ここから本文です

サウンドマート

SAMSON / Q9U

  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
USB mic
■ USB dynamic microphone
■ Directivity: Cardioid
■ Output: USB-C Digital output with 24-bit / 96kHz resolution, analog XLR OUT
■ Headphones terminal: 1/8" output zero-latency headphone monitoring
■ Control unit: Low Cut Filter, Mid-presence Boost, Mute switch
■ Accessories: USB cable

Q9U Broadcast Dynamic Microphoneは、放送、ポッドキャスト、ストリーム、およびライブ録音に最適な高品質サウンドを提供します。Q9Uは、プロユース、またはホームレコーディングのセットアップに簡単に導入することが可能。XLRアナログ出力と24ビット/96kHzの高解像度を誇るUSB-C接続の両方に対応。マイクは声の深み、繊細なタッチまでを正確に捉え、演奏者の声そのものをリスナーと共感すること可能にします。

あらゆるセットアップに適したマイク

Q9Uは、あらゆるレコーディングセットアップに簡単に導入することができます。これは、1人で演奏する場合や、マルチホスト・プロダクションスタジオを構築する場合に最適です。ネオジム・マグネットを採用した最新のダイナミックカプセルは、外部ゲインデバイスを必要とせずに、ミキサーやオーディオインターフェイスで動作する十分な出力を提供します。広い周波数応答とダイナミックレンジにより、スピーチや音楽演奏の細かいニュアンスと自然なサウンドを捉えることが可能です。高度なハムバッカーコイルは、他の機器からのハムだけでなく、電磁(EMI)および無線周波数干渉(RFI)の干渉を低減します。

高解像度デジタルサウンド

高解像度デジタルサウンド

Q9Uは、24ビット/ 96kHzのアナログ-デジタルコンバーターを備えており、ドライバーをダウンロードすることなく、MacまたはWindowsコンピューターに接続するだけで簡単に高解像度のデジタル録音を行うことができます。 Q9Uには、リアルタイムで自分の声を聞くことができるように、ゼロレイテンシーのヘッドフォンモニタリング機能を搭載。ミュートスイッチは、XLR出力とUSB出力の両方へのマイクをすばやく消音します。

最新技術とこだわり抜かれた設計

最新技術とこだわり抜かれた設計

カーディオイド極性パターンは、優れた軸外除去を提供し、周囲の収音を最小限に抑えることで、音声を前面と中央に保ちます。内蔵空気圧ショックマウントによりカプセルを機械的ノイズから隔離し、さらに2層のウインドスクリーンがポップノイズや破裂音を最小限に抑えることにより、鮮明でプロフェッショナルなサウンドを実現します。ローカット、ミッド-プレゼンスのブーストコントロールにより、さらにオンボードのサウンド調整オプションが提供されます。

海外レビュー③

簡単設定

Q9Uダイナミックマイク
Q9Uは数秒でセットアップできます

Samson Q9Uは典型的なプラグ・アンド・プレイで使用できるマイクです。付属しているUSBケーブルのUSB-C側をQ9U、標準USB側をパソコンに接続し、Q9Uが音源として認識されているかを確認するだけで使用できます。AppleとWindowsのPCでテストしたところ、どちらも簡単に接続できました。利点としてXLRケーブルも使用でき、プロフェッショナルなスタジオ環境やオーディオ機器に接続したり、パソコンから離れた場所で使いたい人に最適です。

素晴らしい音質

Q9Uダイナミックマイク
ウィンドスクリーンがついていない外観が好みです

Samson Q9Uを使うと、とてもクリアで高品質なレコーディングが可能です。マイクの前方近くの音を拾うため、2メートルくらい離れて座っている人が普通に話す言葉は拾いません。電話での会話は問題ないとはいえ、ポッドキャストや音楽の録音に使用したい場合は、マイクの調整が必要かもしれません。Q9Uを使用して録音するとき、唯一調整が必要なのはゲインです。

どのマイクでも同じですが、通常そのボリュームは小さめで、録音編集の段階でゲインを上げる必要があります。Q9Uに関しても、ゲインを上げる必要があります。Q9Uから直接録音したものは、ほぼそのまま使用できる場合もありますし、少し編集したほうが良い場合もあります。音は素晴らしくクリアですが、高い音質を求めるならば調整は必要でしょう。

