ここから本文です

サウンドマート

STRYMON ( ストライモン ) / IRIDIUM キャビネットエミュレーター

STRYMON ( ストライモン )  / IRIDIUM キャビネットエミュレーター

  • STRYMON ( ストライモン )  / IRIDIUM キャビネットエミュレーター画像1
  • STRYMON ( ストライモン )  / IRIDIUM キャビネットエミュレーター画像2
  • STRYMON ( ストライモン )  / IRIDIUM キャビネットエミュレーター画像3
  • STRYMON ( ストライモン )  / IRIDIUM キャビネットエミュレーター画像4
  • STRYMON ( ストライモン )  / IRIDIUM キャビネットエミュレーター画像5
  • STRYMON ( ストライモン )  / IRIDIUM キャビネットエミュレーター画像6
  • STRYMON ( ストライモン )  / IRIDIUM キャビネットエミュレーター画像7
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
STRYMONから待望のアンプ、IRキャビネットエミュレーターが登場。スタジオ、ステージ、自宅とどこにいても至高のサウンドが楽しめます。
ワールドクラスのチューブアンプをそれに最適なスピーカーキャビネットに繋ぎ、音響の良い部屋でプレイする…これに勝るものは無いでしょう。しかし、そのフィーリングを実現してくれるstrymon Iridiumの登場です。Iridium(イリジウム)は、それ一台で「チューブアンプ」、「先例のないリアルなスピーカーキャビネットのインパルス・レスポンス」、「ナチュラルなルーム・アンビエンス」を提供してくれます。その先例を見ないキャビネット・エミュレーションには、3種類のアンプそれぞれに異なる3種類のIRデータを用意しました。

さらに、本機は広いアプリケーションに応えられるように、ペダル、ラインの異なる入力レベルに、モノ&ステレオにも対応します。 ステージのフロアモニターやインイヤーでのモニタリング、スタジオモニタースピーカー、ヘッドフォン、あらゆるアプリケーションでも、素晴らしくインスパイアリーなモニタリングがあなたのプレイに用意されています。

リアルなチューブアンプのフィーリング、先例のないレベルのIRキャビネット、ルーム・アンビエンスを体験してみませんか?

・独自のMatrix Modelingにより、微妙な特徴やユニークなトーンまで捕らえた3種のアンプモデリングを完成しました。
Round Amp - based on* a Fender Deluxe Reverb
Chime Amp - based on* the Brilliant channel of a Vox AC30
Punch Amp - based on* a Marshall Plexi (Super Lead model number 1959)
・9種類(アンプ毎に3種類)の24bit / 96kHz 500ms ステレオIRを備えています。
・アンプスタイルに呼応する シンプルなDrive、Level、Bass、Middle、Trebleコントロール方式を採用。
・高性能JFETディスクリートアナログ入力段を採用。最大22dBのアナログゲイン
・ステレオ入力(要TRSアダプターケーブル)/ ステレオ出力
・インストorラインの選択可能な入力信号レベル
・ディスクリートトランジスターヘッドフォンアンプ(1/8インチ出力)
・エクスプレッションペダルによる、コントロールノブの連続リモートコントロール、プリ/ポストボリューム(ログカーブ)が可能。
・Strymon Impulse ManagerソフトウェアによるIRキャビネットのロード&エディットが、USB経由で行えます。
・本機のFAVスイッチに加え、Strymon MultiSwitch Plus(3プリセットスイッチング)、MiniSwitch(リモートスイッチング)の使用が可能。
・EXPジャックからMIDIのフルアクセス(パラメーターコントロール:CC、300プリセット:PC)が可能です。これにはStrymon MIDI EXPケーブル or MIDI→TRSが必要です。
・超低ノイズ、高品位の24-bit 96kHz A/D and D/Aコンバーターの採用で、妥協のないオーディオパフォーマンスをお約束します。
・スーパーハイパフォーマンスSHARC DSP&ARMコプロセッサーを採用
・32-bit浮遊小数点プロセッシング
・軽量、頑強なアルミシャーシ採用
・専用9V DC電源アダプターを同梱

