ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

Laney / LFR112

Laney / LFR112

  • Laney / LFR112画像1
  • Laney / LFR112画像2
  • Laney / LFR112画像3
  • Laney / LFR112画像4
  • Laney / LFR112画像5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
Draws the best performance by combining with preheating amplifiers such as MOOER and AMT, multi-effects such as BOSS / GT series and LINE6 / HELIX series, amplifier simulators such as Kemper Profiling Amplifier, and so on. Outputs a variety of guitar sounds from various devices for the maximum sound.
■ Active guitar cabinet
■ Output: 200W (RMS)
■ Speaker: 12" x 1 HH Custom Driver
■ Features
・ Ideal for preamps, multi-effects and amp simulators
・ Output that maximizes the performance of preamplifiers
・ 47HZ-20KHZ full range flat response
・ Equipped with front baffle illumination (ON / OFF possible)
■ Controls
・ LEVEL, HF TRIM
EMULATION (at DI output): FRFR (FULL RANGE FLAT RESPONSE) / 1x12 / 4x12
・ ILLUMINATION ON / OFF switch
■ Specs
・ BAFFLE: SLANTED
・ CABINET DESIGN: CONVENTIONAL GUITAR CABINET
・ CHANNELS: 1
・ CLASS: SOLID STATE
・ FREQUENCY RESPONSE: FULL RANGE FLAT RESPONSE 47HZ-20KHZ
・ INPUTS: 1 X XLR COMBI / JACK SOCKET
・ LINE OUT: LINK OUT
・ DI: XLR DI OUT-CABINET EMULATED
・ AUX: MINI JACK)
■ Size (HxWxD): About 43.0x57.8x35.8cm
■ Weight: about 13.0kg

関連商品

スタッフレビュー

現在のギター関連商材の中でも最も盛り上がっているともいえる、マルチエフェクター/アンプシミュレーターですが、ヘッドホンやレコーディングした音を聴くのが最高だとはわかっていても、やはりそういうものを取っ払って普通のギターアンプみたいに手軽に楽しみたいという気持ちはありませんか?私はギターを弾くときにヘッドホンを付けるとコードが気になりますし多少なりとも音圧感を得たいのでギター用のキャビネットから出力したいと思ってしまいます。自宅にミキサーや大きめのモニタースピーカーがあれば可能かもしれませんが、なかなかそのような環境を作るのも難しいのが現実ではないでしょうか。そこでこのLFR112の出番です!難しく考えずただギター用シールドで接続するだけ。各デバイスのサウンドクオリティを崩さずに楽しめるはずです。ライトアップされるのも気分が上がって楽しい気持ちになります。

営業部 / 山邊 祐輔営業部 / 山邊 祐輔

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews2
5
2件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2020/11/30

11111いい買い物をしました。

投稿者名Reviewed bytakyo3 【岐阜県】

当方ZOOMのG3xnを使用していますが、家でG3xnから小型のモニタースピーカーで音を出してやっていました。その音はとても気に入っていたのですが…最近ライブをやらせてもらうようになり、小型のモニタースピーカーを持ち出すではどうしようもないので、昔から持っていたmarshall MG30DFXのインプットへさしてライブをしました。この使い方だとキャビネットのマイクをoffにしても、キャビネット自体をオフしても、モニターの時と音が変わってしまいました。アンプのプリ部を通る分、その影響を受けてしまうので困ってました。ここで大きなパワードスピーカーを探していると、値段も手頃?でLFR-112を発見!これならアンプシュミュレーターの音を素直に出してくれる?と思い、サウンドハウスさんに質問すると丁寧に回答をくれました。思っていたより少し大きかった(奥行き)が、音は小型のモニタースピーカーを使用している時の音がより低音が出て迫力があり素晴らしいです。まだバンドで使用してませんが、家でボリュームを1/4くらいまで上げて使用してみましたが、家が壊れる?かと思うほどの迫力でした。アンプシュミュレーターを使用している方は、今はたくさんいると思います、その音をそのまま大音量で鳴らす場合には是非オススメします。JBLやヘッドラッシュの物も気になりましたが、見た目がギターアンプっぽく置いたときの見た目もこちらの方がカッコよくて良いと思います。上記の2つよりこちらの方が低音の幅が広いのもいいと思います。サウンドハウスさんでしか扱いがなかったので、在庫があるうちに買うことが出来てよかったです。ポイントもたくさんついてお得でした。

レビューIDReview ID:111656

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/01/20

11111ライブで使ってみました

投稿者名Reviewed byBoon 【福井県】

アンプシミュレータとスピーカーエミュレーター内蔵のマルチエフェクターがここまで一般的になっているのに、「じゃあライブではどうやったら音を出したらいいの?」と試行錯誤してる方は多いと思います。このスピーカーはそんな疑問に対する一つの解答かと。
見かけはいかにもギター用のスピーカーキャビネットですが、パワーアンプ内蔵で周波数特性はあくまでフラット。要するにパワードPAスピーカーやモニター用スピーカーと同じです。シミュレータ内蔵のエフェクターからミキサーに直ライン接続→PAスピーカーへという流れをギタリストの足元で行って、従来のギターアンプで音を出しているのと同じ感覚で弾けるという優れモノです。当然マルチエフェクターからの出力モードはライン出力を選択します。先日キャパ30人程度の小さめのライブハウスでGT1000からこのスピーカーに繫ぎましたが、想像以上にいい音でした。このスピーカー自体にはクセがないのでそれまでの音作り次第でどうにでも音は変わりそうです。
それにしても・・・安い
ライトが点灯するのがオシャレで◎ それと傾けるためのチルトスタンドが付いているのもうれしいです。

レビューIDReview ID:99829

参考になった人数:16人

16 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

Laney (レイニー)
LFR112

Item ID:248173

35,800 yen(excl. tax)

(39,380 yen incl. tax)

  • Free Shipping

393PtDetail

  • 393Pts

    通常ポイント

  • 393Pts

    Total

close

お取寄せBack Order

Qty

Add to Wishlist

Rating11111

Reviews:2

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE

Page Top