ここから本文です

サウンドマート

BOSS ( ボス ) / GT-1 マルチエフェクター

BOSS ( ボス )  / GT-1 マルチエフェクター

  • BOSS ( ボス )  / GT-1 マルチエフェクター画像1
  • BOSS ( ボス )  / GT-1 マルチエフェクター画像2
  • BOSS ( ボス )  / GT-1 マルチエフェクター画像3
7
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
GTシリーズのハイコストパフォーマンスモデル。シンプル、コンパクトな外観からは想像もできない、迫力あるサウンドを生み出します。
■ギター用マルチエフェクター
・BOSSフラッグシップ・レベルのサウンド・クオリティを軽くてコンパクトなボディに凝縮。
・ソフト・ギター・ケースでの運搬時にもケースや楽器を傷つけにくい、安心のエッジレス設計。
・アルカリ単三電池4本で約7時間駆動可能で、ストリートでも活躍。
・BOSS TONE CENTRALから即戦力のプロ音色をダウンロード。
・音楽ジャンル等からパッチの音色を検索できるEASY SELECT、直感的に音色を調整できるEASY EDIT。
・外部コントロールやアサイン機能、USB接続等の拡張性も充実。

主な仕様
サンプリング周波数: 44.1 kHz
AD変換: 24ビット+AF方式
※AF方式(Adaptive Focus method)はADコンバーターのSN比を飛躍的に向上させるローランド/ボス独自の方式です。
DA変換: 24ビット
エフェクト: 108種類
メモリー: 99(ユーザー)+99(プリセット)
フレーズ・ループ: 32秒
規定入力レベル: INPUT:-10dBu、AUX IN:-20dBu
最大入力レベル: INPUT:+7dBu、AUX IN:0dBu
入力インピーダンス: INPUT:1MΩ、AUX IN:27kΩ
規定出力レベル: OUTPUT(L/MONO、R):-10dBu、PHONES:-10dBu
出力インピーダンス: OUTPUT(L/MONO、R):1kΩ、PHONES:44Ω
推奨負荷インピーダンス: OUTPUT(L/MONO、R):10kΩ以上、PHONES:44Ω以上
接続端子: INPUT端子、OUTPUT(L/MONO、R)端子:標準タイプ
CTL2, 3/EXP2端子:TRS標準タイプ
AUX IN端子:ステレオ・ミニ・タイプ
USB COMPUTER端子:USBタイプB
DC IN端子

電源: アルカリ電池(単3形)×4、ACアダプター(PSA-100推奨)消費電流200 mA連続使用時の電池の寿命アルカリ電池:約7時間
※使用状態によって異なります。

付属品: 
取扱説明書
「安全上のご注意」チラシ
アルカリ電池(単3形)×4
保証書
ローランド ユーザー登録カード

アクセサリー(別売):
ACアダプター:PSA-100
※一般的な9VDCセンターマイナスのアダプターでも動作しない場合がございます。純正アダプターの使用を推奨致します。
フットスイッチ:FS-5U、FS-6、FS-7
エクスプレッション・ペダル:FV-500L、FV-500H、Roland EV-5

■サイズ(W x H x D):305x152x56mm
■重量:1.3kg

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.4)
  • レビュー数Reviews55
この商品のレビューを書く

2024/04/13

11111妥協点

投稿者名Reviewed byしろくまじろー 【東京都】

4〜5年くらい使ってます。
電車移動が必要な時などに超強いです。
ギターケースに電池を突っ込んだコレとシールド2本あれば、どのスタジオでもライブでもある程度自分の音が出せます。
GT-100相当とは、まぁ言い過ぎかなと思いますすが…音もそこそこ良くて、人気機種なのでセッティングのヒントがたくさん拾えるのはありがたいところ。
難点をあげるとすれば
・パッチ切替がUP/DOWN操作のみなので、並びとCTLにアサインする機能を厳選しないといけない
・音色をたくさん使う曲には不向き
・セッションおじさんに嫌な顔される
などがあげられます。
はじめての1台にもおすすめ。
工夫次第で長く使えるし、将来的にボードを組む時の参考にもなります。
リハでスイッチャーが壊れて、たまたま車に積みっぱなしになってたコレに救われたのは良い思い出です。

レビューIDReview ID:148652

参考になった5

2024/03/28

11111使用目的を明確に

投稿者名Reviewed byNH 【千葉県】

皆さん仰るように「この価格でこの音と機能は素晴らしい」の一言。“所詮BOSSの音”や“マルチはデジタル臭い”と鼻で笑って敬遠する人は、本機をきちんと編集・セッティングしてスタジオで大音量で鳴らしてみるべき。エフェクト単体でのトーンやモデリングのトーンもそれぞれが使える音です。
但し、GT-1を自分が何に使うのか(ラインでレコーディングに使うのか・自宅で小さいアンプでプレイするのか・スタジオやライブで大音量アンプで鳴らすのか)を明確にしてパッチを作らないと、上記のデジタル臭さやマルチ感が出てしまう可能性があります。それほど出力先とプリアンプの設定や各エフェクトの編集は大事になってくるので、ある意味上級者向けとも言えます。
ペダル数に関してはCTRペダルだけではなくDOWN/UPペダルにも機能をアサインできるので、ライブで不足と思ったことはありませんが、アサイン機能を使いこなして初めてマルチとしての機動性と汎用性が拡がると思ってください。

レビューIDReview ID:148255

参考になった5

2023/12/25

11111エフェクターとしての機能は信頼のBoss

投稿者名Reviewed byzero 【岡山県】

商品コンセプトは凄く良いと思います。これを語るうえでよく、2万でこの性能がとか、上位機と比べれるのはとか言われますが、感じるのは全く逆です。おそらくBossさんとして、この価格でどこまでイケるかチャレンジした量産機であると思いますので。各エフェクトの音はさすがのBossクオリティで素晴らしいです。対してアンシミュは追い込みの部分でそこそこです。正直、同価格帯ならG5nに軍配が上がるかと思いますね。めちゃくちゃ軽いので、軽量なペダルマルチとして簡易持ち出し、宅録のセカンド機としてなら使えます。同価格帯比較でラインでのアンシミュの音重視でコンパクトに済ませるならGT001の方が遥かに良いです。自由度のレベルが違う。エフェクターとしてライブ中心で電池駆動できなくて良いならG3nやG5nもおすすめします。ライブでの使用を想定するとGT-1はペダルの追加が必須になるためです。それ、このコンパクトサイズのメリット殺しますよね。惜しいんですよ凄く。me-80型ペダルスイッチを小型にして3個にするべきだったなと。そうしたら他の方が言うような神機になれると思います。どの音も良いので使えるかどうかで言うと使えますよ。ただ大多数の方のようにべた褒めまではできないかな。ライン録音でのシミュの音を追い込めるレベルと、ライブでの使用を考えたらあと少し足らず、どうしても中途半端と感じてしまいます。販売価格が15,000円〜16,000円であれば選択肢に入れれる機材だと思います。
ただ、zoomさんと違ってどのエフェクトを選んでもオーバーフローエラーが出ないのは当たり前ですが素晴らしいです。
zoomさんの企業努力ってホントにすごいですけど、そこのツメが足らない部分ですから。

レビューIDReview ID:145479

参考になった9

2022/10/29

11111フットスイッチ追加で神機

投稿者名Reviewed byTAKmi 【大分県】

BOSS製品はマルチエフェクター、コンパクトエフェクターどちらも使用者に取って利点弱点がありますが、それを踏まえてどちらも好きなクチです。
私自身、初代ZOOM G3の「コンパクトを並べたマルチエフェクター」のような使い方やコンセプトのモノが好きなので、このGT-1はそれを叶えてくれる点で非常に気に入っています。
追加フットスイッチ無しでも、アップダウンとCTLスイッチ3箇所に動作アサインを工夫すればライブで充分に使えます。
が!タイトルに書いたようにFS-6や7のようにツインペダルを追加することでさらに使いやすくなります。
アップダウンスイッチもコントローラーとして設定すれば、1つのプリセット内で5つスイッチング出来ることになるので、曲の中での音を扱いやすくなります。
音については好き好きやこだわりがある点でしょうけれど、私は一部で評判が芳しくないBOSS歪みも含め、大きな不満はありません。
この価格でこの音、操作性です。不満がでるならば上位機種や他の商品を買えばいい話です。
とはいえ、どうしてもピッキングのアタック感や全体的なアナログ感もほしいので本機の手前にBD-2wをドライブゼロ、トーン真ん中ちょい右、ボリュームをスルー音と合わせるくらいの設定で常時オンにして繋いでいます。
(ただこれだと本機のコンプやトーンモデリングなどをオンにしないほうが良いです)
マルチエフェクターは初心者向けというイメージもありますが本機はそんなことはなく、むしろ中上級者向けだと感じます。
設定の幅や自由度も高いので触りがいがあります。
しばらくギターから離れていた私達お父さん世代が昔を思い出して手にしても面白いかもしれません。
進化を感じますよ!
おすすめの機材です(^^)

レビューIDReview ID:134317

参考になった17

2022/05/05

11111出力先と出力先の設定が凄く重要!?

投稿者名Reviewed byうんこまん 【大阪府】

BOSSの前世代マルチ最上位機種のサウンドがこの値段でこのサイズでしかも電池駆動可!との事で
チューボーの時以来約20年ぶりにマルチ購入です…アナログ派なのでマルチは避けてましたが、「手持ちのバッテリー内蔵アンプにコイツを繋げばアウトドアでもいい音で遊べんじゃね!?」と思い購入です、この位のスペックとサイズで電池で使えるマルチは他に無いんじゃないだろうか…
早速アウトドアに繰り出し知る人ぞ知る昔懐かしいバッテリー内蔵アンプ、クレイト社のTX30にぶっ挿して人気のない山中の河原のテントの隣で遠慮なく大音量でかき鳴らしました、イイ!コンセント無しでGT100並の音が使えてコレだけの多機能エフェクターが動く、しかも2万円位で!これだけで感動です同社のバッテリーミニアンプの刀ミニ、あれ絶対買います!TX30はチト重い、アレならもっとフットワークがよくなります…その他家用のPEAVEYやマーシャル等に繋いで見ましたが出力先で良くも悪くも変わると思いました、これはGT1に限らず昔使ってたME-30もそうでしたし同社のコンパクトにも言えますこの製品の音質面での評価にバラつきがあるのはその為かと思います一度鳴らしてみてイマイチだなと思った方もそのまましまい込んだりすぐに売るよりいろんなアンプや接続法を試してみるといいかも知れません、個人的にはGT1側でプリアンプ使ってイコライジングしたら出力先はリターンがいいと思いますインプットに挿れると出力先のイコライザーと相互干渉して余計ややこしくなるので…それにやはりリターンのほうが音圧があります 

レビューIDReview ID:129454

参考になった13

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

BOSS ( ボス )
GT-1 マルチエフェクター

商品ID:226512

¥23,800(税込)

  • 送料無料

1,666ポイント(7%)内訳

  • 238Pt

    通常ポイント

  • 1,428Pt

    ボーナスポイント

  • 1,666Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram