ここから本文です

各部の名称

各部の名称

カムの形状

ペダルのアクションを決める重要なパーツで主に「真円カム」と「偏芯カム」の2種類に分かれます。ペダルの中にはカムの形状を交換できる商品もあります。

真円カム

真円カム

カムの軸が中心にあり、フットボードを踏み込んでから、バス・ドラムのヘッドに当たるまでの動きが均等で、素直で癖の無いアクションが特徴です。プレイスタイルを選ばないため、初めてペダルを買う方にもおすすめです。

偏芯カム

偏芯カム

カムの軸を中心からずらすことで、フットボードを踏み込んでからバス・ドラムのヘッドに当たるまでに動きが変化するため、音量の変化など、細かいコントロールが可能です。その半面、アクションに癖があります。

可変型カム

パーツの付け替えや部品を可動することで「真円」と「偏芯」両方を試すことが可能です。


チェーン、ベルト、ダイレクト・ドライブの違い

チェーン

チェーン

現在主要なモデルのほとんどがチェーン・タイプを採用しています。バス・ドラムにニュアンスを伝えやすく、音量が稼ぎやすいのが特徴です。またチェーンの中でもシングル・チェーンとダブル・チェーンがあります。ダブル・チェーンはシングル・チェーンより音量を稼ぐことができますが、シングル・チェーンと比較するとアクションが重く感じられます。

ベルト

ベルト

アクションが軽く、踏み込んだ際に足にかかる負担が少ないのが利点です。ただし、チェーンほど音量を稼ぐことはできません。またチェーンに比べてアクションに癖があるため、プレーヤーによっては好みが分かれます。チェーン・モデルであっても、付け替え用のベルトが付属している商品もあります。

ダイレクト・ドライブ

ダイレクト・ドライブ

フットボードとビーター可動部分がダイレクトに連結しており、フットコントロールをダイレクトに伝えることができます。ナイロンベルトのような軽いアクションと、チェーンが待つ安定性を持ち合わせています。ただし価格がチェーンやベルトよりも高いため上位機種として位置付けられています。


ビーター

バス・ドラムのヘッドに直接当たる部分で、さまざまな素材、形状のビーターがあり、バス・ドラムのサウンド面にも影響があります。オーソドックスなフェルトタイプでも様々なサイズ、素材があり、ヘッドのサイズが大きくなればなるほどアタック、音量を稼ぐことができます。
またドラムヘッドに当たる面を平らにすることで、粘りのあるアタックを得ることができるます。ヘビーメタルなど重く激しい音楽に好まれるなど、音楽のジャンルやサウンドスタイルによって使いわけできます。

フェルトタイプ2Way型ウッドビーター平型ビーター

アンダー・プレート

アンダー・プレートはフットボードの横ブレを防ぎ、ペダルの安定性を高めます。一方でアンダー・プレートが無いモデルは独特の踏み心地と音質が支持されています。


フットボード

メーカーごとにデザイン、大きさが異なり、踏み心地や音質にも影響があります。フットボードが大きくなればパワーを出すことができ、各メーカーが取り入れ始めたロングボード・タイプはスピードのあるアクションを得ることができます。


セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top