ここから本文です

サウンドマート

BEHRINGER ( ベリンガー ) / B2031A TRUTH スタジオモニター

BEHRINGER ( ベリンガー )  / B2031A TRUTH スタジオモニター

  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / B2031A TRUTH スタジオモニター 画像1
  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / B2031A TRUTH スタジオモニター 画像2
  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / B2031A TRUTH スタジオモニター 画像3
  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / B2031A TRUTH スタジオモニター 画像4
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
ベストセラーのB2031を大幅に改善した、高解像度アクティヴスタジオモニターです。
■パワードスタジオモニター
■LF150W、HF75W
■1本

高解像度、アクティブ8.75インチ2-Wayパワードモニタースピーカー。自動スタンバイモードも備えているため、スタジオモニターとしてだけでなく、音楽鑑賞、ホームシアターシステムにも最適

<特長>
■スタジオモニターに必要な機能を凝縮した265W、2-Wayモニタースピーカー。
■50Hz~21kHzの全周波数帯域に対して極めて歪みの少ないピュアなサウンドを出力。
■ポリプロピレンダイアフラムとアルミダイキャストシャーシを採用した6.75インチウーファーと高解像度フェロ流体冷却ツイーターの2-Way構成。
■先進のウェーブガイドテクノロジーにより、広大なスイートスポットと分離感の優れた音質を提供。
■高精度な位相制御を行なう4つのリンクウィッツラーリーフィルターによるクロスオーバーを内蔵。
■高域、低域で個別に制御する過負荷防止リミッターを搭載。
■自動スタンバイモードを搭載。
■PCディスプレイ等との干渉を防ぐ磁気シールド。

<仕様>
◆パワードモニタースピーカー
■周波数レンジ:50Hz~21kHz
■ドライバー構成:HF: 0.75インチ
        :LF: 8.75インチ
■クロスオーバー周波数:2kHz
■パワーアンプ:265W(ピーク)
■最大音圧レベル:116dB SPL(1m、ペア)
■入力:XLR×1、標準フォーンジャック(3P)×1
■イコライザー:高域: 4段階、低域: 4段階、ルーム補正: 4段階
■電源:AC100V、50/60Hz
■寸法(W×H×D):250×400×290mm(1本)
■質量:14kg(1本)
■付属品:電源コード

B2031A

TRUTH B2031Aは、これまで数千台の販売実績があり、世界でも有数の批評家たちに愛用されています。B2031Aは、その高い解像度から、小規模なミキシング環境からマルチ・チャンネル・サラウンドセットアップまで、ニアフィールドモニターとして最適な製品です。265Wのバイアンプ出力で、タイトで正確な低音を提供するレスポンスの良いロングスロー・8.75インチ・ポリプロピレン・ウーファーと、クリアな高音を提供する高解像度ツイーターが搭載されています。演奏や歌の一音一音が常に「顕微鏡で観察」されるようなスタジオ用に設計されましたが、ステレオやビデオサラウンドシステムにも最適な製品です!

バイアンプ方式 - 絶対的なシグナル・インテグリティへの道

B2031Aは、バイアンプ(スピーカーシステム1台につき2台のアンプ)により、265Wの超クリーンな出力を個別に搭載したドライバーに供給することにより、音楽の魅力を最大限に引き出す高解像度サウンドを提供します。競合他社の中には、周波数スペクトルを不正確に分離し、ドライバーのパフォーマンスを低下させる単純なパッシブクロスオーバーを適用するものもありますが、Behringerは、信号の完全性を最大限に高めるために、それぞれのウーファーとツイーターを別々のアンプで駆動するという、さらなる努力を行っています。

カスタム設計されたトランスデューサー

パワフルなアンプと最先端技術の組み合わせは確かに印象的ですが、実際に音を聴く部分はどうでしょうか。TRUTHのLF(低周波)、HF(高周波)トランスデューサーは、それぞれの用途に合わせて特別に設計されており、それが他社との差別化につながっています。B2031Aは50Hz~21kHzの周波数特性で、タイトで正確な低域、明瞭に描写された中域、クリアな高域を実現し、定位感を与えます。

