ここから本文です

サウンドマート

TWO NOTES ( トゥーノーツ ) / Torpedo C.A.B. M+ スピーカー・シミュレーター

TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo C.A.B. M+ スピーカー・シミュレーター

  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo C.A.B. M+ スピーカー・シミュレーター画像1
  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo C.A.B. M+ スピーカー・シミュレーター画像2
  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo C.A.B. M+ スピーカー・シミュレーター画像3
  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo C.A.B. M+ スピーカー・シミュレーター画像4
  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo C.A.B. M+ スピーカー・シミュレーター画像5
  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo C.A.B. M+ スピーカー・シミュレーター画像6
9
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
Two notesから待望のペダルタイプ・スピーカー・シミュレーター登場!
■ペダルサイズのスピーカー・シミュレーター
Torpedo C.A.B. M は、片手に載るほど小型なペダルサイズのスピーカー・シミュレーターです。小さなサイズにギターとベース用合わせて 32 種類のバーチャル・キャビネットを搭載しています。

■シミュレーション
シミュレートは、キャビネット(32 種)|マイク(8 種)を搭載。
更にパワーアンプ(8 種)のシミュレートもできます。マイクは同時に 2 本使え、位置を細かく設定可能です。より多くのキャビネットが必要な場合はパソコン経由でご購入いただけます。

■エフェクト
EQ とリバーブを設定できます。

■シミュレートのエディット
スピーカー・シミュレートのエディット方法は 2 通り、簡単な〈アーケード・モード〉、詳細な〈シミュレーション・モード〉です。
どちらのモードも、有機 EL ディスプレイを見ながら、グラフィカルで分かりやすく操作できます。

■IR を使用
内蔵のバーチャル・キャビネットとマイクを使わずに、サードパーティの IRを読み込んで使えます。IRは 2つ同時に使用できます。

■アンプヘッドを接続
本機はアンプヘッドのスピーカー出力からでも繋ぐことができます。但しこの場合は本機の Speaker out 端子に必ずスピーカー・キャビネット or ロードボックスを繋ぐ必要があります。

■プリアンプを接続
ギタープリアンプやディストーション・ペダルから繋ぐことができます。本機のパワー・アンプ・シミュレートを使うことで、真空管アンプの様なサウンドにできます。

■パソコンやモバイルから操作
Torpedo Remote という専用アプリをパソコンやモバイル機器にインストールして繋ぐことで、より大きな画面でグラフィカルに Torpedo C.A.B. M を操作できます。パソコンはUSB で、モバイル機器は Bluetoothで繋ぎます。

■スペック
・電源:12V DC 専用電源アダプター付属
・寸法:100W × 121D× 60H mm
・重量:450 g

■旧モデルとの違い
本機は Torpedo C.A.B.(生産終了)の後継機種です。主な違いは以下の通りです。
・小型軽量化しました(750 g → 450 g)。
・スピーカー出力を接続可能になりました(注:ロードボックス機能は無し)。
・リバーブを搭載しました。
・MIDI は非対応になりました。


※画像はイメージです。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating10000(1.0)
  • レビュー数Reviews1
5
0件
4
0件
3
0件
2
0件
1
1件
この商品のレビューを書く

2021/06/25

1プリセットチャンネルごとに大きさの異なるノイズが乗る

投稿者名Reviewed byGreg Lupin 【兵庫県】

無信号でも、デフォルトのプリセットチャンネルと変えると、ノイズが乗る。プリセットによってはほぼ無音だが、これは酷いというノイズが乗るチャンネルもあるし、少しだけ乗るチャンネルもある。ノイズの質はどれも似ている。Soundhouse経由で代理店でみてもらったが、これで正常とのこと。設定を変えれば減らせる可能性があるが、これでは、使い物にはならない。ユーザー設定では、全て無設定だそうだが、非常にトロイ音で、魅力がない。デフォルトの設定では、入力信号の大きさに敏感で、アタックが強調されて割れた音になるプリセットが多い。クリーンチャンネルが良いと聞いていたが、初期値では使えない。要するに、設定を自分で決めないと使えないと考えてよい。

レビューIDReview ID:119402

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

TWO NOTES ( トゥーノーツ )
Torpedo C.A.B. M+ スピーカー・シミュレーター

商品ID:283422

¥36,850(税込)

  • 送料無料

3,316ポイント(9%)内訳

  • 3,316Pt

    ポイント10倍キャンペーン

  • 3,316Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram