ここから本文です

BEHRINGER ( ベリンガー ) / X AIR XR18

BEHRINGER ( ベリンガー )  / X AIR XR18

  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / X AIR XR18 画像1
  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / X AIR XR18 画像2
  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / X AIR XR18 画像3
  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / X AIR XR18 画像4
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
18ch入力、MIDASデザインのマイクプリアンプを16基、さらにWIFIモジュールを搭載した、iPad/Androidタブレットで操作するデジタルミキサー。
■デジタルミキサー
■18ch(16Mic入力)
※要iPad/Androidタブレット
■Wi-Fi内蔵
■ラックマウント:3U
■AUXバス:2 TRS
■Hi-Z Inputs:2
■USB:16ch
■ULTRANET端子
■MIDI端子(IN/OUT)
■ラックマウントアングル付属

会場内のどこからでもミキシング

BEHRINGER/X AIRシリーズは究極の機動力をもったミキシング・コンソールです。会場内の最も適した場所でミキシングをできることを想像してみてください!それが客席側のPAブースだけに縛られることのない、新しいライブミキシングの形です。

Wi-Fi機能を内蔵している為、外部ルーターを別途用意せずとも、タブレットやノートPCと直接接続することが可能。セットアップに迷うことなく、ミキシングに集中することができます。会場を自由に動けるということは、観客席側で聴くミックスの微調整から、出演者の視点でのモニター調整など、実際にその場所にてミキシングが可能になるということです。その結果、観客側と出演者どちらにとってもより良いサウンドが生まれます。

  • 会場内のどこからでもミキシング可能
  • iPad/Androidタブレット、ノートPCと簡単に無線接続
  • ミキシング機能の完全リモートコントロール
  • 外部ルーター不要

出演者自身の好みに応じたモニターミックスが可能

X AIRシリーズは、ステージ上からのモニターミックス・コントロールを、より簡単にします。パーソナル・モニタリング・システムP-16と、ULTRANETポートをCat 5eケーブルにより接続すれば、16chのデジタル信号を送信することが可能。さらに6系統のAUXセンドを搭載し、フロアモニター用やコントロールアウトにも対応します。また、巨大なスタジアム級のイベントでも、イーサネットポートにより有線ネットワークへ接続し、簡単にシステムを拡大することができます。

  • 16chのパーソナルモニター
  • 6系統のAUXセンド
  • 有線ネットワークのためのイーサネットポート搭載

高品質プリアンプ、超ワイドなダイナミックレンジ

16系統のMIDASデザイン・マイクプリアンプと40Bitフローティングポイント・DSPは、内部オーバーロードとレイテンシーを限りなくゼロにし、事実上、無制限のダイナミックレンジを提供します。X AIRシリーズは、非の打ちどころがない音質を実現。-絶賛されたBEHRINGERのデジタルミキサー「X32」と同じXR18のプリアンプは、ライブショーにおけるさまざまなシーンに柔軟に対応し、iOSやAndroidデバイスによる遠隔操作が可能です。

また、そのアプリケーションは、特定のデバイスにロードできるため、ショーの前に車の中で座りながらチャンネルレイアウトをオフラインで準備するということも可能になります。

  • 絶賛されたX32テクノロジーによる、非の打ちどころがない音質
  • 遠隔操作可能なプリアンプ
  • アプリケーションは各種デバイスにロード可能
  • オフラインでのセットアップも簡単
Behringer & Bugera 安心の3年保証

スタッフレビュー

X AIRシリーズのフラッグシップとなるXR18。モデル名のとおり、マイク/ラインに対応するコンボジャックを16基、フォン入力2系統、計18chの入力を備えています。16ch仕様のXR16、12ch仕様のXR12とは、チャンネル数以外にも異なる点があり、いくつか追加されている機能があります。

USBポート(タイプB)の追加により、PCとの接続が可能になりました。18chの録音再生に対応しているので、ライブミキサーとしてだけでなく、レコーディング用のインターフェイスとして活用可能。もちろんライブを行いながら、マルチレコーディングもできます。また、MIDI信号の送受信にも対応しています。

もう一点、ULTRANET端子が装備されています。BEHRINGER P-16M、P16-Dの接続により、パーソナル・モニタリングシステムを簡単に構築する事ができます。複数台を接続する際にはハブとなるP16-Dを接続して分配します。

マルチレコーディング、パーソナルモニターシステム機能により、バンドのライブ演奏の他、本格的なレコーディングにも対応。充実した入出力端子により、拡張性の高さを誇る、マルチに活躍するコンパクト・デジタルミキサーです。

他のスタッフレビューも見る

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.1)
  • レビュー数:8

2017/05/06

1111高機能だけに惜しい点が、、、

投稿者名:Macuna 【愛知県】

同社SD16とイーサコンで接続できれば更に活躍範囲が広がったのではないかと思いますがAES50ポートすら存在しないのでファームウェアで、、も望めないのが残念です。
購入した製品のファームウェアは1.09でX-TOUCHと接続するには1.15へのアップデートが必要でしたが、これに関する情報が同梱のマニュアル類等に何も説明が無かったので初めは???となりました。
本家の英語サイトではアナウンスされていますが、、、
ちなみにX-TOUCHもファームウェアを1.15にアップデートしなければなりませんが、こちらはサウンドハウスさんの商品ページのスタッフレビューにてアナウンスされていました。
日本語訳のリリースノートがどこかにアップされると良いのですが。
X AIRシリーズのファームウェアのアップロードはMacOSかWindowsで動作するX AIR Editで行いますが、iOSやAndroidアプリでも出来るようにしてもらいたいものです。
スペックには“要iPad/Androidタブレット”とありますが、MacOSやWindowsパソコンでもコントロールできます。

追記
アンテナを10回程起き立てしたらヒンジの部分が折れて直立できなくなりました。
曲げたままでもアンテナとして機能しますが、距離が離れたらどうなるか不明です。
とりあえず使わなくなったWi-Fiルーターのコネクターが同規格のアンテナと交換しました。

レビューID:72412

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/09/14

11111ライブで使ってるPAマンです

投稿者名:MAEDA 【東京都】

二人のミュージシャン用ですが、8chのINPUTを2段にしてメインとモニターを分けています。ミュージシャンはそれぞれイヤモニをiPadでキューボックス代わりにしていて好評です。iOSやAndroidのアプリは細かい操作をするといきなりアプリが落ちることがあったので、メインはWin10のノートで操作しています。Wi-Fiは一応外部のルーターを使っていますが、たまに内部ルーターで使ってもトラブルはありません。普段はX32を使うことが多いですが、オペのみの時は「メインスピーカーとマイクスタンド以外は持ち込みます。一人で飛行機で手持ちですけど。」って言えるようになりました。海外公演もこれでうまくいきました。とにかく「軽い、小さい、音はちゃんとしてる」という感想です。

レビューID:66323

参考になった人数:10人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/08/13

11111非常に完成度の高い製品です

投稿者名:Tune the Voice 【福岡県】

同価格帯のMACKIE. DL1608と機能面のおおまかな違い
・16CH全てがコンボ入力+さらにAUXインとして2CHのフォン入力を装備
・PC、Androidでのリモート操作にも対応
・X-TOUCH、MCUプロトコル対応のフィジカルコントローラーで有線操作が可能
・PCとUSB接続することで18入力のオーディオI/Oとしても使用可能

リモート操作のUIデザインが各プラットフォームでバラバラです
(;´Д`)

マルチ録音したトラックはそのままフェーダーにアサインしてプレイバックすることができ、演者不在でミキシングが可能です
(もちろん直接音がないため完全なミックスとはいきませんが)

惜しむらくはタイムアライメントができないこと…

これがアップデートで実装されたら同価格帯最強のデジタルミキサーになるかと思います

レビューID:65673

参考になった人数:4人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/07/01

1111シビアな現場でなければ

投稿者名:未記入 【奈良県】

概ね良好です。
RTAも表示でき、FXは主にRev系しか使用してませんが質はYAMAHAのデジ卓のものよりは私はこちらの方が好みです。

インプットのCh数が増えてFXを多様してるとたまにレベルメーターやフェーダーの動きがカクつくことがあります。

それ以上に気を付けなければいけないのはiPadの扱い方ですね。充電しながら長時間操作してると、タッチの反応が鈍くなったり、野外で直射日光に当ててると『高温注意 温度が下がるまでお待ち下さい』の画面が出て何も操作ができません。。。

幸いWiFiが途切れようがiPadの電源が落ちようが、ミキサー自体は現状維持をしてくれるので音が途切れるといったことはありません。

アナログ卓とアンプの間に挟んでEQ代わりに使用する方法もかなり便利ですよ。

レビューID:64821

参考になった人数:7人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/06/10

111一番心配なのは・・

投稿者名:Ban 【長崎県】

3回ほど使ってます。持っていく周辺機器もなくなり、移動も楽になり良いなとは思っているのですが、3~4時間ほどのLIVEの途中で操作が固まってしまいます。
ボタン類が全く反応しなくなりヒヤ汗垂らしたことも何どかあり、酷い時にはLIVEの本番を中止して一度電源を落として、それから再アクセスしたこともあり、有線でコントロールできる装置があれば助かります。
ですからタブレット単体での操作は怖いですね。
X-TOUCHなどと接続できれば良いのですが、その質問にはまだ未回答なので、早く教えて頂ければ助かるんですが・・

レビューID:64407

参考になった人数:6人

参考になりましたか?
Yes
NO

ASK

大幅値下げ市 オススメ商品

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! 夏休みになりたい自分探しの大冒険!! ○○○に俺はなる!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top