ここから本文です

サウンドマート

HOME

JBL ( ジェービーエル ) / 1 Series 104-BTW デスクトップモニタースピーカー 3年保証

  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
JBL One Series 104-BTは、デスクトップに最適なモニタースピーカーです。60WクラスDアンプを搭載し、4.5インチ・ウーハーと0.75インチ・ツイーターからなる同軸スピーカーにより、クリアでパワフルなサウンドを提供します。普段使いのリスニングから本格的な音楽制作にもお薦めです!! 安心の3年保証

こちらの
商品も
オススメ!

■スピーカー:コンパクト・パワード・デスクトップ・リファレンス・モニター
■Bluetooth対応
■タイプ:2way
■周波数特性:88 Hz - 20 kHz(-3dB)、60 Hz - 20 kHz(-10dB)
■アンプ出力:60 W (30 W each speaker), Class D
■ウーハー:4.5インチ (118 mm)
■ドライバー:0.75インチ (19 mm), soft dome
■最大出力音圧レベル:102 dB (pink noise, 12 dB crest factor)
■入力端子:1/8" Aux, RCA, 1/4" TRS balanced
※CLASSIC PROのようなハウジングがケーブル側に向かって広がっていくRCAコネクターは接続できません。
■出力端子:1/8" stereo headphone with auto speaker mute
■周波数レンジ(-10dB):60Hz~20kHz
■クロスオーバー:1,725Hz
■最大SPL:104dB
■LFドライバー:4.5インチ(118mm)
■HFドライバー:0.75インチ(19mm)
■カバレージ:水平120°、垂直60°
■入力:AUX(3.5mmステレオミニ)、RCAx2、TRSフォン・バランスx2
■Bluetooth:version 5.0
■対応プロファイル:A2DP、AVRCP
■対応コーデック:SBC、AAC
■ピーク入力レベル:+6dBV/+20.3dBu
■感度:88 dB SPL @ 1 m with -10 dBV Aux In (Volume= Max)
■SN:75 dBA (A-Weighted), 70 dBr (unweighted),relative to 2.83 VRMS output on HF
■入力電源:100 - 240 VAC (± 10%), 50 / 60 Hz
■消費電力:85W
■エンクロージャー:ポート
■エンクロージャー素材:ABS樹脂、メタルグリル
■エンクロージャー仕上げ:マットホワイト(アクリルペイント)
■寸法:W153 x H247 x D124 mm
■重量:マスター:2.06kg、スレーブ:1.73kg
■付属品:2mスピーカーケーブル(MASTER→SLAVE)、3.5mm→RCAケーブル(約1.4m)、電源ケーブル、クイックセットアップガイド

Bluetoothを搭載したJBLの最新モデル104-BT。コンパクトリファレンスモニターは1シリーズの最新モデルです。JBLの70年に及ぶ専門技術を集約した再現性の高いサウンドは、スタジオミュージシャン、プロデューサー、ポッドキャスト、ブロガーの他、Bluetoothによる再現性の高いポータブルリファレンスを求めているプロのサウンドエンジニアにも最適です。パワフルな同軸4.5インチ(118mm)LFドライバーと0.75インチ(19mm)ソフトドームHFドライバーから構成され、効率の高い60Wアンプにより、鮮明なイメージと明瞭さを持つ再現性の高いサウンドを提供します。Bluetoothを使用してミックスをチェックしたり、細部にわたり曲を確認することもできます。104-BT(黒)と104-BTW(白)の2色のモデルがあり、洗練されたコンパクトなデザインです。有線、無線を問わず高品質のスタジオモニターを求めるクリエーターや音楽ファンに再現性と信頼性の高いサウンドリファレンスと十分に楽しめるリスニング環境を提供します。

<主な特長>
■4.5インチ(118mm)同軸LFドライバー、0.75インチ(19mm)ソフトドームHFドライバーによる完全なフルレンジスピーカー
■Bluetooth5.0ストリーミングによるリファレンス・ミックスが可能
■60WクラスDパワーアンプ搭載(LF、HFそれぞれに30W供給)
■デスクトップ向けにサウンドを最適化
■低域を強調するバスレフ付きABS樹脂モールドキャビネット
■業務用機器、家庭用オーディオ・プレイヤー、民生用機器などを接続できる入力端子を3セット用意
■マスターモニター側に機能を集約
■フロントパネルのボタンにより入力機器を選択
■フロントパネルにボリュームつまみ、スピーカーミュート付きヘッドホン出力端子を搭載

■確かな再現性
ミックスの品質はサウンドの再現性の高さにより決まります。JBL104-BTは、クリアかつ明瞭なサウンドの再生が可能。ワイドなスイートスポットを持ち、ミックスに理想的な環境を提供します。

■プロ仕様の性能
世界のトップレコーディング・スタジオやアーティストは、忠実な再現性と性能を誇るJBLプロフェッショナルモニターに強い信頼感を寄せています。1シリーズでは、そのJBLの技術を最も小さいボディに最適化しました。104-BTリファレンスモニターでは、HFドライバーとウーファーコーンから構成されるコアキシャル・ドライバーにより正確なレスポンス、卓越した明瞭さ、広いスイートスポットを実現しています。

■Bluetoothストリーミングの優位性
104-BTは便利なBluetooth入力にも対応。リリース後、音楽ファンが聴くのと同じ一般的なリスニング環境のサウンドを、エンジニアがあらかじめチェックするのにも便利です。

■パワーとパンチ
60WクラスDパワーアンプが搭載され、各スピーカーに30Wずつ供給されています。

■効率的な作業環境
入力(Bluetooth、AUX、RCA、TRS、全入力)をフロントパネルから選択。ボリュームつまみもフロントパネルにあり、スイートスポットにいながら、レベル調整が可能です。ヘッドホン出力端子にヘッドホンを繋ぐとスピーカーは自動的にミュートされます。バランス・フォン端子x2、RCA端子x2、3.5mmステレオミニ端子x1など幅広い方法により接続することができます。

<Bluetoothペアリング方法>
1. INPUT SELECTボタンを押してBluetoothに合わせます。するとBluetoothマークの上にある青いLEDが点滅します。
2. INPUT SELECTボタンを長押しすると、青いLEDの点滅が早くなります。
3. スマートフォン、タブレットに表示されるデバイスの中から「JBL 104-BT」を選択して完了です。青いLEDは点滅から点灯に変わります。

<スリープモードの解除/再設定方法>
■無効にする
1. 電源をスイッチをOFFにしてください。
2. ヘッドホン出力端子にヘッドホンを接続してください。
3. VOLUMUEツマミは最小にしてください。
4. 電源をONにしたら、15秒以内に下記を行ってください。
 1. ヘッドホンを抜いてください。
 2. ヘッドホンを接続してください。
 3. ヘッドホンを抜いてください。
 4. ヘッドホンを接続してください。
5. 正しく完了した場合、VOLUMEツマミのインジケーターが5回点滅します。

■有効にする
1. 電源をスイッチをOFFにしてください。
2. ヘッドホン出力端子にヘッドホンを接続しないでください。
3. VOLUMUEツマミは最小にしてください。
4. 電源をONにしたら、15秒以内に下記を行ってください。
 1. ヘッドホンを接続してください。
 2. ヘッドホンを抜いてください。
 3. ヘッドホンを接続してください。
 4. ヘッドホンを抜いてください。
5. 正しく完了した場合、VOLUMEツマミのインジケーターがゆっくり2回点滅します。

<スリープモードについて>
信号が小さい状態が約19分間続くとスリープモードがONになり、音が止まります。ある程度、大きな音量が入力されると解除されます。

■良くあるご質問
Q. 電源ON時の起動音は無効にすることができますか?
A. 無効にすることはできない仕様となります。また、ヘッドホンを接続した状態で電源をONにした場合、ヘッドホンから起動音が鳴ります。








海外ブログ

JBL 104-BTオーディオモニター利用ガイド

JBL 104-BTはパワフルなオーディオ性能をパッケージング。レコーディング・ミュージシャン、プロデューサー、ポッドキャスター、ゲーマー、ブロガーに最適なモニタースピーカーです。ボディカラーは白と黒が用意され、その外観とサウンドはどのスタジオにもフィットし、作業スペースを効率良く使えるコンパクトな設計です。

104-BTは、JBLの70年以上に及ぶ革新的な製品開発の経験に基づき設計され、コンパクトで柔軟性が高い、豊富な機能を持ち、音楽制作者や音楽ファンのために提供されるモニタースピーカーです。特にデスクトップ用に最適化され、60Wパワーアンプとスムーズな周波数特性により、広いリスニング空間へパンチの効いたサウンドを届けます。

コンピューター、ターンテーブル、オーディオインターフェースなど、多くの機材と接続するように設計され、RCAピン、3.5mmステレオミニ、標準フォン入力端子を搭載、さらにBluetoothV5.0ストリーミング再生も可能です。

Bluetoothを使用して、クリエーターやポッドキャスターは、Bluetoothによる再生環境化でも望み通りに再生できているかを確認することができます。Bluetoothストリーミングと民生用RCA入力によりホームシアターなどのモニターとしても使用できます。

