ここから本文です

TWO NOTES ( トゥーノーツ ) / Torpedo C.A.B. M

TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo C.A.B. M

  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo C.A.B. M画像1
  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo C.A.B. M画像2
  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo C.A.B. M画像3
  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo C.A.B. M画像4
  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo C.A.B. M画像5
  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo C.A.B. M画像6
  • メーカーサイト
Two notesから待望のペダルタイプ・スピーカー・シミュレーター登場!
■ペダルサイズのスピーカー・シミュレーター
Torpedo C.A.B. M は、片手に載るほど小型なペダルサイズのスピーカー・シミュレーターです。小さなサイズにギターとベース用合わせて 32 種類のバーチャル・キャビネットを搭載しています。

■シミュレーション
シミュレートは、キャビネット(32 種)|マイク(8 種)を搭載。
更にパワーアンプ(8 種)のシミュレートもできます。マイクは同時に 2 本使え、位置を細かく設定可能です。より多くのキャビネットが必要な場合はパソコン経由でご購入いただけます。

■エフェクト
EQ とリバーブを設定できます。

■シミュレートのエディット
スピーカー・シミュレートのエディット方法は 2 通り、簡単な〈アーケード・モード〉、詳細な〈シミュレーション・モード〉です。
どちらのモードも、有機 EL ディスプレイを見ながら、グラフィカルで分かりやすく操作できます。

■IR を使用
内蔵のバーチャル・キャビネットとマイクを使わずに、サードパーティの IRを読み込んで使えます。IRは 2つ同時に使用できます。

■アンプヘッドを接続
本機はアンプヘッドのスピーカー出力からでも繋ぐことができます。但しこの場合は本機の Speaker out 端子に必ずスピーカー・キャビネット or ロードボックスを繋ぐ必要があります。

■プリアンプを接続
ギタープリアンプやディストーション・ペダルから繋ぐことができます。本機のパワー・アンプ・シミュレートを使うことで、真空管アンプの様なサウンドにできます。

■パソコンやモバイルから操作
Torpedo Remote という専用アプリをパソコンやモバイル機器にインストールして繋ぐことで、より大きな画面でグラフィカルに Torpedo C.A.B. M を操作できます。パソコンはUSB で、モバイル機器は Bluetoothで繋ぎます。

■スペック
・電源:12V DC 専用電源アダプター付属
・寸法:100W × 121D× 60H mm
・重量:450 g

■旧モデルとの違い
本機は Torpedo C.A.B.(生産終了)の後継機種です。主な違いは以下の通りです。
・小型軽量化しました(750 g → 450 g)。
・スピーカー出力を接続可能になりました(注:ロードボックス機能は無し)。
・リバーブを搭載しました。
・MIDI は非対応になりました。

関連商品

レビューを投稿する

  • この商品のレビューを書く

TWO NOTES (トゥーノーツ)
Torpedo C.A.B. M

商品ID:263934

¥40,000(税抜)

(¥44,000 税込)

  • 送料無料

440ポイント内訳

  • 440Pt

    通常ポイント

  • 440Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top