■3つのアイコン的アンプ
我々が開発したMatrix Modeling? Process(マトリックス・モデリング・プロセス)は、内蔵している各アンプのユニークなオリジナルトーンを克明に再現しています。この50年、音楽史を飾って来た最も代表的なチューブアンプを、全回路動作の数学的な解析で実現したのがこのモデリング・プロセスです。これにより、それらのアンプを実際に演奏した時のインスピレーションがリアルに蘇ります。さらに、それらのアンプをホットロッド(ハイゲイン改造)して、高いゲインレンジまで引き上げたサウンドも実現可能にしました。

■9種類のステレオIRキャビネット
Iridiumに収められたスピーカーキャビネット・エミュレーションは、今まで誰も聴いたことが無いリアリズムを提供します。本機は、最も優れたステレオ24bit 96kHz&500msecのインパルス・レスポンス・データを採用しています。 今までこの解像度レベルは、一部のスタジオレコーディングソフトウェア(コンボルーション)でのみ使用できました。Iridiumは、最高品位のIRのリアリズムをペダルボードに収めることをも可能にしたのです。

■調整可能なルーム・アンビエンス
Iridiumのルーム・エミュレーションは、256msecのインパルス・レスポンスと、残響テールをstrymonのリバーブアルゴリズムで補う、ハイブリッドシステムを採用しています。これにより、大きさが異なるルーム・アンビエンスを完璧に再現し、スピーカーから発せられる音の息づかいと自然な反射音までをも再現可能です。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.8)
  • レビュー数Reviews15
この商品のレビューを書く

2021/03/23

11111最高の小型オールマイティアンプ

投稿者名Reviewed byけろぞう 【山口県】

購入先は音屋さんではないですが …
HX STOMPのアンシミュを使っていて、48kHzと96kHz(+500ms)の違いはどんなもんかなーと、思い切って購入してみました。結果…ホントに驚きました。動画で見るより耳で聞くと生々しさの差は歴然です。HXもバイアス調整などこだわればかなりアンプライクな音になるんですが、IRIDIUMはそこまでせずともつまみの挙動から完全にアンプそのものです。音量が小さいとあまり差は分かりませんが、大音量にすると音のハリツヤ、歪みのノリが全然違います。HX一台を元々使用していたのですが、アンシミュを使う方でしたら、重さと大きさが倍になってもIRIDIUMは絶対買うべきです。
※注意※
ギターアンプで鳴らしても周波数絞られるのでいい音は鳴りません。フルレンジ仕様ですから。FRFRやLFR、SSV3などフルレンジスピーカーないしフルレンジカバーできるスピーカー複数搭載のシステムを出口にする必要があります。
音が後ろに聞こえる感じがする人はアンプ直の音を意識しすぎです。マイクを立てて拾っている音、つまりPA卓に繋がっている観客用大型スピーカーから出る音をシミュレートしているので、それが普通です。気にせずアンサンブルにのせてみましょう。シビれますよ。
また飛び道具的な使い方でピエゾ搭載エレキやエレアコを使う際、アコースティックIRをいれてIRIDIUMのgain0-3、Highを少し落として他は全てフラット、そしてIR側のGainをPcで最大にすると、ウルトラクリーンで圧のちゃんとあるアコギサウンドを得られます。個人的にChimeと組み合わせると凄く煌びやかな音色になるので気に入ってます。お客さんからはエレキからアコギの音が出てるので驚かれます笑

レビューIDReview ID:116032

参考になった人数:9人

9 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/02/14

11111掛け録り派におすすめ!

投稿者名Reviewed byDragon Tele 【東京都】

選択肢は少ないですがピンポイントです。kemperのように100も300もリグは必要ないです。自前のボードをかっちり組んでる方は最後尾にこれを繋いでおけばRECでもライブでも快適です。kemperのどこか指から遠い感覚に違和感のある方は試してみる価値あります。ボクもそれでした。

レビューIDReview ID:114675

参考になった人数:8人

8 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/01/16

11111最高のレトルトカレー

投稿者名Reviewed bykoji 【大阪府】

”chime” と”punch”をほんのり歪ませて音つくっています。レイテンシーはないに等しく、ピッキングのニュアンスもコントローラブルです。
PCでのIR入れかえ作業含めて、とてもシンプル・直感的。
実機と比べればもちろん違うところもありますが、周囲を気にしながらビビってアンプ鳴らすより、コレで思いっきり遊ぶほうが楽しいって感じます。家だと特に。
不満点は、左側FAVスイッチで切り替える時にほんの一瞬音が途切れること。曲中で、2台のアンプをA/B BOXで使い分けるようにはいかないかも。しれません。
あと、ペダルでiridiumをプッシュしても真空管アンプが飽和した時のような挙動にはならないかも。しれません。なのでゲインステージは複数のペダルで作り分けています。
コレと、ob.1 comp、ojai はstrymon製品で気に入っています。
毎日おいしいもの食べたい。でも、毎日高級食材揃えて1から調理するわけにはいかない。。そんな時に、あったらいいな。の名機です。

レビューIDReview ID:113469

参考になった人数:10人

10 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/12/03

11111ギターが気持ちよくなる音です

投稿者名Reviewed byNamiHei 【東京都】

自宅練習用にTHR 10IIを使っていましたが、音に満足できず、ネットの評判を頼りに購入しました。
結果、大満足です…!!
難しいことはよくわかりませんが、とにかくギターを弾いていて気持ちよくなれる音、手持ち無沙汰になるとギターを弾きたくなる音です。
色々なセッティングがあると思いますが、個人的に気に入っているのは、cabをAC30アルニコブルーにしてpunchを鳴らすことです。高めのゲイン、フルミッド、ローは抑え目、ハイはほどほどくらいにしています。
デフォルトの設定では、punchのcabにAC30のアルニコブルーは入っていないので(chimeのaです)、パソコンにつないで変更する必要があります。cabを変えるだけで音が全然違うので、自分好みのampとcabの組み合わせを見つけて欲しいです。
このクオリティを5万円以下で買えることに驚きです!

レビューIDReview ID:111777

参考になった人数:8人

8 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/06/09 

11111生々しい音です

投稿者名Reviewed byK-Ishihara 【静岡県】

他のアンプシュミレーターやPCのプラグインも色々使ってきましたが、このくらい生々しい音は初めてです。まさにそのアンプの前で弾いている感じがします。アタックの音崩れ感が皆無でスパッと鳴り、余韻も自然で、ほんとうにアンプを鳴らしている感じがします。また、過去には変に音の厚みを演出しているような製品もありましたが、これは素の音という感じが良いです。ROOMアンビエンスもおまけという感じではなく、さらにリアリティーを増す気がします。
 
アンプシミュレーターを探すとどうしてもマルチエフェクターが多いですが、アンプ部分で良いものがほしいならば、これは最高の部類に入ると思います。
また、最近のマルチに多い「ずっとぐるぐる回るつまみを画面を参照して合わせる」のより、本機のようにリアルに7時〜5時間を回すつまみのほうが、圧倒的に直感的です。
 
(なお、これを書いている時点で、日本の代理店ではStrymon Impulse ManagerのMac版はOS10.14.5に対応となっています。しかし、米国サイトに行くと10.15対応済みソフトがダウンロードできました。参考まで。)

レビューIDReview ID:111385

参考になった人数:7人

7 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

STRYMON ( ストライモン )
IRIDIUM キャビネットエミュレーター

商品ID:269399

¥49,500

  • 送料無料

4,950ポイント内訳

  • 495Pt

    通常ポイント

  • 4,455Pt

    対象商品ポイント10倍キャンペーン

  • 4,950Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top