ノイズはどのマイクでも問題になります。ノイズというのは、周囲から拾う雑音のことであり、全てのマイクごとに対応しなければならないものです。高品質のマイクはノイズを拾いにくくなっています。Q9Uの場合、ノイズが無視できるレベルであり、ほとんどのユーザーにとって気にならないと思います。

プロのサウンドエンジニアである友人と多くのテストを行いました。いくつかのクリップを録音した後、彼はQ9Uが持つ機能と性能に感銘を受けていました。

ポッドキャストに最適な設定

Q9Uダイナミックマイク
背面に2つの小さなスイッチとXLRケーブルを接続する端子があります。

Q9Uは会議や音楽の録音に最適である一方で、マイクの背面にある2つの小さなスイッチを使うと、ポッドキャスト用マイクとしても威力を発揮します。1つ目は中域ブースト。録音した音に対して中域の存在感を高め、主な音源が会話である会議やビデオ通話、ポッドキャスト、ストリーミングなどに最適です。

中域ブーストスイッチは録音の明瞭さを高めるのに有効です。友人とテストしたとき、2人ともマスクをしていて、中域ブーストなしでは、テスト録音は少しぼやけた音になりました。中域ブーストを入れると、ぼやけた感じがほとんど消えたように感じました。

2つ目のスイッチは、低域のカットです。録音時にONにすると、自動的に低域のゲインを下げます。バックグラウンドノイズをカットし、通話やポッドキャスト、ストリーミングに便利な設定です。

もちろん、音楽用に録音するなら、楽器などのオーディオスペクトラム全体を録るためにOFFにします。この設定の良い点は、背面にあるスイッチを切り替えるだけで機能をON/OFFできることと、録音内容に応じて簡単に一番効果のある設定を試しながら見つけることができることです。

その他機能

Q9Uは他にも、いくつかの便利な機能があります。最も重宝するのは3.5mmヘッドホン端子で、遅延のない音をモニターすることができます。ユーザーはQ9Uにヘッドホンを直接繋いでマイクの音を直接モニターできます。マイクの音を直接モニターすることにより接続を簡単にし、フィードバックを防ぐことができます。
さらに、専用のミュートボタンがついています。ボタンは押しやすい場所にあり、軽く操作でき、せきなど、ビデオ通話や番組全体に影響を与えず、マイクだけミュートできます。

Q9Uダイナミックマイク
Q9Uを使用するのにマイクスタンドが必要です

Q9Uには小さな脚(ステム)が付いており、マイクスタンドやアームにマイクを付けることができます。この記事で使われている写真では、Samsonの標準マイクスタンドが使用されています。標準ネジがついたマイクスタンドならどれでも取り付けられますし、プロのポッドキャスターやラジオのパーソナリティーが使用する高級なアームも使用できます。

結論

Q9Uダイナミックマイク

SamsonQ9Uは優れた音響機器です。会議、ストリーミング、ポッドキャスト以外に、音楽の録音にも使用できる高い汎用性を持ち、USBとXLR接続に対応しています。最も優れた点は、セットアップ時間がほとんど必要なく、接続するだけで録音や会議が始められることです。唯一気になる点は、何らかのスタンドが必要なことです。

海外レビュー②

Samsonのダイナミック・ハイブリッド・マイク、ポッドキャストとボーカルに最適

寄稿者 - Mark Sparrow

オーディオ、コンピューター、フォト分野におけるテクノロジージャーナリスト

Q9Uダイナミックマイク
Samson Q9UダイナミックマイクはUSBとXLR入力が使用できるポッドキャストに最適なマイク

コロナによるロックダウンはポッドキャスト業界に大きな影響を与えました。多くの人は15ヶ月もの間、家に閉じこもり、エンターテインメントや、ニュース、情報を得るためポッドキャストを利用。また、趣味について話をしたり、顧客や関係者へのコンタクトをしたりするために、自分でポッドキャストを開始する人が増えました。

このポッドキャストの盛り上がりは、ポッドキャストに使う機材の市場も押し上げ、この1年間に、手頃な価格で質の高いポッドキャスト用マイクとアクセサリーが市場に出てきました。

今月はSamson Q9Uハイブリッドマイクをレビューします。このマイクはUSBとXLR両方の接続に対応し、ホームユースから業務用途まで使用できます。昨年初めの発売予定が延期されましたが、なんとか入手して、このマイクがライバルを打ち破るマイクかどうか試してみました。

Q9Uダイナミックマイク
XLR接続またはUSB接続を選択でき、ファンタム電源48Vを必要としません。

ボディは亜鉛合金、グリルはアルミから作られていて、デスクスタンドやブームスタンドに取り付けることができます。重量感のある金属製ボディは、重さがおよそ1kgあり、艶消しのブラック塗装がされた本格的なマイクです。作り込みは完璧で、忙しいスタジオライフにも耐えられると思います。

Q9Uは円筒形、大型のフォーム・ウィンドシールド、ビデオポッドキャストで使用するのに最適なしっかりとした形状。MV7と同様に、他の機材から干渉を受けないように、ハムバッキングコイルを採用したダイナミックマイクです。単一指向性ピックアップパターンを持ち、真正面からのアプローチを想定しています。

ダイナミックマイクは音響効果の高い部屋やスタジオでのポッドキャスト・レコーディングをできない人にこそ最適なマイクです。部屋全体の音を拾うことはなく、マイクの横と後ろからの音はほとんど拾いません。また、48Vファンタム電源を必要としません。

Q9Uダイナミックマイク
Q9Uの底面には音質を整えるためのMidブーストとLowカットスイッチがあります。

Q9UはXLRケーブルを使用して一般的なミキサーやオーディオインターフェースに接続。または、付属のUSBケーブルを使用してコンピューターに直接接続できます。XLRはポッドキャストにおいて複数のマイクを使用し、2人以上のゲストの声を録音する際に適しています。しかし、ポッドキャスターやミュージシャンがホームスタジオで録音するとき、XLR接続をする必要はありません。USBで接続するとき、Q9Uはコンピューターのオーディオ設定で、通常の入出力オーディオデバイスとして認識されます。

Q9Uの底面には、3.5mmステレオミニ端子があり、ヘッドホンを繋いでマイクが拾った音をモニター可能。また、この端子は録音に使用しているコンピューターからの音もモニターすることができます。これにより、インターネット経由で双方向インタビューや音楽のオーバーダビングも可能となります。

XLR接続があることで、Q9Uはオーディオインターフェースやミキサーを使用したプロ用レコーディングセットアップに対応しています。

Q9Uダイナミックマイク
重さはおよそ1kg。取り付けには少し頑丈なブームスタンドが必要です。

Q9Uはミュートボタンが本体についていて、咳や、くしゃみがしたくなったときとても便利です。ミュートボタンのあるマイクを購入することをお勧めします。

Q9UはXLRによりオーディオインターフェースやミキシングコンソールに接続することができます。その場合、ファンタム電源をOFFにすることを忘れないでください。ヒスノイズが発生して、マイクの音に影響を与えます。もし接続機器に全体のファンタム電源をON/OFFする機能しかない場合、Q9Uを検討する際は、注意しなければなりません。

Q9Uの底面にはEQスイッチが2つあります。1つ目はMIDブーストスイッチで、中域を強調します。2つ目はローカットフィルターで、低域を3dB@200Hzカットします。マイクの音が明瞭さに欠ける、少し低音が効き過ぎる場合、対応できます。

Q9Uダイナミックマイク
Q9Uは大型のフォームウィンドシールドが印象的です

Q9Uを手頃な価格のオーディオインターフェースBehringer U-PHORIA UMC-204HDに接続したときに、感度が低いマイクだと思いました。通常使用しているマイクと同じ音量を得るためにはゲインを上げなければなりませんでした。また、ヘッドホンからは、バックグラウンドに少しヒスノイズがありました。

