ここから本文です

さうんどはうしゅ

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / UAFX OX Stomp. Dynamic Speaker Emulator

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ )  / UAFX OX Stomp. Dynamic Speaker Emulator

  • UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ )  / UAFX OX Stomp. Dynamic Speaker Emulator画像1
  • UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ )  / UAFX OX Stomp. Dynamic Speaker Emulator画像2
  • UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ )  / UAFX OX Stomp. Dynamic Speaker Emulator画像3
  • UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ )  / UAFX OX Stomp. Dynamic Speaker Emulator画像4
3
  • メーカーサイトManufacturer Site
UAFX OX Stomp. Dynamic Speaker Emulatorは、OX Amp Top Boxからアクティブロードボックス部を省略し、スピーカーキャビネットを完璧にマイキングされたスタジオトーンとエフェクトを再現できるスピーカーエミュレーターです。
※22種類のスピーカーキャビネットをダイナミックにエミュレートし、スタジオでマイキングされたキャビネットサウンドと区別が付ないほどのトーンを提供するステレオ仕様のペダル。

〇UAFX OX Stomp.の製品概要
UAFX OX Stomp. Dynamic Speaker Emulator ペダルは、Universal Audioの画期的なダイナミックスピーカーモデリングにより、現在主流のIR(インパルスレスポンス)による一次元的なキャプチャーを遥かに超えたレスポンスを提供します。
スピーカーの状態、ドライブ、コーンの鳴きを入力される信号の強弱でダイナミックに再現。レコーディングスタジオで収録されたスピーカーキャビネットと区別がつかない倍音と複雑に構成されたサウンドをコンパクトなペダルで得られるようになりました。

22種類のスピーカーキャビネット、6種類のビンテージマイク、さらにスタジオクォリティのリバーブ、ディレイ、EQ、モジュレーション、そして1176コンプレッションエフェクトを搭載しています。それらの組み合わせをリグとして本体に6種類をメモリー。ペダルで簡単に呼び出すことができます。
さらにUAFX Controlアプリを利用することで、より詳細なエディットも可能で、自身のオリジナルプリセットを作成することもできます。
※プリセットの管理や機能のカスタマイズをするには、iOSまたはAndroid版のUAFX Controlアプリが必要です。
※本体のファームウェアのアップデートは、macOSまたはWindows用のUAConnectアプリが必要です。
※UAFX OX Stompはインストゥルメントおよびラインレベル専用に設計されており、スピーカーロードやパワーアッテネーターではありません。

〇UAFX OX Stomp.の主な特長と仕様
・ダイナミックスピーカーモデリングをコンパクトなストンプボックスに凝縮これまで登場してきたスピーカー、キャビネット、マイク、ルームのエミュレー
ションとは明らかに一線を画するダイナミックなモデリング技術を採用しています。これにより、IR方式のアンプシミュレーターやマルチエフェクト、キャプチャー式のプロファイラー、さらにはお気に入りのプリアンプ(ライン)出力をリアルなキャビネットの鳴りにしてくれます。

・スタジオでの定番ともいえるビンテージ、およびモダンなキャビネットとマイク
22種類のスピーカーキャビネットと6種類のビンテージマイクで、考えうるほぼすべてのトーンを再現します。コンデンサーマイク、ダイナミックマイク、そしてリボンマイクをキャビネットに配置。さらにダイナミックなルームモデリングによって、ルームマイクの再現も完璧にこなします。これによって実際にレコーディングスタジオの録音ブースで、ギターアンプを爆音で鳴らしてトラッキングしたサウンドを得られます。

・スタジオクォティーのエフェクト
キャビネットやマイクのモデリングだけでなく、スタジオクォティーのエフェクトも搭載しています。UA純正の1176コンプレッション、プレートリバーブ、コーラス、フランジ、3種類のディレイ、そしてハイおよびローカットフィルター付きの4バンドEQなどのUADプラグインから移植されたエフェクトを利用して、スタジオで仕上げたような素晴らしいギターサウンドを創り上げることができます。