広々としたスイートスポット

B2031AのHF(高周波)は、独自のウェーブガイドに搭載された超高解像度1インチ・ツイーターによって提供されています。他社のスタジオモニターは、スイートスポット(スピーカーの最適なリスニングポジション)を重視していますが、B2031Aのウェーブガイドは、より広いリスニングゾーンを確保するように設計されています。つまり、ステレオイメージの中を自由に動き回り、微妙な楽器やエフェクトを配置するための理想的な場所をミックスの中で見つけることができるのです。

あらゆる場面で活躍

リスニングの理想的な環境は、反射しすぎず、吸収しすぎず(音がこもらない)、「フラット」な部屋です。しかし、どの部屋も音響的に同じではないため、TRUTHモニターは様々な環境で機能するように装備されています。リアパネルのフィルタースイッチにより、モニターの低域と高域の特性を最適化し、リスニング環境に合わせた最適なパフォーマンスを実現します。モニターの配置も重要です。理想的には、すべてのスピーカーを壁から離して配置し、適切な低音域のレスポンスを確保する必要があります。B2031Aは、壁際やコーナーでも設置できるよう、ルームコンペンセーションスイッチを備えています。B2031A TRUTHは、スイッチ1つ、2つで、あなたの状況に合った素直な低音域を提供するようカスタマイズすることが可能です。

さまざまな入力に対応

B2031Aは、XLRと1/4インチTRSフォン入力を装備しており、様々なオーディオソースに対応することができます。コンパクトなサイズと防磁設計により、ビデオモニターやコンピューターディスプレイ、デジタルオーディオワークステーションの近くに設置することができます。

TRUTHを聴いてみてください

最先端のウェーブガイド技術、カスタム設計のLFとHFトランスデューサー、265Wのバイアンプ出力など、TRUTH B2031Aは、このクラスのあらゆるものを凌駕する性能を備えています。

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.4)
  • レビュー数Reviews7
この商品のレビューを書く

2023/04/09

11111テレビ用スピーカー

投稿者名Reviewed byyotaken 【山梨県】

テレビ用の外部スピーカーを選ぶ際にヤマハやJBLも魅力的でしたが、10数年前に使っていたBEHRINGER/DEQ2496とA500、B2031P TRUTHの良い思い出があったので、大幅な値上げでお買い得感ゼロながらこのB2031A TRUTHを選びました。
テレビ→(光デジタル)→TEAC/UD-301→(XLR)→B2031P TRUTHと接続しています。
XLRケーブル:CANARE/EC02B BLACK、電源タップ:FURMAN/SS6B、スタンド:CLASSIC PRO/MST(耐震ジェルマットで固定)
壁際に低いスタンドで設置したため低域が目立ち高域が物足りなかったので、背面のスイッチを切り替えて調整しました。
(今回も昔のようにBEHRINGER/DEQ2496のオートEQで音場補正したかったのですが、流石に高価すぎてDACは中古のTEAC/UD-301にしました。)
テレビの内臓スピーカーでは聞き取れなかった音が部屋中に広がり満足しています。

レビューIDReview ID:139035

参考になった0

2009/06/13

11111小空間におけるラージモニターの可能性

投稿者名Reviewed byニック 【神奈川県】


買ってみて感動しました。
いわゆる普通の宅録空間(6畳間)でNF-01AやGenelec1029Aを使用してきましたが、
性能を生かしきれていないと感じさらに小さいモニターを探しておりました。
小音量でもミックスに使える小さいモニターを探して迷走し、
Sony M50(行き止まり)あたりで完全に行き詰っていたところ、
「逆に考えるんだ」というコーイチ君からの啓示を受け、
何を思ったか8インチウーファーを小音量で使おうと思い立ちました。
結果、音の奥行きや立体感、低音の具合もすべて手に取るように聞こえます。
正確には、いままで耳を傾けて探していた「音空間」が現れた!というところです。
小さい部屋には小さいモニター、
という考え方はひとつの常識ではありますが、
4万円チョットで革命を起こした気分です。
本体の性能に目がいきがちですが(当たり前)、
そんなことよりも大事なことがありました。
余裕のサイズと出力が実現するラージモニターならではの音空間は、
小さな部屋にも十二分に現出します。
予算があって部屋が大きい人は好きなのを買えばいいですが、
どちらもない人には劇的におすすめです。
この製品は化け物ですね。
ただひとつ難点は、大音量で聞きたくなってしまうことです。
なので♪四つにしようかと思いましたが
それは精神にリミッターをかければよいので♪五つ!最高!

