ここから本文です

サウンドマート

TAMA ( タマ ) / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal

TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal

  • TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal画像1
  • TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal画像2
  • TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal画像3
  • TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal画像4
  • TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal画像5
  • TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal画像6
  • TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal画像7
  • TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal画像8
  • TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal画像9
  • TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal画像10
  • TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal画像11
  • TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal画像12
  • TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal画像13
  • TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal画像14
  • TAMA ( タマ )  / HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal画像15
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
Dyna-Syncペダルは、カムとフットボードを繋ぐダイレクトリンクの接点を最適なポジション/角度に設定することで、"パワーとスピード"に加えて"自然なフィーリング"の完璧なバランスを追求。カムの上部アームを前後にスライドさせることで、カムの回転半径を"無段階"に調整可能。好みに応じた多様な踏み心地へと変化させることで、あらゆるプレイスタイルにフィットする一体感をもたらします。
■ドラムペダル
■Dyna-Sync
■ツインペダル
■ダイレクトドライブ
カムとフットボードの連結に金属製のアームを用いる"ダイレクトドライブ"方式を採用したドラムペダル
■専用ハードケース付属


●Optimized Transmission Design
カムとフットボードの連結に金属製のアームを用いるダイレクトドライブは、演奏時のアクションの"遊び"を排除することで、非常に軽い踏み心地と素早いフットボードの返りを実現します。一方で、踏み込みの角度によって変化するその独特なフィーリングは、プレイヤーの好みが分かれるところです。
Dyna-Syncペダルでは、踏み込みの角度に左右されずに、カムとフットボードを繋ぐダイレクトリンクの接点を最適なポジション/角度に設定することで、"パワーとスピード"に加えて"自然なフィーリング"の完璧なバランスを追求しました。


●Dual Linkage
フットボードを踏み込む力を無駄なくカムの回転運動に変換するため、カムとフットボードを繋ぐアームのジョイント部両端には、ベアリング付きの回転軸を装着。かつ、それらを2本のアームで左右から同じ力で保持することにより、連結部でのエネルギーのロスを極限まで防ぎ、驚異的な反応速度とパワーを実現します。


●Slidable Cam
カムの上部アームを前後にスライドさせることで、カムの回転半径を"無段階"に調整可能。アームを伸ばして回転半径を大きく(L:Largeの方向に移動)すれば、プレイ時のフットボードの角度と踏み込みに必要な力の変化が緩やかになり、チェーンドライブペダルのような微細なタッチを表現出来る高い操作性を実現します。逆にアームを縮めて小さく(S:Smallの方向に移動)すると、フットボードの角度と踏み込みに必要な力の変化がより大きいダイレクトドライブ感を高めたアクションとなり、ソリッドな踏み心地を得ることが可能になります。ダイレクトドライブ・アクションでありながらも、好みに応じた多様な踏み心地へと変化させることで、あらゆるプレイスタイルにフィットする一体感をもたらします。


●Footboard Angle Adjustment
ドラマーそれぞれ個人の好みにカスタマイズするために重要な機能が、ビーターアングルとは独立したフットボードアングルの角度調整。Dyna-Syncペダルは、これまでにない新しく、ユニークな角度調整機能を搭載しています。フットボードの先端に、カムから伸びたリンケージを繋ぐクランプがあり、そこに設けられたボルトをチューニングキーで調整することで、フットボード全体の角度を変更し、かつ強固に固定することができます。


●Sync-Coil
Sync-Coilは、ビーターがヘッドにヒットする寸前にフットボード裏側にコイルが触れる事で、フットボードの返りをアシストするTAMAオリジナル機構。コブラペダルのCobra Coilと比較して1.5倍の強さを持つスプリングを採用し、より強力な効果を得ることができます。


●Dyna Beater
黒いフェルトとわずかなテーパー形状が特徴のトラディショナルな俵型ビーター。プレイ時の自然なフィーリングと、クリアーでダイナミックなバスドラムサウンドを実現します。


●Hinge Guard Block
ヒンジシャフト両端のベアリングは、上下で挟むように保持することで、ペダルを踏んだ時にベアリングに掛かる力を分散。ヒンジシャフト自体に掛かる負荷を軽減することができ、より高い精度での回転とスムーズな操作性を、高い耐久性と共に実現します。


●Swivel Spring Tight
スプリングの効果を最大化するための機構。 スプリングの下端を固定する軸が回転することで、激しい動きでもスプリングが歪むことなく常に垂直方向へ伸び縮みします。これによりスプリングに蓄えられる弾性エネルギーをロスなくペダルを動かすエネルギーに変換。 さらに、スプリングとの連結部分に掛かる摩擦を軽減することで、踏み込みは軽く尚且つ戻りも速いという理想的なペダルワークを実現しました。


●Para-Clamp II Pro
様々な厚みのバスドラムフープを確実にホールドする、TAMAオリジナルクランプ。バスドラムフープを固定する先端部にラバーを装着したことでグリップ力を高め、フープへのダメージを抑えつつ強い固定力を発揮します。また、先端部が三次元で動く構造を採用しているため、バスドラムのフロント側を極端に浮かせたセットアップでも、その角度に応じて先端がフィットしペダルを安定させます。


●Oiles Bearing Hinge
フットボードの支点となるヒンジには、ベルブラス製のメッシュにテフロン樹脂 をコーティングした"Oiles"ベアリングを採用。不快なフットボードの横ブレをシャットアウトし、スムーズなペダルワークを提供します。

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews2
5
2件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2020/11/05

11111理想のペダルに出会った!

