ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

HOME

DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL110 XL Nickel Round Wound Regular Light

DADDARIO ( ダダリオ )  / EXL110 XL Nickel Round Wound Regular Light

  • DADDARIO ( ダダリオ )  / EXL110 XL Nickel Round Wound Regular Light 画像1
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site

バリエーションを選ぶ

▼ もっと見る

世界中のギタリストが愛用するDADDARIOの大定番エレキギター弦のRegular LightセットEXL110。オーソドックスなニッケルワウンドを採用したブライトなサウンドは、様々なプレイスタイルに対応します。
■エレキギター用弦
■XL NICKEL
■ニッケル・ラウンドワウンド
■Regular Light
■010、013、017、026、036、046


~D'Addario XL NICKEL~
世界中のギタリスが愛用し、圧倒的な支持を得続けているDADDARIOの大定番エレキギター弦 XL NICKELシリーズ。オーソドックスなニッケルワウンドを採用したブライトなサウンドは、様々なプレイスタイルに対応します。

主な使用ギタリスト(メーカーサイトより)
・Robben Ford
・Richie Sambora (Bon Jovi)
・Lenny Kravitz
・Keith Urban
・Joe Satriani
・Josh Klinghoffer (Red Hot Chili Peppers)
・Sheryl Crow
・John Scofield
・Lenny Kravitz
・John Frusciante

※画像はイメージです。

関連商品

スタッフレビュー

ワールドスタンダードのダダリオ・エレキギター弦。

世界で一、二を争うシェアを持つエレキギター弦です。ライバルのアニーボールに比較して、暴れない落ち着いたサウンド、長寿命で長期間にわたる安定したサウンドと言われますが、まさしくその通りだと思います。ボールエンドは6色で色分けされ、弦の張り間違えを防ぎ、初心者にも優しい仕様です。ただ、ほとんど見る機会はないのですが、ヴィンテージ系のテレキャスターの裏や、レスポールのテールピースの下からカラフルなボールエンドが見えるのは、個人的には少し興ざめだと感じます。

3セットパックも一つずつビニールで密閉包装されているので安心感があります。スタジオ等にもほぼ常備していて、どこでも手に入るのも嬉しい、しかも世界で認められた、納得のダダリオサウンドです。そして、自分ならではの弦を探求したいなら、このダダリオ・ニッケルのサウンドを基準に弦選びをすれば間違いないハズです。

広告部 / 川村 信博広告部 / 川村 信博

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.3)
  • レビュー数Reviews51
この商品のレビューを書く

2018/10/24

11111素晴らしい弦

投稿者名Reviewed byまさちゃん 【新潟県】

今回は、自分のスクワイヤのテレキャスターに、ゴトーのクルーソンタイプのペグを取り付け、一緒に弦も新しいものに変えようとこれをチョイスしました。以前はアーニーボールの弦を使用していましたが、錆びやすく若干音が暴れる?感じがして、ダダリオ弦にしました。商品到着が少し遅れましたが到着してすぐにペグの取り付けにかかりました。何とかペグを取り付け、新しい弦を張りました。アンプに通して試奏すると、ペグがかわったせいかパリンとした明るい綺麗な音が鳴りました。弦のテンションも丁度良くチョーキングも自在でした。特に弦の太さにはこだわりはないですが、自分にはこのゲージが丁度あっていたと思います。やっぱりダダリオは安心できますね♪(´ε` )

レビューIDReview ID:86449

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/10/14

11111ど定番!!

投稿者名Reviewed byなまず釣り堀 名東支店 【愛知県】

まず絃と言ったらダダリオかアーニーボールって位に定番中の定番のブランドだと思います。
もう定番過ぎて敢えて使うのを避けてるって人もいるかも知れません。
音質もですが、何よりもまず「品質ムラが殆ど無い」って所がポイントが高いですね。
DRとかでもそうですが、変にハンドメイドだの何だのとどうでも良い様な部分に拘り過ぎて、肝心の品質の方がムラが多過ぎて使いもんにならん物が多い中、アーニーとかダダリオは流石だなと感じる位に品質はずっと安定しています。
ダダリオはアーニーほどの張り立て時のブライトさは無いと思いますが、その落ち着いた音質の寿命が長いと感じます。
アーニーは3日も経つと急激に曇った音になりますね。
それと同じゲージでも他メーカーよりもテンションが少し緩い印象があります。
実際にマイクロメーターで計測するとホントに僅かですがアーニーよりも細いです。
コレが独特の弾きやすさになってるのかも知れません。

レビューIDReview ID:86173

参考になった人数:5人

5 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/07/27

11111NYXLとの比較

投稿者名Reviewed byストラト 【奈良県】

今更ですが、比較してみました。
こちらの方が音が柔らかく、小音量のジャズコやツインリバーブでもキンキンしません。あと、指弾きをする方はこちらの方が圧倒的に使いやすいです。NYXLは少しニュアンスも音も固めで使いにくいです。
逆にNYXLは、少し鳴り不足かな?と感じる楽器や、ポリ塗装の楽器に非常にマッチします。最近のハイゲインアンプを使うならば間違いなくNYXLでしょう。あと、ピッチが異常に良いという利点もあります。
結論としては、ある程度良い楽器を持っていてあまり楽器の音を殺したくない、という事を優先するならばXL。
大音量のプレイが前提、もう少しハリのある音が欲しい、という方はNYXLをオススメします。
どちらも素晴らしい弦ですが、参加までに。

レビューIDReview ID:84105

参考になった人数:9人

9 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/06/01

11111今更ですね。

投稿者名Reviewed byquenta 【大阪府】

ギター始めた頃はアーニーを使用してました。あのギラギラ感が気にいってましたが錆びるのが早く、そうしているうちにエリクサーが出て10数年は使ってましたが、ある時ギターをメーカー修理に出して返ってきた時にこのダダリオが張ってあり、いつもならエリクサーにすぐ張り替えるんですが、もったいないと思い一カ月使ってエリクサーに替えた所、滑り過ぎると言うか指が引っかからなくなり使えなくなりました。そして、久々にアーニー久々に使えるかもと思い、替えたんですが昔ほどギラギラ感がなくそしてかたく弾きにくくなってました。後、同じ歪み量で弾いた所ダダリオ の方がよく歪むとわかりました。チョーキングした時の柔らかい感じもまたいいですね。指の引っ掛かりも今の自分にピッタリだと思います。余談ですが、歳をとると手汗がほとんど出なくなり一カ月張っていて錆びなかったのはびっくり!あるきっかけで、こう言う事もあるんだと驚きました。
もうエリクサーは使えないです。エリクサーごめんね。

レビューIDReview ID:82710

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2017/11/09

11111これしか使ったことないが

投稿者名Reviewed by芋ようかん舟和 【東京都】

ド定番すぎてアレですが、間違いない音だと思います。
ストラトにはコレだなー。

レビューIDReview ID:77209

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

DADDARIO ( ダダリオ )
EXL110 XL Nickel Round Wound Regular Light

商品ID:26707

¥470(税抜)

(¥517 税込)

  • 2,000円(税込)以上で送料無料

51ポイント内訳

  • 5Pt

    通常ポイント

  • 46Pt

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 51Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top