Q9Uは感度がそれほど高くないため、楽器のレコーディングに向いているとは思えませんが、感度の低さはポッドキャストやライブを考慮すると適切だといえます。ダイナミックマイクは一般的なコンデンサーマイクのように部屋の周囲音をあまり拾いません。広い部屋でレコーディングしているとき、Q9Uのようなマイクを使用するのは、音響特性に問題がある広い部屋で起こるバックグラウンドノイズや反射を抑えるのにちょうどいいと思います。

結論

しっかりとした作りとデザインは気に入っています。堅実な性能と毎日の使用に耐えうるタフさを備えています。価格が安価であることは、ポッドキャストを始めたい人に重要でしょう。
XLRマイクとして、Q9Uは強みがありますが、高価なマイクと比べて出力はクリーンとはいえず、多少のフロアノイズがあります。中域ブーストとローカットスイッチがついているのは好印象です。人気のあるポッドキャスターJoe Roganの好みである従来のShureのSM7Bを意識したものです。Q9Uに対して慎重な評価を与えるのは、USB機能の実装の仕方をもう少し考えるともっと良くなったと思うからです。堅実な性能を持つダイナミックマイクであり、汎用性が高く、頑丈です。マイクはそれぞれ声の拾い方が違いますから。自分の声にあっているか、確認したほうがいいでしょう。

主な仕様

  • 型式:ハムバッキングコイルを採用、ダイナミックマイク
  • 周波数特性:50Hzー20kHz
  • 指向性:カーディオイド(単一指向性)
  • インピーダンス:250Ω
  • 最大感度:XLRー57dBV/Pa(1kHz)
  • 最大感度:USBー16dBFS/Pa(0dBゲイン、1kHz)
  • セルフノイズ(USB):+23dBSPL(A)(最大ゲイン)
  • 最大SPL:>140dBSPL
  • ビット深度/サンプルレート:24ビット/96kHz
  • 電源:USBバスパワー/170mA
  • アナログ出力:XLR(オス)
  • デジタル出力:USB-C
  • ヘッドホン出力:3.5mmステレオミニ
  • インピーダンス:16Ω
  • ヘッドホンパワー:38mW@32Ω
  • 出力コントロール:ミュート、Lowカット、MIDブースト
  • 本体/グリル材質:亜鉛合金/スチール
  • アクセサリー:USB-CーUSB-C ケーブル(2m)、USB-CーUSB-A ケーブル(2m)、フォームウィンドスクリーン
  • 寸法:79.5mm(長さ)、178.5mm(直径)
  • 質量:1kg

海外レビュー

Samson Q9U配信用ダイナミックマイクレビュー

Brad Moon、Cosumer Techシニアライター
Apple製品、オーディオシステム、一般向け機材のレビューとアドバイス

自分のラップトップに搭載されていたマイクは、音声入力やFaceTimeの電話にたまに使う程度であまり気にしなかったのですが、この6年間で、ラップトップに搭載されたマイクは、品質が良くなかったことが分かりました。今、ポッドキャスト、ストリーミングなど音声入力が必要な仕事にパソコンを使用しているなら、外付けマイクは必須です。これまでにZoomへ参加しているとき、音がいいと感じたことがあると思います。そのほとんどは外付けマイクを使用しているのです。

複数のUSBケーブルとウィンドスクリーンが同梱されています。ただしマイクスタンドは別売です。

追加ソフトウェアは必要ありません。

Samson Q9Uマイクの強みの一つは、プラグ・アンド・プレイです。ドライバーをインストールする必要がありません。他のUSBマイクは録音した音を最適化するためにエフェクトを掛ける設定を行ったり、パソコンにソフトウェアをインストールする必要があったりします。録音した音を細かくコントロールできますが、その分、時間もかかります。

Samson Q9Uの底面にはUSB-C、XLR端子、ヘッドフォン出力、ローカットフィルター、中域ブーストスイッチがあります。

Q9Uには2つのキースイッチがついています。1つはローカットフィルタースイッチで、音が少し不明瞭だったり低音が強過ぎるとき、このスイッチを押すと、200Hzの低域を3dBカットします。もう1つは、中域ブーストスイッチで、特にボーカルを強調するのに使用されます。このマイクは2つのキースイッチを切り替えるだけで音質を調整することができます。dsもちろん音を調整するのに他社のソフトウェアも使用可能です。しかし、

