ここから本文です

サウンドマート

YAMAHA / DFP8500C

YAMAHA / DFP8500C

  • YAMAHA / DFP8500C 画像1
  • YAMAHA / DFP8500C 画像2
  • YAMAHA / DFP8500C 画像3
  • YAMAHA / DFP8500C 画像4
5
  • メーカーサイトManufacturer Site
Twin pedal with double chain drive and long board. The stability of the footboard has been improved by increasing the width of the tip. It also features a spike that enables stable pedaling and a universal joint that achieves smooth movement.
■ Drum twin pedal
■ Double chain
■ Felt beater
■ Footboard: Long type

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.0)
  • レビュー数Reviews1
5
0件
4
1件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2016/06/23

1111総合的には、良い

投稿者名Reviewed byYo 【宮城県】

 YAMAHA9500の1つ下位の機種ですね。9500の使用者は神保彰さんや川口千里さんなどフュージョン系ドラマーが目立つように思います。
 9500と8500との大きな違いは、ペダルボードの角度とビーターの角度を独立で調整できないこと、そしてビーターが2ウェイではないことの2点です。


 私は2013年頃に購入し、4年ほど使っています。シャフト変形やクランプの緩みは今のところなく、丈夫だと言えるでしょう。

 ビーターは商品画像の丸フェルトのみですが、見かけによらず硬質でアタックが強い音が出ます。DW5000のような重さはありませんが、タイトなサウンドです。

 ボードは平坦なので、裸足で踏む方にはイイですね。スライド奏法を主に使う場合は滑りすぎるのでテープ等が必要になるかもしれません。つまさき止めを付ける穴は無し。

 左ペダルのラグは少々あります。特に”戻り”が遅く、シャフトのオイルやスプリング調整でも完全にはゼロにならないようです。速さが命の音楽をやるには向かないです。

 シャフトは一般的なものですか、他メーカーより短いと感じます。また、注したオイルの保ちも良くないようで、すぐに「キィキィ」とノイズが出てしまいます。



 上述の欠点である左右ペダルのラグなどは、この価格帯ではほとんどの機種にありますし、PearlZ-linkやMDDにでもならない限り無くならないでしょう。それを考慮した上で、「クセのなさ」と「アタックの良さ」の点で高く評価できると思います。

レビューIDReview ID:64678

参考になった人数:8人

8 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

YAMAHA (ヤマハ)
DFP8500C

Item ID:134557

31,800 yen(excl. tax)

(34,980 yen incl. tax)

  • Free Shipping

1,748PtDetail

  • 349Pts

    通常ポイント

  • 1,399Pts

    対象在庫商品ポイント5倍キャンペーン

  • 1,748Pts

    Total

close

在庫ありIn Stock

Qty

Add to Wishlist

Rating11110

Reviews:1

この商品に関連するセレクションRelated Articles

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE

Page Top