ここから本文です

YAMAHA ( ヤマハ ) / reface CS アナログモデリングシンセ

YAMAHA ( ヤマハ )  / reface CS アナログモデリングシンセ

  • YAMAHA ( ヤマハ )  / reface CS アナログモデリングシンセ 画像1
  • YAMAHA ( ヤマハ )  / reface CS アナログモデリングシンセ 画像2
  • YAMAHA ( ヤマハ )  / reface CS アナログモデリングシンセ 画像3
  • YAMAHA ( ヤマハ )  / reface CS アナログモデリングシンセ 画像4
5
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
プロフェッショナル・ハイグレード音源と、ハイグレードかつコンパクトな『HQ Mini』鍵盤を搭載。シンプルな操作性、5つの個性的なオシレ―タ―で多彩な音色変化を楽しめるバーチャルアナログシンセサイザー。

アナログシンセサイザーをモデリングしたAN音源(アナログフィジカルモデリング音源)を搭載。マルチソー、パルス、オシレーターシンク、リングモジュレーション、フリーケンシーモジュレーションの5タイプのプリセットを選ぶことで、アナログシンセサイザー特有の音色変化を手軽に再現できる独自のオシレーターを搭載。この他にLFO、AEG、FEG、エフェクターを搭載し、シンプルな操作で多彩な音作りが可能です。

鍵盤数:37鍵
鍵盤種:HQ(High Quality)MINI鍵盤
イニシャルタッチ:○
音源方式:AN音源 (Analog Physical Modeling)
最大同時発音数:8
タイプ数:5
エフェクト:ディスト―ション、 コーラス/フランジャー、 フェ―ザ―、 ディレイ
接続端子
DC IN:DC IN(12V)端子
ヘッドフォン:PHONES(ステレオ標準フォーンジャック)
OUTPUT:OUTPUT L/MONO、R(標準フォーンジャック)
ペダル:FOOT CONTROLLER
AUX IN:AUX IN(ステレオミニジャック)
USB TO HOST:USB(TO HOST)
MIDI:MIDI(ミニDIN IN/OUT)
アンプ出力:2W×2
スピーカー :3cm×2
電源
電源アダプター:PA-130B(またはヤマハ推奨の同等品)
電池:単3乾電池×6(別売) 充電式ニッケル水素電池対応
消費電力:6W(電源アダプター PA-130B使用時)
電池寿命:約5時間(アルカリ電池使用時)
オートパワーオフ:○
寸法:530(W)×175(D)×60(H)mm
重量:1.9kg
付属品:電源アダプター、MIDI変換ケーブル、取扱説明書、保証書

関連商品

スタッフレビュー

TOTOのSteve Porcaroをはじめ多くのミュージシャンに愛用され、数ある名曲にそのサウンドを残してきたアナログ・ポリフォニック・シンセ「CS-80」に代表されるCSシリーズが「reface」により復活!と言っても単なるガジェット系のコンパクトなアナログ・シンセではなく、アナログ・シンセをモデリングしたAN音源(アナログ・フィジカル・モデリング音源)に、マルチソー、パルス、オシレーターシンク、リング・モジュレーション、フリーケンシー・モジュレーションの5タイプのプリセットを搭載。選んだオシレーターによって「TEXTURE」や「MOD」の効果が変わるので、より効果的にダイナミックなサウンドを体感できます。"シンプルエディット・カラフルサウンド"というコンセプトだけあり、操作も簡単で幅広い音作りができるように工夫されています。更にディストーション、コーラス/フランジャー、フェイザー、ディレイの4種類がプリセットされたエフェクトやレコーディング後にテンポや音色の変化もできるフレーズルーパーなど、幅広い用途を考えて作られているのも嬉しいポイントです。

営業部 / 望月 了輔営業部 / 望月 了輔

見た目もサイズ感もかわいいYamahaのrefaceシリーズ!530mm×175mmとコンパクトなサイズは使用場所に困りません!世に愛されてきたYamahaの名器「CS-80」(1977)をより進化させコンパクトにしたものだそうです。ジャンルとしては、アナログモデリングシンセサイザーというそうです。デザインもスタイリッシュ且つ、わくわくするつまみがたくさん付いてます!早速触ってみます。スピーカーがついているので、そのまま音が出せるのもナイスポイントですよね!音のもととなるオシレーターで、音のキャラクターを決定できます。波線の記号で音のキャラクターが示してあり、つまみを合わせるとそれぞれカラフルなライトが点灯します!うーん、かわいい、たまらないです。キラキラ系やベースっぽい音、ふにょふにょと不思議な音などなど、バリエーション豊富!さらに、音の出具合を調節したり、リバーブをかけたり、MOD TEXTUREという音のキャラクターごとに合うエフェクトを足す効果のものもあります。全くの初心者の私でも、ずーっと触っていたくなるくらい、とっても簡単に音作りが楽しめます。豊富なエフェクト幅は、もちろん経験者も飽きさせないでしょう。電池駆動も可能なので、持ち運びもOK!楽器としても、音楽制作のパートナーとしても活躍するアイテムです!

サウンドハウスサウンドハウス

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:2
5
2件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2019/01/31

11111なにげに名機では?

投稿者名:もんたげ 【東京都】

復活のAN音源。サウンド、鍵盤、操作性、可搬性、お値段すべて文句なし。MONTAGEやMODXにアナログ系の音源が搭載されなくて不満がある人はこれを買えばかなり幸せになれると思う。
・オシレータ
2オシレータだが個別ではコントロールできない。TEXTUREでOCS2のピッチを調節し、MODでデチューンや矩形波のパルス幅を調節する。ノイズはないがFMを選択してTEXTUREとMODを最大にすれば容易にザーザー鳴る。高速LFOで変調するとさらにいい。
・LFO
サイン波固定でDEPTHとSPPEDのみ可変。SPEEDは最近のシンセらしく超高速まで対応。DEPTHの最大値が振り切っている。
・ポルタメント
POLY/MONO切り替えスライダーがポルタメント速度調節も兼用。直線ではなく指数的な粘っこい音程変化がMOOGっぽくていい。
・フィルター
最近のMOOGのLPF(-24dB/oct)に近い特性。キースケーリングはON(FULL)固定で、発振させるとドレミが演奏できる。
・EG
1つだけでAMP/FILTER共用。AEG/FEGというスライダーで効かせ具合をバランスで調整するのがユニーク。
・エフェクト
せっかく作った音色をエフェクトで徹底的に破壊することも可能。リバーブを省いた思想からして音色パラメタの1つとして扱うべきだろう。
・鍵盤
ベロシティ対応で、強弱のコントロールがしやすい(音源はベロシティ対応していない)。さすがヤマハの鍵盤で、打ち込み時のマスターキーボードとして使えるレベル。
・LOOPER
あまり使いこなせてない。誠に申し訳ありません。
※全体的な印象
音の立ち上がりはかなり速い。オーディオ出力はノイズフロアが低く、音質も良い(さすがにMONTAGEには及ばないが十分)。音圧や低音域の図太さには今ひとつ欠けるところがあるものの、線が細くは感じない。高音域はよく伸びている。アナログっぽいウォームな音から、VAらしいギラギラした音まで出せる。8音ポリなのもよい(4音だと勘違いしていた)。
音色は本体にはストアできないが、iOS機器への保存が可能。本体スピーカーもオマケかと思っていたが立派に鳴ります。

レビューID:89148

参考になった人数:6人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/06/23

11111弾きやすい!

投稿者名:シンセ好き人間 【富山県】

小さくてシンプル、見た目からは想像がつかない音が出ます。シンセサイザーとしての基本はしっかりと押さえられています。スピーカーも案外大きな音が出たので驚きました。
鍵盤も弾きやすく流石よく作られています。
またいろいろ分かったら追記したいと思います。

レビューID:64679

参考になった人数:6人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

YAMAHA (ヤマハ)
reface CS アナログモデリングシンセ

商品ID:205253

¥39,400(税抜)

(¥43,340 税込)

  • 送料無料

2,165ポイント内訳

  • 433Pt

    通常ポイント

  • 1,732Pt

    ポイント5倍

  • 2,165Pt

    合計

閉じる

約2ヶ月約2ヶ月

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top