ここから本文です

マンドリンの各部名称

マンドリンの各部名称

マンドリンの各部名称

マンドリンを始めるにあたって、まずはマンドリンの各部名称をおさえておきましょう。フラットマンドリン、クラシックマンドリンで共通の部位がほとんどです。

ヘッド

ネックの先端部分。クラシックマンドリンのヘッドには、ナポリ型とローマ型の2種類の形状があります。

クラシックマンドリン ナポリ型

クラシックマンドリン ナポリ型

クラシックマンドリン ローマ型

クラシックマンドリン ローマ型

ペグ

弦の先端を巻きつけるパーツ。つまみを回して弦の張りを調整します。弦4本ずつで左右に分かれています。

マンドリンのペグ

ナット

指板とヘッドの境目にあるパーツ。弦が通る位置に溝が彫ってあり、弦の間隔を保持して支える役割があります。開放弦の音(フレットを押さえないで弾いたときの音)は、ナットが弦振動の支点となります。

マンドリンのナット

ネック

弦が張られた棹の部分。太さや形状、材質、塗装の仕上げによって弾き心地が変わります。

マンドリンのネック

指板(フィンガーボード)

ネックの表面の板。左手の指で押さえて音の高さを決める部分です。

マンドリンの指板(フィンガーボード)

フレット

音程を定めるために指板に打ちつけられた金属。1フレットごとに半音ずつ変化します。ヘッドに近い側から、1フレット、2フレット、…と呼ばれます。

マンドリンのフレット

ポジションマーク

指板上の位置を分かりやすくするために、指板表面や側面につけられた目印。ドット、ブロック、スノーフレーク、キャッツアイなど、モデルによって様々なマークがあります。

マンドリンのポジションマーク

ボディ

弦の振動が共鳴する部分。材質や形状によって音色が大きく変わります。フラットマンドリンには、AスタイルとFスタイルの2種類の形状があります。クラシックマンドリンのボディ裏側は細い板を複数貼り合わせて作られており、半球状に膨らんでいます。

フラットマンドリン Aスタイル

フラットマンドリン Aスタイル

フラットマンドリン Fスタイル

フラットマンドリン Fスタイル

クラシックマンドリン

クラシックマンドリン

サウンドホール

ボディ内の共鳴を外に出すための穴。様々な形状があり、フラットマンドリンはfホール、クラシックマンドリンはラウンドホールかオーバルホールが一般的です。

ラウンドホール
円形
オーバルホール
楕円形
fホール
アルファベットのfの形

フラットマンドリン fホール

フラットマンドリン fホール

クラシックマンドリン オーバルホール

クラシックマンドリン オーバルホール

ピックガード

演奏時にピックがぶつかってボディが傷つくことを防ぐためのパーツ。
フラットマンドリンではフローティングタイプが多く、ピックガードがついていない楽器もあります。
クラシックマンドリンではボディのトップに埋め込まれて一体になっており、形状や素材はモデルによって異なります。装飾としての役割も大きく、楽器の個性を際立たせます。

フラットマンドリン

フラットマンドリン

クラシックマンドリン

クラシックマンドリン

ブリッジ

弦を支え、弦振動をボディに伝えるパーツ。固定されておらず、位置を調整できます。

ブリッジ

アームガード

腕を支えるとともに、腕が楽器表面や弦に触れないよう保護する板。フラットマンドリンには通常つけられておらず、クラシックマンドリン特有のパーツです。大きさやデザインは、モデルによって様々です。

アームガード

テールピース

弦の端を留める部分。弦の末端についている輪を、テールピースに取りつけられたピンにかけます。フラットマンドリンではボディの表面下部、クラシックマンドリンではボディの下側面に位置します。フラットマンドリンのテールピースにはカバーがつけられています。

フラットマンドリン

フラットマンドリン

クラシックマンドリン

クラシックマンドリン

マンドリンカテゴリー

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top