ここから本文です

サウンドマート

HOME

YAXI / K712/Q701 Comfort イヤーパッド【K7XX_NMR】

  • メーカーサイトManufacturer Site
YAXI K712/Q701 Comfortイヤーパッドは、耳の当たる表面には高品質なアルカンターラ素材、サイド部分が柔らかい感触のプロテインレザーを採用した、ハイブリッド型イヤーパッド。形状も外側が垂直に立ち、内側がアングルカット仕様で装着感の心地良さと密閉性の高さを実現します。AKG K700シリーズの特長的なサウンドはそのままに、より現代的なサウンドにチューニングしています。
<仕様>
■寸法:外径105mm、内径65mm
■厚み:18~26mm

<対応機種>
■AKG K712/K701/K702/K7XX/Q701/Q702/K601/K612

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.0)
  • レビュー数Reviews1
5
0件
4
1件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2020/08/20

1111K712proの音量バランス解決!

投稿者名Reviewed byおでぃお 【三重県】

ヘッドホンに求められる要素で特に優先度が高いのが「装着感」だと思います
 
体験談ですが、K712proを店舗で視聴した時のイヤーパッドは柔らかくて頭にフィットしました。ですが、いざ届いた新品のイヤーパッドは耐久性を考慮してか固く、左右でフィッティングがズレて音量バランスが違って聞こえたのです。そこで評価の高いYAXIのイヤーパッドにしたところ、モチモチとフワフワの間のような感触で頭の形にも完全にフィットし、左右の音量バランスも同じになりました。ヘッドホンの装着感は快適性だけでなく音にも直結することを実感しました。
 
側面がレザーになった割にはムレや密閉感はさほどなく、ピッタリとフィットし首を大きく振ってズレないので装着時間も3時間ほど向上しました。装着の違和感が100あるとすれば、純正だとそこそこ快適で50、YAXIだとピッタリフィットし30、イヤホンだと10くらいのイメージです。
 
交換の仕方は力づくではなく、反時計回りにイヤーパッドを回すと簡単に外せます。
 
注意点としては、イヤーパッドのかさ高さが3mmくらい低くなるので、純正イヤーパッドでは耳の出っ張り部分にちょびっと当たるくらいだったのが、YAXIではちょっとだけ押さえられる感覚が増します。私の場合、純正よりもYAXIの方が長く快適に装着できましたが、耳の出っ張りが高くてイヤーパッドのかさ高さを目的にK712proを選ばれている方は注意した方がいいと思います。
 
音の変化として、鼓膜とヘッドホンの音源の位置が近くなるぶん音の輪郭がよりはっきり聞こえるようになりました。K712proのエネルギッシュな楽しさが増したので個人的にはプラスです。BELDEN 88761にリケーブルもしましたが、音の変化でいえばYAXIの方が大きく、満足度も高いです。
 
音量バランスのズレが解決して大満足です。値段が張るので人を選びますが、下手にリケーブルをするくらいならコレといえるほど、YAXIのイヤーパッドに変えて良かったので参考になりましたら幸いです。

レビューIDReview ID:107873

参考になった人数:6人

6 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

YAXI (ヤクシー)
K712/Q701 Comfort イヤーパッド【K7XX_NMR】

Item ID:265170

5,955 yen(excl. tax)

(6,550 yen incl. tax)

  • Free Shipping

654PtDetail

  • 65Pts

    通常ポイント

  • 589Pts

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 654Pts

    Total

close

在庫ありIn Stock

Qty

Add to Wishlist

Rating11110

Reviews:1

この商品に関連するセレクションRelated Articles

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE

Page Top