・無償のモバイルアプリでフル機能を駆使しOX StompをカスタマイズUAFX Controlアプリを使用することにより、簡単にキャビネットやマイクを交換したり、エフェクトを微調整が可能。本体にリグプリセットを割り当てたり、フットスイッチの機能を設定してパフォーマンスを向上できます。ペダルボード上でプロスタジオ並みのトーンが実現することができるのです。

・搭載キャビネットリスト
*ここで使用されているすべての製品名はそれぞれの所有者の商標であり、Universal Audio Inc.またはOX Stomp Dynamic Speaker Emulator製品とは一切関係ありません。これらの商標は、Universal AudioがOX Stomp Dynamic SpeakerEmulatorのサウンドモデルを開発する際に、その音色やサウンドを研究したメーカーの製品を識別するためだけに使用されています。

- 1x10 Black Cha (Fender Super Champ w/ ビンテージFender 「Blue」)
- 1x12 Blue J ('55年製 Fender Tweed Deluxe w/ ビンテージJensen P12R)
- 1x12 GB25 ('55年製 Fender Tweed Deluxe w/ ビンテージ Celestion
「Greenback」)
- 1x12 Blu 15 ('55年製 Fender Tweed Deluxe w/ 復刻版 Celestion Alnico
「Blue」)
- 1x12 Black D-ux (60年代中期製 Fender Deluxe Reverb w/ ビンテージ
Oxford 12K5-6)
- 1x12 Black GB30 (Fender Princeton II w/ Celestion G12H)
- 2x10 V-ux (60年代後期製 Fender Vibrolux w/ stock ビンテージ Fender
「Blues」)
- 2x12 Two Verb (60年代後期 Fender Twin Reverb w/ ビンテージJensen C12Ns)
- 2x12 Black 8H (カスタム Altec cabinet w/ ビンテージ Altec 8H Series
IIs)
- 2x12 Ace Top (60年代中期製 Vox AC30 w/ ビンテージ Celestion 「SIlver
Bulldogs」)
- 2x12 Boutique D65 (Two-Rockエクステンションキャビネット w/ Celestion
G12-65s)
- 2x12 Alnico 50 (Fender クローズドバックエクステンションキャビネット w/
Eminence EJ1250s)
- 4x10 Bman ('59年製 Fender Bassman w/ 復刻版Jensen P10Rs)
- 4x12 GB25 Thick (60年代後期製 Marshall w/ ビンテージ Celestion 25ワット 「Greenbacks」)
- 4x12 GB25 Punch (60年代後期製 Marshall w/ ビンテージ Celestion 25ワット 「Greenbacks」)
- 4x12 Super 80 (80年代製 Marshall w/ Celestion 80ワット Classic Leads)
- 4x12 White 75 (80年代製 Marshall w/ Celestion 75ワット Creambacks)
- 1x12 JBG 125 (カスタムメイド「D」キャビネット w/ ビンテージ JBL G-125)
- 2x12 JBF 120 (60後期製 Fender Twin Reverb w/ ビンテージ JBL D-120Fs)
- 4x12 GB 30 (Marshall 「100」バーチキャブ w/ Celestion 30ワット 「Greenbacks」)
- 4x12 UK VEE 30 (Marshall 1960 TV キャビネット w/ Celestion Vintage 30s)
- 4x12 CA VEE 30 (Mesa/Boogie Recto ラージキャビネット w/ Celestion Vintage 30s)


・入力端子:1/4インチTSフォーン × 2(Input 2はステレオ接続用)
・出力端子:1/4インチTSフォーン × 2(Output 2はステレオ接続用)
・USB端子:Type-C(コンピューター経由によるアップデート用)
・電源:外部ACアダプター(アイソレートタイプ 9VDC/センターマイナス/400mA以上)
・外形寸法:6.5×9.2×14.1 cm(H×W×D)
・本体重量:588 g
※UAFX OX Stompはインストゥルメントおよびラインレベル専用に設計されており、スピーカーロードやパワーアッテネーターではありません。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(4.8)
  • レビュー数Reviews5
この商品のレビューを書く

2024/04/17

11111音は素晴らしい・・・が、やっぱり最高

投稿者名Reviewed byShin1 【大阪府】

 開封初日、本体のみでサウンドチェック。Good Sound!
現在、strymon Iridiumをフェンダーのクリーンに設定し、キャビをOFFにして本機につないでいます。Iridiumの前段にZEN DRIVEでひずみを作り12インチ1発の中で気に入ったキャビを選択。ロベンフォード気分でピッキングニュアンスを楽しんでいます。
 アプリとの接続にやっぱり手こずったので、私の場合の例を記しておきます。
まずUSB Cのケーブルで本体とPCを接続。メーカーサイトにアカウントを作成してログイン。
ファームアップデートしておきます。
アプリの方はタブレットorスマホ(私はIphone)にアプリをインストール。
アプリを立ち上げ、UAFX OX Stompのアイコンをタップ、私の場合はこれだけでは何度タップしてもアプリが落ちました。Iphoneを再起動して再度アプリにログインしてやっと使えるようになりました。
  とにかく、音はリアルで、立体的な厚みがあって22種類のキャビやマイク等試した感じはどれも飽きずに使える感じがしました。
あとは、後々ファームのアップデートでrigが追加できれば最高だと思います。

レビューIDReview ID:148183

参考になった0

2024/01/30

11111UAの非IRによるキャビシミュがエグい

投稿者名Reviewed bybuttercup 【千葉県】

AXE-FXⅢにケーブルを4本使ってステレオで接続してキャビネットブロックの代わりにこれを使っています。
UA独自の「ダイナミック・スピーカー・モデリング」は弾き心地も違って感じるレベルでインパルスレスポンスとは別の気持ち良さがあります。
 
アンプシミュをお使いで音に飽きを感じてる方にお勧めします。特に「インパルスレスポンスって限界あるよな」って思ってる方に。
あとこれ、楽器的弾き心地の良さがあるKEMPERとの組み合わせは相性が最高だと思います(KEMPERを売却する前にOX Stompを繋いで試してみたかった…)
 
で、最近の機材の仕様としてOX StompもBluetooth接続でスマホorタブレットで細かい設定をイジることになります。
UAFX Controlというアプリを使うのですが、これの出来があまりよろしくない感じで…。
アプリの評価がGoogle Playで星1.1、App Storeで星1.4
Universal AudioのOX Stompの紹介ページでも製品の評価が星2.7で「アプリがまともに動かねぇ」のレビューで埋め尽くされてます。
 
現在私が接続できている方法を書いておきます(AndroidのスマホSONY SO-41B使用)
・本体ファームウェアは最新にしておく
・スマホ本体の設定でBluetoothをON
・位置情報もON(これをしないと絶対に繋がらない)
・OX Stomp本体背面のPAIRボタンを押してLEDを点灯させる
・UAFX Controlを起動
・アプリの「OX Stomp」ボタンをタップして設定画面に入る
という感じです。
 
最後に余談ですがUAFXペダルのシリーズ、もうオールインワンでフロアー型でも出して欲しいですね。

レビューIDReview ID:146661

参考になった5

2023/10/26

11111これは買うべし!革命が起きます

投稿者名Reviewed byデカ太郎 【東京都】

kemper のセンドリターンで使ってみた感想ですけどこれは絶対買った方が良いと思う
ブースターとかIRとかそういうもので音圧とか音の艶を出そうと苦労してる人はこれを買えばもう解決すると思います
正直OX stompを使用する前まではどうせIRと大差ないか毛生えた程度だろう‥と期待して無かったけど届いて繋いでコード一発鳴らした瞬間その思いは吹っ飛びましたw
次元が違います
リアルで鳴らした時の様な空気感の再現がもの凄いです
kemperに限らず他の機種でも同じ事になると思います
それと注意というか自分が苦戦したのがBluetoothでのペアリングの事ですけど最初いくらやってもペアリングするけれど設定画面が出て来ず設定が出来なくて困ってたんですけどスマホ(iPhone・iPad)のOSは最新にアップデートしてないとダメみたいなので気をつけて下さい

レビューIDReview ID:144193

参考になった6

2024/01/26

11111音は良いのに超惜しい

投稿者名Reviewed byウェロコックス 【新潟県】

・音は最高
スピーカー出しはもちろん、ルームマイクのシミュレートの恩恵か私が知る限りヘッドホン出しの音はこの手のキャビシミュの中では恐らく現状最強です。
ただメタルくらいのハイゲインだと好みが分かれるかもしれません。
メタルに限っては従来のIRの良い意味でのドライさが好まれそうな気がします。

・プリセットも最高
恐らくOX Amp Top Box(以下OX)と共通の物で、
様々なアーティストの曲名等を捩った名前のプリセットが多数ありますがどれも素晴らしいです。
EJを狙ったと思われるのはわざわざクリーンとドライブ2つありますし、
Randys Trainは4発キャビじゃないのが惜しいですがちゃんとALTECのスピーカー搭載のキャビモデルです。
プリセットリスト的なのは公開されておらず各キャビモデルの解説も製品ページの画像だけなのは不親切な気がしますが…

・スマホorタブレットがないと真価を発揮できない
他のUAFXペダルもそんな節がありますが、特に本機の設定項目はアプリ依存な所が多いです。
ちなみにペダルの拡張設定にはiOS/android専用のUAFX Controlが必要なので、
泥エミュでもないと基本的にPCでは設定は弄れません。OXはPCでも弄れたのに…

・エフェクトは高品質だが現状パラメーターを数値で確認できない
なんとディレイタイムもです。私的最大のガッカリポイントでした。
リバーブそのものは悪くないですがルームマイクの存在もあるためか、
ゲイン量次第では音が膨らみすぎる感があるのでルームマイクとどちらかは抑えるor切ってもいいかもしれません。
実際ハイゲイン用を狙ってると思われるプリセットでは潔くリバーブ切ってありますね

・ヘッドホン端子はなく、MIDIも対応してない
本機に限らずUAFXペダルの欠点として海外フォーラムで「この価格でMIDI非対応かよ!?」と言われてるのをよく見ますね…

総評:音は最高ですしスピーカーアウトの信号しか扱えずクソデカなOXとも棲み分けはできてるとは思いますが…うーん
レビュー評価は5点満点中★5じゃなくて、★5を超えられるポテンシャルはあるはずなのに★5に留まってるという意味です。

レビューIDReview ID:144023

参考になった11

2024/04/22

1111待っていた機能

投稿者名Reviewed by趣味の人 【京都府】


今までsuhr、two notesといった有名どころのロードボックス、日本のプロセミプロが作ったIRなどを実機、Axe、Kemperと組み合わせて試してきましたが
キャビシミュはもうこれ一つで事足りるレベルだと思います。
パワーアンプとかも繋がなくて良い。
デジタル一本で纏める、実にシンプル。
操作アプリは問題だらけだ。接続されないしなかなか読み込まないからまだまだ改善の余地があります。電源リセットしてBluetoothも繋ぎ直す必要がある。

レビューIDReview ID:148913

参考になった1

    • この商品のレビューを書くWrite a Review

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ )
UAFX OX Stomp. Dynamic Speaker Emulator

商品ID:337109

¥53,240(税込)

  • 値下げしました
  • 送料無料

1,596ポイント(3%)内訳

  • 532Pt

    通常ポイント

  • 1,064Pt

    ポイント3倍キャンペーン

  • 1,596Pt

    合計

閉じる

約1ヶ月半約1ヶ月半

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

同等品のオススメはこちら!

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram TikTok