投稿者名Reviewed byAA205 【東京都】

スピードコブラ910から、ダイナシンクに変更しましたが
大きな違和感もない使用感で驚きました。
ダイレクトらしいレスポンスの速さがありながら、アクシスの様な「スカスカ感」が無いので
どのペダルから乗り換えても、踏みやすいと感じると思います。
カムの位置を、短めと長めにする事で、ペダルの性格が大きく変化するのも面白いです。
又、セッティング出来る箇所が、ビーターアングル・ボード高さ・カム位置と必要最小限なので
セッティングの迷宮入りする事も無いので扱いやすいです。
チェーンの感覚を味わいたいと思えば、カムを長めにするとチェーン感覚でレスポンスが速いペダルになり
真円カムの様な、凄く素直なペダルになります。
私は、ダイレクト感が欲しいので、真ん中から1段短めのカム位置にしています。
カムを最大に短くすると、ビーターがヘッドに当たる瞬間、グンと重さがあり、踏む力が必要になりますが
打面に当たった後は、その反動で速くビーターもボードが戻るので、超高速向きに変化します。
個人的は意見ですが、スピードコブラとダイナシンクの踏み心地の軽さという点は、そんなに差はないと感じました。
私自身、スプリングテンションはタイトに張りますが、ルーズなテンションでも、フットボードの返りが速いです。
おそらく、少し短めのスプリングなので、それが影響していると思います。
ロングフットボードは、スプリングテンションをタイトにしても、踏む位置で、軽く踏めるという事が利点と思います。
ダブルも踏みやすく、2打目も大きい音が出るので、凄く有難いです。
フットボードのブレが全くないのも凄いなと思いました。
250BPM超えの速いツーバスも全く問題ありません。
この値段でこのクオリティ、TAMAの凄さを感じます!素晴らしいペダルと思います!

レビューIDReview ID:110793

参考になった人数:25人

25 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/11/16

11111踏み心地が他のメーカーと比べても違和感を感じにくく、且つ軽い

投稿者名Reviewed byD 【東京都】

いつかTAMAからもダイレクトドライブが出ると良いなと思っていたところで発表があったので購入を決めました。
ダイレクトドライブ自体はAXIS A-L2からPearl Demon Driveのロングボード設定をこれまでは使っていました。
それ以前は第2世代のIronCobraをメインにしていました。
A-L2は「これぞダイレクトドライブ」な直線的な踏み心地が調整しても変わりませんし、Demon Driveは調整によって「重さの感じ方を変える」という感じで(もちろん音変わります)、どちらも終始ダイレクトドライブを感じる物でした。
フットボードの長さはSpeedCobraと同じくらいです。
このDyna-Syncは、まず最初に手元にきて無調整で踏んでみて「あれ?パワーグライド?」と錯覚するような踏み心地で、
Speed-Cobraのような軽さでストンとビーターがヘッドに入っていく感じに驚きました。
確かにチェーンドライブの踏み心地がしっかり再現されています。
自分はダイレクトドライブの感触が欲しかったので調整し直したのですが、カムの調整機構で確かにダイレクトドライブの雰囲気へと変貌します。
何よりすごいのは軽く足を置く感覚で「ドスン」と来る音量。下手に力入れると逆に音でないんじゃないかなと(A-L2がそんな感じなので)。
軽さはSpeedCobraを凌ぎそうなほどなところもありますし、調整如何ではSpeedCobraにも踏み心地を似せることもできそうな感じです。
付属ビーターもフエルトながら不満の出にくい雰囲気です。
パワーで踏むタイプの方には違和感を感じるかもしれませんが、疲れない奏法で演奏したい方にはおすすめできると感じています。
SpeedCobraと同等の大きさがあるので、付属ケースを使わないのなら若干大きめの物を選んだ方が良いと思います。

レビューIDReview ID:97718

参考になった人数:18人

18 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

TAMA ( タマ )
HPDS1TW Dyna-Sync Twin Pedal

商品ID:261464

¥52,418(税抜)

(¥57,660 税込)

  • 送料無料

5,765ポイント内訳

  • 576Pt

    通常ポイント

  • 5,189Pt

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 5,765Pt

    合計

閉じる

在庫僅少在庫僅少

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top