マイクスタンドは用意する必要があります。

このマイクは、回転式ヨークブラケットのネジを使ってマイクスタンドなどにマウントします。ネジサイズは、一般的なマイクアクセサリー標準の5/8インチを採用しています。

Samson MD5マイクスタンドはシンプルで使いやすく手頃な値段のオプションです。

このマイクは、ダイナミックカプセルマイク、ハムバッキングコイルとネオジムマグネットを装備していて、単一指向性です。さらに特徴をまとめると、USBバスパワー電源を使用、電磁波干渉とハムノイズを減少、ショックマウントは不要、マイクの中心に向かって発する音声をよく拾うように最適化され、高品質な音を録音することができます。
以下、Samson Q9Uを使用してビデオを録音したときに気がついた点です。

まず、USB-Cを使用してMacBook Proに直接接続することができました。マイクとマイクスタンドを組み合わせると、デスクに座っていて使用するのにちょうど良い高さです。特別なソフトウェアを使用する必要はありませんので、作業が簡素化できます。最初、何回か使ってみたとき、自分の声が多少ブライトに感じました。MIDスイッチをONにするとすぐに温かみのある音になり解決しました。また「パピプ」などの破裂音は、同梱のフォームウィンドスクリーンを装着すると完全に解消できました。撮り直しも最小限になり、時間の節約になりました。

フォームウィンドスクリーンを装着、プロ用マイクに見えますね。

私の事務所はドアと窓を閉めても、まだ騒音が聞こえます。事務所内を犬が通り抜けたり、車が通り過ぎたり、妻が下でZoomミーティングに参加していたり、子供達が別の部屋で映画を観ていたりしています。このような環境でもQ9Uは自分の声をクリアに拾い、騒音はほとんど入りません。
以前に使用していた他のどのマイクよりQ9Uのほうが音声の録音において温かみがあり、クリアで明瞭です。ソフトウェアを駆使せずにこのような結果を得られました。

Samson Q9U主な仕様

  • ダイナミックマイク
  • ハムバッキングコイル、ネオジムマグネット使用
  • 単一指向性
周波数特性
50Hz~20Hz
デジタル出力
24ビット/96kHz(USB-Cコネクター)
アナログ出力
XLR
ヘッドホン出力
最小レイテンシー(3.5mmステレオミニ)
コントロール
MUTE(ミュート)、ローカットフィルター、MID(中域ブースト)
同梱
USB-Cケーブル、タイプA/USB-C変換ケーブル、
フォームウィンドスクリーン
本体
ダイキャスト構造(鉛合金/スチール)、回転式ヨークマウント付き
プラグ・アンド・プレイ対応
寸法
高さ18センチメートル
重さ
900グラム

推奨できる点

Samson Q9Uは今まで使用したUSBマイクの中で最も優れ、最小限の設定で優れた音質が得られます。
製品レビューのビデオ制作を始めたときから、何度も外付けマイクをアップグレードしなければなりませんでした。過去6年間に6種類のUSBマイクを試しましたが、Samson Q9Uがベストです。特に他のどのマイクよりも響きのある音声を集音する能力に優れています。音声をソフトウェアで調整するのに比較してコントロールに制限があると感じるかもしれませんが、直感的な設定ができるマイク本体に搭載されたローカットフィルターや中域ブーストスイッチが気に入っています。
ナレーションやポッドキャストには、プラグ・アンド・プレイができるSamson Q9Uダイナミックマイクがいいですね。もちろんZoomを通じたゲームも盛り上がりますよ。

レビューを投稿するWrite a Review

  • この商品のレビューを書くWrite a Review

SAMSON (サムソン)
Q9U

Item ID:277526

23,800 yen(incl. tax)

  • Free Shipping

2,380Pt(10%)Detail

  • 238Pts

    通常ポイント

  • 2,142Pts

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 2,380Pts

    Total

close

約1週間Approx. 1 weeks

Qty

Popular Alternatives

Add to Wishlist

同等品のオススメはこちら!

この商品に関連するセレクションRelated Articles

Categories

Search by Brand

Brand List
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram