ここから本文です

MARSHALL ( マーシャル ) / JVM210H

MARSHALL ( マーシャル )  / JVM210H

  • MARSHALL ( マーシャル )  / JVM210H画像1
  • MARSHALL ( マーシャル )  / JVM210H画像2
  • MARSHALL ( マーシャル )  / JVM210H画像3
  • MARSHALL ( マーシャル )  / JVM210H画像4
10
  • メーカーサイト
JVM410Hをそのままシンプルに2チャンネルバージョンとしたバージョンです。厳選したチャンネル/モードで幅広いスタイルに対応します。2チャンネルそれぞれに3つの異なるモードが用意されており、2×3で6通りのバリエーションが得られます。
■ギターアンプヘッド
■出力:100W
■プリ管:ECC83×4
■パワー管:ECC83×1、EL34×4
■フットスイッチ付属
■寸法、重量:750×310×215mm、22kg
~メーカーサイトの解説より~
■JVMはプリ管にECC83、パワー管にEL34を搭載しています。JVMはこの1959発表以来のコンビネーションでJCM2000に至るまでの伝統のマーシャルサウンドを演出します。しかし、JVMのサウンドはそれだけではありません。「マーシャルのフル・バルブ・モデル史上最強の歪みをクリエイトすべし」の任務を果たすべく、ODチャンネルでは今までのマーシャルにない革新的なサウンドをクリエイトすることができます。
■JVM2にはCLEAN/CRUNCHとOVERDRIVE、2つのチャンネルが搭載されています。そしてそれぞれのチャンネルはゲインの低い順にグリーン、オレンジ、レッドの3つのモードで構成されています。JVM2は2×3で6通りのサウンドバリエーションとなります。そのサウンドはどこまでも澄み切った究極のクリーン・サウンド(クリーン・チャンネル/グリーン・モード)から驚異のディストーション・サウンド(OD/レッド)までを網羅しています。
■JVMには各チャンネルに独立してセッティングすることができるデジタル・リバーブを搭載しました。ナチュラルで味わい深いリバーブ・サウンドをクリエイトします。リバーブのオン/オフはフロント・パネルの他、付属のフットスイッチで制御可能です。
■エミュレイテッド・ラインアウトを使ってレコーディングする際、スタンバイ・スイッチをオフにすればスピーカー・キャビネットを接続せずにサイレント・レコーディングをすることができます。(スピーカーを接続しない状態でスタンバイ・スイッチをオンにして使用するとアンプが故障しますので充分ご注意ください)

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:1110.50(3.5)
  • レビュー数:2
この商品のレビューを書く

2012/04/23

1111万能機

投稿者名:hjmekirts 【新潟県】

全部で6チャンネルあるアンプと考えれば十分な機能です。
フットスイッチでほぼストレスフリーに切り替えられますし、切替時の音切れも殆どありません。
各チャンネルごとにリバーブON/OFFとボリューム1,2の選択設定は記憶され、イコライザーやボリュームの設定数値は切替時のアンプの状態になります。
OverdriveチャンネルはJVM4のOD2を搭載しているようで、マーシャルの伝統的な音とは違います。
良く言えばモダンですが、悪く言えばマーシャルなのにマーシャルでない違和感があります。
ゲインを高くすると腰砕けなサウンドになりがちで、少し期待外れでした。
クリーンの音はJCMシリーズに比べると薄っぺらい印象は否めません。
エフェクターの乗りは悪くなく、足元で音を作るタイプの人には使いやすいかと思います。
幅広いジャンルをしたり、様々なアーティストをコピーするような使い方にはとてもマッチしたアンプです。
汎用性が高く、なんでもこなせる万能機といえるでしょう。

レビューID:31895

参考になった人数:10人

参考になりましたか?
Yes
NO

2012/06/13

111モダンスタンダードになれるのか?

投稿者名:葛葉 【東京都】

マーシャルのモダンへの挑戦としてモードフォーが有りましたが,アレよりも幅は広く使いやすい印象。
スタジオに有って時々使ってます。
他のメーカーのハイゲインモダンアンプを色々使って来ましたが、マーシャルらしさであるエッジの立ち方とかそのままに、激歪み&ヘヴィサウンドを吐き出します。
当方は、ODchの緑でゲイン6、L4/M5/H8、V10、RES3/PRE8、M10とフルアップさせた状態で使ってます。
スタジオの管がEHなのも有ると思うんですが、それもなかなか良く,マックスにした音のMIDの出具合とか気持ちが良いです。
当然ハウリますが。
激音系バンドでもこなせるアンプですし、もっと使い込んでみたいなと思います。
ちょっと悪い点としては、
 ハイゲン時にノイズが多い
 ヌケが少し足りないかな
 低音が少し出過ぎている気もする
とかですかね?
一般的ポップなロックバンドでは、このアンプ、どんな感じにならすのかなって思っちゃいます。
やはり2203や800、900、2000辺りと比べると違いますからね。
当方のセッティングがEXTREMEなだけの印象ですが^^
悪くないアンプですが、慣れも必要だし,買うまでに至るアンプなのかな?と言った所で♪3つとします。

レビューID:33075

参考になった人数:6人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

MARSHALL (マーシャル)
JVM210H

商品ID:126620

¥156,800(税抜)

(¥169,344 税込)

  • 送料無料

16,930ポイント内訳

  • 1,693Pt

    通常ポイント

  • 15,237Pt

    MARSHALL ポイント10倍キャンペーン

  • 16,930Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top