いずれの入力も、マスタースピーカーのフロントパネルにあるスイッチから選択することができます。また、「All」オプションを選択して、全ての入力ソースをミックスして再生することもできます。

104-BTは、低域ウーファーの中心に高域ドライバーを配置した同軸スピーカーを採用しています。これにより、一般的なスピーカーより正確なまとまりのあるサウンドを実現しています。同軸スピーカーは4.5インチ(118mm)低域ドライバーと0.75インチ(19mm)ソフトドームツイーターから構成されています。

カプセル型エンクロージャーデザインにより、角のない流線型を取り入れていて、音響性能を最大化することができました。

この丸みを帯びた設計により、部屋で起こる反響が、出力された音へ干渉したり、ステレオイメージが崩れたりすることを防ぐことができます。エンクロージャーはリアポートを装備しており、全ての音量レベルでパワフルな低音を引き出します。

104-BTはJBLのマスタースレーブ・システムを採用していて、マスタースピーカーにはパワーアンプ、スピーカーコントロール、入力端子を装備、スレーブスピーカーと接続してシステムを構成します。電源ケーブルはマスター側だけに接続、配線ケーブルを最小限にしています。

今回の新製品104-BTに、JBLの持つ再現性と性能を凝縮しています。すなわち、高性能のスタジオモニターを小型パッケージに収め、有線、無線どちらでも使える、スタジオモニターに柔軟性を求めるプロの音楽制作者や音楽ファンのためのスピーカーです。

スタッフレビュー

1 series 104にBluetooth音楽再生機能が追加されたモデルで、音質はJBLの折り紙付き!!同軸スピーカーならではの高域と低域が同じところから聞こえてくるという自然な聞こえ方が自分にはとても合っていると思いました。低音もしっかりと鳴っているのは、ズシリと重みのあるボディとバスレフポートのオカゲだと思います。入力端子(フォン、RCA、ステレオミニ)は特に変更はありませんが、入力切替ボタンが追加され、スマホ、テレビ、オーディオインターフェースを簡単に切替でき、とても便利です。見た目の形状から倒れやすいのではと思うかたもいるかもしれませんがご安心ください。そこそこの重量があり、底面はラバー製のため想像以上に安定します。スマホ、PC、テレビにはスピーカーが内蔵されてはいますが音質は正直良いとは言えません。そのような普段聴いている音をもっと高音質で楽しみたいという方に強くお薦めしたいモニタースピーカーです。

営業部 / 河西 政佳営業部 / 河西 政佳

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(4.9)
  • レビュー数Reviews7
この商品のレビューを書く

2022/12/08

11111まともなスピーカーケーブルと買え!

投稿者名Reviewed byみくる 【京都府】

 ZOOM U-44→CANARE SPC01→本器という環境です。TRS端子はゲインが低いようですが最大でもつまみは1時にしかしていません。
 箱だし一発目では定位が悪く音像がぼやけた音になってしまいます。原因は左右差でそれぞれを聴き比べると明らかに左側だけ音が抜けてないことに気付きます。スピーカーケーブルを変えると化けるという話でしたのでそうしてみると..見違えました。。うっとり聞きほれてしまいます。定位も解像度も改善され心なしか音圧も上がったように感じます。
 使用したケーブルはCANARE 4S6Gです。先端をはんだ処理しています。代理店が販売しているJBL認証付きの推奨ケーブルがあまりにぼったくりであったため、同じOFCケーブルならいいかということで切り売り160円/mのケーブルにしましたが、必要十分でした。ただしこれ以上太いケーブルだと差込口にうまく入らない可能性があると思います。
 ご検討の際はぜひ交換ケーブルを共に入手されることをお勧めいたします。
追記)
 少しブーミーだと感じるためインシュレーターを設置したいが、本体の形状上、それは難しい。そこで割りばしを使って接地点が「・|」こんな形になるようにしてみた。多少改善した..気がする。

レビューIDReview ID:135487

参考になった2

2022/08/23

11111全然良かったですw

投稿者名Reviewed byLightning Maq 【北海道】

JBLのスピーカーの中でも一番安いモデルなので、そんなに期待はしていなかったんですが、Mac Book Proからの出力とは明らかに違いました。何が違うって、やはり定位が凄く明瞭になりました。当たり前なんですが、真ん中は本当に真ん中で音が出ています。そして、音源ごとの音質の違いがわかるようになりました。録音状態がわかると言いますか、単純に良い悪いって認識なんですけど、イヤホンとかで聞いて問題ないと思っていたんですけどモニタースピーカーで聞くと改めて違いに気づくことができました。またこのモデルの良いところは、INPUT SELECTにALLと言うのがあり、TRSでもBluetoothでもすぐに変更できる点です。ラップトップPCを使っていると、オーディオインターフェースにずっと繋いでいるわけでもないので、直ぐにBluetoothで接続できるのもかなり便利です(単なる音楽再生など)。
ホワイトボディなのでデスクに置いていても圧迫感がなくて、これまた良い点でした。
他のレビューでコメントされている起動音ですが、私は特に気にならない大きさでした。
お住まいの環境で印象が違うのかもしれません。これはいい!

レビューIDReview ID:132528

参考になった2

2022/05/07

11111音位も輪郭も音圧スピードも全て良し!

投稿者名Reviewed byいなくま 【埼玉県】

注文してすぐにきました。GW中にミックスしていたら、約6年使用したMACKIE CR4BTが突然「ブチブチ」と音がなり飛びました。特殊なT1A250Vというヒューズが手に入らずにホームセンターの安い1A 250Vのヒューズではうんともスンとなく…修理依頼もGW中にも関わらず((有)モスシステムさん)すぐにご対応頂きましたが、アンプ交換のみでも¥12,000+送料…見積りミニマム¥3,000とのことでこのJBLを即決。
BLUETOOTHの設定が商品説明ページあるのを知らずに、開梱して同梱の中英西独韓マニュアルを見たが分からず…SOUNDHOUSEさんにメールし、電話してすぐに↓↓↓↓のご指示を受け…無事設定完了。
<Bluetoothペアリング方法>
1. INPUT SELECTボタンを押してBluetoothに合わせます。するとBluetoothマークの上にある青いLEDが点滅します。
2. INPUT SELECTボタンを長押しすると、青いLEDの点滅が早くなります。
3. スマートフォン、タブレットに表示されるデバイスの中から「JBL 104-BT」を選択して完了です。青いLEDは点滅から点灯に変わります。
一昨日まで聞こえていたMACKIEの音圧のスピード感よりもどっしりずっしりベースやキック音が鳴ります。音位も輪郭も優れていて…32インチモニター枠と同色の白を買いました。背景の青空と雲の壁紙ともびったりです。
コストパフォーマンスが高いというより、このサイズ感とデザインでは他にないのでは?通常の四角いヤマハやMACKIEだと、どうしてもスピーカーの上に何か置きたくなってしまう悪い癖も解消しましたし…
修理しようかと思っていたMACKIEは、何とか直して再利用してもらえるように廃品回収さんに上げちゃいます。

レビューIDReview ID:129532

参考になった3

2020/11/10

11111満足してます

投稿者名Reviewed by熊だべさ 【北海道】

あまり難しい話は分からないのですが、非常に満足しています。
音は皆さん書かれている通りフラット、同軸故の定位の良さも確かに感じます。
普通に音楽のリスニングにも使っていますが、心地よく音楽を楽しめます。
大きさと重さもとても良い。色も本当にいい白です。この辺りも心地よく音楽を楽しめる大きなポイント。
起動時のボコ音、確かにここまで起動をアピールしなくてもいいんじゃないかと思いますが、愛嬌です。スリーブモードを備えているので、滅多に聞く機会もありませんが。

レビューIDReview ID:110954

参考になった3

2020/10/29

11111モニターに最適

投稿者名Reviewed byぷりんこ 【秋田県】

Mac mini → SteinbergのUR22mk2からバランス接続。もちろんハイエンド機には及びませんが、ある程度音量を上げるとバランスの良いとても正直な音が出ます。正直すぎてメジャーどころの音源を色々聴き比べると、ミックスやマスタリングの雑さが丸わかりだったりします。趣味のDTMには何の問題もなし。Hi-Fiドンシャリキラキラな音が出るリスニング用のスピーカーではないのでご注意を。同軸のおかげなのか2wayよりもスイートスポットが広く感じます。他サイトでホワイトノイズが気になると言われておりますが、自分のは全く感じられませんでした。接続法で違うのかも。起動音は毎回びっくりします笑。amazon HDのハイレゾ音源も綺麗に鳴ります。お値段以上のスピーカーです。

レビューIDReview ID:110538

参考になった11

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

JBL ( ジェービーエル )
1 Series 104-BTW デスクトップモニタースピーカー 3年保証

商品ID:270250

通常価格:¥25,800(税込)

¥17,400(税込)

  • 送料無料

870ポイント(5%)内訳

  • 174Pt

    通常ポイント

  • 696Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 870Pt

    合計

閉じる

限定特価

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram