ここから本文です

サウンドマート

ZOOM ( ズーム ) / MS-60B+

ZOOM ( ズーム )  / MS-60B+

  • ZOOM ( ズーム )  / MS-60B+画像1
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-60B+画像2
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-60B+画像3
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-60B+画像4
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-60B+画像5
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-60B+画像6
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-60B+画像7
  • メーカーサイトManufacturer Site
97種類のエフェクトを搭載したベース用マルチストンプ「MS-60B+」。演奏の強弱(ダイナミクス)に応じた動的な音色変化を再現する「マルチレイヤーIR」を採用した11種類のアンプ/キャビネットを内蔵しています。最大6エフェクトを同時使用でき、接続順と各エフェクトの設定を100種類まで保存可能。アプリでもメモリーの編集ができるほか、画面の表示内容を音声で読み上げるVoiceOverに対応しています。
※初回入荷数量が未定のため、次回以降の入荷待ちとなる場合がございます。次回以降の入荷状況は未定(数か月以上入荷待ち)となるため、あらかじめご了承のうえ、ご検討いただきますようお願いいたします。

◎ ストンプボックス1台に、ベース用に特化した97種類のエフェクト/アンプモデリングを搭載
◎ 24種類のドライブ/プリアンプ、24種類のダイナミクス/フィルター、17種類のモジュレーション、13種類のディレイ
/リバーブ、シンセベースを含む8種類のSFXサウンド
◎ 演奏の強弱に応じた動的な音色変化を再現するマルチレイヤーIRを採用した、11種類のアンプ/キャビネットモデル
◎ 鋭いアタックと明瞭なローエンドを提供する、フラットな位相特性のアナログ入出力回路
◎ 自由な接続順で、最大6エフェクトを同時使用可能
◎ 選択中のエフェクトに応じてバックライト色が変わる高解像度LCD
◎ 100種類のエフェクトパッチをメモリー可能(85種類のプリセットを内蔵)
◎ ベースを演奏しながら、パッチメモリーやエフェクト選択が足元の操作で行えるカーソル型フットスイッチ
◎ R OUTの出力信号をパッチメモリー内の任意の箇所から取り出せる「R OUT POSITION」機能搭載。
◎ ベースケースのポケットに収まる、軽量コンパクトデザイン
◎ エフェクト設定を自動保存するオートセーブ機能と、編集内容を元の状態に戻すリバート機能
◎ Low-B/Hi-Cチューニングにも対応するチューナー機能
◎ iOS用アプリ「Handy Guitar Lab」から、追加エフェクト/プリセットパッチの入手、パッチメモリーの編集が可能
(画面の表示内容を音声で読み上げるVoiceOverに対応し、視覚障がい者のためのアクセシビリティを確保)

■ベース用エフェクター
■マルチ・ストンプ
■エフェクトタイプ:97
■同時使用エフェクト:6
■パッチメモリ:100
■入力:
標準フォーンジャック
■出力:
2 × 標準フォーンジャック(L / R)
■電源 ACアダプタ(別売り/AD-16) DC9V / センターマイナス / 500mA
■電池:単3電池 × 2
■連続駆動時間::7時間 (アルカリ電池使用時)
■USB:Busパワー
■寸法、重量:133(D) x 79(W) x 61(H) mm 、400g (電池含む)
■USB:Handy Guitar Labとの接続およびファームウェア・アップデート用USB Type-Cポート

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11100(3.0)
  • レビュー数Reviews2
この商品のレビューを書く

2024/05/19 

1111音は良いですが操作性が、、、

投稿者名Reviewed byredbass1980 【長野県】

音は間違いなく良くなってます。
個々に入ってるモデルのエフェクターと比べても遜色無い程です。音もかなりクリア。
しかしB1Fourで利用できるGuitarLabが使えずここへ来て10年前のレガシーシステムを引き摺っている印象を受けました。
多種のエフェクターを出されてる為、差別化を付けたい気持ちも理解できますが、リリースするエフェクターの種類を絞ってより使いやすくしたほうがユーザーに受けがいいと思います。
音のグレードは少し落ちて、使える同時エフェクト数は6から5個と少なくなりますが、B1Fourの方が圧倒的に使いやすいです。
また、同社が出しているベース用エフェクターで総合的に最強なのはG11でしょう。

レビューIDReview ID:149639

参考になった6

2024/05/27 

11B1fourの方が使いやすい

投稿者名Reviewed byムスタングベース友の会 【兵庫県】

かっこいいし、良いエフェクターです。
 
良いのですが、上の方と同意見で操作性が悪く、マルチ単体で使用する荷物を減らしたい意図の方には「B1Four」の方が使いやすいと感じました。
 
〈理由〉
・B1Fourと音質ほとんど変わりません
・足で操作しにくいというか、踏めません。手で押すボタンです
・画面が見にくい
・割と重く高さがあり、ギグバッグが膨らむ
・電池の寿命が短い(2本しか入らない)

B1Fourは、上に書いた逆となります。
小さな操作ボタンを足で踏み分けることが、私には無理でした。
画面も見にくい。
仕方ないのですが、B1Fourみたいに並ぶと便利なんですが。
 
ちょうど「Otoya通信」のコラムで、マルチエフェクター。一台完結か、ボードに組み込むか。が掲載されていますが、この機材はボードの中に補助のエフェクターとして組み込む使い方には最適でしょう。
 
一台完結。マルチエフェクター単体で使いたい方には、B1FourかB2Fourの方が使い勝手が良いと感じました。
音質もほとんど同じです。

レビューIDReview ID:149781

参考になった6

    • この商品のレビューを書くWrite a Review

ZOOM ( ズーム )
MS-60B+

商品ID:347369

¥14,900(税込)

  • 送料無料

149ポイント(1%)内訳

  • 149Pt

    通常ポイント

  • 149Pt

    合計

閉じる

約2ヶ月約2ヶ月

数量

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram TikTok