ここから本文です

サウンドマート

GHS / A240

GHS / A240

  • GHS / A240画像1
  • GHS / A240画像2
  • メーカーサイトManufacturer Site
■ Flat mandolin strings
■ Phosphor Bronze
■ Ultra Light
■ Gauge: .009 / .009, .013 / .013, .020 / .020, .032 / .032
■ Loop end

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating1110.50(3.5)
  • レビュー数Reviews2
この商品のレビューを書く

2018/04/11

1111好き嫌いが分かれそう

投稿者名Reviewed by( ´-`) 【東京都】

普通に販売されてるマンドリンの弦の中でおそらく一番細いんじゃないでしょうか。
音量は下がりますがとても押えやすいです。

低音弦はフォスファーの音色と相まってすっきりした鳴りで、和音を響かせるというよりは細かいメロディに使いたくなる感じ。
またハイポジションでも明瞭で立ち上がりのいい音がして、エレキギターのように全音域を縦横無尽に使いたくなる弦です。

きっと好きな人は好き、嫌いな人は嫌い。
楽器とも相性が分かれると思います。
ちなみにちゃんと密閉包装されてます。

レビューIDReview ID:81437

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/11/23

111古いクラシックマンドリンに使っています

投稿者名Reviewed by実はフィドル弾き 【東京都】

縁あって入手した1937年製のマンドリン、保存状態が悪くネックがやや上がり、弦高も高めでしたが、ネックリセットするほどの銘器でもないため、テンションの低い弦を張ることで改善することにしました。
いろいろ調べていたところ、海外の通販サイトのレビューで「トラスロッドの入っていないボウルバックマンドリンに使っています」とあったので、それならばと購入しました。
交換すると細い弦なので、自然と弦高も低めになり、弾きやすさ及びピッチの正確さがかなり改善されました。
以前のOptima赤と比べ、音色はやや違いますし、材質からも弦の寿命は短いでしょうが、これはこれで良い音がしますので、当分はこの弦を使います。
さて、この弦はOptima赤などと違い、ループエンド側に糸や布は巻いていません。そのためテイルピースで折り曲がる時にやや固さと張りにくさがあります。また弦と金属パーツがこすれることによる雑音もあり得るので、気になる人はフェルトなどをはさむと良いでしょう。

レビューIDReview ID:111404

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

GHS (ジーエイチエス)
A240

Item ID:219693

800 yen(excl. tax)

(880 yen incl. tax)

  • Free shipping on orders over 2,000 yen(inc. TAX)

8PtDetail

  • 8Pts

    通常ポイント

  • 8Pts

    Total

close

約2ヶ月Approx. 2 month

Qty

Add to Wishlist

Rating1110.50

Reviews:2

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE

Page Top