数やレーテンシーはviaの方がチープに見えるけど価格付けがviaの方が高価なのはこれが理由かと。

DVSは卓に1ライセンス付いてますのでviaのほうが追加販売が伸びそうですが。

レビューIDReview ID:114604

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/02/05

1アクティベートしたのにスタートできない

投稿者名Reviewed byミスミスター 【新潟県】

ライセンスキーを手に入れてaudinateのアカウントも作成した。
アクティベートはできてライセンスも取得したがDVSでスタートができない
早急な返事をお待ちしてます。

レビューIDReview ID:114307

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/02/08


弊社サポートよりご連絡の上、ご対応いたします

    • この商品のレビューを書くWrite a Review

AUDINATE (オーディネイト)
Dante Virtual Soundcard DVS バーチャルサウンドカード

Item ID:272275

3,280 yen(excl. tax)

(3,608 yen incl. tax)

  • Free Shipping

180PtDetail

  • 36Pts

    通常ポイント

  • 144Pts

    対象在庫商品ポイント5倍キャンペーン

  • 180Pts

    Total

close

在庫ありIn Stock

Qty

Add to Wishlist

Rating110.500

Reviews:2

この商品に関連するセレクションRelated Articles

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE

Page Top