レビューIDReview ID:11004

参考になった223

2007/10/07

11111メタメタ安いです。すごい性能。

投稿者名Reviewed bysong_o_coo 【京都府】

ずいぶん前に知り合いの作曲家の人から譲ってもらったりしたものだったりしますが。。。
譲ってもらった理由は「仕事場のワンルームマンションにはデカすぎる」です。音は気に入ってたのに。。。とのことです。
ホントに製品によって良し悪しが激しいベリンガーさん。
コレは「大当たり」でした。
低音がほんの少し強く出るかな?という気がしますが気がする、程度です。
それも背面のノブで調整できます。
ものすごく安いのにすごく音が正確なのでなんか自分の耳が安物で高い商品との違いがわからないんじゃないか、と不安になりますがどうやらホントにいいみたいですよ。
ベリンガーというメーカーそのものに今イチ信用がないので(何あのペラペラのミキサーとかエフェクターw)「正確イノチ」みたいな大事なエキップメントであるモニタースピーカーをベリンガーに任せることについて大変な抵抗がある事はわかります、いや、わかりますよ(笑)。
しかしことこの2031Aに関していえば作りもすごくしっかりしてるし、親切なインターフェースと豊富なカスタマイズスイッチ類でとても使いやすいです。
先のレビュアーの人が書いておられるように出力もデカイのでカフェとかでのちょいとしたライブなどでも使ってます(笑)。壊れても大したことない金額です。さすがにSR用スピーカーよりはるかにいい音で鳴ってくれます。
パッシブタイプのやつよりたぶんこのアクティブのほうがお買い得だと思います。150W&75W×2、アンプが4個もついてペアで41800円、安っ!

レビューIDReview ID:3827

参考になった350

2015/08/28

11111改めまして...

投稿者名Reviewed byがっちひ 【埼玉県】

形からして某モニターを髣髴させますが(w
あれと比べて若干高音域に癖があるかな?という感じです。
ただ、ブラインドテストでは評価はほぼ同じ。
人によってはこっちがいいって言う意見もありました。

とにかく鳴ります。規定位置で鳴らそうもんなら、ものすごい音量が出ます。
フェーダーを絞ってもバランスが良く見えます。
おかげで、これまでモニタースピーカを使わずにミックスしてたものの粗が見えてショックを受けました...

各スピーカーごとに測定データを付けてあるのですが、それもメーカーとしての自信の表れでしょう。

エージングしなくてもいけそうですが、私はエージングCDで48時間エージングをしました。少し暴れ気味だったので。
おかげですっきりしました。

宅録環境でもモニターは必需品です。脚色されたオーディオのスピーカーではちゃんと判断できませんし、ヘッドホンでは定位にブレが生じる可能性があります。

このモニターは良い仕事してくれますよ。

レビューIDReview ID:3241

参考になった1

2013/07/29

1111エージングが進めば良い感じ

投稿者名Reviewed byやっち 【】

今で購入してから約1年半どの使用になります。
使用頻度はほぼ毎日数時間ほど使用しています。
最初のころは他の方のレビューにあるように不自然なハイ上がりな癖がだいぶ気になりましたが、最近はその癖がだいぶなくなり、良い感じでなってくれるようになりました。
ミックスで使う場合は、サイズの割に低音が出ないので、注意が必要かと思います。

レビューIDReview ID:42693

参考になった6

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

BEHRINGER ( ベリンガー )
B2031A TRUTH スタジオモニター

商品ID:18990

¥32,800(税込)

  • 送料無料

3,280ポイント(10%)内訳

  • 328Pt

    通常ポイント

  • 2,952Pt

    ポイント10倍キャンペーン

  • 3,280Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram